ソフトバンク テザリング。 テザリングを使う時は通信制限に注意!便利だけれど上限あり

【解約方法】テザリングオプション(ソフトバンク公式オプション)の解除方法

ソフトバンク テザリング

テザリングのやり方!アンドロイドのスマートフォンを5つのSTEPで設定 テザリングをしていく上で みなさんが一番面倒だと思うのが 『初期設定』です。 ですがこの初期設定も 一度行うだけで、 その後使用するときは 機器に接続するだけととても簡単です。 見ながら一緒にやってみましょう。 自分の契約プランを確認する docomoのテザリングサービスは 大手3キャリアの中では 珍しく無料としています。 しかし、テザリングでは 大幅なデータ量を使用されることも… そうなると契約データ量によっては 通信制限になることもあるので 前もって確認しておきましょう。 テザリングを設定する 端末にもよりますが、 本体の『設定』の『その他の設定』の中の 『テザリング』をタップ。 Wi-Fiテザリングを設定する 『Wi-Fiテザリング』をタップします。 タップすると注意書きが出るので、 確認後、『OK』をタップします。 その後、 『Wi-Fiテザリング設定』をタップします。 ここのネットワーク名と パスワードは任意のものが設定できます。 これは接続したい端末側で 設定する際に必要となりますので、 好きなものに変えておくことを おすすめします。 このWi-Fiテザリングは 最も一般的なテザリング方法です。 Wi-Fiを利用することで 通信速度は早めですが、 スマホのバッテリー消費は激しいので 電池残量には注意が必要です。 Bluetoothテザリングを設定する 『テザリング』設定から 『Bluetoothテザリング』をタップ。 Bluetoothテザリングの場合、 接続したい機器同士で 『ペアリング』を行います。 そのため、知らない端末から 不正利用される心配はありません。 また、Wi-Fiテザリングに比べ バッテリー消費は少ないですが、 通信速度は多少落ちます。 機器と接続する スマホと接続をしたい機器とを 接続します。 接続したい側の機器で Wi-FiもしくはBluetoothで 接続しましょう。 Bluetoothテザリングの時は Bluetoothを接続するときのように 表示されているデバイスを タップすれば接続は可能です。 Wi-FiテザリングもWi-Fi接続画面で、 先ほど設定したネットワーク名を選択し、 パスワードを入れれば接続は完了です。 ソフトバンクのテザリング!同時接続するには? ソフトバンクの端末を同時に テザリングに接続するには、 Wi-Fiテザリングをする必要があります。 BluetoothもUSBも スマホと接続したい機器とを 直接接続します。 複数台接続することは不可能なのです。 同時に接続するには 接続したいそれぞれの端末で Wi-Fiテザリングの初期設定をするだけです。 テザリングを格安simでおトクに利用する方法 今のスマホはとても高額で その 利用料の安さから 格安SIMを利用している人も多いです。 その格安SIMでおトクに テザリングが使えたらいいですよね? 格安SIMの中には• テザリングオプションが無料で使える• テザリングの 同時接続可能台数が無制限 など、大手3キャリアにはない メリットもあります。 その他、格安SIMを選ぶ上で 参考になる記事がありましたので 一緒にご紹介します。 まとめ いかがでしたか? 今回は ソフトバンクユーザー向けの テザリングのやり方について ご紹介していきました。 テザリングは一見、 難しいと思われがちですが、 実際は 初期設定さえ終わってしまえば その後接続以外やることはありません。 その初期設定も簡単なので ぜひ覚えていただければと思います。 その他、 テザリングに関連する記事がありましたので 合わせてご紹介します。 使いすぎると、速度制限になり 不便になってしまうので、 注意しながらも楽しく使ってください。

次の

テザリング

ソフトバンク テザリング

ここでは ソフトバンクで 「テザリング」を利用する場合の申し込み・設定方法をご紹介します。 ソフトバンクで テザリングを使うメリット、そもそも 「テザリングって何?」という方にも分かりやすく解説しますので、少々お付き合いください。 テザリングとは テザリングはソフトバンクの オプションサービスのひとつ。 このオプションに加入すると、外出時などインターネットに接続できない環境であっても スマホを介してネット接続できるようになります。 つまり スマホがWiFiルーター代わりになるということですね。 テザリングの種類 テザリングでネットに 接続する方法は3種類あります。 それぞれ メリット・デメリットがあるのでざっくり覚えておきましょう。 「Wi-Fi」での接続 皆さんご存知の Wi-Fi(ワイファイ)と呼ばれる無線LANの規格でテザリングを行う方法です。 無線で 通信速度が速い・利用できる範囲も広いのが特長ですが、 バッテリーの消費が速いのが唯一のデメリットといえます。 「Bluetooth」での接続 Bluetooth(ブルートゥース)と呼ばれる通信規格を使用してテザリングを行う方法。 ワイヤレスのイヤホンやマウスを利用している方であればお馴染みですね。 無線通信ながら バッテリーの消費が少ないのがメリットです。 速度がWi-Fiに比べ遅い・通信できる範囲が狭い(約10メートル程度)のが難点。 「USB」での接続 いちばん 通信速度が速いとされる方法。 USBケーブルで物理的にスマホへ接続します。 充電しながら通信を行えるので バッテリーの消費がほとんどないのもメリット。 ただし ケーブルが必要になる・接続中は スマホを自由に持ち運びできない、というのがネックではありますね。 まとめ それぞれの接続方法の長所・短所をまとめると以下の通りです。 各接続方法のメリット・デメリット 通信 速度 バッテリー 消費 手軽さ Wi-Fi 接続 速い 多い 手軽 USB 接続 速い 少ない 少し 不自由 (有線のため) Bluetooth 接続 遅い 少ない 手軽 「テザリング」オプションの利用料金 データ定額プランへの加入が必須 ソフトバンクのテザリングオプションを利用するための条件として 「データ(パケット)定額プラン」への加入が必須です。 基本的にテザリングのオプション料金は 月々540円(税込)ですが、加入する(している)定額プランによっては 無料で利用することもできます。 (下表参照) 2018年5月末まではキャンペーンにより、基本的に無料で使うことができたのですが、現在はほとんどのプランで有料となっています。 ソフトバンクのプラン別テザリングオプション料金 データ定額サービス オプション 料金 現行 プラン• ウルトラ ギガモンスター+ (プラス) データ定額 50GBプラス• ミニモンスター• スマホデビュープラン• データ定額S (4Gケータイ) 無料 旧プラン 新規受付 終了• データ定額 (おてがるプラン専用)• データ定額 5GB 無料• つまり ソフトバンクでスマホを新規契約する場合、テザリングは全て 有料となります。 ソフトバンクショップ 加入する方(本人)が ソフトバンクショップに直接来店して手続きできます。 画像はイメージです USB接続の場合 USBケーブルでスマホとネット利用機器(PCなど)を接続します。 テザリングの設定画面で 「USB接続」をオンにしてください。 接続完了 これでネットに接続できるようになっているはず。 終了する場合はテザリング設定画面で チェックボックスをオフにしましょう。 テザリングオプションの注意点• 利用する環境や子機(ネットを利用する機器)しだいでは、 正常に接続できない場合があるので注意しましょう。 セキュリティの管理には細心の注意を。 セキュリティ設定をしていないときは、悪意ある第三者に不正に進入されてしまう可能性があります。 お客さまの判断と責任において、パスワード管理を行い、ご本人のみのご利用とすることをお勧めいたします。 加入しているプラン通信容量の上限を超えた場合(スマホ向けの新料金プランは最大50GB)は 低速化します。 テザリングにおすすめのプラン テザリングを利用するなら、なるべく 大容量のデータプランが便利です。 ソフトバンクで申し込みできるスマホ向けプランは 50GBの大容量となっていて、 テザリングも利用可能です。 「スマホデビュープラン」は データ容量が1GBと小容量のため、テザリングにはあまり向いていません。 ソフトバンクのスマホ向けデータ定額プラン ウルトラギガモンスター+ (プラス) 最大50GBの大容量定額プラン。 動画SNS放題(特定のアプリ・サービスの利用が利用分としてカウントされない)が特長。 通信量の平均が中~多めの方におすすめ。 「使った分だけ」なので、毎月の通信量が一定でない方、かつ 通信量の平均が少なめの方におすすめです。 データ利用が多い場合はむしろウルトラギガモンスター+のほうが安くなるため。 データ容量1GB・5分以内の定額通話込み。 割引の適用でプラン料金 980円(税抜)と格安スマホなみの料金に。 ただし使えるデータ容量が少ないため テザリングには不向き。 これはありがたいですね。 格安SIM会社(MVNO)は、キャリア(ソフトバンク・ドコモ・au)の回線を借りて事業を行っているため、一般的には キャリアに比べ速度は劣るようです。 まとめ いかがでしたか? テザリングは、主に外出先などWiFi環境のない場所で 「イザという時のために」利用するのが良いかと思います。 自宅で常時ネットを利用するというのであれば 固定のインターネットサービスに加入したほうが良いですし、外出先でもガッツリWiFiを利用するなら モバイルルーターを契約したほうが良いかもしれません。 自分の通信の利用状況に合わせて、スマートにテザリングを使いこなしてくださいね。 それではまた! ソフトバンクに新規契約・MNPする方へ スマホ料金を「極限」まで安くする! 当社 「スマホ乗り換え. com」のご紹介です。 他社(au・ドコモ・格安スマホなど)からソフトバンクへ新規契約・乗り換え(MNP)する方に 現金還元中! 「最速」キャッシュバックでさらにお得に! ソフトバンクの公式キャンペーンと 当社の現金キャッシュバックを組み合わせるとさらにお得に新機種が手に入ります!(ご来店なら当日お渡し。 郵送手続きなら翌週にお振込み) キャッシュバックは人数分。 契約する 人数分の現金還元(2台なら2倍)致します。 ご家族みんなで契約すれば、かなりインパクトのある額に。。 詳細は、まずお問合せください。 機種代金からキャッシュバック分を割り引くことも可能! 独自キャッシュバックは一括でのお受け取りが一般的ですが、当社なら 毎月の機種代金から割り引くことも可能。 月々の請求額が通常よりも大幅に抑えられます。 フォームから問い合わせるだけで 特典やお客様に合ったプランをお知らせします.

次の

auとソフトバンクがテザリング有料化!これが賢い対処法|縛りなしネット研究所

ソフトバンク テザリング

トップ画像引用元: ドコモはテザリングオプションの申し込み不要ですぐ利用可能! 画像引用元: ドコモは大手通信事業者では珍しく、テザリングを利用する際にオプションを申込む必要が無く、ドコモのスマホユーザーならすぐに利用出来ます。 正確にはドコモのテザリングには「spモード」と呼ばれるインターネット接続料金が必要ですが、現在の 「ギガホ」「ギガライト」にはspモードの料金もセットになっています。 その為、ドコモではテザリングオプションが実質標準装備と見ても良いでしょう。 ドコモのiPhoneでテザリングする設定方法 ドコモのiPhoneでテザリングを利用する設定方法は以下の通りです。 申し込み不要ですぐに利用可能!• テザリング利用料金は無料 auのテザリングオプションの概要と条件 画像引用元: auはテザリングオプションの申し込みが必要で、 料金プランによっては月500円の料金がかかります。 対象の料金プラン・データ定額サービス 月額料金 auデータMAXプラン Netflixパック auデータMAXプランPro auフラットプラン7プラスN 新auピタットプランN auピタットプランN(s) ケータイシンプルプラン/ケータイカケホプラン VKプランS(N)/VKプランM(N) 無料 auフラットプラン20N/25 NetflixパックN タブレットプラン20 500円 上記以外の料金プラン・データ定額サービス 500円 データ無制限の料金プランではテザリングオプションは無料ですが、月間で20GB以上テザリングで利用すると速度制限がかかってしまうので気を付けましょう。 My au経由でテザリングオプションを申込む方法 画像引用元: auでテザリングを利用したい場合、スマホ側の設定を行う前にテザリングオプションを申し込む必要があります。 下記手順のようにMy auからテザリングオプションを申し込みましょう。 au公式ホームページにアクセスして「お申し込みはこちら My au 」を選択• My auにログイン• My auの「オプションサービス変更」ページにアクセス• テザリングオプションの「追加する」をタップ• 「同意して次に進む」をタップ• 画面指示に従い申し込み完了 auのテザリングオプションは、申し込みタイミングによっては翌日9時から利用可能になる点に注意しましょう。 申し込み時間 利用可能時間 9時~20時 当日 20時以降~翌8時59分 翌日9時以降 すぐに利用したい人は可能な限り、日中に申し込むのがおすすめです。 店舗・カスタマーサポートでもテザリングオプション申し込み可能 My auの他にも店舗に来店して申し込んだり、カスタマーサポートに連絡してテザリングオプションを申し込むことも可能です。 店舗・カスタマーサポートで申込むと当日から利用出来るメリットも存在します。 auのiPhoneでテザリングする設定方法 auのiPhoneでテザリングする設定方法は下記の通りです。 「設定アプリ」を起動• 「ネットワークとインターネット」をタップ• 「テザリング」をタップ• 「Wi-Fiテザリング」をタップ• 「Wi-Fiテザリング設定」をタップ• 「ネットワーク名 SSID 」「セキュリティ」「パスワード」を設定して保存をタップ• 画面右上のスイッチをタップしてONに設定• 表示内容を確認してOKをタップ• 接続先デバイスで設定したネットワーク名を選び、パスワードを入力• 問題なければテザリング開始 auのAndroidのテザリング設定方法は、公式サポートに記載されていることも多いのでau公式ホームページで「Android名 テザリング」で検索すると良いでしょう。 auはテザリングオプションの申し込みが必要• テザリングの申し込みはMy auから• 料金プランによっては月500円の料金がかかる ソフトバンクのテザリングオプションの概要と条件 画像引用元: ソフトバンクもテザリングを利用する前にテザリングオプションの加入が必須です。 ソフトバンクのテザリングオプションの申し込みはMy SoftBank経由がおすすめ 画像引用元: ソフトバンクでテザリングオプションを契約する方法はいくつかありますが、My SoftBankから申込む方法が一般的です。 ソフトバンクのテザリングオプション加入を、iPhoneを例に説明すると以下手順になります。 「設定アプリ」「モバイルデータ通信」「インターネット共有を設定」の順にタップ• 「Webに移動」をタップ• Safari起動後「ログインする」をタップしてMy SoftBankにログイン• 「オプションタブ」をタップしてオプションサービス手続き画面に移動• 「サービス一覧をみる」をタップ• 「テザリングオプション」をタップ• サービス内容を確認後「次へ」をタップ• 申し込み内容を確認後「同意する」をタップ• 「同意する」にチェックが入ったら「申込」をタップして完了 これでソフトバンクのテザリングオプションに加入出来たので、後はスマホ側で設定するだけです。 Androidも同じくMy SoftBank経由でテザリングの申し込みが可能 上記の手順はiPhoneでテザリングオプションを申し込む方法ですが、AndroidでもMy SoftBankから申し込む点は変わりません。 Chromeや搭載されているブラウザを起動して、My SoftBankにログインしたら同じような手順でテザリングオプションを申し込みましょう。 My SoftBankは個人契約用ですので、法人契約しているソフトバンクのスマホは法人コンシェルサイトで申し込む必要があります。 ソフトバンクでテザリングオプションに加入後、iPhone・Androidでテザリングの設定を実行すればテザリング利用ができます。 「設定」をタップ• インターネット共有のボタンがONになったのを確認• ネットワーク名とWi-Fiのパスワードを確認する• 90秒以内に接続先のデバイスで表示されたネットワーク名を選択しパスワードを入力する• ソフトバンクのAndroidでWi-Fiテザリングする設定方法 ソフトバンクのAndroidでWi-Fiテザリングの設定方法は下記の通りです。 「Wi-Fi接続」をタップ• 認証後、テザリング機能起動• ネットワーク名 SSID とパスワードを設定して「保存」をタップ• 接続するデバイスでWi-Fi設定をONにする• 設定したネットワーク名 SSID を選択してパスワードを入力• パスワードに相違なければWi-Fiテザリング開始• 終了時はWi-Fi接続のチェックボックスをOFFに変更 Wi-Fiテザリングは接続台数が多い時に有効なので、複数台のデバイスをテザリング接続したい時に利用するのがおすすめです。 反面、電池の消費が激しいので充電しながら利用すると良いでしょう。 ソフトバンクのAndroidでUSBテザリングする設定方法 ソフトバンクのAndroidと、接続先のデバイスをUSBケーブルで接続してUSBテザリングも可能です。 ソフトバンクのAndroidとデバイスをUSBケーブルで接続• 「USB接続」をタップしてチェックボックスをONに設定• 問題なければUSBテザリング開始• 終了時はUSB接続のチェックボックスをOFFに変更 USBテザリングはケーブルで接続するので、 通信が安定しており、給電しながらテザリング出来るのがメリットです。 ドコモ、auのAndroidでも可能ですが、接続できるのが1台だけなのでノートパソコンやゲーム機等と接続する時に向いています。 ソフトバンクのAndroidでBluetoothテザリングする設定方法 ソフトバンクのAndroidと、接続先のデバイスをBluetoothで接続するBluetoothテザリングも可能です。 「Bluetooth接続」をタップしてチェックボックスをONに設定• 接続先のデバイスとBluetoothでペア設定する• 接続先のデバイスでインターネット接続 共有設定 を有効に設定• 問題なければBluetoothテザリング開始• 終了時はスマホのBluetooth接続のチェックボックスをOFFに変更 Bluetoothテザリングは使用する電力が少ないので、 長時間充電が出来ない環境でテザリングをする時におすすめです。 この方法もドコモ、auで利用出来ますが、接続できる台数が1台だけなので複数台テザリングしたい時には向いていません。 ソフトバンクはテザリングオプションの申し込みが必要• テザリングの申し込みはMy SoftBankから• 料金プランによっては月500円の料金がかかる テザリングを利用し過ぎると速度制限にかかることもあるので注意! 最後にテザリング利用時の注意として「テザリングを利用し過ぎると短期間利用と判断されて速度規制を受けたり、月間データ容量を使い過ぎる危険性」があります。 スマホ1台のデータ容量で、複数台の通信をテザリングで賄おうとすると、あっという間に速度制限の対象になったり、月間データ容量を使い切ってしまいます。 外出先でインターネットを使うことが多い人は、 テザリングではなくポケットWiFiがおすすめです。 ポケットWiFiはかなり快適にインターネットが使えるので、ぜひ検討してみてください。

次の