転職 面接 自己 紹介。 転職面接時で好印象を与える「自己紹介」のテクニック

面接官の心をつかむ自己紹介〜転職活動の面接必勝術〜|転職Hacks

転職 面接 自己 紹介

本日は貴重なお時間をいただきありがとうございます。 私の名前は〇〇〇〇と申します。 現在年齢は26歳です。 本日はどうぞよろしくお願いいたします! 「あっさりしているな」と感じたかもしれませんが、どちらの例文も落ち着いて話せば1分程度で収まるちょうど良い長さです。 テンプレートに当てはめてみると、自分で考えなければならない部分もわずかですので、ぜひ肩の力を抜いて考えてみてくださいね。 小学生の頃から野球をしており、高校時代には甲子園に出場しました• ゲームが趣味で、〇〇というゲームの全国大会では日本で4位になりました• カフェ巡りが趣味で、最近行って面白かったカフェはフクロウカフェです• このようなネタがきっかけに話が進むと 「応募者対面接官」ではなく「人対人」のフラットな会話ができるようになり、その場の雰囲気も柔らかくなります。 また、自分が得意とするフィールドの話になるため、自信を持って話すことができたり、気持ちのこもった話ができるようになるのです。 無理に入れる必要はありませんが、何か良さそうなネタがあればぜひ試してみてくださいね。

次の

【お手本&NG回答例つき】転職面接で好印象を掴む自己紹介のコツ

転職 面接 自己 紹介

本日は貴重なお時間をいただきありがとうございます。 私の名前は〇〇〇〇と申します。 現在年齢は26歳です。 本日はどうぞよろしくお願いいたします! 「あっさりしているな」と感じたかもしれませんが、どちらの例文も落ち着いて話せば1分程度で収まるちょうど良い長さです。 テンプレートに当てはめてみると、自分で考えなければならない部分もわずかですので、ぜひ肩の力を抜いて考えてみてくださいね。 小学生の頃から野球をしており、高校時代には甲子園に出場しました• ゲームが趣味で、〇〇というゲームの全国大会では日本で4位になりました• カフェ巡りが趣味で、最近行って面白かったカフェはフクロウカフェです• このようなネタがきっかけに話が進むと 「応募者対面接官」ではなく「人対人」のフラットな会話ができるようになり、その場の雰囲気も柔らかくなります。 また、自分が得意とするフィールドの話になるため、自信を持って話すことができたり、気持ちのこもった話ができるようになるのです。 無理に入れる必要はありませんが、何か良さそうなネタがあればぜひ試してみてくださいね。

次の

面接の流れと質問~必ず聞かれる5つの質問と回答例文~ |転職ならdoda(デューダ)

転職 面接 自己 紹介

転職の面接における 自己紹介の意義と 効果的な答え方のポイント 面接対策完全ガイド 転職成功ノウハウ 面接では様々な質問がなされますが、最初に聞かれることが多いのが「自己紹介」です。 転職面接で自己紹介を求められたとき、人事担当者が何を知りたがっているのか、また、どのように答えればいいのかをご説明します。 転職面接における自己紹介とは? 自己紹介は、初対面の方やあまり親しくない方に対して、自分のことを知ってもらうために行うものです。 転職面接においても同じで、自己紹介は「自分がどういう人間なのか」採用担当者に掴んでもらうためにあります。 自己紹介をした段階で、「この人はおもしろい経歴を持っている」「この部分をもっと詳しく聞いてみたい」と思わせることができれば、その後の質疑応答で、さらに話は盛り上がるでしょう。 反対に、自己紹介で「コミュニケーション能力があまり高くない」「こちらが求めているものを理解できていない」と判断されると、印象が悪くなってしまいます。 つまり、自己紹介は、面接官の第一印象を左右するものだといえます。 自己紹介をするときに気を付けなければいけないのが、「自分自身の魅力をアピールしなければいけない」と思いすぎて、自己PRのようになってしまうことです。 自己PRが自分の能力をアピールするためのものであるのに対し、自己紹介は、自分の経歴を簡単に説明するものです。 混同しないようにしましょう。 採用担当者がチェックする3つのポイント 自己紹介で採用担当者がチェックするポイントは大きく3つあります。 それぞれについて見ていきましょう。 人柄 話し方やしぐさ、経歴のまとめ方などには人柄が表れます。 声のトーンや表情、話す速度にも気を付けて自己紹介をしましょう。 経歴 自己紹介をしてもらうことで、応募者がどのような経歴を持っているのか、その概略を知ることができます。 履歴書や職務経歴書に書いてある内容を、簡単にまとめて伝えましょう。 限られた時間内での説明力 自己紹介は、それほど長く話すものではありません。 そのため、短い時間内で自分の経歴の要点を、かいつまんで説明する能力があるかについても見られています。 自己紹介は4つのブロックで構成する 自己紹介は、4つのブロックで組み立てられます。 これらのブロックを意識しながら、自己紹介の文言を考えていきましょう。 ここでは、各ブロックの説明と、それらを踏まえた自己紹介例をご紹介します。 名前 自己紹介をするときは、まずは、名乗らなければいけません。 内容にばかり気をとられて、肝心の名前を言い忘れることがないように注意しましょう。 経歴 名乗った後は、応募先企業につながる経歴について説明します。 学歴については必ずしもふれる必要はありません。 しかし、仕事内容に関連する場合は、大学での研究内容やそれをどう仕事につなげたのかについて、軽くふれてもいいでしょう。 なお、何年にどこの企業に入社したのかといった、履歴書をなぞるような説明は不要です。 現在の職務内容 続いて、現職、もしくは前職について、業種と職務内容を簡単に説明します。 結びの言葉 全ての内容を話し終えた後には、「本日はどうぞよろしくお願いいたします」という言葉で締めましょう。 <自己紹介例> 田中太郎と申します。 本日は面接の機会を頂きありがとうございます。 本日はどうぞよろしくお願いいたします。 自己紹介の長さ 自己紹介は、特に指定がない場合は1分以内に収めるようにします。 あまり長く話さず、要点だけをまとめるようにするのがポイントです。 ただし、「1分」「3分」など、長さを指定される可能性もあります。 1分の自己紹介しか考えていなかった場合、「3分でお願いします」と時間指定をされると、話すことがなくなってしまうおそれがあります。 あらかじめタイマーをセットして、長さに応じた自己紹介の内容を考えておきましょう。 このとき、指定された時間を超えることがないように気を付けてください。 自己紹介の印象を良くする5つのコツ 転職の自己紹介は、簡潔に自分自身の経歴を説明するものなので、内容自体を考えるのはそれほど難しくはありません。 しかし、面接官は自己紹介の内容だけを見ているわけではありません。 その人の話し方やテンポ、コミュニケーション能力などを総合的に判断することになります。 第一印象を左右することになる自己紹介では、次の5点に気を付けて回答するようにします。 姿勢を正す 猫背だと、暗くだらしない印象になってしまいます。 姿勢を正して、まっすぐ椅子に座るようにしてください。 自分ではまっすぐに座っているつもりでも、左右どちらかに傾いていたり、顎が前に出過ぎてしまっていたりする場合があります。 鏡を見ながら正しい姿勢をキープする練習をするとともに、他人に姿勢をチェックしてもらうとより効果的です。 明るい表情を心掛ける 緊張していると、どうしても表情が硬くなってしまいがちです。 無理に笑う必要はありませんが、適度ににこやかな表情で話をすると、明るくはつらつとした印象になります。 電車の中やエレベーターで、ふと鏡や窓に映った自分の顔を見て「疲れている」と感じたことがある方も多いのでは。 気を抜いていると、表情は暗く疲れた印象になってしまいます。 意識して目と口元に力を入れるようにしてください。 丸暗記しようとしない 暗記しているセリフを、感情を込めて話すことができるのは、よほど演技力の高い人や、スピーチ慣れしている方だけでしょう。 丸暗記した言葉を話すと、抑揚をつけずにただ読み上げているような印象になってしまい、不自然です。 面接官にも「暗記してきたんだな」と思われてしまいます。 話す内容と順番だけを意識しておいて、後は自分の言葉で自然に話すようにしてください。 早口にならない 焦ったり、緊張したりすると、ついつい早口になってしまうことがあります。 最初の質問では、特に意識して、ゆっくりと、わかりやすく話すようにしてください。 ただし、不自然なほど遅く話す必要はありません。 友人や家族にスピードをチェックしてもらったり、自分の声を録音して聞き直してみたりすると、他人からどう聞こえるのかを客観的に理解できます。 大きめの声でハキハキと話す 声が小さいと、何を言っているのか聞き取るのが大変ですし、どことなく暗い印象になります。 面接官が聞きやすいよう、普段の話し言葉よりもやや大きめの声を意識して、ハキハキと話しましょう。 面接の自己紹介は自分を相手に知ってもらう手段 自己紹介は、何を話すのかさえわかっていれば、それほど難しい質問ではありません。 しかし、最初の質問で失敗してしまうと、その後も焦りや緊張が続いてしまいかねません。 相手に自分のことを知ってもらうためにも、きちんと準備をしてから面接に挑みましょう。

次の