りんご を 英語 で。 「りんご」にまつわる英語のことわざをご紹介します|コラム・お知らせ|関西福祉科学大学が発信するレシピと栄養情報サイト

「りんご」にまつわる英語のことわざをご紹介します|コラム・お知らせ|関西福祉科学大学が発信するレシピと栄養情報サイト

りんご を 英語 で

Weblio公式 リンゴ( apple)は西洋においては数あるフルーツの中でも特にメジャーな部類に位置づけられます。 旧約聖書に登場する「禁断の果実」もリンゴだった・・・という話はどうも事実ではないらしいのですが、この話からはリンゴが半ば「果実」の代名詞的な存在であることがうかがえます。 パイナップルも pine+apple ですよね。 リンゴを煮詰めてパイ生地にたっぷり盛ったアップルパイ(apple pie)は、アメリカを代表するお菓子として知られています。 リンゴは、さしずめ日本における桃栗柿のように、文化伝統に深く根ざしている果物といえそうです。 そして、英語の慣用句には、リンゴが登場する表現が山ほど見つかります。 リンゴ磨きはゴマすり野郎 polish the apple(リンゴを磨く)と言うと、人に媚びへつらったりお世辞を言ったりする者を指します。 日本語の「ゴマをする」にあたる言い回しです。 学校の生徒が、先生に気に入られようとして、リンゴをつやつやに磨いて贈った、という典型的イメージが背景にあります。 ゴマすりをする人は apple-polisher といいます。 「相手の機嫌を取って取り入ろうとする」という意味の変わり種の表現としては、カレー(curry)使った curry favor という言い方もあります。 くさったリンゴは組織の害 rotten apple(腐ったリンゴ)という言い方もあり、これは善人ばかりの集団の中にいて集団に悪影響を及ぼすような悪い人物を意味する表現です。 bad apple ともいいます。 箱づめのリンゴのなかに腐った個体が含まれていると、周囲のリンゴも傷みやすくなってしまいます。 日本語で言うところの「腐ったミカン」ですね。 リンゴとオレンジは似て非なるもの compare apples and oranges (リンゴとオレンジを比べる)というフレーズは、一見似ていても全く異なるもの、そもそも比較の対象にならないもの同士を並べて比べる、という意味で用いられます。 たとえば同じ乗用車でも、セダンとスポーツカーとでは得られる価値が全く違います。 そんな風に比べようのないものを並べて甲乙つけようとする人に、「それはリンゴとオレンジを比べるようなものだよ」のように言います。 リンゴとリンゴは同一規格 compare apples and apples(リンゴとリンゴを比べる)という言い方もあります。 リンゴVSオレンジの比較とは逆に、同じ性質や条件のものを比較するという意味の言い方です。 リンゴの味や形を吟味するなら、全然テイストの違うオレンジと比較しても評価しようがありません。 同じリンゴ同士を比べてこそ、甘い・色ツヤが良いといった評価ができるというものです。 海外のグラマー美女の胸はびっくりするほど立体的だったりしますので、リンゴのようなソリッドなモノに喩えても違和感がないのでしょう。 きっと。 他にも、そこそこの大きさで球に近い形のものを代名詞的に apple と呼ぶ例はいくつか見られます。 リンゴの子はやっぱりリンゴ 家族は似るものだ、という意味の英語のことわざに the apple never falls far from the tree という言い方があります。 文字通りにいえば「リンゴは木から遠くへは落ちない」、つまり、子が親からかけ離れることはそうそうない、という意味を示します。 家族的な特徴は受け継がれるものだ、といった意味で用いられることわざですが、日本語の「蛙の子は蛙」と同じように、大抵しょうもない部分が似てしまうという皮肉めいたニュアンスで用いられます。

次の

紅玉 (リンゴ)

りんご を 英語 で

「鉛筆」は可算名詞(数えられる名詞) 一方、「不可算名詞(数えられない名詞)」は、「目に見えないもの」「具体的な形を持たないもの」などが特徴で、「1つ、2つ……」と数えられない名詞のことです。 不可算名詞は「数を数えられない」ので、 複数形がありません。 「可算名詞」は、目で見て「1つ、2つ……」と数えられるはずなのですが、実は、 「可算名詞」が「不可算名詞」に変化することもあるんです。 オオカミ I see some apple s. (いくつかのリンゴが見える) と言ったりしますが、この場合の「apple」は「可算名詞」ですよね? リンゴまるごとの場合は、数えられるので「apples」 丸ごとのリンゴは、「1つ、2つ…」と数えますから、「an apple、2 two apples…」なのですが、切ってしまうと「不可算名詞」に大変身するのです。 リンゴを切ると不可算名詞に?! 例えば、ホームパーティーなどで、カットフルーツがあるとしますよね。 このときに「 リンゴを何切れか持ってきてくれない? 」というときにはどう言えばいいのでしょうか? 不可算名詞になる「カットされたリンゴ」 もしここで、こんなふうに言うとどうなるでしょうか? ウサギ Can you get me some pieces of apple? (リンゴ、何切れか取ってきてくれない? ) 「1切れ」を表す「piece」という言葉 ここでのポイントは、こちらの表現です。 some pieces of apple 「piece」は「1切れ」という意味です。 上では「some(いくつかの)」が付いているので「piece s」と、複数形になっていますが。 この「piece」ですが、日本語で言うときの「 パズルの1ピース」の元になっている英語ですね。 出典: Amazon『Ingooood-ジグソーパズル - 絵画シリーズ - カラフルな猫 '私はあなたと一緒にすべての9人の人生を過ごすだろう' - ディーン・ルッソ - 成人繁殖のための1000個の木製のパズルの装飾のおもちゃ』 この「piece」が、 数えられない不可算名詞になった「apple」の代わりに、「 2 pieces」のように数えられてくれる役目です。 ほかの例も見てみましょう。 たとえば、切られていない状態のホールケーキ(whole cake)だと「可算名詞」ですが、切られて小さくなると、その物(名詞)は「不可算名詞」になるのです。 「cake(ケーキ)」が可算名詞と不可算名詞になる例 可算名詞の「cake」 2 cake s (ケーキ2個) 不可算名詞の「cake」 2 piece s of cake (ケーキ2切れ) このような形で「piece」を使うことで、「小さくなった部分」を表すことができます!

次の

英語のことわざ【一日一個のリンゴで医者いらず】

りんご を 英語 で

Apples are a crunchy and sweet fruit. There are many different kinds of apples. For example "Fuji Apples", "Red Delicious Apples", and "Granny Smith Apples". Sometimes you might just call an apple by its variety name if you want to be specific. For example, "I only like green apples, like Granny Smiths. " or "Fujis are my favourite kind of apple. りんごはapple と言います。 りんご(apple)はおそらくアルファベットのAを習うときにたいてい使われていますね。 Aと言う文字を説明するときも A as an apple. 「りんごのA」と言うように説明することがほとんど。 りんごの季節は日本もアメリカも「秋」だと思います。 アメリカではapple ciderと言うりんごのジュースがお店に出回ります。 サイダーとついていますが炭酸ではありません。 シュワシュワを期待するとがっかりします。 でもすごく美味しいし、「秋だなー」という気持ちになります。 I associate drinking apple cider with autumn. りんごジュースというと秋を思い出します。

次の