ゲンガー。 ゲンガー

ゲンガー|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ゲンガー

「きあいのタスキ」による行動保証の恩恵を受け、対面で確実に1匹持って行ける型となります。 主にドラゴン・格闘・悪タイプを倒すための武器として役立つ技。 受け崩しの武器として起用。 ギャラドスや水ロトムも対象に含められるため、非常に強力。 くろいヘドロ持ちゲンガー 性格 おくびょう 努力値 HP204 特攻52 素早さ252 実数値 HP161-攻撃76-防御80-特攻157-特防95-素早さ178 特性 持ち物 技構成 ・ ・ ・ ・ 道具「くろいヘドロ」を持った相手に嫌がらせをしながら戦う「ゲンガー」です。 耐久調整は技「おにび」込みで 「アイアント」の「ダイスチル アイアンヘッド 」を確定3発まで耐えることができます。 素早さは最速調整なので、アイアントよりも早く動けるためダイマックスターンを稼げるのが強みと言えます。 現環境では、ダイマックスターンを枯らす仕事や、技「こごえるかぜ」「おにび」による後続サポートがメインの立ち回りとなります。 後続のサポートをする 「ゲンガー」は技範囲が広いことからサポートに周ることも可能です。 技「おにび」で相手からのダメージを減らしたり、技「こごえるかぜ」で素早さを下げる動きも強力です。 ゲンガーの対策 素早さの高いポケモンで弱点をつく 「ゲンガー」の魅力である高い素早さ種族値も、より素早いポケモンで対策してしまえば何ら問題ありません。 元々耐久の高いポケモンではないことから、高火力で上から殴る方法が一番ゲンガーを倒しやすいと言えます。 おすすめは特性「いたずらごころ」を持ったポケモンで、上から技「ちょうはつ」や「アンコール」を撃ち技を縛る動きです。

次の

ゲンガー

ゲンガー

図鑑説明 スタジアム・の図鑑説明に関するは[]の記事でお願いいたします。 、 やまで そうなんしたとき いのちをうばいに から あらわれることが あるという。 、 まんげつのよる かげが かってに うごきだして わらうのは ゲンガーの しわざに ちがいない。 とつぜん さむけを るとき ゲンガーが ちかくにいる。 を かけるかも しれない。 、 まわりの ねつを うばっている。 とつぜん さむけが するのは ゲンガーが あらわれたからだ。 、 いのちを うばおうと きめた えものの かげに もぐりこみ じっと を ねらっている。 、 よなか ひとの かげに もぐりこみ すこしずつ たいおんを うばう。 ねらわれると さむけが とまらない。 、 まよなか がの で できた かげが じぶんを おいこして いくのは ゲンガーが かげに なりすまして はしって いくからだ。 、 ものかげに すがたを かくす。 ゲンガーの ひそんでいる へやは おんどが 5ど さがると いわれる。 へやの すみに できた くらがりで いのちを うばう を ひっそりと うかがっている。 、、 に うかぶ えがおの いは ひとに を かけて よろこぶ ゲンガーだ。 通常 とつぜん さむけに おそわれたら ゲンガーに ねらわれた。 にげるすべは ないので あきらめろ。 メガゲンガー ゲンガーの は つ。 ゲンガーが えものとして ねらう あいてとしか めばえないことも。 通常 にんげんの いのちを ねらうのは ゲンガーは ひとの で みちづれを つくるためらしい。 メガゲンガー の で かくせい。 いじげんに もぐって こうげきの を じっと うかがっている。 通常 わの ところには ゲンガーが やってくる という いいつたえは せゅうで きくことが できる。 メガゲンガー すべての ものの いのちを ねらう。 あるじで ある にさえ を かけようと ねらっているぞ。 通常 じたくに いても キ。 へやの すみに できた わずかな くらがりに ひそみ えものを ねらっている。 メガゲンガー に よって いじげんへの が かのうに。 ぜんしんが あやしい に みちている。 『・・』のに登場し、(『』では)と対決していた。 第1世代ではこの系統が一の持ち。 初代の頃はほぼく、とのは前のじょう「」の名残からか、はげだった。 第代に入りのが生まれ、徐々に色が変化していった。 ただしこれはやでの話で、では最初からである。 は、初期のに似ている。 ゲンガーの舌は普段はニヤニヤ笑いで分かりにくいが、などで分かる通り舌は前から長く、を記している「」では、かなりことが判明しており、伸ばし過ぎるとさすがに痛くなるらしい。 では、に引き続き「」で、版からした再開は足が生えているの技が当たらないことに驚いたことだろう。 の「」では、「er」と書かれている。 また台の2度のに登場。 墓のようなでとにを当てていると最後にゲンガーが出現する。 このゲンガーは後期からまでの絵に酷似したである。 さらに専用が存在する。 からゲンガーにすると、体重が5倍になる。 時に一体何があったのだろう。 ちなみには0. 1縮む。 、までがかったが、ゲンガーになるとがくなる。 内で行われた、『9匹1』ではゲンガーが全9匹中を獲得した。 に行われた 『』では位であった。 では、の…もとい、切り札として登場。 による奇策でしたり、とあるのに驚いたりと、な描写があったものの強さは本物で、とを足して二で割ったような暴れっぷりで3体以上のの体を大きく削った。 対戦でのゲンガー• 特攻と素さは高いが、その分打たれ弱く、強な攻撃を食らうとひとたないが、打たれ弱いのを利用して「みちづれ」を決めることも出来る。 的に弱点は4つ有るが、「」によりをしている。 第1世代では「さいみんじゅつ」を最速で取得するだった。 またを効化できるという強みもあった。 だが、といった相手には手も足も出なかった。 第3世代まではももだったため一致技にずウエが「」、「れ」になる程で、不足に悩まされていた。 それでも第代で習得した「みちづれ」、「」、「くろいまなざし」といった補助技を持ち前の素さで活かす戦術はでも使われている。 ゲンガーが「ヘドロば」、「」を有効にできるようになったのは、から特殊に変更された第4世代から。 ただ効果抜群が少ない割には威はそれほど高くないため、威気味な昨今では相変わらず不足のままである。 「」を持つの例に漏れず、を持たない。 よりでが出現する新しいしま『古びた洋館』へ行くことが出来るようになった。 は「」のままだが、ここで手に入れたは通常では覚えられない「ヘドェーブ」という技を覚えていることがある。 であるにも関わらず、で技をひとつも覚えない。 である悪技は「」「しっぺがえし」「」と3つも覚える。 他ののな攻撃技は「」「」「きあいだま」「」「」など。 の上でははだが、も有名。 のせいで余計な弱点が増えているかと思いきや、は一概に弱点とは言えず、耐性としては結構優秀。 であるお陰で「どくどく」が効かない事、「」で回復できる事がに働く。 素さはアタッ筆頭のなどよりも速く、「」で「」を効化でき、「おにび」を入れて機不全に陥らせる事が出来るなど、補助としても他のにはできない特徴がある。 のと相性がバツグン。 格闘とパーで弱点と効がちょうど反対になっていること、確認の「」がゲンガーには効かないこと、どちらも素さや「」所持率が似ている事、「」等の一部の技が被るため見分けがつきにくい事など(ただし格闘・・地面を誘いづらいため「」+「」は逆に決めにくくなる)。 や、ではがを交換する事がほぼく、「」+「みちづれ」のゲンガーが非常に使い勝手がよく強い。 ただし実際の対戦ではゲンガーの「みちづれ」は読まれやすく、先制技や連続技にも弱い。 しかし相手に交代や1対1交換を強いる戦法も可であり、第代でもなお十分強い。 また、も獲得。 詳細は下記。 第7世代ではが「のろわれボディ」に 変更された。 の追加ではなく「」が上書きされて失われてしまったのである。 まあどう見ても浮いてなかったもんな……。 これで第代以前のように再び地面技に弱くなってしまい思わぬ敵から痛手を食らう可性が出てきた。 等のようにが別のものに変更されるはあったが、通常でこの措置が取られたのは史上初である。 また、「みちづれ」のが変わり、「る」などと同じく連続で使うと失敗しやすくなってしまった。 とはいえ、後述のが変更により最初から時の素さが適応されるようになったという追いもある。 ではを獲得。 したゲンガーがを開けて地面から生えているという貌で、のアスや、ののような感じと言えばお分かりいただけるだろうか。 版限定の、が切り札として使用する他、同限定で「ストーンズ原野」の巣に低で出現する。 の「キョゲン」はのに加え、くろいまなざしの効果。 メガシンカ• 第代ではが追加。 は変わらずと。 後はの第3のが加わる。 も「 」に変わり、以外のを交代させることはできなくなる。 相手が交換できないことを利用して「」をした戦術も有効になる。 ただし「」ではなくなるため、じめん技には注意。 こちらがを選択したのみ、相手はに交代が可。 逆に言えば交代の「おにび」や「」でテージを取りやすい。 の伸び方に全く駄がない。 特攻はにまで上昇するため突破が更に増す。 防御も20上昇して打たれ強くなり、素さも族となる。 相手側からすると、「」により交代を利用した対処は難しく、ゲンガーに有利な状況を作らないことがめられる。 ゲームでのゲンガー• 「」ではのの切り札として初登場。 以降も、、、()、、、()など数多くの強敵が使用してくる。 第代まではの数が少ないということもあり、やは複数所持している。 『』ではをにいるのと交換してもらうことで 強制的に通信し、ゲンガーを貰うことが出来る。 この場合はに載る。 それ以降の作品では、 に「かわらずのいし」を持たせているので交換してもゲンガーにしない。 『』では、に版「」のを入れてすると、の2階の右から2つのに野生のゲンガーが出現する。 このに立て掛けられた絵は、離れた時のみ絵中のがくるという特徴がある。 では「・の軽減・抜け・効」という優秀なや、高性な初期技のおかげで、前共々かなりの高性。 また「・」では「イジワルズ」のとして何かとにちょっかいを出してくる。 内で重要な役割を持つであるためか、ではにも堂々登場した。 ちなみにこのイジワルズのゲンガーは「ひっかく」や「」、「にらみつける」などの通常覚えられない技を使いこなす。 救助隊版では「ねんりき」も使用した。 だった頃にでのを触りに行き、祟られそうになった所を当時だったにわれた。 その後、祟りので実態のくなったを見捨て、の前から出している。 そして彼は『いずれあのはに生まれ変わる』というの予言通りゲンガーになり、のこともすっかり忘れてしまっていた。 にを見せようと夢に潜んでいたゲンガーは、それをしたを見かけて忘れていた全てをす。 がの使いとして活動している事、そして今も自分を大切に思っている事を知ってを流し、それからはを救うよう依頼された達をながら手助けしている。 後には、に会いに行く事を決めたゲンガーに同行を依頼されるがある。 『』では、後に挑戦できるオーレムのや、第2のに登場する、、が使用する。 『』ではに登場。 更にでは、絶対に覚えられない「」を使用するが流れた。 『 ~~』では静かな所にいたいという理由で画の中に入り込んでいた。 何もかもがめんどくさいという状態だが、が匹以上いるには心を開く。 口から「」を放つ。 『』ではと追いかけっこをするが、短足なためやたら速い小走りで翻弄する。 口から「」を放つ。 アニメでの活躍• 初登場は第話(:清信)。 実は第1話でが見ていたにゲンガーとが勝負するが映っているが、実物は話が初出。 ではの・ジ、エンジュの・、の・などが使用。 『』では第1話冒頭でのので流れたゲンガーのの続きを見ることができる。 またの、ポケモ文明の、などにも出没。 の頃はまだ何も解ってなかったらしく、図鑑を開いても「ゲンガー。 全ては」と言われ、まともな説明もされなかった。 その後に出ったゲンガーはに説明していた。 で巨大なゲンガーの体にはの模様があり、手を上に掲げると辺りは闇に包まれ、巨大な体で木々をなぎ倒しながら進む。 胸にあるのようなものの中にやを吸い込んで閉じ込めることが可。 い線(多分)を放つ。 との死闘の末、の「うたう」で眠らされた挙句、顔にされる。 2ロラ諸編ではウッがを繰り広げていたの遺跡で3匹登場した。 9 では、のとして入り(に登場したとは別の個体)。 元は別ののだったが、自分のをゲンガーのせいだと決めつけたそのに唆され、後にギ研究所となる屋敷で待つよう示されたまま放置されていた。 それ以来極度の嫌いとなり、その屋敷でを引き起こしていた。 に捕まったところを、事の相を知ったから手を差し伸べられて共にを撃退、後日のになる意思を見せてされた。 一時的についてきた扱いのを除けば、ので初のであり、は所持で全を網羅した。 の2体を相手に「」で押し切る、一度はを退けたスのを一切寄せ付けることなく撃破する等、高い実が示されている。 ゲンガーにまつわるデマ 、ゲンガーに関する噂話が流布された。 内容としてはののである(後述のと呼ばれるのと同じもの?)を用い画像効果+度という操作をすると GA WA HUと表示されるという。 突っ込みどころは満載だが気味の悪さが手伝って、この噂が各種で広まっていった。 さらにでは直接を調べればが出るなど変されている事がある。 これらの噂は判明しているだけで2人の人物(同一人物の可性が高い)によって作られたものである。 ・(3分) ・(14分) いずれも名前の部分をするとに飛ぶようになっているので各々のでか判断されてほしい。 2人とも追い込まれて醜態をしている様が確認できる。 特にと名乗っている方は親がの社員での開発に関わった事やというのが出てきたりとだましのようなを展開している。 もちろん説明するまでもなくである。 のを扱った群を見ても当然載ってない。 ただしこのはけっこう広まっているようでの裏話などのでたびたび登場する。 関連動画。 関連静画。 関連項目•

次の

ゲンガーとは (ゲンガーとは) [単語記事]

ゲンガー

244 ゲンガーの詳細評価 攻撃種族値が高い ゲンガーは全ポケモンの中でもトップクラスの攻撃種族値を持つのが大きな特徴。 ゴーストタイプの中でも高い攻撃力を持つため、ゴースト技で弱点を突きたい場合に最適のポケモンとなっている。 覚える技が強力 ゴーストタイプで強力な通常技ゲージ技を覚える。 ゲンガーの攻撃の高さをいかせる技構成となっている。 対エスパータイプ対策として活躍 ゲンガーはタイプ一致でエスパータイプの弱点をつけるゴースト技を使うことができる。 エスパータイプのレイドボスなどの対策ポケモンとしてゲンガーは活躍することが可能だ。 DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 能力変化 技のダメージを与えた際に発生するダメージ以外の効果 名前 ゲージ数 威力 DPS 硬直時間 発生時間 120 40. 00 3 2. 4 140 40. 00 3. 5 3 96 41. 74 2. 3 1. 25 3. 67 3 1. 14 2. 8 1. 相手の防御種族値は100と仮定して計算。 名前 威力 DPE エネルギー 能力変化 確率 120 2. 18 55 - 150 2. 00 75 - 96 1. 相手の防御種族値は100と仮定して計算。 ゲンガーの対策ポケモン.

次の