転生したら悠々自適の皇妃ライフ カクヨム。 まきぶろのブックマーク一覧

水月のブックマーク一覧

転生したら悠々自適の皇妃ライフ カクヨム

俺こと、荒谷 逢由武(あらたに あゆ む)は死んだ直後に、異世界の使者からダンジョンマスターにスカウトされる。 なんで、ヒントの文章をらくがき扱いしてるの? なんであからさまに怪しいスイッチを無警戒に踏むの!? 頭を抱える俺の元に現れた一組の探索者たち。 更新は23時を予定しています。 ソフィア・サンチェスとして生まれ変わっていることを思い出したのは、ゲームの断罪イベントの時だった。 ソフィアはモブとして生まれ変わっていたのだが、辺境の令嬢でも、平民でもなかった。 攻略対象の1人でもある第二王子の身内という立場。 第二王子 婚約者との仲は良好で、第二王子に断罪されるはずだった婚約者を救った事で変化が起きる。 隣国同盟国の王子、ラファエル・ランドルフにダンスを申し込まれたソフィアの運命が今、動き出す。 乙女ゲームED直前から物語が動き出す攻略方法が不明のED後の世界。 R15設定は念のためにつけています。 更新速度は遅いと思いますが、よろしくお願いいたします。 魔法が当たり前の世界で小さい頃から何故か二重に記憶があるような、不思議な感覚を持っていたベルトリア。 ある日ひょんなことから、不思議な記憶は前世の記憶であることを思い出す。 「憧れていた魔法が自由に使えるこの世界で、魔法を使わない手はなし!! 」 成長するにつれ、段々この世界に既視感を持ち始めた時。 この世界が前世で少しプレイしたゲーム『アドリアスに花束を』の世界だと思い出す。 その世界でベルトリアは主人公にちょいちょい嫌がらせをする所謂悪役。 みみっちい嫌がらせにしては壮大な割を食う役所。 しょうもない嫌がらせとかする必要ないし、興味がない!!原作のストーリーなんて知らないし!私は私の新しい人生を生きる!モブに紛れて平穏無事に生きる為、原作改造始めます。 私は、気付くと赤ん坊になっていた。 これってまさか、転生モノ? 乙女ゲームの悪役令嬢とかになってるのかな?楽しみ! …そんな期待は大外れ。 親が仕える金持ちの家のボンボンは、私を指して叫んだのだ。 「お前!漫画の主人公になった俺の邪魔をする気 か!?このモブが!」 えっ、私モブなの!?っていうか、その漫画知らないんですけど! 同じく転生して来た彼が言うには、私は所謂呼び出し係。 セリフが作品全体で一、二個くらいしかない、しがないモブの女の子。 ……なら、精々好き勝手に生きますか! そんなマイペースな主人公が歩む、無意識フラグ乱立モテモテライフの物語。 コメディ要素の方が強いかと思われます。 結構シリアス要素もあります。 また、ラブコメなので、ハーレム、逆ハーレム要素が非常に強いです。 お嫌いな方はバックして下さい。 不運で冴えない織原久遠(ラック)は転生者として召喚された。 転生者であるからには、魔王を倒さねばならない。 さあ冒険のはじまりだ、と意気揚々と歩き出したラックだった。 けれども始まりの町ホクキオに足を踏み入れる前に山賊被害にあった挙句、濡 れ衣で逮捕されたラックは、村から出ることも禁止されてしまった。 これでは魔王を倒しようがない。 そもそも出鼻をくじかれ心折られて、旅立つ気もなくしてしまった。 どんより引きこもり生活のなかで、習慣のモブ狩り生活を続けていたラックだったが、十年後に転機が訪れる。 ラストエリクサーを手に入れたのだ。 ラストエリクサーは高値で取引されており、これを売ることで一気に金持ちになったラックは、味をしめてラストエリクサー転売業者を目指すことにした。 ところが、『偽装スキル』を使った別の売り手にだまされてしまう。 このままにはしておけない。 悔しがるラックは『鑑定スキル』と『検査スキル』という偽装に対抗するスキルを身に着けて問題を解決。 信用を取り戻し、駆け出し商人としての生活に希望を抱いた。 ほどなくして、ラストエリクサーの価格が大暴落。 追い打ちをかけるように税金を払わされ、借金生活に転落。 しかも国家転覆容疑までかけられて、指名手配を受けながら、追われるように旅立つことになった。 散々な目に遭うラックだったが、この不運に満ちた慌ただしい旅立ちは、ラックにとって悪い事ばかりでもなかった。 レヴィアという可憐な少女に出会えたのだ。 そして、いつしか彼は、大いなる旅の目的を得た。 島国ヴィヴァルディには存在しないはずのサクラを見た瞬間、ペリーウィンクルは気付いてしまった。 この世界は、前世の自分がどハマりしていた箱庭系乙女ゲームで、自分がただのモブ子だということに。 しかし、前世は社畜、今世は望み通りのまったりラ イフをエンジョイしていた彼女は、ただ神に感謝しただけだった。 ところが、ひょんなことから同じく前世社畜の転生者である悪役令嬢と知り合ってしまう。 不思議な蝶に目を奪われた女子高生の私は、目覚めると十歳の侯爵令嬢になっていた。 しかも私シャノンは、ソシャゲの乙女ゲームで『不死蝶』と呼ばれるネタキャラ!? ストーリーでは完全敵役、イベントでは乱立する死亡フラグ。 なのにイベントの度に運営 都合で復活してはまた死亡フラグの連鎖で…………。 ゲームの始まる入学までにバタフライエフェクトを起こして、なんとしても死亡フラグを回避してやる! けれど、私は周りに愛されるただの女の子で。 どうしてこの子は悪役令嬢になったんだろう? え、ただのモブだった『不死蝶』の従者は実は王子さま? 『不死蝶』はヒロインと同じ能力を持ったチート? イベント潰しのために仲良くなった貴公子たちに婚約を申し込まれるけど、私は同担拒否なんだよ。 しかも王道ヒロイン派! 悪役令嬢に告白なんてしないで! ヒロインから攻略対象強奪なんて、本当に悪役令嬢じゃない!? 私、死亡フラグを折りたかっただけなのにな…………。 *以下にご注意ください。 この物語は人によっては逆ハーと思われるかもしれません。 この物語にざまぁはありません。 書き直しますが、基本的なストーリーに変更はありません。 魔法薬の爆発事故に巻き込まれて前世を思い出した俺は、妹のやっていた乙女ゲームのモブに転生していることに気づく。 一年後には悪の魔法使いによってモブからゾンビに強制ジョブチェンジ。 退学してこの魔法学校から逃げ出そうとしたら、なんと悪役令嬢が前 世の妹だった。 ゾンビも嫌だけどバッドエンドしかない妹を放っておけない。 妹を助けるために攻略対象に近づいたら、なんで俺にフラグが立つの!? 無事? 前世を思い出したら妹は暴走してヒロインをこますし! お前何処まで腐ってんだよ!? *以下にご注意ください この作品は「BL・GL」表現があります。 この作品は「俺たちの戦いは、これからだ!」で終わります。 この作品は男性主人公の一人称です。 モブとしての人生を送り、目覚めたと思ったらまたしてもモブだった! 見知らぬ場所で見知らぬ姿になり、心機一転! 今度こそ幸せな恋愛、幸せな結婚がしてみたい! せっかくなら冒険もして、ゆくゆくは名声とか浴びたりして……!? と思って努力をし てみるものの…… モブに素敵なスキル?あるわけない! お金?目が冷めたら無一文! 顔なんか平凡に決まってんだろ! 才能なんか降って湧いてこない! モブはどこまで行ってもモブ!! これは地味ロードまっしぐらのモブが、幸せ結婚生活を夢見ながら、あれよあれよと無くなる金と相談しながら、狩りをしたり、ナンパ友達 ? を作ったり、ささやかなお洒落に挑戦してみたり、地雷女を躱したりしながら生きる日常の話だ。 見た目は地味で中身は中身は並以下。 劣等感の塊だった貧乏男爵家の娘、ケイト・リズワイト。 伯爵邸のお茶会で、事故に巻き込まれたことから前世の記憶を思い出す。 電気もない、ガスもない。 車は一体何モノだ!? そんな西洋中世風のこの世界で、第二の人生は貴族のくせに食べることにもことかく悪環境。 今世ではほとんど役に立たない近代知識。 こんな記憶、なくても良かった! 「魔法も使えん、才もあらへん! これっていわゆるモブ役令嬢?」 それでもおぎゃーと生まれたからは、楽しく生きなきゃソンソンソン! 子育てロスから幼児をモフり、産婆のまねごともやってみる。 前世飯研究に没頭したり、ときには蜂の大群にも追われてみたり……。 過去にない、新鮮かつ野性味あふれる毎日を謳歌するケイトであったが、なぜか病んでる元王子につきまとわれ……。 「あれ? 私、モブ役令嬢ちゃうかったん?」 しかし、今さら思い出したその記憶には、とっても大事な意味があって……。 本編は子供をモフモフしてばかりで「育児もの」とは異なり、タイトル詐欺っぽいです。 2018年スタートの最初につけたタイトルということ(音が気持ちいい)と、いったん完結したときに最終話へうまく繋がったのとで(と思う)このまま使わせていただきます。 何卒ご容赦くださいませ。 一章 ほのぼの 二章 根性 三章 悪役令嬢物的なアレ展開 四章 苦難 五章 溺愛 一章は恋愛要素が薄いですが、二章以降徐々に加わってきます。 相変わらずジレってます。 さすが改稿版だけあって、レイクが前のめりです。

次の

妖術師 小説家になろう 作者検索

転生したら悠々自適の皇妃ライフ カクヨム

作者:• 幼い頃から皇帝アルバートの「皇后」になるために妃教育を受けてきたリーティア。 しかし聖女が発見されたことでリーティアは皇后ではなく、皇妃として皇帝に嫁ぐ。 皇帝は皇妃を冷遇し、皇后を愛した。 そのうちにリーティアは病でこの世を去ってしまう。 この世を去った後に訳あってもう一度同じ人生を繰り返すことになった彼女は思う。 「今世は幸せになりたい」と アルファポリス様にも投稿中 検索除外設定中です• 異世界[恋愛] 連載:全37部分• 悲恋 シリアス 魔法 恋愛• R15 残酷な描写あり• 作者:• 本来、ノストン国随一の魔法の使い手になるはずだった公爵令嬢のクレア。 しかし、非凡な才能を目覚めさせたのは異母妹のシャーロットだった。 居場所を失い祖国に別れを告げたクレアは大国・パフィートの第一王子と出会って……。 本当の力を手に入れたヒロインが不思議な世界を経由して最適解を探る、恋愛系のファンタジーです。 現在、番外編を不定期で更新しています。 異世界[恋愛] 完結済:全83部分• 身分差 乙女ゲーム 悪役令嬢 日常 逆行転生 ハッピーエンド 魔法 チート 女主人公 世界線はひとつ あっちが夢• R15• 作者:• 「傲慢で悪辣な行いには我慢ができぬ。 エリザベス・ラ・モンリーヴル公爵令嬢。 君との婚約は破棄させてもらう!」 大ヒット恋愛小説『聖なる乙女は夜空に星を降らせる』とまったく同じ決め台詞で王太子から婚約を破棄されたエリザベス。 プロローグはエリザベス視点、本編は王太子ヴィンセント視点。 本編完結済み。 このたびマッグガーデン・ノベルズ様より書籍化のはこびになりました。 読んでくださった皆様、ありがとうございます!• 異世界[恋愛] 連載:全37部分• 悪役令嬢 日常 ラブコメ 学園 婚約破棄? ざまぁ• 作者:• 書籍化決定しました。 マッグガーデン・ノベルズ様で秋頃発売予定です! 無実の罪によって絞首刑をうけたローズマリーは悪役令嬢として歴史に名を残していた。 転生し、前世の記憶を思い出したマリーは前世での経験から、今度は平穏に生きていくことを望む。 しかしマリーの望みとは裏腹に、マリーは王宮へと舞い戻る。 「さあ姉様。 貴女を殺した奴等をどうやって懲らしめたいですか?」 生前可愛がっていた弟はすっかり変わり果て、姉の代わりに復讐を果たそうとしていた。 「我が主。 貴女の望みを教えてください」 前世で忠誠を誓っていた騎士が、今世でも忠誠を誓ってくる。 かつて自分を殺した相手に、仕返しなんて考えていないのに。 周りがそれを許してくれないんですけど…… 本編完結済み 番外編を不定期更新予定• 異世界[恋愛] 完結済:全85部分• 年の差 乙女ゲーム 悪役令嬢 婚約破棄 転生 やり直し 復讐 溺愛 主従関係 姉弟 ヤンデレ• R15 残酷な描写あり• 作者:• 四大公爵家の一つ。 アックァーノ公爵家に生まれたイシュミールは双子の妹であるイシュタルに慕われていたが、何故か両親と使用人たちに冷遇されていた。 瓜二つである妹のイシュタルは、それに比べて大切にされていた。 そんなある日、イシュミールは第三王子との婚約が決まった。 その時から、イシュミールの人生は最高の瞬間を経て、最悪な結末へと緩やかに向かうことになった。 そして……。 異世界[恋愛] 完結済:全113部分• ラブコメ 女主人公 溺愛 サイコデレ 転生 シスコン イチャラブ 微ざまぁ OVL大賞6 アイリス大賞7• R15 残酷な描写あり• 作者:• クレストは公爵家の五男として生まれた。 だが、五男というのはほとんど立場がなく、幼馴染に婚約者のエリスには、奴隷同然のように扱われていた。 そんなクレストは成人の儀で『ガチャ』という、スキルを獲得できるスキルを手に入れた。 しかし、使い方が分からず家を追放されてしまった。 魔物だらけの森に捨てられたクレストは、そこで『ガチャ』の力について理解する。 そして、クレストは決意する。 必ず生き延び、這い上がってみせると。 毎週、水、土、日更新です。 ハイファンタジー[ファンタジー] 連載:全68部分• 追放 成り上がり 現地人主人公 ざまぁ レベル ステータス 異世界 魔法 スキル 主人公最強(予定)• R15• 作者:• その者は、己の前世の記憶を持っていた。 王位継承権を巡る政争にて、側室の子であるからと真っ先に貴族諸侯から見限られた第三王子。 その護衛役として役目を全うした女騎士としての記憶を所持したまま転生を果たした者が、いた。 そんな彼女が転生したのは生前と同じ世界。 それも、己が死んだその直後に赤ん坊として再び生を受けていた。 今度は、伯爵令嬢————フローラ・ウェイベイアとして。 17を迎えた誕生日。 生家から半ば強制的に国王陛下の甥にあたる公爵殿の花嫁選びの為に開催されるパーティーに参加しろと言いつけられ王宮に向かう事になってしまったフローラ。 今生は平凡に生きるんだ、などと考える彼女であったが、王城に向かったその瞬間、平凡に生きられたであろう未来は見事に歪んでしまう。 何がどうあってか、知らないうちに国王陛下まで上り詰めていた元護衛対象による執着心によって。 異世界[恋愛] 連載:全75部分• 身分差 年の差 前世の記憶持ち 自己評価低め主人公 溺愛 主人公最強系 書籍化きまりましたっ• 作者:• 毎日毎日どんなイジメを受けても決して屈することはなかった。 そして今日もまた校舎裏でボコボコにされてしまう。 だがそこへ生徒たちの悲鳴が聞こえる。 学校のグラウンドで、RPGに出てくるようなモンスターたちに襲われ、次々と生徒たちが殺されていく。 そんな中、俺は一人自宅へ逃げることができた。 そして自分に奇妙な能力が宿っていることに気づく。 それは《ショップ》と呼ばれるスキル。 金さえ払えば、地球上にあるあらゆるものを購入することもできるし、何といっても地球に存在しえないファンタジーアイテムまで手にできるのだ。 俺は、人間が次第に淘汰されていくこの世界で、スキルを活かして悠々自適なスローライフを送ることを決意する。 自分を見下し、迫害してきた連中には、俺のような力がない上、どんどん殺されていく様は痛快で愉快だった。 これは迫害されてきた少年が、スキルの力を使い、何も持たない人間たちを利用していく〝ざまぁライフ〟である。 ローファンタジー[ファンタジー] 連載:全151部分• 伝奇 現実世界 ダンジョン モンスター 万能過ぎるスキル SHOP 主人公最強 チート 人間を信用しない ただワガママに生きる ざまぁ 集英社WEB小説大賞• R15 残酷な描写あり• 作者:• アース・スターノベルさんより一巻が2020年8月15日発売予定です! タイトルは書籍版タイトル 『追放されたお荷物テイマー、世界唯一のネクロマンサーに覚醒する 〜ありあまるその力で自由を謳歌していたらいつの間にか最強に〜』 となります よろしくお願いしますー! 索敵、マッピング、荷物運び、料理、警戒、壁役……あらゆる役割をこなしてきておきながら、仲間に役立たずのお荷物と罵られ続けてきたテイマー、ランド。 ランドが所属するのは国内最強の呼び声も高いSランクパーティーだった。 攻守に優れ、またそのカリスマによりパーティーを束ねるリーダー、剣士のフェイド。 国内最高峰の魔法学園を歴代最高成績で卒業した天才魔道士、メイル。 王国の盾とも評された元最強騎士団長、重騎士ロイグ。 最年少ながら奇跡の聖女と名高い最高神官、クエラ。 もともとの能力もさることながら、その抜群の行動力、チームワーク、そして成長性により一気に国内に名を轟かせ、勇者パーティーとしての活躍をも期待されるギルドの星。 一方ランドはフェイドの幼馴染というだけでパーティーに所属しているお荷物と揶揄される。 パーティーの不満はランドに集中していった。 だが実際にはランドという規格外のテイマーの与えていた影響力は大きく……? これは仲間に認められず、犠牲とされ使い魔を失ったテイマーが、真の力を開放し最強のネクロマンサーとして成り上がる復讐と無双の物語。 ハイファンタジー[ファンタジー] 連載:全137部分• オリジナル戦記 冒険 復讐 俺TUEEE ざまぁ ネクロマンサー テイマー 無双 追放 男主人公 Sランク パーティー 成り上がり 主人公最強 ヴァンパイア• 作者:• 「あなたのレベル上限は1。 スキルは【即死魔術】のみです」 想いを寄せる幼馴染のリーンと一緒に冒険者となるため町の冒険者ギルドを訪れたアークは、ギルドの受付嬢から告げられた言葉に愕然とする。 この世界では人は生まれつきレベル上限とスキルが決まっており、アークのレベル上限は最底の1、更にスキルはモンスターの中でも最弱のスライムにすら高確率で失敗すると言われている大外れスキル【即死魔術】だった。 アークは最弱であることを他の冒険者達から馬鹿にされ、リーンにも見捨てられてしまう。 その後、彼はたまたま入った森で凶悪な魔物に襲われるが、即死魔術を見事成功させ一命を取り留める。 すると、突然彼の目の前にメッセージウィンドウが表示された。 『スキルレベルが上がりました。 ポイントを割り振ってください』 アークはモンスターを倒すことで、自分だけがスキルレベルが上がることを知る。 そして、過去を全て捨て去り最弱から最強へと成り上がるのだった。 ハイファンタジー[ファンタジー] 連載:全72部分• 男主人公 成り上がり ざまぁ ダンジョン 復讐 いずれ主人公最強 チート ハッピーエンド 仲間もできる 即死魔術• R15 残酷な描写あり.

次の

なろう小説やアルファポリスなどのWeb小説で、

転生したら悠々自適の皇妃ライフ カクヨム

人に仇名す黒魔術師、妖術師、悪霊、邪霊を狩る事を生業とする西洋魔術師、志門雄吾はある妖術師との闘いにより命を落とす。 だが彼は異世界の神の手により魂のみが異世界の天界に召喚され自分が治める世界に転生する事を進められる。 意外にもラノベも好んで読 んでいたためこれが有名な異世界転生、悠々自適のスローライフ、新たな人生の始まりかと喜んでいると神様に頭を下げられた。 雄吾を転生させる世界はある存在の脅威により破滅の危機に瀕しており、雄吾には世界を救うための一助になってほしいと頼まれる。 神でさえ排除できない脅威を人間である自分がと考えもしたが自分の力をもう一度ふるえる機会があるのならと転生を了承する。 彼が転生してから十二年、世界の脅威とも言うべき存在『狂神』とそれに対抗する為に魔法技術の粋を集めて製造された人が作りし偽りの神『偽神』との闘いを目の当たりする。 シモンは望む望まず関わらず『狂神』との闘いに巻き込まれていく。 これは西洋魔術と偽物の神を駆使し、狂った神と戦う転生魔術師の物語である。 人間からは見えないながら、彼らは古来より存在する。 そして、今日に及ぶまで人間と妖怪の間には深い溝があり、超えられない壁が存在する。 深海よりも深く、富士の峰よりも高い壁が。 決して分かり合えない、交錯しない、そんな関係だ。 しかし、吉祥寺 いなりはそんな妖怪と人間との間に生まれた半妖怪だった。 とはいっても、半分は人間の血が流れているわけで、別に妖怪としての人生(妖生?)を生きるわけでもなく普通に人間社会に溶け込んで生活しており、一般の高校に入学。 平和な日々が送れると思いきや、クラスメイトで同じ半妖怪の大江山 愁と松林 黒羽と出会う。 ひょんな事から縁を繋いだ妖怪三人組。 そして、彼らとの出会いをきっかけに、日本の妖怪界に波乱の風を巻き起こすことに・・・! 敬語口調の狐っ娘とイケメンなのに馬鹿な鬼、腹黒烏天狗という個性豊かでチートな三人組によるバトルアクションコメディ開幕!! 佐藤太郎30才、彼は美容師として無気力に働く傍ら、趣味で霊媒師をやっていた。 ある日、悪霊に取り憑かれた女子高生を助けようとして返り討ちにあい死んでしまう。 彼は転生し、産まれてすぐに「ここは何処だ?」と喋ると産婆のババアに「呪い子じゃっ」 っと言われて山に棄てられた! 転生していきなり詰んだ、そう思っていたら「助けてやろうか?」と声をかけられた。 声の主は尾が二股に分かれた黒猫、太郎の命乞いに「じゃあ、20年後に肝を喰わせろ」そう猫又は言った。 猫を飼うのではなく、猫に飼われる第2の人生が幕を開けた。 【注・敵がモンスターから妖怪に変わっただけのファンタジーです】 【注・舞台が中世の日本っぽいですが横文字が少ないだけのファンタジーです】 【注・魔法が妖術に変わっただけのファンタジーです】 【注・ファンタジーったらファンタジーです】 【注・もう一度注意書きを読み返すとファンタジーがゲシュタルト崩壊します】 仮想世界、頂上の城に住む化け猫の王、モナキーンはある目的のために東西南北4つの地に向けて6人の使いを出す。 アフロの少年レオンは西へ、半妖精のアイオーナと聖騎士ショボは北へ、盲目の妖術師ホッカルと道化師は東、モナキーンと同族のギコ公は南へ。 だが彼らが城から離れた直後に元宰相のラオーグが反乱を起こし、城は百万の反乱軍に囲まれてしまう。 それを知るも使いの者たちはそれぞれの使命を果たそうとする。 妖神との戦いのさなか、アイオーナは超能力を持つ少年モララーと出会い、彼の協力で一端別の場所へ転移することになる。 novelabo. この小説は未完のままに更新を停止しました。 何も考えずに、突っ走った結果がこの有様です。 ですが、装いも新たにして別の作品として投稿を続けます。 syosetu. 塹壕戦の最中、砲撃を受けて吹き飛んだ筈の神土 征四郎 カンド セイシロウ は 気付けば、見知らぬ土地に瀕死の重傷を負ったまま倒れていた。 妖術師に拾われて征四郎は一命を取りとめ そのまま妖術師の弟子として暮らすようになる。 月日が経ったある日、戦火から逃れてきた一団を征四郎は保護し 紆余曲折を経て彼等に練兵教育を施す事になった。 それは、後に「黒い血の悪魔達」と恐れられ、敵を軍靴で踏み潰す 恐るべき特殊部隊『B・B』 ブラック・ブラッド の誕生を意味していた…。 カクヨムとの重複投稿。 砂漠と乾いた草原がまばらに入り混じる大陸の西の大国ファサール。 大陸の東の国の出身の奇花は、ファサールの一部族、タサラ族の商隊を護衛する傭兵をしていた。 春の砂嵐 シム の終わりの頃、タサラ族の族長の娘イルシンダに、ファサール唯一の王家ファド 家から輿入れの話が来た。 相手は王太子。 しかし、イルシンダにはルカリの花を贈ってくれた相手がいた。 ルカリは婚約の証の花で、女性が受け取ったら、仕来りとしてその婚約は必ず履行されなければいけない。 イルシンダは、9歳でルカリを受け取り、14歳の今日までその相手——アリハを待っている。 父の長も、イルシンダとアリハの婚約は認めていたのだが、どうしたことか、王家の婚姻の話を受けてしまった。 納得出来ないまま父の命に従い王都に向けて輿入れの旅に出るイルシンダ。 途中、いきなり自殺を図ったイルシンダに、護衛として同行した奇花も慌てる。 一命は取り止めたものの、イルシンダはその後、塞ぎ込んで自室から出て来ようとはしなくなった—— 数奇な運命を背負った女傭兵奇花と、彼女の過去と未来に関わって行く魔物と魔人の、戦と愛を追ったファンタジーです。

次の