お手数でございますが。 「お手数をお掛けして申し訳ありません」の意味と正しい使い方

乗捨手数料改定のお知らせ|ニッポンレンタカー

お手数でございますが

こんにちは! 仲介手数料が最大無料、不動産流通システムの小室です。 先日、横浜市中区の新築分譲住宅を仲介手数料【無料】にてご契約いただきました。 買主様、ご契約おめでとうございます。 また、売主様、価格面でもご協力いただき、ありがとうございました。 先月4件のご契約すべてが仲介手数料【無料】となり、3件は値下げ交渉が成功いたしました。 弊社は、仲介手数料が最大無料ですが、価格交渉もいたします。 売主様、買主様双方仲介は行わなわず、1組のお客様ごとに営業が1人ずつ担当するエージェント制を採用しております。 「仲介手数料」や「囲い込み」など不動産業界に疑問のあるみなさま、弊社はお客様にとってより良いご提案を追求しております。 不動産のご購入、ご売却をお考えのみなさま、お気軽にご相談ください。 みなさまからのお問い合わせ、お待ちしております。 カテゴリー:• ・ 東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。 ・ 広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。 ・ 業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。 平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。 お気軽にお問い合わせください。 フリーコールはこちら 0800-100-6633.

次の

乗捨手数料改定のお知らせ|ニッポンレンタカー

お手数でございますが

このライフレシピのもくじ 【】• 日本語の使い方は大人になればなるほど難しくて頭を悩ませてしまいますよね。 学生のときは許される言葉使いも社会人に近づくにつれて少しずつなおしていかなければなりません。 なかでも相手に対してお詫びを表す言葉は、使い方に気をつけないと笑われてしまうことになりそうです。 そしてお詫びするときに「ご迷惑をお掛けして…」「お手間を取らせてしまい…」などと同様によく使われるのが、「お手数をお掛けして申し訳ありません」という言葉です。 ここでは、その言葉の正しい使い方をご紹介します。 「手数」とは? 相手に何かお願いをして時間をとってその内容を行ってもらった場合によく使われる言葉が「お手数をおかけして申し訳ありません」です。 会話だけでなくメールや手紙にも使われていますね。 手数をお掛けする?掛けさせる? 「手数を掛ける」に似た言葉に「手間を掛ける」というものがあります。 この2つの語には次の違いがあります。 「手間を掛ける」…自分が労力や時間を費やすこと• 「手数を掛ける」…他人が自分のために労力や時間を費やしてくれること 「手間」は相手に掛けさせてしまうものですが、「手数」は掛ける・掛けてしまうものです。 つまり、• 「迷惑を掛けさせる」「苦労を掛けさせる」と言わないのと同じと覚えておくといいでしょう。 「お手数をお掛けして申し訳ありません」を使う場面とは? 相手に意図せず面倒をかけてしまったときに、お詫びするときに使います。 こちらの不手際により、お手数をお掛けして申し訳ありませんでした。 また、何かを依頼したいときに、いわゆるクッション言葉として使用することもできます。 お手数をお掛けして申し訳ございませんが、こちらの書類に記入をお願いいたします。 また、似たような言葉に次のようなものがあります。 お手間を取らせてしまい申し訳ありません• ご迷惑をお掛けして申し訳ありません• ご面倒をお掛けして申し訳ありません 大体の使い分け方は、次のようになると覚えておくといいでしょう。 「手数」…実際に何か作業が発生する・したとき• 「手間」…「手数」にほぼ同じ• 「迷惑」…相手に何か不利益が生じたとき• 「面倒」…割と親しい相手に対して なお、「ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします」というような言い方はしません。 迷惑をかけるとわかっていてお願いするのは失礼に当たるからです。 疑問に思ったらすぐに調べよう! 何気なく使っている表現ですが、実は文法的に正しいのか間違っているのかよくわからないということもありますよね。 きちんと調べて、自信を持って使えるようになりましょう。 Twitterで紹介!.

次の

間違いも多い「お手数ですが」の意味と敬語表現・使い方と例文

お手数でございますが

「お手数ですが」という表現は、電話を含む口頭での挨拶やEメール、案内文書など、ビジネスでの依頼事によく使われます。 普段あまり気にせずに使っている方もいるかもしれません。 この言葉に使われる「手数」には、次のような意味があります。 「手数」の意味 1. それをするのに要する動作・作業などの数。 他人のためにことさらにかける手間。 そのため、この言葉には「ことさらに手間をかけることですが」という意味があります。 この手数に「お」を付けて丁寧な表現にし、さらに「が」という反対のことを続ける接続詞を付けています。 「お手数ですが」は、手間がかかることですが、そこをなんとかしてほしい、という願いを込めるのが「お手数ですが」の正しい使い方です。 クッション言葉としての「お手数ですが」 ビジネスにおけるコミュニケーションでは、直接的に「〇〇をやってください」という表現を避けて、間に言葉を入れることがよくあります。 これをクッション言葉といい、この言葉を使うことで、相手に丁寧で優しい印象を与える効果があります。 また、否定的な内容でも、相手に失礼にならずに伝える効果も期待できます。 「お手数ですが」は、このクッション言葉の代表例で、ビジネスの様々な場面で使える便利な言葉です。 例えば、「書いてください」とするよりも、「お手数ですが、ご記入ください」とするだけで、相手にへりくだった言い方になり、相手の印象もよくなります。 そんなクッション言葉の「お手数ですが」を正しい使って、ビジネスに生かしていきましょう。 「お手数ですが」という表現は、ビジネスではよく耳にしたり見たりします。 そして、「お」が付いているから敬語だろうと思って使っている方が多いかもしれません。 しかし、敬語として使うには、注意が必要です。 目上の方への丁寧な依頼の仕方は、次の表現が正しい使い方です。 例 お手数をお掛けしますが、何卒よろしくお願い致します。 「手数をかけてしまいますが、何とかおねがいします。 」という言い方を、丁寧に表現しています。 そのため、「手数」と「かけて」に「お」を付けて、「お手数をお掛けしますが」とい丁寧語になっています。 もし、文書やEメールなどの残る文書には、正しい丁寧な表現を心がけましょう。 しかし、この表現には「お」がたくさん使われており、電話で話すには難しい言い回しです。 無理して言い間違いするよりは、さっと丁寧な言い方ができればそれで十分な場合も多いでしょう。 そんな場合は、次の表現でも問題ありません。 例 お手数ですが、何卒よろしくお願いいたします。 「お手数ですが」の失礼な使われ方 ビジネスで、お客様や取引先に何かを依頼することがよくあります。 電話や口頭で担当者に直接依頼する場合もあるし、Eメールで依頼する場合もあります。 また、文書で正式に依頼するケースもあるでしょう。 そんな場合には、「お手数ですが」という表現は欠かせません。 次のような使われ方をします。 例 お手数ですが、添付した書類のご確認をお願いします。 例 お手数ですが、添付した書類に捺印のうえ、ご返送をお願いします。 例 お手数ですが、〇月〇日までに上記の件についてご回答をお願いします。 「お手数ですが」という表現は、相手に何かをやってもらうことを依頼するのが前提になっています。 それさえ理解していれば、ビジネスのいろいろなシーンで使うことができます。 お忙しいところ、お手数をおかけします ビジネスでのコミュニケーションでは、相手への配慮が大切です。 たとえ、よく使われる言葉だとしても、ちょっとした配慮で印象が全く変わります。 例えば、「お手数ですが」に、忙しい相手に配慮して、「お忙しいところ、お手数をおかけします」という表現にすると、より丁寧な印象を与えます。 また、「お忙しいところ」と同じ意味の「ご多忙中」を使うことで、堅い感じの丁寧な表現にもできます。 例 お忙しいところ、お手数をおかけしますが、打ち合わせの時間をとっていただきたく、お願い申し上げます。 例 お忙しいところ、お手数をおかけしますが、ご出席くださりますようよろしくお願い致します。 例 ご多忙中、お手数をお掛けしますが、お手元の控えをご訂正くださいますようお願い申し上げます。 間違った表現に注意 「お手数ですが」とは、相手に手間をかけてしまうが、それでもお願いしたい、という場合に使う表現です。 これと同じように、相手に何かをさせてしまうことになるが、それでもお願いしたい、場合に使える似た表現があります。 例えば、わざわざ来てもらった時のお礼に使われる表現で、次のものがあります。 例 ご足労をおかけして、申し訳ございませんでした。 また、部外者にも関わらず、自分たちのために働いてくれた方への感謝の気持ちを表すのに、次の表現が使われます。 例 多大なご尽力を賜りまして、誠にありがとうございました。 さらに、「手間」と似た表現で、特に時間を取らせた場合の言い方として、次の表現もあります。 例 お手間を取らせてしまい、大変申し訳ございませんでした。 ビジネスの様々なシーンで使われるクッション言葉、「お手数ですが」についてまとめてみました。 いかがだったでしょうか。 「お手数ですが」は、ビジネスでよく聞いたり見たりする言葉だけに、つい習慣で使ってしまっている人も多いのではないでしょうか。 とはいえ、注意しないと間違った日本語として使っていたり、敬語のつもりが逆に相手に失礼な言い方だったりします。 「お手数ですが」は、相手に何かをやってもらう際に使うクッション言葉です。 敬語としてもよく使われますが、目上の人に使う場合はよく吟味して使うといいでしょう。 この機会に、正しい使い方をマスターしてください。 また、「お手数ですが」と似た表現の言葉が幾つかあります。 それらもいっしょに覚えると、ビジネスで使う文章の表現の幅を広げることができます。 ぜひ、敬語の使い方とクッション言葉を活用して、ビジネスに役立ててください。

次の