ディズニーランド混雑カレンダー。 ディズニーランド・シー混雑予想2020年

月別のスケジュール

ディズニーランド混雑カレンダー

大学生の春休み開始や高校入試による休校日があること、キャンパスデーパスポートの利用期間であることなどが重なり、多くの学生ゲストが平日・休日問わずパークに来園することになります。 アトラクションのスタンバイ時間が特に長くなりやすく、夏休みや冬休みと同じ傾向ですね。 とは言うものの、 2月の初週に限って言えば まだまだ落ち着いた混み具合だと予想しています。 1ヶ月後の3月に訪れる卒業旅行シーズンに比べれば全然空いているので、この時期のイベントをスムーズに楽しみたい方にとっては、ここがラストチャンスになるかもしれません。 ただしこの週のディズニーシーは、 平日のほとんどが短縮営業なので注意が必要です。 飛石連休は合間の平日も休日レベルで混雑することが多いです。 また、この時期は春休みや高校入試による平日休校日も多く、例年平日休みの学生さんが多くパークに訪れています。 2月の中でも、 特に 平日が混雑しやすい1週間と言えるわけです。 1週間に渡ってゲストが分散するため、いずれの日程も入園制限レベルまで混むとは考えにくいです。 しかし悪天候などが重なると、休日より混雑する平日が出てくる可能性は高いので注意が必要です。 具体的には、 ランドが Dランク 一般的な平日レベル 、シーが Cランク 繁忙期の平日レベル 程度の混み具合です。 少しでも落ち着いたパークを楽しみたい方は、この平日が最後のタイミングになるので、狙ってみるのも良いかもしれません。 なお、この期間も前週と同様で、 ディズニーシーでは短縮営業日が多いです。 入園予定を立てている方は、あらかじめ開園時間と閉園時間を確認するようにしましょう。 例年2月最終週の休日は大きく混雑しており、入園制限がかかった年も存在します。 2020年は3連休になることから 入園制限がかかる可能性も十分に考えられるので、指定日チケットの購入や少し早めの入園を計画するなど、制限への対策をすることをおすすめします。 また、この3連休を目安として卒業旅行シーズンの影響が出始め、 3月に向けて徐々に大きな混雑が見られるようになります。 1月・2月に多かった短縮営業日も無くなり、パーク側も平日・休日問わず大量のゲストを受け入れる態勢に入るわけです。 学生ゲストが多いパークは、 ショーやグリーティングに比べて アトラクションのスタンバイ時間が大きく伸びる傾向にあります。 混雑が本格化する3月程ではないにしろ、この時期もアトラクションが特に混雑する可能性は十分にありますので、優先順位を付けて楽しむことをおすすめします。 いずれも人気アトラクなので、皺寄せとして他アトラクのスタンバイ時間が伸びやすくなる可能性があります。 これに加え、 お子様に人気のアトラクション「キャッスルカルーセル」「イッツ・ア・スモール・ワールド」の休止期間もあるため、お子様とパークに行く予定がある方は日程を確認しておきましょう。 一方のディズニーシーでは、混雑に大きく影響する因子は少ないと考えられます。 1月から 「レイジングスピリッツ」が約3か月の長期メンテナンスに入っておりますので注意してください。 大人も子供も楽しめるアトラクションなので、待ち時間を少なく楽しみやすくなるのは嬉しいですよね! 以下の記事では、僕が実際に出会ったクラッシュの面白回答について解説しています!ぜひ皆さんもファストパスを使ってクラッシュに会いに来てくださいね!.

次の

ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想カレンダー

ディズニーランド混雑カレンダー

クリスマス&年末は混む?ディズニーランド12月の混雑予想 東京ディズニーランドの2020年12月の混雑予想カレンダーです。 () 12月はなんといってもクリスマスイベントとカウントダウンイベントです。 上旬の平日はそれほど混雑しませんが、クリスマスが近づくにつれて来園者の数は多くなっていきます。 クリスマス後の12月最後の週も毎年よく賑わっています。 2020年12月混雑予想カレンダー• A:空いている。 人気アトラクション30分待ち前後• B:普通レベル。 人気アトラクション45分待ち前後• C:やや混雑。 人気アトラクション60分待ち前後• D:かなりの混雑。 人気アトラクション90分待ち以上• E:大混雑。 人気アトラクション120分待ち以上• S:非常に混雑。 人気アトラクション150分待ち以上 イベント・祝祭日• 11月10日~12月25日:ディズニー・クリスマス• 12月25日:クリスマス(祝祭日ではない)• 12月30日:年末の休み(祝祭日ではない)• 平日であればそれほどではないこともあり得ますが、週末や祝日はかなりの混雑を覚悟しておいた方がいいでしょう。 特に23日~25日にかけてはかなり混み合う傾向にあります。 おすすめのイベント 前述の通りクリスマスとカウントダウンのイベントです。 この時期にはワールドバザールに大きなクリスマスツリーが登場するほか、ショップで販売されているグッズや、レストランのメニューなんかもクリスマス仕様に変わります。 そのほか注意事項 12月で気をつけなくてはならないのが防寒対策です。 曇っていて日が出ない日などは朝から晩まで冷え込んできますので、厚手のコートやジャンパーを着ていきましょう。 その日は一日中晴れてはいたものの気温が低く、夜には風も強くなってしまい、氷点下なんじゃないかと思うくらいの体感温度でした。 その割にゲストの人数が少ないわけでもなく、夜のワンス・アポン・ア・タイムの席を取るのがかなり大変だったことを覚えています。 でも、学生さんたちの人数が少なかったからか、そこまでワイワイしている感じには思いませんでした。 実際、開演からすぐにファストパスの埋まってしまうスプラッシュマウンテンやプーさんのハニーハントは、いつものことで直ぐになくなると思い走って取りに行きました。 しかし、実際はそんなにファストパス発券場もそこまで混んでおらず、どちらのアトラクションも2回ずつファストパスが発券できました。 夜は風が強く、前述のワンス・アポン・ア・タイムはパイロ一部カットでの上映で少し残念でしたが、飛行機がその日なぜか通らなかったので、目移りするものがなく、綺麗なワンス・アポン・ア・タイムを楽しむことができました。 12月でもディズニーランドは楽しめるというのを体験できる一日だったと思います。 当日はとても天気が良く、ぽかぽか陽気でした。 12月にふさわしくないような高い気温で、パーク内のクリスマスツリーも浮いていました。 そんな天気の影響か、平日の空いている日を選んだつもりだったのに、それなりに混雑していました。 でも、10月にハローウィンディズニーに行ったのですが、その時よりは人がいなくて安心しました。 子どもと一緒に行ったので、アトラクション目当てというよりは、散歩やパレードメインで楽しみました。 アトラクションの待ち時間は平均30分前後で、まぁ普通の混雑具合かなといった感じでした。 子どもの好きなウェスタンリバー鉄道に何回も乗りました。 ウェスタンリバー鉄道は15分待ち程度でしたが、下のジャングルクルーズはリニューアルされた影響か45分~1時間待ちくらいでした。 クリスマスのパレードも、しっかり場所どりをして見ました。 我が家はいつも、カントリーベアシアター前あたりでパレードを見ます。 子どもはミッキーなどのキャラクターより生サンタに感動していました。 それなりに人がいたものの、しっかりとクリスマスディズニーを楽しめたので良かったです。 当日の天候は、曇りでした。 私たちのとっては10年ぶりくらいで、子どもにとっては初めてのディズニーランドでした。 クリスマスイベントの最終日だったので、とても混んでいるのではないかと心配でした。 そんな訳で早めに家を出る予定でしたが、出発までの準備に思いのほか時間がかかり、結局着いたのは午前10時近かったです。 でも、それが良かったのかもしれませんが、入園するときも並ぶことなく、スイスイと園内に入ることが出来ました。 園内に入ると、クリスマス一色でした。 子どもは興奮し、写真をいろんな場所で撮っていました。 一緒に行った祖母は、孫が喜んでいるのを見て嬉しかったようです。 園内は想像よりは混んでなくて、イッツアスモールワールドも20分待ちで入れました。 車のゴーカートにも30~40分待ちで乗れました。 2つ乗ったところで、子どもはお腹がすいたといい、イクスピアリでご飯を食べて、敷地内を走るモノレールに乗り、お土産を買ってパレードを見て、夕方の4時ごろには家に帰りました。 非日常的な気分を味わえて、とても楽しかったです。 クリスマス前ということもあり、非常に混雑することを予測して日付指定券を購入して入場したのですが、それほど酷い混み具合ではなく、正直ホッとしました。 前日は雨だったのですが、この日はお天気も良く、風も穏やかで、この時期としては恵まれた天候でした。 いつくかのアトラクションでクリスマス仕様になっているものがあり、全て制覇することにしました。 ホーンテッドマンションはファストパスを取り、すぐに乗れそうなイッツアスモールワールドへと急ぎました。 普段はお国衣装で身を包んでいる人形たちがクリスマス衣装に衣替えし、クリスマスソングに合わせて踊る姿はいつも以上にかわいかったです。 その後、カントリーベアシアターに行き「ジングルベル・ジャンボツリー」のコンサートを楽しみました。 ホーンテッドマンションでは、ハロウィンとのコラボ言った方がわかりやすい仕様になっており、アトラクションのアイデアに感嘆しました。 他にも、ディズニーサンタヴィレッジパレードやキャラクターグッズ等、パーク全体がクリスマスの雰囲気をかもし出していて、数年ぶりにクリスマスの時期に訪れたディズニーランドでクリスマスを満喫してきました。 クリスマスの雰囲気を味わうにはディズニーが一番ですね。 クリスマスイブということもあって、普段ディズニーランドに行く時よりは確実に混んでいたというのが正直なところです。 朝イチにスペースマウンテンに乗って、後はスプラッシュマウンテンのファストパスをとって、後はできるだけ並ばないようなやつを中心にパークの雰囲気を楽しもうというコンセプトで行きました。 彼女も私も結構ディズニーが好きな方だったので、非常に楽しむことができました。 そして、夜に行われたワンスアポンタイムが最高でした。 抽選ということだったのですが、何とか当選し、中央の良い席で見ることができました。 歴代のディズニーキャラクターが音楽とともにシンデレラ城に映るという光景は、とても感動したのを覚えています。 帰ったのは10時だったのですが、電車が混んで混んで結局二本くらい電車を待ってからでないと乗れませんでした。 それでも、クリスマスに行けて本当に良かったです。 また行きたいですね。 子どもを連れて行きましたが、私が住んでいる所は東北の雪国なので、向こうは暖かいと思っていきました。 天気は晴れ時々曇りな感じでしたが、思っているより寒くてびっくりしました。 何より、やはり同じように考えていた方達が多かったようで人混みが凄かったです。 ホテルも近くがとれませんでした。 バスでランドまで行きましたが、ミッキーがあしらわれており、超可愛かったです。 ランドよりシーの方が人ごみも少なかったような気がします。 ランドはもう人混みが凄くて、乗り物は1時間待ちがほとんどでした。 子どもも飽きてしまってハラハラしましたが、それでも何個か乗れました。 パレードは近くで見たかったのですが、人混みの為、豆粒の様な大きさで見れました。 でも、やはり夢の国だけあって、凄く非日常的な感じで面白かったです。 どこもかしこもかなり待たなくてはいけませんでしたが、それでも子供たちは「また行きたい」と言っていました。 ワールドバザールには大きなクリスマスツリーが飾られていて、ロマンティックに感じました。 平日に行きましたが、大人気アトラクション(三大マウンテン・ハニーハント・バズなどなど)でも1時間待ち程度だったので、そこそこの混雑だったと思います。 クリスマスイブやクリスマス当日はもっと混雑しそうですが、前の週であればまだそれほどなので、おすすめかもしれません。 毎年開催されていて、私も毎年12月にはイベントが目的で来園しています。 クリスマスイベントがあるこの時期は平日でもそこそこ混雑しますので、週末となると結構な混みっぷりとなります。 夏休みやゴールデンウィークと比べるほどではありませんが、やはり平日がおすすめです。 また同じ平日でも中旬下旬と比べると上旬の方が混雑しにくいです。 クリスマスが近くなればなるほど混み合ってくるという印象があります。 時期が時期だけに、恋人だらけなのかなと思いましたが、そうでもなく、女性だけのグループや、子供連れ、高校生も多い印象でした。 前回ディズニーランドに行ったときは「プーさんのハニーハント」が長期メンテナンスで乗れなかったので、朝真っ先にファストパスを手に入れて乗りました。 乗るたびにルートが変わるらしく、また次乗るときが楽しみです。 今回、クリスマスなので宿泊先もディズニーホテルにしました。 価格は高いですが、モノレールや荷物配達が無料だったり、部屋以外の特典も沢山あります。 特にお土産屋で買った商品を、その場で配送できるようになるので、パークにいる間「荷物」を意識することはありません。 クリスマス時期は混雑しますので、こういったサービスを使うとより快適に回れておすすめです。 開催の時期やイベント内容などは年によって異なっています。 最初の数年間は数週間のみの開催でしたが、今では11月上旬から約2ヶ月にわたって開催されています。 トリビア的な情報ではありますが、東京ディズニーランド5周年、10周年の時は名称が「クリスマス・ファンタジー・パーティー」に変更されていました。 また、毎年異なるキャッチコピーが設けられています。 そんな年末の大人気イベントクリスマスファンタジーは、ディズニーランドのイベントの中でも特に人気の高いイベントです。 ステージの前で見るには開園と同時に配られる中央観賞エリア入場券が必要となります。 この入場券があれば別に観賞する場所を探す必要はないのですが、手に入れることができなかった場合は良い観賞場所を見つけなくてはいけません。 おすすめの観賞場所は中央観賞エリアと一般エリアの境界線になっているロープの近くです。 ロープがあるだけでほとんど見える位置は変わりませんから、思う存分イベントを楽しむことができます。 あまりロープに近づけないので、できるところまで近づいてみてください。 それでも、アトラクションで待つのも、それもまたディズニーランドの醍醐味だと思い、楽しめました。 いちばん印象に残ったのは、クリスマス仕様になっていたホーンテッドマンションです。 ティム・バートンのコープスブライドのキャラクターたちが、暴れまわっていたのが楽しかったです。 平日だからあまり混んでいないのではないかと思っていたのですが、結構混んでいました。 ウエスタンランドの「ビッグサンダー・マウンテン」とファンタジーランドの「プーさんのハニーハント」は2時間待ちでした。 それでもファストパスを上手く使うことができ、想像していたよりも多くのアトラクションを楽しめました。 夜はかなり冷え込みましたが、ホッカイロを3つも持って行ったので、へっちゃらでした。 でも、ワールドバザールの大きなクリスマスツリーを見ると、幸せな気持ちになれるので、私はこの時期のディズニーランドが大好きです。 パークのいたるところにクリスマスならではの装飾がされていて、すごくクリスマス気分を満喫できました。 ビッグサンダーマウンテンは、スリルがあってジェットコースターから見る景色も最高ですごく楽しめました。 ただ人気アトラクションなので、すごく混んでました。 カリブの海賊は、他の人気アトラクションと比べると、あまり並ばずに乗れました。 スリルはあまりないですが、作りこまれた世界観がとても素敵でした。

次の

【2020年7月】ディズニーランド 混雑予想

ディズニーランド混雑カレンダー

新着レポート• 基礎知識• 場所・行き方• 所在地は、フランス パリ近郊のマルヌ・ラ・ヴァレ()• 最寄り空港はで、成田空港または羽田空港から直行便で約12時間• シャルル・ド・ゴール国際空港からディズニーランド・パリまではTGV(新幹線)で約10分。 ひと駅。 詳しい乗り方は「」にまとめています。 ディズニー公式のシャトルバス「マジカル・シャトル」も運行されています。 シャルル・ド・ゴール国際空港とパーク周辺ホテルを往復しており、所要時間は1~2時間。 詳しくは「」を参照。 ロサンゼルス空港で人気の乗り合いタクシー「スーパーシャトル」も運行されています。 所要時間は約40分。 詳しくは「」を参照。 パリ市内からはRER(高速郊外鉄道)A4線で終点のMarne La Valle-Chessy駅下車。 約40分。 A線は途中で分岐する路線があるので行き先案内で要確認。 詳しくは「」を参照。 日本マイナス8時間• 時差ボケはフロリダほどツラくはありませんが、アトラクションやショーを満喫するには時差ボケ対策が必要。 時差ボケ対策については「」にまとめました。 対応言語• フランス語と英語• 看板やメニュー表はフランス語と英語が併記されているのでフランス語が分からなくても大丈夫。 キャストも英語が通じない人は一人もいなかった。 アナウンスもフランス語の後に英語が流れます。 一部のアトラクションはフランス語版と英語版が交互に上演されています。 中にはフランス語のみのアトラクションがありますが英語字幕が用意されている場合が多いです。 は用意されていません。 英語版(イギリス国旗が目印)を利用しましょう。 公式サイト・アプリ• 公式サイトの情報量に物足りない人は、 という非公式サイト(英語)が細かいところまで詳しく解説されているのでオススメ。 チケット購入• 詳しくは「」にまとめています。 長期で行く人は年間パスポートも検討の余地あり。 特典が豊富です。 詳しくは「」にまとめています。 エキストラ・マジック・タイム(優先入場特典)• とは、一般開園より2時間早く入園できる制度。 通常、AM 8:00~10:00の2時間。 対象者はの宿泊者、および年間パスポート(Magic Plus、Infinityのみ)の保有者。 エキストラ・マジック・タイムの時間帯で運営しているアトラクションは限定されます。 詳しくは「」または「」が参考になります。 エキストラ・マジック・タイムの時間帯はファストパスを発券できません。 ファストパスは一般開園後に発券できます。 ディズニーホテル・周辺ホテル• が7軒あります。 ディズニー直営ホテルに泊まれば、一般開園より2時間早く入園できる特典「」があります。 ディズニーランド・パリの周辺にはお手頃ながたくさんあります。 ディズニー直営ホテルよりも宿泊料金が安くて長期滞在でも利用しやすいです。 ホテル選びのポイントは以下の記事にまとめています。 旅行にかかる費用 3泊5日で個人手配をした場合の大まかな費用は以下の通りです。 1ユーロ=125円で計算。 ウォルトディズニースタジオが狭いので2DAYチケットがあれば主要アトラクションは楽しめると思います。 12万円/人 1. 8万円/人 3万円 0. 6万円/人 合計(大人2名分) 31. 8万円 気候と服装• パリのベストシーズンは5月~9月。 天気が崩れやすいので折り畳み傘は必須。 平均気温や降水量についてはを参照。 夏季でも朝や夜は冷え込む場合があるので十分な防寒を用意すべし。 寒暖差も大きいです。 ユニクロの小さく畳めるポータブル・ダウンが軽くて暖かくてオススメ。 週間天気はなどを参照。 混雑対策• 混雑予想カレンダーを活用すると具体的にどの日が混みそうか参考になります。 、など。 年末年始、バケーション時期などの混雑期を避けて予約すると快適。 を活用しましょう。 運営アトラクションは少ないですがスイスイ乗れるので快適です。 一般開園の1時間前を目安にエントランスへ向かいましょう。 開園時間の直前に行くとセキュリティチェックに長蛇の列ができている場合があります。 通常、開園30分前にエントランスがオープンして入場手続きが開始されます。 アトラクションに乗れるのは開園時間を過ぎてから。 ファストパスを活用しましょう。 詳しくは「」の項目を参照。 公式アプリをインストールしておくとリアルタイムなアトラクション待ち時間をチェックできるので便利。 インストール方法は「」にまとめています。 ファストパス• ファストパスの使い方は東京ディズニーリゾートと同じ発券式。 対象アトラクションのそばにある発券機でチケットまたは年間パスポートを読み取ると発券されます。 発券して2時間後に次のファストパスを発券できます。 もしファストパスを取っていてシステム調整で乗れなかった場合、当日限定でいつでもリターン可能なチケットとなります。 エキストラ・マジック・タイムの時間帯はファストパスを発券できません。 ファストパスは一般開園後に発券できます。 開園時間・ショースケジュール• 開園時間と休止施設はで確認できます。 も見やすいです。 休止施設スケジュールをまとめてチェックしたい場合はが便利。 年間イベント• 年間イベントやスケジュールはで確認できます。 スペシャルイベントの詳しい様子は「」にまとめています。 パークMAP・タイムガイド• 現地には日本語マップがありませんので英語マップを使いましょう。 配布BOXのイギリス国旗が目印。 タイムガイドはフランス語と英語が併記されています。 では最新版のタイムガイドがPDFで配布されています。 キャラクター・ダイニング• 詳しくは「」にまとめています。 ダッフィー&フレンズ• ダッフィーの常設グリーティングはありません。 ディズニーランドホテル内のキャラクターダイニング「」に登場することがあります。 支払い・クレジットカード• ディズニーリゾート内ではワゴンも含めてほとんどの場所でクレジットカードが使えます。 現金いらず。 クレジットカードを使う場合は、カードを自分で読み取り機に挿入してPINコード(4桁の数字)を入力します。 PINコードを設定していないクレジットカードは使えないかも。 パーク内やホテル内にATMがあるので、必要に応じて海外キャッシングを利用すれば両替所がなくても現金を確保できます。 両替所はディズニーヴィレッジの入口付近にあります。 手荷物ロッカー• 詳しくは「」にまとめています。 チップの目安• ホテルやレストランではサービス料が含まれた価格になっているのでチップは義務ではありません。 伝票に「Service Compris」とあればサービス料込みということ。 特別なお願いをしたりしてお礼がしたいときに渡せばOK。 渡す時に「メルシー(ありがとう)」とひと言添えましょう。 1ユーロ未満の小銭をチップに混ぜるのは失礼になるので注意。 無料Wi-Fi• 2017年より、パーク内の一部のエリアに無料Wi-Fiが整備されました。 ただし、ごく限られたエリアのみ提供されているようです。 詳しい様子は「」を参照。 ディズニー直営ホテル、パートナーホテルはロビーと客室に無料Wi-Fiを完備。 ディズニーヴィレッジではマクドナルドなど一部店舗で無料Wi-Fiを提供。 が参考になります。 電源コンセント• コンセントはCタイプで変換プラグが必要。 電圧が日本より高いので要注意。 電圧220V、周波数50HZに対応した製品ならそのまま使えます。 未対応なら変圧器を購入して持っていく必要あり。 製品の電圧の確認方法はを参照。 飲料水• ミネラルウォーターを購入するのが無難。 パーク内で買うと1本3ユーロ。 駅の自動販売機で買うとちょっとお得。 旅券パスポートの残存期間• フランス出国時3ヶ月以上必要。 旅券の査証欄の余白が見開き2ページ以上必要。 出国用航空券必要。 180日間で90日以内の観光は査証不要。 最新情報はで必ず確認を。 治安・注意点• フランス・パリは詐欺、スリ、置き引きが多いので十分に注意しましょう。 ディズニーリゾート内は夜でも安心して歩ける雰囲気。 カリフォルニア(アナハイム)のディズニーリゾートと同じ雰囲気で歩けます。 パーク内で注意したいのが歩きタバコ。 花火終了後の混雑時でも平然と歩きタバコをしているので子ども連れの方は特に注意を。 パーク内でスリが発生することがあるらしいので注意しておきましょう。 パレードやグリーティングなどで人が密集する時はカバンは前方の目が届く場所へ。 基本的には、そんなに注意を払わなくてもよい感じでした。 閉園後にRER(鉄道)で移動する場合は人の波に乗って帰りましょう。 ディズニーホテルやパートナーホテルでは無料シャトルバスが運行されているので閉園後に暗い夜道を歩いて帰ることはありません。 ホテルの部屋では必ず防犯チェーンをかけておき、ノックされても不用意にドアを開けないように心がけましょう。 2017年5月時点の治安や喫煙マナーについては「」にまとめています。 パリでの安全対策については、で分かりやすい安全の手引き(PDF)が配布されているので印刷しておくとよいかも。 新規オープン予定 「」にまとめています。 ブログ記事•

次の