トイレ の 換気扇 の 掃除。 トイレの換気扇掃除の方法は?掃除の頻度や掃除を楽にするコツをご紹介

【トイレ・換気扇の掃除】外し方や埃の取り方!10分でできる簡単な方法!

トイレ の 換気扇 の 掃除

トイレの換気扇掃除の重要性 トイレの換気扇掃除の重要性について考えてみると、それほど汚れが溜まりやすい場所ではないため、頻繁に掃除をする必要はありません。 しかし、定期的に掃除をする必要はあって、トイレの換気扇がしっかりと動作していなければ、トイレに臭いがこもってしまいます。 トイレに臭いがこもってしまうと、なんとも過ごしにくい空間になってしまいますので、その意味でもしっかりと掃除をしてあげることは重要になってくるのです。 トイレの換気扇掃除 トイレの換気扇を掃除する際にあると便利なアイテムは、高い場所についているので、脚立などを用意しておくと掃除しやすくなります。 便座の上に立って掃除をするなどすると、危ない状態なので、ケガをしてしまうかもしれません。 また、歯ブラシは、汚れを落とす時に役立ちますので、掃除の前に用意しておくとよいでしょう。 トイレの換気扇を掃除するのならば、まずは、カバーを外す必要があります。 カバーを外す前に、換気扇のスイッチをしっかりと切っておきましょう。 途中で回ってしまうと、危険なので、くれぐれも注意してください。 トイレの換気扇は、そこまで大きなタイプがついているわけではありませんし、カバーを引っ張ることで簡単に外れるので、カバーを取り外すと、カバーには裏側にほこりがたくさんついているはずです。 この部分は、拭くよりも、掃除機などでほこりを直接吸ってしまった方がよいです。 そちらの方が効率的に掃除をすることができますので、覚えておくとよいでしょう。 掃除機で汚れをしっかりと吸い取ったら、今後は、拭き取ることで、綺麗にしていきます。 こうすることによって、カバーを綺麗にすることができるはずです。 換気扇のカバーを綺麗にするだけでも、換気扇の能力は十分に戻りますので、定期的に掃除をするのならば、カバーを重点的に綺麗にしていくとよいでしょう。 ファンまで掃除する 換気扇のカバーを定期的に掃除することは大切ですが、たまには中のファンまで掃除をするのもよいでしょう。 中のファンが汚れていることもありますので、しっかりと綺麗にしていきたいものです。 換気扇のファンを掃除する場合には、取り外して、丸洗いする方法がおすすめになっていますので、まずはファンを取り外してみましょう。 換気扇のファンを取り外すためには、ドライバーなどが必要になってくることもありますので、必要に応じて用意しておくとよいでしょう。 ファンを取り外せる場合と、取り外せない場合によって、掃除の仕方は異なってきますので、ファンを取り外せない場合には、掃除機などを利用して、ファンのほこりを除去することが重要になってきます。 ファンを取り外せる場合には、ファンを取り外して丸洗いします。 トイレについているファンは小さめのものが多いので、取り外して、洗面台などを利用することで丸洗いすることができます。 この際に歯ブラシなどが役立ちますので、水を流しながら歯ブラシで汚れを取っていくとよいでしょう。 歯ブラシは、丁度、ファンの隙間に入り込んでくれますので、上手く汚れが落とせるはずです。 また、ファンの周囲も汚れている可能性がありますので、ファンを取り外した後に、掃除しておくとよいでしょう。 雑巾などを使って拭くことによって、綺麗になってくれるはずです。 換気扇掃除の手間を省く 換気扇の掃除は、それほど大掛かりではないものの、実際に掃除をするとなると、なかなか面倒なものです。 そのため、できるだけ掃除をする回数を減らしたいと思っているのではないでしょうか。 換気扇の掃除回数を減らすためには、日頃からの定期的な掃除が重要になってきます。 換気扇の掃除の負担を減らすためには、カバーを定期的に掃除することが重要です。 中までほこりがびっしりになってしまうと、どうしても掃除に手間がかかってしまいます。 そのため、定期的にカバーを掃除することによって、大掃除の回数を減らすとよいでしょう。 ほこりが溜まりやすくなってしまうと、それだけファンの能力が落ちてしまいますので、ほこりが溜まる量を減らして、ファンの機能をしっかりと維持したいところでしょう。 カバーの掃除については、簡単な場合は、トイレットペーパーなどでサッと拭き取るだけでもよいのです。 また、換気扇の汚れを溜まりにくくするためには、フィルターを利用する方法もあります。 市販されている換気扇フィルターを利用して、内部に汚れが入り込むのを防ぐことができれば、掃除の手間は各段に減るのではないでしょうか。 フィルターといっても、簡易フィルターなので、何千円もするような高価なものではありません。 トイレの換気扇掃除のペース ここではトイレの換気扇掃除のペースについて考えてみます。 トイレの換気扇掃除は、そこまで短い期間で何度もやる必要はありませんが、1年に一回くらいのペースでは掃除したいところではないでしょうか。 あまりにも掃除する期間が短いと大変ですし、逆に掃除する期間が長くなってしまうと、換気扇の能力が落ちてしまうかもしれません。 このようなものがトイレの換気扇掃除の方法になっていますので、これからトイレ掃除をするなら、チャレンジしてみるとよいでしょう。 換気扇の能力がほこりによって落ちていると、臭いがいつまでもするようなトイレになってしまいますので、十分に注意しましょう。 また、定期的に掃除することによって、全体的な掃除の手間を省くことができますので、こちらも覚えておくとよいでしょう。 まずは、トイレ掃除を見直してみてはいかがでしょうか。 トイレ掃除を見直すだけでも、ずいぶん違うはずです。

次の

トイレの換気扇からホコリが降ってくる!分解清掃方法を公開!

トイレ の 換気扇 の 掃除

1)トイレの換気扇の掃除頻度はどれくらい? トイレの換気扇の掃除頻度はどれくらいが最適なのでしょうか。 キッチンの換気扇とは異なり汚れがつきやすい場所ではないため、掃除をしなくてもいいと思っている人もいるかもしれません。 しかし、トイレの換気扇も掃除をしないと故障や臭いの原因になってしまいます。 トイレの換気扇は、 1年に1,2回ほどの頻度で掃除しておくことが好ましいです。 1年経過していなくても 換気扇カバーが黒ずんだり異音がしたりしたら掃除をするようにしましょう。 2)トイレの換気扇掃除で用意するもの 掃除の際は以下の道具を用意してください。 新聞紙• 掃除機• いらない歯ブラシ• マスク トイレの換気扇の場合は油汚れなどがないため、洗剤などは用意しなくても大丈夫です。 ただ、ホコリを吸い込むのを防ぐために、 マスクはしっかり用意しておきましょう。 3)トイレの換気扇掃除の方法 それでは、トイレの換気扇掃除の方法や手順について以下でみていきましょう。 手順はとても簡単です。 安全のために換気扇のスイッチは切り、完全に止まったことを確認してからカバーを触りましょう。 換気扇カバーははめ込み式のものもあれば、針金で固定されているものもあります。 針金がついている場合、つまめば簡単に取り外し可能です。 トイレの換気扇カバーは、 水で流すだけ簡単に汚れが落ちます。 さらに、換気扇の下に 新聞紙を敷き換気扇内を掃除していきます。 最初に掃除機の細いノズルを使用してホコリを吸い込みましょう。 そのあと、雑巾や歯ブラシを使用して細かい部分のゴミを綺麗にしてください。 ある程度綺麗になったら換気扇カバーを元に戻して掃除終了です。 トイレの換気扇の掃除は、目に見える場所のホコリが取れれば十分なので、それほど念入りに行わなくても大丈夫です。 4)トイレの換気扇掃除の注意点 トイレの換気扇を掃除する際にはいくつか注意点があります。 まず、破損の危険性があるため、 トイレの蓋に乗って掃除をしないようにしたください。 また、換気扇の位置が高かったり分解方法がわからない場合は無理をせず、 業者に頼むようにしましょう。 無理に掃除をしてしまうと、元に戻せなくなったり故障したりする原因になってしまいます。 あくまで自分の可能な範囲で、安全に気をつけて掃除を行ないましょう。 5)トイレの換気扇掃除を楽にするためにできること トイレの換気扇は、換気扇カバーに付着したホコリが内部に入り込むことで汚れていきます。 そのため、換気扇カバーに汚れが付着したら、 シートタイプのクリーナーやトイレットペーパーで軽く拭き取る習慣をつけておくと掃除が楽になりますよ。 また、換気扇カバーに貼るだけでホコリをキャッチしてくれる換気扇フィルターの使用もおすすめ。 定期的にフィルターを交換することで常に清潔に保つことができます。 パッと貼るだけ ホコリとりフィルター換気扇用 15㎝タイプ 8枚入り トイレの換気扇は、 ホコリが気になったときに軽く拭いたり、フィルターを貼ったりするだけで掃除の手間がかなり軽減されます。 日頃から換気扇カバーを気にして、汚れをためないようにするのがいいですね。 また、トイレの換気扇掃除だけではなく、トイレ掃除の詳しい方法も確認したい、という方は、こちらの記事を参考にしてみてください。 トイレ掃除の詳しい方法を記載しています。

次の

トイレの換気扇の掃除方法!外し方やホコリの取り方をチェック

トイレ の 換気扇 の 掃除

フィルターは掃除のとき、もしくは茶色く汚れて来たら交換しましょう。 フィルターを貼らない場合は、 カバーにほこりが溜まってきたらトイレットペーパーで拭くという手もあります。 換気扇の掃除をしないとどうなる? では、トイレの換気扇を掃除しないでおくとどうなってしまうのでしょうか。 掃除をしないと次第にほこりが溜まっていきます。 ほこりのたまった換気扇をそのまま使っていると• 換気が不十分になり、トイレに臭いがこもる• 電気代の上昇につながる• 最悪の場合故障することも! と良いことはありません。 逆に きちんと掃除をしておけば換気扇の寿命も長持ちしますよ! 換気扇の寿命に関して詳しくはこちら。 トイレの換気扇の掃除方法! 換気扇の掃除は大変なイメージがあるかもしれませんが、トイレの換気扇についているのはほこりだけなので 台所の換気扇と比べたら大変ではありません。 やり始めてしまえばすぐに終わると思いますよ。 トイレの換気扇掃除に必要なもの トイレの換気扇掃除に必要なものは以下の通り。 掃除機• ウエットティッシュ• 歯ブラシ 他にも• 脚立(もしくは椅子)• 新聞紙• マスク は用意しておくと便利です。 家にあるもので掃除できるという人が多いのではないでしょうか。 汚れがひどい時はトイレ用の洗剤などの中性洗剤やトイレのお掃除シートも使用します。 トイレの換気扇の掃除手順 トイレの換気扇の掃除方法を順番に見ていきます。 床に新聞紙を敷いておく• 脚立などを使い換気扇のカバーを外す• 換気扇内の汚れを拭く(ウエットティッシュで落ちない場合は洗剤かトイレのお掃除シートを使用)• 汚れがひどい場合はドライバーを使ってファンを外す• 取り外した部品の汚れを掃除機で吸う• 掃除機で吸いきれない汚れはウエットティッシュなどで拭く• それでも落ちない場合は中性洗剤を吹きかけて歯ブラシなどでこすってすすぐ。 しっかり乾かし、部品を元に戻す はじめはちょっと大変かもしれませんが、定期的に掃除をしていれば汚れは少なくなっていきますよ。 10分ほどで掃除できると思いますので、年に1回は行いましょう! 換気扇カバーの外し方 トイレの換気扇掃除をしたことがない人は換気扇カバーの外し方に戸惑ってしまうかもしれません。 トイレの換気扇カバーは 手前に引っ張るタイプがほとんどです。 カバーのフチを持って引っ張ってみてください。 ドライバーなどは不要で外せますよ。 参考までに、我が家の換気扇カバーを取り外す様子です。 ファンが外れない場合は? 換気扇の中まで掃除したい場合、ファンは簡単に取り外せるものと取り外しにくいものがあります。 無理に外すと故障の原因にもなりますので 分からない場合は外さずに掃除しましょう。 どうしても中まで掃除したい場合は清掃業者に依頼するのがおすすめです。 こちらの業者などで清掃を行ってくれますよ。 問い合わせてみてください。 おそうじ本舗 サニクリーン おそうじ隊501 実際に掃除してみました! 実際に我が家の換気扇の掃除をした様子はこちらです。 取り外したカバーは水で流し、細かい部分は歯ブラシでこすりました。 ファンは取り外せないタイプだったのでトイレのお掃除シートで拭いています。 恥ずかしながら今までトイレの換気扇を掃除していなかったので結構ほこりが溜まっていたのですが、ほこりだけですので拭き取るだけで簡単に落ちました。 掃除後はいつもとは 換気扇の音が違いました!ほこりが溜まっているとやはりファンの回り方が悪くなるんだということが実感できましたよ。 まとめ トイレの換気扇の掃除は• フィルターありの場合:1年に1回• フィルターは安く手に入りますので貼っておくことをおすすめします。 トイレの換気扇の汚れはほこりだけなので定期的に掃除をしていればそれほど大変ではありません。 (ただし、何年も掃除をしていないという場合ははじめは大変かもしれません) ウエットティッシュや掃除機だけでもきれいになりますのでぜひ実施してみてください。 汚れがひどい場合もトイレ用の洗剤やトイレのお掃除シートがあればきれいになりますよ!.

次の