陰毛 剃る かゆみ。 陰毛がかゆい:医師が考える原因と対処法|症状辞典

デリケートゾーンの毛がかゆい!白い粉やフケが出る場合は要注意!?

陰毛 剃る かゆみ

陰毛(アンダーヘア)をチクチクさせない5つの処理方法 早速、陰毛(アンダーヘア)をチクチクさせない処理方法を見ていきましょう!• 除毛クリーム• ブラジリアンワックス• ヒートカッター• 家庭用脱毛器• 脱毛サロン どの方法も、処理後の毛先が鋭利になりづらいので、チクチクを抑えることができますよ。 では、一つずつ詳しく解説していきます! 除毛クリーム 陰毛のチクチクを防ぐなら、除毛クリームがおすすめ! というのも、除毛クリームは毛を溶かして処理するので、毛先が鋭くなりづらいのです。 数千円で市販されているので手に入れやすく、 お家で簡単にお手入れできる手軽さも魅力。 ただし、デリケートゾーンには使えない除毛クリームもあるので注意しましょう。 商品の表示をよく確認して、VIO・アンダーヘアに使用可の除毛クリームを選ぶようにしてくださいね! CHECK! かゆみ止めを使う• 冷やす• 保湿する チクチクした不快感は今すぐ処置したいですよね。 一番は皮膚科や婦人科に見てもらうことですが、今すぐできる応急処置方法を紹介します! かゆみ止めを使う 陰毛のチクチクを抑えるなら、かゆみ止めを使うのが手軽且つ有効な方法の一つ。 ドラッグストアなどでも売っているので、手に入れやすいのも魅力です。 かゆみ止めを購入するときは、 必ずデリケートゾーンにも使用OKの低刺激なタイプを選んでくださいね! もし市販のかゆみ止めでも効果が感じられなければ、皮膚科・もしくは婦人科に行くことをオススメします。 冷やす 陰毛のチクチクが気になるときは、患部を冷やすのもおすすめです。 アイスノンや保冷剤を使って、かゆみのある部分を数分冷却してみましょう! 凍 傷にならないように、必ずタオルを巻くようにしてください。 かゆみが引くまで、様子を見てみてくださいね! 保湿する 保湿を心がけることも、陰毛のチクチクを抑える方法の一つ。 なぜなら、デリケートゾーンの乾燥がかゆみの原因になることもあるからです。 保湿剤を選ぶときは、VIOにも使える肌に優しいアイテムを選んでくださいね! カミソリで自己処理をすると肌表面を傷つけ、カミソリ負けや肌荒れなどを起こすこともあります。 保湿を続けていても乾燥やかゆみがひどくなってしまったら、医師の診察を受けてくださいね! 陰毛(アンダーヘア)がチクチクする原因は? 陰毛のチクチクやかゆみは、自己処理のあとの生え始めや、乾燥が原因であることが多いです。 アンダーヘアがチクチクする大きな原因は2つ!• アンダーヘアの毛先が尖っている• 皮膚が乾燥している それぞれの原因について、見ていきましょう。 毛先が尖っている 自然に生えている毛は、毛先が細くなっていくのでチクチクはしません。 でもカミソリやハサミなどで自己処理をすると、切られた毛先が鋭くなります。 毛先が尖った毛が肌に当たると、チクチクの原因に。 しばらくすれば摩擦によって毛先が丸くなり、また伸びてくるにつれて当たる時の感触も柔らかくなるため、時間が経てば解決します。 ですがカミソリなどでの処理のあと、生え始めはとくにチクチクするでしょう。 周囲の皮膚を傷つけてしまい、出血することもあります。 皮膚が乾燥している 皮膚が乾燥しているとカミソリなどの刺激を多く受け、 肌の表面にあるバリア機能を低下させてしまいます。 そうするとアレルゲンなどが体内に入りやすくなったり、かゆみを感じる神経が敏感になったりして、かゆみの原因になるのです! プロに脱毛を任せれば陰毛のチクチクを根本解決できる アンダーヘアをチクチクさせないために、一番おすすめなのがプロに脱毛してもらう方法。 カミソリやシェーバーなどでのムダ毛処理は安くて手軽ですが、チクチクしやすく、ケガや肌荒れなどのリスクも。 プロに任せる方法は大きく分けて2つ。 医療脱毛脱毛クリニック、または脱毛サロンです。 脱毛方法 医療脱毛 サロン脱毛 効果 高い 永久脱毛 ゆるやか 回数が多めに必要 痛み 強い あまり強くない 1回の費用 14,000~20,000円 8,000~10,000円 医療脱毛クリニックの脱毛は、出力が強いので、サロンよりも回数が少なく済みます! 一方、サロン脱毛の脱毛効果はゆるやかで、脱毛完了までに期間がかかりますが、痛みは少なく料金も安め。 医療脱毛とサロン脱毛では、 使用する脱毛機のパワーに違いがあるので、効果と値段にも差が出てきます。 アンダーヘア周辺(VIO)は痛みを強く感じやすいパーツなので、痛みが不安な人にはサロン脱毛。 なるべく早く脱毛を完了させたい人は医療脱毛がおすすめですよ!.

次の

「陰毛が痒い!」人には聞けない女性の悩みを4つの方法で解決

陰毛 剃る かゆみ

陰毛のは、下着による蒸れや肌の乾燥で起こることの多い症状ですが、他にもさまざまな原因によって起こりえます。 身近な人に移す可能性がある感染症など、中には注意が必要なものもあります。 陰毛のかゆい部分に赤いがある• 性行為をした数日~1か月後くらいに陰部や陰毛部分にが出た• 陰毛を剃った後にヒリヒリ感やが出てきた このような症状がある場合、どのような原因が考えられるでしょうか。 陰毛がかゆい原因として考えられる病気 陰毛のは、何らかの病気によって引き起こされることもあります。 考えられる病気には以下のようなものがあります。 毛じらみ症 毛じらみ症とは、シラミの仲間であるケジラミが寄生することで発症する感染症です。 主に陰毛に寄生し、皮膚から吸血されることによってが起こります。 ケジラミの体長は2mm程度で、よく観察すれば肉眼で確認することができます。 また、吸血した血液が最終的に便となって排出されるために、下着に茶色い粉末のようなものが付くようになります。 陰毛の直接接触による感染が原因なので、性行為を介することが多いです。 また、接触の密な母子間でも感染することがあります。 疥癬 かいせん とは、虫(ヒゼンダニ)が皮膚の角質層に寄生することで発症する感染症です。 4mm程の大きさで、約1か月の潜伏期間を経て、と赤いが現れるようになります。 は夜間に強くなるのが特徴です。 通常とノルウェーがあり、ノルウェーは大量の虫を有し非常に感染力が強いため、隔離が必要になる場合があります。 性行為や寝具、便座などを介して接触感染するため、高齢者施設や家庭内で感染することが多いです。 カンジダ症 皮膚や口の中、消化器などに常在するカンジダ菌が、免疫力の低下などによって異常に増殖することで発症する感染症がです。 発症すると、女性の場合は外陰や腟、陰毛部分の、おりものの増加、白いおりものが出るなどの症状がみられるようになります。 男性の場合は症状が現れることは少ないですが、の他に、 亀頭部 きとうぶ や 包皮 ほうひ に白いカスを認めたり、が現れたりする場合もあります。 性器ヘルペス は、ウイルスが性器に感染して起こる病気で、性行為などを介して感染します。 感染しても無症状のことが多いですが、痛みやを伴う 水疱 すいほう やびらんが現れる場合があるほか、熱が出たり足の付け根のリンパ節が腫れたりすることもあります。 のひとつでもあります。 腟 ちつ トリコモナス 腟トリコモナス原虫が腟内に定着して起こる感染症を腟トリコモナスといいます。 性行為以外でも感染するために、性交経験のない女性や幼児にみられることもあります。 主な症状は、外陰、腟、陰毛部分などへの強い刺激感、、熱感、おりものの異常(泡状で黄白色のおりものが増える)です。 性器クラミジア 性器は、細菌の一種である・トラコマティスを原因とする性感染症です。 主な症状には、女性の場合で下腹部の痛みや排尿時、性交時の痛み、おりものの増加、不正出血など、男性の場合でや排尿時痛、尿道からの白濁した分泌液などが挙げられます。 の原因となりえる疾患です。 体のどこにでも生じる可能性があり、陰毛に生じる場合もあります。 発症すると感染部位の皮膚が赤くなるほか、を伴うこともあります。 原因物質が接触した部分にのみを認めるのが特徴で、やみずぶくれ、痛みを伴う場合もあります。 毛嚢炎 もうのうえん ()とは、毛穴の奥にある毛を産生する部分(毛包)に炎症が起きた状態のことです。 赤い丘疹(ぶつぶつ)や、中央に 膿 うみ を持った丘疹が現れるのが特徴で、時にや圧痛(押したときの痛み)が起こることもあります。 受診の目安とポイント 発熱や痛み、おりものの異常など他の症状が伴う場合、見た目に変化が現れている場合、が強く掻きむしってしまう場合には早めの受診がすすめられます。 また、原因として性感染症も多いことから、パートナーに自覚症状がなくても一緒に病院に行き検査を受けることも考慮しましょう。 受診先としては皮膚科が適しています。 性感染症が疑われる場合は婦人科でもよいでしょう。 が現れ始めた時期や状況、の程度、他の症状、直近の性行為の有無などについて、できる限り詳しく医師に伝えると診断の助けになります。 日常生活上の原因と対処法 蒸れや乾燥など日常生活上のさまざまな原因によって、陰毛がかゆくなることもあります。 下着や衣類による蒸れ 陰毛のある部分は、下着や衣類に覆われていることから蒸れやすく、汗による刺激や雑菌の繁殖などによってが引き起こされる場合があります。 季節では夏、女性においては生理中が特に蒸れやすくなります。 下着の化学繊維や成分によっては相性が悪く、る場合もあるため、自分に合った成分の下着を身に着けるようにしましょう。 蒸れを防ぐには 蒸れやすい夏場は特に、綿など通気性・吸湿性のよい素材の下着や衣類を身に着けるようにしましょう。 下着やナプキンなどをこまめに替えることも大切です。 蒸れてしまった場合は軽く洗浄し、清潔を保つようにしましょう。 カミソリ負け カミソリを使用して陰毛を剃る場合、カミソリによる刺激で肌に炎症が起こることがあります。 カミソリ負けを防ぐには 肌が乾燥しているときや蒸れているとき、生理中などは肌が敏感になっているために、カミソリ負けを起こしやすくなります。 なるべく肌の状態がよいときに剃るようにしましょう。 また、剃る際には乳液やクリームを塗布し、毛の流れに沿って剃ると肌への刺激を軽減できます。 剃った後に刺激の少ない保湿クリームなどでアフターケアをすることも、カミソリ負けの予防に効果的です。 乾燥 肌の乾燥は、加齢や女性ホルモンの減少、ボディーソープによる刺激など、さまざまな原因によって起こります。 肌が乾燥すると刺激に対して弱くなることから、ちょっとした刺激で炎症が起こったり、が誘発されやすくなったりします。 乾燥を防ぐには 乾燥を防ぐためには、正しい入浴とスキンケアが大切です。 入浴時に硬いタオルなどを使って強くこすると乾燥の原因になるので、肌への刺激が少ないボディーソープと柔らかいタオルなどを使用して優しく洗うようにしましょう。 入浴後は、乾燥が気になるときに、ボディーミルクなどの保湿剤を使って保湿しましょう。 また、十分な睡眠をとること、バランスのよい食事をとることも乾燥の予防につながります。 できることから始めていきましょう。 よくならないときには が続くと日常生活に支障をきたすほか、掻きむしったりして感染症を発症する可能性もあります。 蒸れや乾燥を予防するなど、日常生活上の取り組みを行ってもが引かない場合には、一度病院を受診することを検討しましょう。

次の

男性の陰毛処理におすすめな5つの方法!男がアンダーヘアを処理するメリットとは?|脱毛手帳

陰毛 剃る かゆみ

デリケートゾーンの処理は恥ずかしいので、中々友達などにも相談しにくいと思いますが、みんなちゃんと処理しているんですね。 一方で、「何もしていない」という方が全体の10%(10人に1人)いるということもわかりました。 つまり、見方を変えると 「全体の内、9割の人は何かしらの方法で処理をしている」ということが見て取れますよね。 このように、 ほとんどの方がデリケートゾーンの処理をしています。 また、男性陣の意見を聞いてみてもアンダーヘアの処理には気を使ったほうが良いことが覗えますよ。 半数以上の方がカミソリorハサミで処理していることがわかりましたね。 特にカミソリで処理している方が1番多いようですが、 カミソリでの自己処理は気をつけなければいけない点がたくさんあります。 アンダーヘア自己処理方法のおすすめは?カミソリは使い方に注意! カミソリで自己処理する際の注意点 アンケートの結果からもわかりましたが、 デリケートゾーンを自己処理している方の多くがカミソリで処理をしています。 カミソリは購入するのも安価で購入できますし、処理自体もササッと広い面積を手軽に短時間で処理できますので、 最も多くの方がこの方法で処理しているのも納得できますよね。 このように、安価でお手頃に処理できるカミソリですから、 正しく使えるなら使ってもいいと思います。 ですが、カミソリでの処理にもメリット・デメリットがありますよ。 まずは、そのあたりから確認してみましょう。 カミソリのメリット カミソリで処理をするメリットですが、以下のような点が挙げられます。 カミソリで自己処理するデメリット• カミソリ負けなどによる肌の損傷。 細かな傷ができることによる色素沈着。 頻繁に処理が必要。 乾燥しやすくなる。 このようなデメリットがあります。 カミソリで処理をしているからといって、ムダ毛が薄くなってくるわけではありませんよね。 また、カミソリでの処理は表面に出ているムダ毛を処理しているだけですので、どうしてもすぐに生えてきてしまいます。 そのため、どうしても 頻繁に処理をしなければなりません。 手軽に処理できる一方、カミソリでの処理にはこのようなデメリットも考えられるわけなんですね。 使う際の4つの注意点 カミソリでの処理は手軽に処理できる一方、正しく使わないとお肌を傷つけ色素沈着を起こしてしまいかねません。 特に カミソリを使用する際には以下の4つの点に注意しましょう。 …というのも、カミソリは使えば使うほど切れ味が落ちていきます。 切れ味が悪いカミソリで処理をするということは、それだけでお肌を傷つけてしまうリスクが上がってしまうんですね。 また、デリケートゾーンは全身のムダ毛の中でも太くて濃い毛になりますよね。 ですから、余計に切れ味が良いカミソリを使うべきです。 数百円〜1,000円程度をケチって買い換えないで古いものを使い続けてしまうと、お肌の損傷や色素沈着しやすくなってしまいますので、なるべく新しいものを使うように心がけましょう。 お風呂で処理をする場合、 お風呂場にカミソリを置きっぱなしはやめましょう。 水気が多いお風呂場は雑菌が繁殖しやすい環境です。 衛生的にも良くないですし、カミソリも錆びやすく切れ味が早く悪くなってしまいます。 必ず水気を切り、乾燥させてから保管するようにしましょう。 ですから、必ず 処理をする前に蒸すことをおすすめします。 …というのも、蒸すことをよって毛が水分を含み柔らかくなるため、 剃る際に負担が減り、お肌への負担も軽減することができます。 面倒くさくてそのまま剃ってしまう人が多いですが、この工程をやるだけでお肌へかかる負担が減らせるんですね。 中には「お風呂で処理してるから大丈夫だよね」と考える人もいるかもしれません。 確かにお風呂に入った時というのは蒸気で軽く蒸されている状態ではありますが、だからといって処理する部位を蒸すことを怠ってはいけません。 色素沈着させないためにも必ず蒸すことを面倒くさがらずにしていきましょう。 自己処理をしたあとの入浴はやめましょう。 …というのも、湯船の中は見えない菌がたくさんいると言われています。 処理後は見えない細かな傷をおっている状態ですので菌が入り込み炎症を起こしてしまう原因にもなりかねません。 何もつけずに処理する人は少ないと思いますが、ボディソープや石鹸をつけて処理をしてしまっていませんか。 ボディソープや石鹸というのは、そもそも汚れを落とすものです。 そのため、 お肌の油分を取り除く働きがあるわけですね。 このようなものをつけて自己処理をするということは、 乾燥やかゆみの原因になってしまいます。 必ず処理の前にはシェービングジェルなど、専用のものを使用して処理をするようにしましょう。 これは ムダ毛と一緒に角質も削ってしまっているからですね。 このような細かな傷がついた状態のままだと乾燥の原因になったり、かゆみの原因になったりしてしまいます。 自己処理後はいつも以上に保湿をすることを心がけることが大切です。 毛抜きは最もダメな自己処理方法 上記で実施したアンケート結果からもわかりますが、アンダーヘアの自己処理を毛抜きで行っている方が一定数いらっしゃいます。 ですが、 毛抜きでの自己処理はおすすめできません。 また、これはアンダーヘアの処理だけに限らず、なるべく毛抜きでムダ毛の自己処理をすることは止めましょう。 一見すると、毛抜きで処理をするということは毛根から抜くことができるので、仕上がりもカミソリなどで剃るよりもキレイになる感じがしますよね。 また、毛根から抜くため、カミソリなどで剃る処理よりも、持ちが良く処理頻度を考えれば楽かもしれません。 ですが、 毛抜きでの処理は実はリスクがたくさんあるんですよ。 毛抜きでの処理は肌荒れやニキビの原因に 確かに仕上がりや持ちという部分ではカミソリなどで剃る方法よりも良い面もありますが、実は お肌にかかる不安を考えると抜く方が圧倒的に負担がかかるんですね。 そして、負担がかかるということは 肌荒れやニキビの原因になりやすいということです。 毛抜きで処理を続けたことがあるならわかるかもしれませんが、処理を続けているとブツブツやザラザラといって肌触りになってしまうことがあります。 これはまさに毛抜きによって肌荒れを起こしてしまった状態です。 専門的には「毛嚢炎(もうのうえん)」や「色素沈着」と言ったりしますが、毛抜きで毛根から無理矢理引っ張り抜くので毛穴が広がってしまい、そこから雑菌が入り込み、ニキビのような症状が出てしまったりします。 また、無理矢理引っ張り抜くことで、傷ができてしまい色素沈着をし、シミのようになってしまう場合もあるんですね。 このように、 抜く処理と剃る処理を比べると、明らかに抜く処理の方がお肌には負担がかかります。 ですから、ムダ毛を抜いて処理するのはなるべく控えましょう。 では、どんな方法でアンダーヘアのムダ毛処理をすればいいのでしょうか。 オススメな処理方法をご紹介していきますね。 おすすめする方法1 ヒートカッター アンダーヘアの自己処理をするなら 「ヒートカッター」での処理がおすすめです。 ヒートカッターとは熱線の熱を利用して、剃るわけではなく焼き切るようなイメージで処理をするものですね。 なぜヒートカッターがおすすめかというと、 伸びてきた時のことを考えるとヒートカッターで処理する方法がアンダーヘアの処理には適しているからです。 カミソリなどで処理したことがあればわかると思いますが、 カミソリなどで処理をして少し伸びてくると、チクチクしたりするんですよね。 この理由は、カミソリなどで処理をすると毛先が尖った状態になるためです。 一方、ヒートカッターで処理をすると熱を利用して処理をするため、毛先が丸くなります。 そのため、 伸びてきた時でもチクチクしづらくなるんですね。 また、熱線の熱を利用して処理をするため、 お肌にかかる負担も少ないのもヒートカッターの特徴です。 このようなことを考えるとアンダーヘアのムダ毛処理にはヒートカッターが適しているんですね。 これは、脱毛サロンやクリニックで施術を受ける際にもアドバイスをされる点ですが、 カミソリで処理をするよりも、電気シェーバーを使ったほうがお肌にかかる負担は少なくて済むんですね。 例えば、ほとんどの電気シェーバーは刃が直接お肌に当たらないような構造でできています。 そのため、肌荒れなどのリスクを抑えることができます。 一方でカミソリは直接刃を肌に当てて処理をしますので、確かに電気シェーバーに比べると深剃りはできますが、お肌への負担面を考えるとおすすめできません。 使い方自体はどちらも難しいものではありませんので、どちらも手軽に扱うことはできると思いますが、 お肌への負担を考えて電気シェーバーを利用することをおすすめします。 除毛クリームや脱毛クリームのメリットは、処理後の状態がまるでサロンやクリニックで脱毛をしたかのようにツルツルな状態を作れることです。 また、毛根からしっかりと処理ができるため、カミソリや電気シェーバーでの処理に比べると、ムダ毛が生えてくるまで時間がかかります。 つまり、その分 頻繁に処理をしなくても良いというメリットもありますね。 一方で、薬品の力を使って毛を溶かすことによって除毛・脱毛をしていきます。 そのため、 お肌が弱い人は赤みや肌トラブルが出てしまうこともあるんですね。 ですから、使用する前には必ずパッチテストをして問題がないか確かめることが大切です。 …とはいえ、仕上がりのキレイさ、保ちの良さでいえば自己処理方法の中でも1番とも言えますので、デートなどがあって「短期的にキレイな状態にしておきたい!」というような場合にはオススメの処理方法です。 アンダーヘアは体の部位の中でも最もデリケートな部分です。 デリケートゾーンならではの問題点もありますので確認をしておきましょう。 また、合わせて 対策方法についてもお伝えしていきます。 トラブル1 痒くなる アンダーヘア処理の中で最も多くの人が悩まされる点が 「痒み」です。 では、なぜ痒みが出てしまうのでしょうか。 まず、考えられる点としては、 処理方法の問題です。 先ほどもお伝えしたようにカミソリなどで処理をしている場合、直接刃を皮膚に当てることになりますので、一緒に角質まで削ってしまいます。 そのため、 乾燥を引き起こし痒みに繋がってしまうんですね。 また、毛抜きで処理している場合も毛嚢炎を引き起こしてしまう可能性があると言いましたよね。 実はこれも痒みの原因です。 そしてもう一つ挙げられるのが、 蒸れやすい部位のためということです。 そのため、痒みが出てしまいやすいんですね。 痒くなるを防ぐ対策方法は? かゆみを防ぐ対策方法としては、まずは 処理方法を変えてみるということです。 何度もお伝えしてきましたが、カミソリよりは電気シェーバーの方がお肌への負担も少なく、乾燥しにくい処理方法と言えます。 また、どうしてもカミソリで処理をするのであれば、で処理することでかゆみを抑えることに繋がります。 また、下着もポリエステルやナイロンのものより、綿100%の方がお肌にも優しいと言われています。 さらに言えば、スキニーパンツなどは締め付けが強いため蒸れやすいですし、擦れやすいですよね。 もし、痒みが出るようであれば、このあたりの 服装にも気を使ってみると良いですね。 ですが、それでも痒みが収まらない…ということであれば早めに皮膚科にかかるなど対策をするようにして下さい。 ほっとくとさらに悪化してしまうことも考えられますので、早め早めの対策が大切です。 トラブル2 チクチクする アンダーヘアに限った話ではないですが、特にアンダーヘア処理だと気になってしまうのが 「チクチクする」という問題です。 これも原因として考えられるのは、カミソリなどで処理することによって 毛先が尖ってしまうためですね。 そして、尖って毛先が徐々に伸びてきてチクチクしまうわけです。 また、確かに他の部位でも同じようにチクチク(ジョリジョリ?)しますが、 アンダーヘアは周辺は、どうしても擦れる部位のため、余計に気になってしまうんですね。 このようなチクチクするのも、多くの方が悩むアンダーヘア処理の問題点です。 チクチクするを防ぐ対策・方法は? ではチクチクするのを防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか。 まずは、 カミソリではなくヒートカッターを使用してみることをおすすめします。 前述した通りですが、ヒートカッターで処理をすることによって毛先が尖りにくくなるため、チクチクしづらいと言われています。 チクチクが気になるようならヒートカッターを試してみましょう。 また、 除毛クリーム・脱毛クリームを使用してみるのも良いでしょう。 除毛クリーム・脱毛クリームでの処理も、ムダ毛が伸びてきても比較的チクチクしにくいと言われていますよ。 ですが、デリケートゾーンでお肌も決して強い部位ではありませんので、頻繁な使用は避けたいところです。 もちろん、赤みや炎症が出てしまう場合も、すぐに使用を注意するようにしましょう。 トラブル3 埋没毛 「埋没毛」ができてしまい、見た目がキレイじゃない、なんかブツブツしちゃっている…というトラブルもアンダーヘア特有のあるあるです。 埋没毛が出来てしまう原因として考えられるのは、毛抜きで処理をしているためですね。 これはアンダーヘアに限らず経験があると思いますが、毛抜きで処理をすると、埋没毛がどうしてもできやすくなってしまいます。 そして、 埋没毛ができることによって、ブツブツした表面になってしまい、見た目的にも黒い斑点のような感じになってしまうということです。 また、埋没毛ができることで、そこから菌が繁殖してしまい、ニキビのように赤く腫れてしまうこともあるんですね。 埋没毛を防ぐ対策方法は? 埋没毛の対策方法としては、 毛抜きで処理するのを止めるのが最も効果的です。 埋没毛になってしまうほとんどの原因は毛抜きで処理したためと言われていますので、処理の方法を変えていきましょう。 しつこいようですが、毛抜きでのムダ毛処理はやってはいけません。 お肌にかかるストレス、その後の埋没毛などのトラブルのリスクなどを考えると、正しい処理方法とは言えません。 参考: トラブル4 乾燥する・カサカサする アンダーヘア周辺のデリケートゾーンは、元々乾燥しやすい部位でもあります。 そのため、 乾燥やカサカサしてしまうことも問題点の一つです。 そして、 乾燥はかゆみの原因にもなってしまいますよね。 乾燥やカサカサしてしまうのは、ムダ毛と一緒に角質まで削ってしまっているためです。 特にカミソリでの処理の場合は、直接刃が当たるので角質も削りやすくなってしまうんですね。 乾燥・カサカサを防ぐ対策方法は? 乾燥やカサカサしてしまうのを防ぐためには、 ムダ毛処理前、そして処理後のケアを怠らずにしっかりとやることです。 例えば、処理前であれば蒸してから処理をする、専用のシェービングクリームを使用するなどですね。 このようにすることでお肌へ掛かる負担を減らせます。 また、処理後の保湿も大切です。 また、 処理頻度を考えることも大切なポイントです。 ムダ毛が伸びてくるとどうしても処理したくなってしまいますが、頻繁な処理はそれだけお肌に負担がかかってしまうわけですので、頻度をあけるなど工夫することも大切でしょう。 アンダーヘアの長さや形はみんなどうしてる? みんなが アンダーヘアの「長さ」や「形」をどうしているか気になりませんか。 このあたりの「長さ」や「形」についてお伝えしていきます。 他の部位のムダ毛は基本的には全て処理してしまって問題ないと思いますが、 アンダーヘアに限っては 残すことも考えながら処理をしなければなりません。 もちろん、最近はハイジニーナ(無毛)にする方も増えてきたとは言われていますが、それでもまだまだ残しながら処理をする方の方が圧倒的に多くなっています。 そこで疑問に思うのは「長さ」や「形」です。 「みんなどうしているんだろう?」と気になりますよね。 男性目線も大事!アンダーヘアの形はよく考えて決めましょう。 特に彼氏やパートナーがいるなら、どうしても見られることがありますよね。 また、今お相手の方がいなくても今後、彼氏やパートナーができることもあると思います。 そのようなことまで考えて、アンダーヘアの長さや形は決めていくべきです。 また、 よく失敗してしまいがちなのが 「今の彼氏やパートナーが好きだったから!」という理由で処理をしてしまうことです。 例えば、今の彼氏がハイジニーナ(無毛)のような過激?な形が好きだったとしますよね。 ですが、もしかしたら今後お別れしてしまうかもしれません。 そして、次のお相手が見つかったとしても、その方がハイジニーナが好きかどうかはわかりませんよね。 下手をしたらドン引きされてしまうことだってあるでしょう。 このようなことも考えて、アンダーヘアの長さや形は決めていくことが大切です。 アンダーヘアの長さや形については下記のページで詳しくまとめています。 こちらを参考にしてみて下さいね。 アンダーヘアの処理は、他の部位と違い残すことを考えながら処理をしたり、デリケートゾーン特有の悩みなどもある箇所です。 もちろん、人に見られるのも恥ずかしい部位なので「自分でなんとか自己処理を…」と考えるのもわからなくはないですが、 実は最近は多くの方が脱毛サロンやクリニックでアンダーヘアの処理をしていますよ。 また、 男性陣にアンケートを取ってみても「処理しておいてほしい」という意見が多数でています。 自己処理でやるのも一つの方法ですが、仕上がりがブツブツになってしまったり、色素沈着を起こしてしまったりと言うことは本当によくあることなんですね。 ですから、 最もおすすめな方法はプロに処理をしてもらうことです。 脱毛サロンやクリニックで処理をすることによって、キレイな仕上がりになりますし、しっかりと回数を重ねていけば処理いらずの状態にもできます。 「でもやっぱり恥ずかしいし…それにお金もかかるからな…」と思ってしまいますよね。 でしたら、 ミュゼのVラインサイドの脱毛から始めてみてはどうでしょうか。 ミュゼのVライン脱毛 ミュゼは言わずと知れた脱毛サロン最大手の脱毛サロンになり、多くの方がミュゼでアンダーヘアの処理をしています。 また、ミュゼならわずか 100円でVラインサイドの脱毛が受けられますよ。 しかも、わずか 100円で6回も脱毛できます。 補足 過去には100円で脇Vライン脱毛し放題をやっていたのですが、現在はなくなっています。 しかし、それでも他のサロンに比較すれば激安です!予約時の注意点としてキャンペーン適用されるのは WEBから予約限定です。 電話で予約をしてしまうとこの価格にはなりませんので注意して下さい。 脇とVラインのサイドだけにはなりますが、まずはサイドを脱毛してスッキリさせるだけでも清潔感が出ますし、逆に不自然に作り込んでる感じにはならないのでおすすめです。 恥かしさやお金のことなど気になると思いますが、ミュゼの100円脱毛なら、ハードルも低く、それでいて脱毛し放題で通えるのでとってもお得ですよ。 それに ミュゼは勧誘がないサロンとしても有名なんです。

次の