お好み焼き レシピ ふわふわ。 【ごはんジャパン】ふわふわのお好み焼の作り方!戸田亘さんのレシピ

【みんなが作ってる】 お好み焼き ふわふわ コツのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

お好み焼き レシピ ふわふわ

「ごはんジャパン」ふわふわお好み焼きの作り方! 材料(5人前) 小麦粉 250g だし 250ml キャベツ(半玉) 500g 卵 5個 山芋 30g 大葉 5枚 豚バラ 250g 紅ショウガ 適量 天かす 適量 ネギ 適量 マヨネーズ 60g ウスターソース 20g 作り方 美味しく作るコツは、小麦粉と出汁の量を同量にすることです。 そして、出汁は、鶏がらの出汁や昆布だしなどを混ぜると、より美味しくなります。 1.キャベツは横半分に切り、出来るだけ細く切り、特に芯は出来るだけ細かく切ります。 2.小麦粉は泡だて器で細かく混ぜておきます。 3.出汁を少しずつ入れて、ダマにならないように混ぜます。 4.山芋と卵を加えて、更に混ぜます。 5.生地とキャベツは1:1の割合になるように混ぜますが、出来るだけ、焼く分だけ焼く直前に混ぜるのが美味しく焼けるコツです。 (キャベツからどんどん水分が出る為です) 6.ホットプレートに、真ん中をうすめにして生地を置きます。 (油はひきません) 8.片面に焼き色がついたら、裏返し、もう片面も焼きます。 生地を鉄板に押し付けたり、何度もひっくり返さないようにしましょう。 9.生地に穴を数か所あけ、豚の脂から旨味がすべて生地にはいるようにします。 10.マヨネーズとウスターソースを混ぜ合わせた特製マヨネーズを塗り、お好みのソース(甘口のとんかつソースまたは、お好み焼きソース)を塗ります。 11.かつお節と青のりをトッピングしたら、完成です。

次の

和風総本家

お好み焼き レシピ ふわふわ

「ごはんジャパン」ふわふわお好み焼きの作り方! 材料(5人前) 小麦粉 250g だし 250ml キャベツ(半玉) 500g 卵 5個 山芋 30g 大葉 5枚 豚バラ 250g 紅ショウガ 適量 天かす 適量 ネギ 適量 マヨネーズ 60g ウスターソース 20g 作り方 美味しく作るコツは、小麦粉と出汁の量を同量にすることです。 そして、出汁は、鶏がらの出汁や昆布だしなどを混ぜると、より美味しくなります。 1.キャベツは横半分に切り、出来るだけ細く切り、特に芯は出来るだけ細かく切ります。 2.小麦粉は泡だて器で細かく混ぜておきます。 3.出汁を少しずつ入れて、ダマにならないように混ぜます。 4.山芋と卵を加えて、更に混ぜます。 5.生地とキャベツは1:1の割合になるように混ぜますが、出来るだけ、焼く分だけ焼く直前に混ぜるのが美味しく焼けるコツです。 (キャベツからどんどん水分が出る為です) 6.ホットプレートに、真ん中をうすめにして生地を置きます。 (油はひきません) 8.片面に焼き色がついたら、裏返し、もう片面も焼きます。 生地を鉄板に押し付けたり、何度もひっくり返さないようにしましょう。 9.生地に穴を数か所あけ、豚の脂から旨味がすべて生地にはいるようにします。 10.マヨネーズとウスターソースを混ぜ合わせた特製マヨネーズを塗り、お好みのソース(甘口のとんかつソースまたは、お好み焼きソース)を塗ります。 11.かつお節と青のりをトッピングしたら、完成です。

次の

和風総本家

お好み焼き レシピ ふわふわ

お好み焼きはキャベツが命ですから、気合いを入れて切りましょう。 ポイント2「生地には牛乳を入れて冷蔵庫で寝かせる」 生地は出し汁で溶いたり、山芋やベーキングパウダーを入れたりと、いろいろやり方がありますが、我が家では市販の「お好み焼き粉」オンリーでやっちゃいます。 上記ページを参考に、生地の配分(五人前)はこんな感じ。 お好み焼き粉 400g• 水 400cc• 牛乳 80cc 生地は3時間ほど冷蔵庫で寝かせると、発酵してふっくら仕上がるんだって。 ここ大事、テストに出るよ! ポイント3「キャベツは多め、生地は少なめが美味しい」 何度か試したんだけど、我が家で導き出されたキャベツと生地の黄金比率(一人前)はこんな感じ。 キャベツ 120g• 生地 80g ポイント4「生地を混ぜるのは直前、しっかり空気を入れながら」 小さなボウルに、キャベツ120gと生地80g、天かす、紅ショウガを入れたらすばやく30秒混ぜる。 次に卵一個を入れて20秒、さっくりと空気を入れるように混ぜる。 それ以上混ぜすぎると空気が抜けてふんわりにならないので要注意。 あと直前に混ぜないとキャベツから水が出てべちょべちょになっちゃうよ。 ポイント5「焼くときは厚めで、絶対上から押さえない」 焼くときは、厚さ2cmを目安にしてます。 豚肉を生のまま上に載せて、生地のフチが乾いてきて、裏にいい感じの焼き目がついたら、へらでくるっと返しましょう。 キレイに返すコツは、2本のへらを両側から差しいれて、低い位置で手前にすっと一気に返すことです。 失敗を恐れると手元が狂います。 プロになったつもりでえいやっとやりましょう。 そうれば豚肉が焦げちゃうのも防げます。 ポイント7「肉の面は上にするの?下がいいの?」 下にへらを差しいれて持ち上げたとき、お好み焼きがふにゃりと曲がったらまだ火が通っていないということ、全体が持ち上がれば完成です。 いつも疑問だったのが、肉が載っている面と載っていない面のどっちを上にするかということ。 お店とか一般的には肉の面を上にすることが多いようだけど、テフロン加工されたホットプレートだと傷つけないためにプラスティックのへらを使うので、表面に肉があるとうまく切れなくてお好み焼きがぐちゃぐちゃになっちゃうんですよね。 ということで、今のところ我が家では肉の面を下にして、しっかり火が入りきる前にソースやらマヨやらをかけちゃってますよ。 ちなみにお好み焼き屋さんやってる親友に訊いたら(ていうかあいつがお好み焼き屋さんだったって今気がついたw)、彼のお店では豚肉は別で焼いて、生地と生地の間にサンドしてるんだって。 なるほどそれもありか。 裏技1「マヨネーズは2本の箸で延ばしてアーティスティックに」 食べものは見た目も大事。 ということでアビさん()に教えてもらって、マヨネーズを2本の箸ですーっと延ばしたら、すっごく美味しそうになりました。 簡単だし子どもたちも喜ぶのでオススメですよ。 裏技2「メレンゲにして入れると超ふんわり!」 これ、以前テレビで見た技なんだけど、生地に卵を入れるときに、黄身と白身を分けておいて、白身だけボウルでかき混ぜてメレンゲみたいにしてから混ぜ合わせると、超ふんわりのお好み焼きになるそうなんです。 こういうオムレツを出すお店もあったよねたしか。 邪道だと言われることもあるようだけど、忘れてたので今度やってみます。 裏技3「ソースに飽きたらさっぱりポン酢ネギ焼きがオススメ」 ずっとこってりお好みソースだと飽きちゃうので、途中でネギ焼きを挟みます。 万能ネギをたっぷり入れたお好み焼きを作って、食べるときにポン酢をつけます。 他にも、キムチとかお刺身とか、箸休めになるさっぱりとしたものを用意しておくと楽しいですよ。 キムチにはゴマ油と煎りゴマ、万能ネギを振りかけるだけで絶品に。 いなだが安かったので。 スゲー脂のってた!.

次の