おすすめワイヤレスイヤホン。 【2020年版】ワイヤレスイヤホンのおすすめ11選、安い機種(コスパ重視)やiPhoneに合う製品を紹介

ランニングおすすめワイヤレスイヤホン10選。これで決まり!

おすすめワイヤレスイヤホン

【2020年版】ワイヤレスイヤホンのおすすめ11選、安い機種(コスパ重視)やiPhoneに合う製品を紹介 公開日時 : 2020-05-11 17:16 更新日時 : 2020-06-10 18:46 外出先で音楽や動画を視聴するときに欠かせないイヤホン。 なかでも「ワイヤレスイヤホン」はケーブル接続不要というお手軽さから人気を集めています。 しかし、いざワイヤレスイヤホンを買おうと思っても「どうやって選べばいいのか分からない…」と困っている方は少なくないでしょう。 そこで今回は、2020年におけるワイヤレスイヤホンのおすすめモデルをご紹介していきます。 あわせてワイヤレスイヤホンの選び方も解説するので、購入を検討されている方はぜひ参考にしてください! 完全ワイヤレスイヤホン 「完全ワイヤレスイヤホン」は左右のイヤホン本体が無線でつながっていて、 ケーブルが一切ないのが特徴です。 メリットとしては、ケーブルによるストレスがないことがあげられます。 デメリットは、イヤホンが耳から外れたときの紛失リスクが高くなるところです。 ワイヤレスイヤホンの選び方 ワイヤレスイヤホンを探すときは、下記のポイントを製品ごとに見比べて自分にあったものを選びましょう。 バッテリー・連続再生時間で選ぶ• 音質(コーデック)で選ぶ• 装着感(フィット感)で選ぶ• 接続の安定性で選ぶ• ノイズキャンセリング機能で選ぶ• 外音取り込み機能で選ぶ• 防水・耐久性で選ぶ バッテリー・連続再生時間で選ぶ ワイヤレスイヤホンはケーブルではなくBluetoothで接続するので、充電したバッテリーを消費して動かすことになります。 小さなイヤホン本体にバッテリーを内蔵するため、数時間程度で電源が切れるものが多いです。 ですから、 長時間の外出時に使いたい方は連続再生時間が長いイヤホンを選ぶようにしましょう。 また、イヤホンの収納ケースは充電機能がついているタイプが多く、イヤホン本体のバッテリーと収納ケースのバッテリーをあわせて長時間の利用を可能にしています。 「朝に家をでてから夜帰ってくるまで充電できない!」みたいな方は収納ケースのバッテリーもチェックしておくといいでしょう。 音質(コーデック)で選ぶ 音質にもこだわりたい方は、ワイヤレスイヤホンのスペックを見るときに「コーデック」をチェックしましょう。 コーデックは、Bluetoothで接続するワイヤレスイヤホンの音声データを圧縮・転送する方式のことで、音質に大きく影響します。 AndroidとiPhoneそれぞれで対応しているコーデックが異なっていて、 Android端末は「aptX」、iPhoneなどのiOS端末は「AAC」コーデックに対応しています。 音質の良さを求める場合は、使う端末に対応したコーデックを選ぶことが大切です。 名前 特徴 音質 SBC 製品によって音質に遅延がある。 A2DPに対応したワイヤレスイヤホンが SBCに対応しています。 標準 AAC SBCより遅延が少なく高音質で、 iPhoneに対応しているコーデックに なります。 高音質な為、遅延が少ない状態で 音楽を楽めていただけます。 高音質 aptx Androidや音楽プレイヤーに 使われており、 SBCと比べると音質もよく、 遅延も少なめでもっもっとも 高音質なコーデックとなります。 高音質 装着感(フィット感)で選ぶ ワイヤレスイヤホンは長時間耳につけることになるので、装着したときのフィット感も重要なポイントです。 イヤホンが耳にしっかりとフィットすればスポーツしているときでも外れにくく、音漏れなく音楽をこくことができます。 付属されているイヤーピースの種類が豊富なモデルだと、自分の耳にあうようにイヤホンを調整できるのでおすすめです。 フィットしないイヤホンを使い続けると耳を痛めることにもつながるので注意しましょう。 スポーツで使うなら耳掛けタイプもおすすめ ワイヤレスイヤホンのなかには、耳にかけるタイプのモデルもあります。 耳にかけるタイプであればスポーツなど激しい運動をしているときでも外れにくいです。 耳への負担も少ないので長時間の使用も問題ないでしょう。 接続の安定性で選ぶ ワイヤレスイヤホンのデメリットとしてよくあげられるのが「音切れ」。 有線タイプと違って、Bluetoothによる無線接続になるので接続が不安定になりがちです。 特に人通りの多い場所では音がプツプツ切れてしまうことがあるでしょう。 安定した接続を求めるならBluetoothのバージョンが新しいモデルがおすすめです。 現在の最新バージョンはver5. 1となっていますが、「ver4. 2」以上を目安に選べば音切れが少なく快適に音楽を楽しめるでしょう。 ノイズキャンセリング機能で選ぶ 雑音が気になる方は「ノイズキャンセリング」機能がついたイヤホンがおすすめです。 ノイズキャンセリング機能は周囲の雑音を取り除いてくれるので、音楽を快適に楽しむことができます。 電車のなかやカフェなどでも雑音が気にならないため、集中して読書や作業に取り組むことができるでしょう。 ただ、ノイズキャンセリング機能を使うと周囲の音が聴こえなくなるので、歩行中やスポーツ中に使うときは周囲への注意が必要です。 外音取り込み機能で選ぶ スポーツをするときにワイヤレスイヤホンを使うなら「外音取り込み」機能もチェックしておきましょう。 外音取り込み機能は、音楽を楽しみながら周囲の音を聴こえるようにする機能です。 歩道をランニングをしているときなどの周囲の音に気を配らないといけないシーンでも、音を聴くためにイヤホンを取り外さなくていいメリットがあります。 防水・耐久性で選ぶ ジムでの運動やスポーツをするときには「防水機能」がついたワイヤレスイヤホンがおすすめです。 イヤホンに防水機能がついていればスポーツ時に流れる汗や雨などによる故障を防ぎます。 防水機能は「IPX」で表記され、防水なしのIPX0から水中でも使えるようなIPX8までの9レベルに分けられます。 スポーツ用でワイヤレスイヤホンを買うなら防水機能「IPX4」以上を目安に選ぶといいでしょう。 ワイヤレスイヤホンのおすすめメーカー ワイヤレスイヤホンは多くのメーカーによって製造されているため、「どのメーカーの製品を選べばいいの?」と迷いますよね。 ここでは人気メーカー3社の特徴をご紹介するので、イヤホン選びの参考にしてみてください。 SONY(ソニー) SONY(ソニー)は、初心者でも手軽に使えるリーズナブルなモデルから、高性能モデルまで幅広く取り揃えている人気メーカーです。 CD音源をはるかに上回るハイレゾ級の高音質を実現する「DSEE HX」搭載モデルなどを提供しています。 高音質で音楽や動画を楽しみたい方におすすめのメーカーといえるでしょう。 BOSE(ボーズ) BOSE(ボーズ)は、世界的に有名な老舗オーディオメーカーです。 ノイズキャンセリング機能など集中して音楽を楽しめる設計にこだわっています。 重低音に定評があるので、迫力のあるサウンドを求めている方にぴったりなメーカーです。 JVC(ジェー・ブイ・シー) JVC(ジェー・ブイ・シー)は、商品のラインナップが豊富でワイヤレスイヤホンを購入するなら一度はチェックしておきたいメーカーです。 カラーバリエーションも豊富なので、お気に入りのイヤホンを見つけやすいでしょう。 音質に特化したモデルやスポーツ用モデルなど、利用シーンにあわせた製品を多く提供しているのも魅力的です。 【2020年】ワイヤレスイヤホンのおすすめモデル|安い・コスパ重視 それではワイヤレスイヤホンのおすすめモデルをご紹介していきます。 【JVC】ワイヤレスステレオヘッドセット ダークブルー HA-FX27BT-Z 約11gの小型軽量モデル こちらは超軽量(重さ約11g)ワイヤレスイヤホンで、長時間の装着でも重さを気にせず音楽を楽しむことができます。 3ボタンリモコン搭載により再生や一時停止、電源オフなどの基本操作を手軽に行えるでしょう。 付属されている2サイズのイヤーピースを使えば、ある程度のサイズ調整も可能です。 また、「高磁力ネオジウムマグネット」を採用しているので、パワフルでクリアなサウンドを実現してくれるでしょう。 連続再生時間 約4. 5時間 コーデック SBC 通信方式 Bluetooth Ver. 1 ノイズキャンセリング機能 — 外音取り込み機能 — 防水機能 あり(IPX2) 【エレコム】Bluetoothイヤホン FAST MUSIC 13. 6mmドライバ F10I ビビッドピンク LBT-F11IP1 Bluetooth Ver. 0採用で接続の安定性が高い 低価格ながらBluetoothのVer. 0規格を採用していて、駅や交差点など人通りの多い場所でも音切れをおさえてくれるモデルになります。 スマホだけでなくパソコンなどの機器にも接続できるので、活用できるシーンは多いでしょう。 簡単接続ガイドが用意されているため初心者でも簡単にセッティングすることができます。 はじめてワイヤレスイヤホンを購入する方でも安心して使えるモデルです。 連続再生時間 約4. 0時間 コーデック SBC 通信方式 Bluetooth Ver. 0 ノイズキャンセリング機能 — 外音取り込み機能 — 防水機能 — ELECOM エレコム防水Bluetoothイヤホン LBT-HPC11WPBK 人気メーカーのおすすめ商品!防水仕様で使い勝手の良いワイヤレスイヤホン ELECOM エレコム防水Bluetoothイヤホン LBT-HPC11WPBKは、防水仕様で非常に使い勝手が良いことから人気を集めている商品です。 防水タイプなので、スポーツをしているときでも汗からしっかりと守ってくれます。 また、雨のときでも装着できることから用途も幅広いです。 オープンタイプのイヤーピースを採用しているため、イヤホンから聞こえる音だけでなく外部の環境音も聞くことができます。 そのため、電車での移動時もアナウンスが聞き取りやすくなっており、ランニングやウォーキング時でも車の音などが聞こえやすい安心設計です。 連続再生時間 約4. 5時間 コーデック SBC 通信方式 Bluetooth標準規格 version4. 0 ノイズキャンセリング機能 ノイズキャンセリング機能なし 外音取り込み機能 外音取り込み機能なし 防水機能 防水機能あり 【2020年】ワイヤレスイヤホンのおすすめモデル|Android向け ここではAndroid端末向けのワイヤレスイヤホンのおすすめモデルをご紹介していきます。 【JVC】完全ワイヤレスイヤホン ブラック HA-A10T-B 初心者でも簡単に使える完全ワイヤレスイヤホン こちらのワイヤレスイヤホンはシンプルなデザインとなっていて、イヤホン本体についているワンボタンでボリューム調節や再生、一時停止などの基本操作ができます。 電源のオン・オフも、ケースから取り出したらオン、ケースに戻したら自動でオフになる簡単設計です。 また防水機能(IPX5)に優れていて、スポーツをしたときの汗で壊れないため安心して使うことができるでしょう。 連続再生時間 約4時間(充電ケース:約10時間) コーデック SBC 通信方式 Bluetooth Ver. 0 ノイズキャンセリング機能 — 外音取り込み機能 — 防水機能 IPX5 【Anker】完全ワイヤレスイヤホン Soundcore Liberty Air 2 ブラック A3910011 最大28時間の長時間再生に対応 連続再生時間はイヤホン本体だけだと7時間ですが、充電ケースをあわせると最大28時間の利用が可能になるワイヤレスイヤホンです。 出張や長時間の外出時でもバッテリー残量を気にすることなく使えるでしょう。 ワイヤレス充電に対応しているので、別途用意したワイヤレス充電器に置くだけで充電することもできます。 また、本モデルはマイクのノイズを除去する機能を搭載しているため、音声通話の際にあなたの音声をより大きくクリアに届けることができるでしょう。 連続再生時間 最大7時間(充電ケースあわせると最大28時間) コーデック AAC,SBC,aptX 通信方式 記載なし ノイズキャンセリング機能 — 外音取り込み機能 — 防水機能 IPX5 SUNVALLEY JAPAN TaoTronics ワイヤレスイヤホン TT-BH07S Boost ブラック TT-BH065-BK 最大15時間の連続再生が可能!音質に優れ迫力あるサウンドが楽しめる SUNVALLEY JAPAN TaoTronics ワイヤレスイヤホン TT-BH07S Boost ブラック TT-BH065-BKは、 Qualcomm製QCC3034を搭載した高性能なワイヤレスイヤホンです。 そのため、Android端末で迫力ある音を楽しむことが可能です。 低音にフォーカスしているのが特徴で、ドラムやベースなどの音が聴きやすく体でビートを感じやすくなっています。 デザインはシンプルなのでビジネスシーンやプライベート問わず使いやすくなっており、男性・女性も選びません。 価格もお手頃なことから、ワイヤレスイヤホンデビューにぜひ検討してみてはいかがでしょうか。 連続再生時間 約15時間 コーデック SBC、AAC、aptX、aptX HD 通信方式 Bluetooth 5. 0 ノイズキャンセリング機能 ノイズキャンセリング機能はありません 外音取り込み機能 外音取り込み機能はありません 防水機能 防水機能はありません 【2020年】ワイヤレスイヤホンのおすすめモデル|iPhone向け ここではiPhoneなどのiOS端末に向いているワイヤレスイヤホンのおすすめモデルをご紹介していきます。 【ソニー】ワイヤレスステレオヘッドセット ブラック WI-C310-BC 最大15時間使えるロングスタミナ こちらは連続再生時間の長さが魅力のワイヤレスイヤホンです。 そのうえ10分のバッテリー充電で60分使えるというクイック充電に対応しています。 マルチペアリング機能でiPhoneやiPad、パソコンなど最大8台までの機器と接続可能です。 また、コーデックが「AAC」となっているので、iPhoneにあったキレイな音質を実現します。 ハンズフリー通話にも対応してるためiPhoneと相性がいいモデルといえるでしょう。 連続再生時間 最大15時間 コーデック SBC,AAC 通信方式 Bluetooth Ver. 0 ノイズキャンセリング機能 — 外音取り込み機能 — 防水機能 — 【ソニー】ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット ブラック WI-1000XM2-BM 最大15時間使えるロングスタミナ!ワイヤレスでハイレゾ音質が楽しめる こちらは連続再生時間の長さとハイレゾ音質で音楽を楽しむことができるワイヤレスイヤホンです。 LDAC対応。 また、DSEE HX搭載により、CD、MP3、ストリーミングなどのさまざまな圧縮音源も、ハイレゾ級の高音質で楽しめます。 さらに、付属のケーブルを使えば有線接続でのハイレゾ鑑賞にも対応しています。 音質だけではなく、首掛けで使用する為、シリコン製の柔らかいネックバンドの採用をし、軽量化、装着性の向上を実現したことにより、首回りにフィットし、装着性も向上しています。 ハイレゾ音質を長時間、存分に楽しみたい方におすすめなモデルです。 連続再生時間 最大15時間 コーデック SBC,AAC,LDAC 通信方式 Bluetooth Ver. 0 ノイズキャンセリング機能 高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1を搭載 外音取り込み機能 — 防水機能 — AirPods Pro ノイズキャンセリング付完全ワイヤレスイヤホン MWP22J-A iPhoneに対応といえばコレ!人気のAirPodsは外せない注目商品 AirPods Pro MWP22J-Aはノイズキャンセリング付の完全ワイヤレスイヤホンです。 テレビコマーシャルでも頻繁に放送され、アスリートなど多くの有名人が愛用していることから人気を獲得しています。 外部の音を取り込むモード・アクティブノイズキャンセリング・ 耐汗耐水性能などを搭載している、非常に高性能なイヤホンです。 なかでも、アクティブノイズキャンセリングは雑音を音で消すというのが特徴で、高音質な音楽を存分に楽しむことが可能です。 「聴きたいものだけを聴こう」がキャッチフレーズでもあり、まさに最新の機能を多く備えたおすすめ商品となります。 連続再生時間 約4. 5時間 コーデック AAC 通信方式 Bluetooth 5. 0 ノイズキャンセリング機能 アクティブノイズキャンセリングを搭載 外音取り込み機能 外音取り込み機能を搭載 防水機能 防水機能あり 【2020年】ワイヤレスイヤホンのおすすめモデル|高音質 さいごに、高音質で音楽を楽したい方におすすめなワイヤレスイヤホンをご紹介します。 【ソニー】ノイズキャンセリング対応 完全ワイヤレスイヤホン ブラック WF-1000XM3-BM ハイレゾ級の高音質ワイヤレスイヤホン 音楽や動画などあらゆる音源をハイレゾ級の高音質にしてくれる完全ワイヤレスイヤホンになります。 そのうえノイズキャンセリング機能が搭載されているので、電車やカフェなどの雑音が気になる場所でも高音質を楽しむことができるでしょう。 また、外音取り込み機能も搭載しているため、周囲の音を聞きたいときにイヤホンを取り外す手間がありません。 とことん音質にこだわりたい方におすすめなモデルです。 連続再生時間 最大6時間(ノイズキャンセルOFFだと8時間) コーデック SBC,AAC 通信方式 Bluetooth Ver. 長時間の利用でもフィットするのでスポーツをするときでも安心して音楽を楽しめるでしょう。 加えて防水機能(IPX4)もついているため、汗や雨に強いのも魅力的です。 また、イコライザーにより、音量にあわせてクリアでバランスのとれたサウンドを実現します。 ジムでのトレーニングやランニングしながら高音質で音楽を楽しみたい方にぴったりなモデルです。 連続再生時間 最大5時間 コーデック 記載なし 通信方式 記載なし ノイズキャンセリング機能 — 外音取り込み機能 — 防水機能 IPX4.

次の

2020【高音質・コスパ抜群!】重低音ワイヤレスイヤホンのおすすめ7選と選び方!

おすすめワイヤレスイヤホン

Amazonでお得にお買い物をする裏技をご紹介 近年、通販で家電を購入される方が多くなっています。 そこで、大手通販会社Amazonでお得にお買い物ができる方法をご紹介します。 方法はとっても簡単です。 Amazonで商品を購入する前に、「Amazonギフト券」を先にチャージしてから、商品をチャージした金額から購入するとお得になります。 どんな利益があるのか? ギフト券を購入するだけで、今なら最大2. さらに、そのギフト券を使用して商品を購入してもポイントがもらえます。 Amazonギフト券の購入画面はこちらへ。 さらにアマゾンプライム会員だとさらに利率がアップ。 まずは、アマゾンプライム会員になってからAmazonギフト券をチャージしましょう。 初めての方でも安心できる30日間の無料体験も実施しています。 アマゾンプライム会員についてはこちらから。

次の

ワイヤレスイヤホンおすすめ26選【2020年】防水・高音質などランキングで発表!

おすすめワイヤレスイヤホン

AppBank Storeへようこそ!• カテゴリーから探す• iPhoneケース• iPhoneフィルム• AQUOS• Google Pixel• Galaxy• Xperia• スマホグッズ・アクセサリー• 充電器・ケーブル• オーディオ• ガジェット・ホビー• ファッション• AppBank Storeについて• AppBank Store 店舗一覧• Sma-cle(iPhone修理)店舗一覧• この記事では、おすすめの ブルートゥースイヤホンを価格が安くコスパの高いモデルからハイスペックな高価格帯まで幅広く紹介しています。 ブルートゥースイヤホンの購入を考えているけど、どれが良いのか選び方が分からないという方のために、人気が高いおすすめの最新ブルートゥースイヤホンを厳選しました。 イヤホン選びの参考としてご活用ください。 電車内等、通勤通学で音楽を聴く時にかかせないのがワイヤレスのブルートゥースイヤホンです。 スマホとイヤホンが無線接続されてコード ケーブル が引っかかることが少なく自由度が高いので、満員電車やアクティブなスポーツでもストレスフリーで使えます。 この機会にブルートゥースイヤホンに切り替えてみるのもアリですよ。 ブルートゥースイヤホン Bluetoothイヤホン とは、iPhone等のスマホ デジタル機器 と 近距離無線通信規格の一つであるBluetooth ブルートゥース を使って ワイヤレス接続ができるイヤホンのことです。 一般的には「ブルートゥースイヤホン」、「ワイヤレスイヤホン」、「無線イヤホン」といった呼び方をされることが多いです。 形状や接続方法によっても、Bluetooth ブルートゥース イヤホンの種類は様々あり、完全ワイヤレス型、ネックバンド型、左右一体型、片耳型などが代表的です。 次項では、それぞれの種類別に紹介します。 ブルートゥースイヤホンのBluetooth規格 バージョン Bluetooth規格にはバージョンがあり、古いものからver1. 1、ver1. 2、ver2. 0、ver2. 1、ver3. 0、ver4. 0、ver4. 1、ver4. 2、ver5. 現在のブルートゥースイヤホンに搭載されているバージョンはver4. 0やver4. 2が主流となっていますが、直近で発売されているイヤホンには最新のBluetooth規格ver5. 0を搭載するモデルも増えています。 Bluetooth 5. 0ともなると非常にデータ転送速度が速い為、 音途切れが抑制され安定した通信を行うことが可能です。 ブルートゥースイヤホンのメリットとデメリット メリットとしては、スマホとイヤホンの間にケーブルがないので満員電車でひっかかりにくいことや、動きの自由度が上がるのでスポーツで使えるといったことが挙げられます。 また、ケーブルが衣服にこすれて聞こえるタッチノイズが無いのでストレスフリーな点もブルートゥースイヤホンのメリットと言えるでしょう。 一方、再生時間が短いことや充電が必要であること、また電波の飛び交う場所で音途切れする場合があるといったことがブルートゥースイヤホンのデメリットとしてあげられます。 ブルートゥースイヤホンの種類 完全ワイヤレス型 左右分離型 空気の振動を鼓膜に伝えて耳で音を聴くのではなく、外耳や中耳を経由せず人の骨から聴覚神経を揺れ動かすことによって音を聴く骨伝導技術を採用したイヤホンです。 骨伝導イヤホン・スピーカー・ヘッドセットなどと呼ばれ、耳を塞ぐこと無く周囲の環境音を聴きながら音楽を楽しめる為、ランニングでの使用や補聴器として活用されています。 iPhoneとブルートゥースイヤホンの 使い方・接続方法 iPhoneとイヤホンの接続が分からないという人も多いでしょう。 でも安心してください、使い方はいたって簡単です。 iPhoneの設定画面を開き、『Bluetooth』の項目を選択します。 そしてBluetoothをONにします。 ブルートゥースイヤホンの電源をONにし、 ペアリングモードにします。 接続したい対象のブルートゥースイヤホンの名称がiPhoneに表示されたら、そちらをタップして接続します。 ブルートゥースイヤホンのバッテリーについて バッテリー持ち 電池持ち 「朝、通勤通学中にブルートゥースイヤホンの電池が無くて憂鬱になった」、「帰宅時にバッテリーが切れて音楽や動画が視聴できずに手持ち無沙汰になった」なんて経験がある人は多いのではないでしょうか。 ブルートゥースイヤホンは、コードがなくBluetoothで接続する特性上、イヤホン筐体内にバッテリーを搭載しています。 つまり、バッテリーの電源残量が無くなると起動しなくなります。 そこで、イヤホンの形状毎に平均的なバッテリー持ちがどれくらいなのか、音楽の再生時間を例に目安となるよう紹介したいと思います。 同じような形状のイヤホンでも、ブルートゥースイヤホンそれぞれにスペックが異なりますのであくまでも参考値として捉えてもらえればと思います。 今回は、多く市販されている『完全ワイヤレスイヤホン 左右分離型 』『左右一体型』『ネックバンド型』の3形状でみていくことにします。 『完全ワイヤレスイヤホン 左右分離型 』 のバッテリー持ち 『完全ワイヤレスイヤホン 左右分離型 』ですが、そもそも筐体自体が非常に小型な為、搭載できるバッテリー容量は小さくなります。 また、左右のイヤホン同士がコードで繋がっていない為、それぞれ通信し合う必要があり、電力を消費しやすい傾向があります。 そのため、イヤホン単体での音楽再生時間は3~4時間前後が一般的です。 ただ、多くの『完全ワイヤレスイヤホン 左右分離型 』は、充電ケースとセットになっていて、充電ケース自体には多くのバッテリー容量を搭載しています。 外出時に充電ケースに入れてイヤホンを充電することで、連続ではありませんが10時間以上再生することが可能です。 現状で市場に出回っているモデルだと、おおよそ10~20時間前後が多いように感じます。 特に、モバイルバッテリーで有名なAnker製「」は、なんと最大48時間も再生できるスペックを誇ります。 モバイルバッテリーで培ったノウハウが活かされているせいか、圧倒的に長いスペックを誇っているのです。 このように『完全ワイヤレスイヤホン』は、イヤホン単体でこそ連続再生時間が短めですが、充電ケースを含めるとかなり長い再生時間を確保することができるのです。 左右一体型のバッテリー持ち 続いて『左右一体型』については、街中で一番多く見かけるブルートゥースイヤホンで、左右のイヤホンがコードで有線接続されており、完全ワイヤレスイヤホンよりも体積が大きい傾向になります。 そのことから、搭載できるバッテリー容量が多く、おおよそ5時間前後のモデルが多く販売されています。 ネックバンド型のバッテリー持ち 最後に『ネックバンド型』ですが、左右のイヤホンを繋ぐコードが太くなっていることからも分かる通り、コード部分とバッテリー部分を兼ねているモデルがほとんどです。 その為、搭載バッテリー容量が多く、3タイプのうち、最もバッテリー持ちが良いのが特長。 だいたい10時間前後の連続音楽再生できるネックバンド型ブルートゥースイヤホンが量販店等に並んでいるのをみかけます。 バッテリー残量の確認方法 ブルートゥースイヤホン自体のバッテリー残量を確認する方法はいくつかあります。 一般的な確認方法としては、接続しているスマホ側に残量インジケータが表示されるパターンです。 最近発売されたモデルやハイスペックなブルートゥースイヤホンは、iPhone等のスマートフォン側のディスプレイにインジケータが表示され、徐々に減っていくことが視覚的に分かるようになっています。 最も簡単に電池残量を把握することができるので割と便利な機能です。 ただし、ざっくりとした把握しかできないので留意しておきましょう。 そして他にも、イヤホン側で音声で知らせてくれたり、スマホの端末やOSによっても異なりますが接続するスマホ側にパーセント表示されるモノなどなど。 イヤホン本体や接続するスマホによって様々ですので、購入前に確認しておくことをおすすめします。 充電方法 前述の通り、ブルートゥースイヤホンにはバッテリーが搭載されている為、そのバッテリーを充電する必要があります。 一般的には、イヤホン側に充電ケーブルが接続できるUSBポートが搭載されていて、そちらに接続して充電します。 多くのイヤホンで端子の小さいmicro USBポートが採用されているので、PCやUSB充電器等から給電する形となります。 だいたいのブルートゥースイヤホンには、充電用のケーブルが付属されている場合がほとんどです。 ただ、自宅と職場など2拠点以上で充電したいという時には別途充電ケーブルを持っておくと便利でしょう。 その際は、どの種類のケーブルが必要なのか、購入する際に確認しておくと良いでしょう。 また、完全ワイヤレスイヤホンに限っての話ですが、専用の収納ケース自体を充電ケーブルに接続して、イヤホン本体は収納ケース経由で充電することになります。 バッテリーを長持ちさせるには? 無線で駆動するブルートゥースイヤホンにおいて、バッテリーは死活問題。 電池が切れてしまうと元も子もありませんよね。 そこで、バッテリーを長持ちさせる為に役立つTIPSを紹介します。 まず、使わない時は電源をオフにしてBluetooth接続を切ることです。 良くあるのが、スマホ側だけ音楽を停止してイヤホンはそのままっていうパターン。 これは、イヤホン側の電源が入ったままなのでバッテリーを消費してしまいますので、無駄な電力を消費しないよう意識しましょう。 そして、音量を必要以上に上げすぎないこと。 音量をガンガン上げてテンションを上げたいという気持ちは分かりますが、バッテリーの浪費に繋がりますし、周囲への迷惑も考えると適切な音量に控えた方が良いでしょう。 あと、冬場の保管について。 温度の低い場所ではバッテリーの消費が速くなるので、暖かい暖房の効いた場所に保管してあげることをおすすめします。 ちなみに、個人的におすすめなのはモバイルバッテリーを持ち歩くこと。 要は、ブルートゥースイヤホンの電池が切れたらモバイルバッテリーで充電すれば良いから。 非常にシンプルな解決策ですが、これが一番確実に、バッテリー切れ対策になりますよ。 他にも、イヤホンを余分にもう一つカバンにしのばせておくなんて方法も。 お財布に余裕があれば検討してみても良いでしょう。 以上のような工夫によって、より長く駆動させ、充電回数を減らすことが可能になるのです。 ちょっとしたことですが、実行するかしないかで大きくバッテリー持ちが変わってくるので、ぜひ試してみてくださいね。 AppBank Storeは をはじめとしたスマホアクセサリー、周辺機器を独自の視点で厳選し、販売しているショッピングサイトです。 「あなたのスマホライフにHAPPYをプラス!」をコンセプトに、お買い物をしていただくみなさまにハッピーをお届けします。 プライベートブランド商品をはじめ、 iPhone・スマホアクセサリー専門店ならではの ひと味違った商品や など、 私たちがご提案する商品をご購入されたお客様が 「ハッピー(幸せ)」を感じていただける充実した 商品ラインナップと、ご利用しやすいお店作りを行っています。 また、ライターや専門スタッフの を通じて、お客様に商品の特徴をわかりやすくお伝えし、 新しい価値の提供を目指します。 すべてはみなさまの「HAPPY! 」のために。 Be Happy!

次の