こにし耳鼻咽喉科。 耳鼻咽喉科サージセンターちば│JR総武線稲毛駅│熊野神社下車

耳鼻咽喉科|日吉メディカルクリニック

こにし耳鼻咽喉科

耳科学 [ ] 耳は、、、に分類され、外耳はよりまで、中耳は鼓膜より内側の管腔、内耳は側頭骨内のとを指す。 耳科学とはそのすべてに対しての学問であり、その機能である聴力、平衡機能や、耳に発生する疾病になどについて研究が進められている。 またとは平衡覚に関与する末梢器官である。 それらは、聴覚の受容器である蝸牛とともに(迷路とも呼ばれる)を形成する。 は頭部を回転した場合に生じる回転加速度(角加速度)を受容し、は、頭部の傾きや乗り物やエレベータに乗った場合に生じる直線加速度を受容する(頭部の傾きの検出も、重力方向、すなわち直線加速度を感知することである)• ( Ramsay-Hunt syndrome ) 耳性帯状疱疹(じせいたいじょうほうしん)は、耳周囲の皮疹、顔面神経麻痺、めまいなどを1つ〜複数発合併する。 ( benign paroxysmal positional vertigo)• vestibular neuronitis• 鼻科学 [ ]• 咽頭科学 [ ] 解剖学的にと連携する分野でもある• マッケンジー( Mackenzie)が「前後口蓋弓の辺縁を結んだ表面からわずかに突出しているものを肥大という」と定義し、肥大の程度を山本が1度から3度に分類している(マッケンジー分類と誤認されることが多い)。 ( )• 扁桃が大きくなって種々の症状を出す病気。 口蓋・咽頭扁桃は正常な子供でも6歳ごろに最も大きくなり、以後縮小してゆく。 扁桃が大きくなることを扁桃肥大と言う。 本症はこれらの内、症状を出したもの。 症状には、、常に口を開けている、等があり、骨格が発達してゆく時期であれば、顔面骨の変形も起こりうる(例:高位口蓋)。 本症の常に口を開けている顔つきをと言う。 子供に多い。 咽頭扁桃に細菌が慢性感染していて、そこからを通って中耳に細菌が常時供給されるため、反復性中耳炎になり易い。 また、肥大した咽頭扁桃が物理的に邪魔になって、空気がを通過できないため、口蓋扁桃肥大とともに睡眠時無呼吸症候群の原因となりうる。 検査は、成人の場合はとの鑑別を念頭において扁桃の組織を採取し、病理組織検査を行う。 喉頭科学 [ ] 喉頭は甲状軟骨により囲まれた部分の存在する臓器で、日常生活において極めて重要な役割を担う嚥下機能や発声に深く関与する臓器である。 喉頭科学はその日常生活の質を左右する喉頭の疾患と機能についての学問である。 声枯れ、かすれ声、しわがれ声。 病態 が上手く振動しないことによる• ポリープ様声帯は、患者の多くがであることから、が原因である疾患といわれている。 声門癌(せいもんがん)はに出来る癌。 統計 早期癌が多い : 症状が速く現れるため• 治療 早期癌なら根治療法として放射線療法を行う。 また、放射線療法は治療期間が長いため、短期間の入院で放射線療法と同等の治療成績を持つ、外切開を必要としない直達喉頭鏡下のレーザー手術療法などを行う施設もある。 予後 早期癌が多く、声帯にはリンパ流が少なく転移も少なく、早期癌のは良い。 反回神経麻痺などの、声帯の可動性が不良であるため出現する。 頭頸部外科学 [ ] 頭頸部外科とはより頭側で、脳と眼球をのぞく部位の外科処置を取り扱う診療科であり、その学術面を頭頸部外科学と称する。 頭蓋底・顎顔面・口腔咽頭・頸部(・を含む)・耳や鼻などの外傷や腫瘍などが診療範囲に入り、大部分は耳鼻咽喉科の医師が専任しているが、外科(や、食道外科)、やの医師、歯科口腔外科のなどが協力し合い疾患を取り扱う場合も多く、医師・歯科医師連携でのチーム医療が行われている。 咽頭悪性腫瘍 、、 等• 喉頭悪性腫瘍 、、声門下癌 等• 鼻副鼻腔悪性腫瘍(上顎洞癌 等)• 唾液腺癌(耳下腺癌、顎下腺癌 等)• 甲状腺癌• 顔面外傷 学会 [ ] 耳鼻咽喉科が担当する範囲は、臓器とその機能が多くあるために細分化され、それに伴い多くの学会が立ち上げられ、研究が行われている。 下記に示すのは耳鼻咽喉科が関わる研究分野の一部である。 頭蓋底外科学• 頭頸部外科学• 神経耳科学• めまい平衡医学• 鼻科学• 顔面神経• 睡眠時無呼吸• 音声外科学• 嚥下学• 顔面外傷 脚注 [ ].

次の

山形大学医学部 耳鼻咽喉・頭頸部外科学講座

こにし耳鼻咽喉科

耳科学 [ ] 耳は、、、に分類され、外耳はよりまで、中耳は鼓膜より内側の管腔、内耳は側頭骨内のとを指す。 耳科学とはそのすべてに対しての学問であり、その機能である聴力、平衡機能や、耳に発生する疾病になどについて研究が進められている。 またとは平衡覚に関与する末梢器官である。 それらは、聴覚の受容器である蝸牛とともに(迷路とも呼ばれる)を形成する。 は頭部を回転した場合に生じる回転加速度(角加速度)を受容し、は、頭部の傾きや乗り物やエレベータに乗った場合に生じる直線加速度を受容する(頭部の傾きの検出も、重力方向、すなわち直線加速度を感知することである)• ( Ramsay-Hunt syndrome ) 耳性帯状疱疹(じせいたいじょうほうしん)は、耳周囲の皮疹、顔面神経麻痺、めまいなどを1つ〜複数発合併する。 ( benign paroxysmal positional vertigo)• vestibular neuronitis• 鼻科学 [ ]• 咽頭科学 [ ] 解剖学的にと連携する分野でもある• マッケンジー( Mackenzie)が「前後口蓋弓の辺縁を結んだ表面からわずかに突出しているものを肥大という」と定義し、肥大の程度を山本が1度から3度に分類している(マッケンジー分類と誤認されることが多い)。 ( )• 扁桃が大きくなって種々の症状を出す病気。 口蓋・咽頭扁桃は正常な子供でも6歳ごろに最も大きくなり、以後縮小してゆく。 扁桃が大きくなることを扁桃肥大と言う。 本症はこれらの内、症状を出したもの。 症状には、、常に口を開けている、等があり、骨格が発達してゆく時期であれば、顔面骨の変形も起こりうる(例:高位口蓋)。 本症の常に口を開けている顔つきをと言う。 子供に多い。 咽頭扁桃に細菌が慢性感染していて、そこからを通って中耳に細菌が常時供給されるため、反復性中耳炎になり易い。 また、肥大した咽頭扁桃が物理的に邪魔になって、空気がを通過できないため、口蓋扁桃肥大とともに睡眠時無呼吸症候群の原因となりうる。 検査は、成人の場合はとの鑑別を念頭において扁桃の組織を採取し、病理組織検査を行う。 喉頭科学 [ ] 喉頭は甲状軟骨により囲まれた部分の存在する臓器で、日常生活において極めて重要な役割を担う嚥下機能や発声に深く関与する臓器である。 喉頭科学はその日常生活の質を左右する喉頭の疾患と機能についての学問である。 声枯れ、かすれ声、しわがれ声。 病態 が上手く振動しないことによる• ポリープ様声帯は、患者の多くがであることから、が原因である疾患といわれている。 声門癌(せいもんがん)はに出来る癌。 統計 早期癌が多い : 症状が速く現れるため• 治療 早期癌なら根治療法として放射線療法を行う。 また、放射線療法は治療期間が長いため、短期間の入院で放射線療法と同等の治療成績を持つ、外切開を必要としない直達喉頭鏡下のレーザー手術療法などを行う施設もある。 予後 早期癌が多く、声帯にはリンパ流が少なく転移も少なく、早期癌のは良い。 反回神経麻痺などの、声帯の可動性が不良であるため出現する。 頭頸部外科学 [ ] 頭頸部外科とはより頭側で、脳と眼球をのぞく部位の外科処置を取り扱う診療科であり、その学術面を頭頸部外科学と称する。 頭蓋底・顎顔面・口腔咽頭・頸部(・を含む)・耳や鼻などの外傷や腫瘍などが診療範囲に入り、大部分は耳鼻咽喉科の医師が専任しているが、外科(や、食道外科)、やの医師、歯科口腔外科のなどが協力し合い疾患を取り扱う場合も多く、医師・歯科医師連携でのチーム医療が行われている。 咽頭悪性腫瘍 、、 等• 喉頭悪性腫瘍 、、声門下癌 等• 鼻副鼻腔悪性腫瘍(上顎洞癌 等)• 唾液腺癌(耳下腺癌、顎下腺癌 等)• 甲状腺癌• 顔面外傷 学会 [ ] 耳鼻咽喉科が担当する範囲は、臓器とその機能が多くあるために細分化され、それに伴い多くの学会が立ち上げられ、研究が行われている。 下記に示すのは耳鼻咽喉科が関わる研究分野の一部である。 頭蓋底外科学• 頭頸部外科学• 神経耳科学• めまい平衡医学• 鼻科学• 顔面神経• 睡眠時無呼吸• 音声外科学• 嚥下学• 顔面外傷 脚注 [ ].

次の

耳鼻咽喉科学

こにし耳鼻咽喉科

2020. 17 小さなサヨナラ 数日前は、私の最後の外勤でした。 (大学病院の医師は、色々な病院へお手伝いに行きます。 ) 思い返せば、北は熊本から南は奄美大島まで様々な場所へ出向し、沢山の耳鼻科のスタッフとご一緒に仕事をさせて頂きました。 それはもう素晴らしい技術をもったベテラン職員が私の周りをガッチリと固めて下さるので、どの病院にいっても本当に心地よく勤務をすることが出来ました。 そして、どの病院へ行っても私の事をとても大切に想って下さいました。 またいつか行ける、またいつか会えると思っていた20年間の日常が、いざ無くなってしまうと、何だか心にポッカリと穴が開いた感覚です。 私を育てて下さった各病院の皆様、本当に本当に有難うございました。 現場は、最終工程に入りました。 雨が続くので中々外構工事が進まず、晴れの日が待ち遠しいです。 2020. 26 願うは、無病息災 今週末、予定通り餅まき(上棟式)を行います。 上棟式は、建物を建てたときに行われる神事で、棟上げ、建前とも言います。 『本音と建前』という言葉は、上棟式が由来とされ、それは、こんな昔ばなしからきています。 とても有名な棟梁が、上棟式の前の晩に建物の失敗に気付きます。 それは柱を短く切ってしまい、今更修正できなくなったのです。 棟梁は自殺を考えますが、それを見た奥さんは、『升』を差し込んで柱を補う方法を思い付きました。 翌朝、棟梁は奥さんの提案通り、升で柱を補い無事に事なきを得ました。 ところが、棟梁はその失敗を知っている奥さんを殺してしまったのです。 棟梁を救いたかった奥さんの『本音』と、見栄や意地で奥さんを殺してしまった棟梁の『建前』が、『本音と建前』語源です。 よって、この奥さんが建物の神様になったといわれています。 今回、『おぎおんさあ』弐番神輿の方々をお呼びしました。 『おぎおんさあ』は、無病息災を願うお祭りです。 鹿児島の夏の風物詩であり、指定無形民俗文化財にも認定されています。 残念ながら、今年の開催は中止となりましたが、少しでも祭り気分を味わって頂けたらと思います。 設計会社が、餅まき用のオリジナルチョコレートを作って下さいました。 2020. 19 心の支えはなんですか。 それは家族であったり、夢中になっているアイドルだったり、はたまた美味しいものをたらふく食べることだったり…色々あるかと思います。 もちろん家族は言わずもがなですが、私の答えは同期(仕事の同僚)です。 何にも出来ないひよっ子研修医の頃、誰かが1つ手技が出来る度に3人で(自分はまだ出来ない、どうしたらいいのか、もっとこうすべきだ)などと熱く語り合あい、経験したことのない疾患が運ばれてくれば我先に駆け付け、3人揃って前のめりに手伝いました。 今回の開業に際し、短期間で決めなくてはならないこと、やらなくてはならないことがあまりにも多過ぎて、途中心が折れそうになったことがありました。 そんな時、『お前なら、大丈夫だよ。 』と、ひとこと言ってくれた同期の言葉に心底救われました。 これからもその言葉に応えるべく前進します。 あなたの心の支えはなんですか。 (写真1枚目は、19年目にして初めて実現した昨夏の3人食事会です。 ) 現場は、クロスとタイルが貼られました。 6月27日土曜日16時〜上棟式を予定しておりますが、世情をみながら検討中です。 2020. 12 耳って面白い 先週のことです。 ひと通り診察したのち聴力検査をしたところ、自分の推測通りの結果が出て感激した症例がありました。 そうなんです。 耳の学問ってとても面白いです。 一見縁遠いような宇宙航空学や抗加齢医学(アンチエイジング)も、耳と深い関連があります。 また、オリンピックの飛び込み水泳競技の帯同ドクターも、実は耳鼻科医なんですよ。 当クリニックが何度も現場確認を重ねている理由の一つに、耳の診療を大事にしたいという理念がゆえの作業です。 (写真1枚目は、一昨日、言語聴覚士さんに頂いた昔の新聞です。 ) 現場は、クロス壁を仕上げる準備に入りました。 薬局も順調に進んでいます。 2020. 05 ロゴマークは『親子うさぎ』 当クリニックのロゴマークですが、耳、はな、のどに特徴のある動物を使いたく、直感で『うさぎ』に決まりました。 うさぎは、とても生命力が強い生き物で子孫繁栄の象徴にも例えられるそうです。 また、月にはうさぎが住んでいる、不思議の国のアリスという童話では道先案内人の役割を果たすなど、神秘的な象徴としても挙げられます。 他には、因幡白兎(いなばのしろうさぎ)に出てくる大黒主神は、古事記によると医療の神様と言われています。 併せて、女性医師という点から母性を表現したく親子うさぎにしました。 お母さんうさぎには、額帯鏡という耳鼻科の必須道具を付け、足には私のアルファベットMをしのばせました。 因みに私の干支でもあり、年齢計算も出来るかと思います。 現場は壁が作成されました。 薬局は素敵な照明が設置されています。 2020. 29 小児耳鼻咽喉科にかける想い 10年以上も前に、当時の教授から全医局員に『何を専攻したいか?』と問われた事がありました。 私は迷う事なく『小児耳鼻科』と返答。 単純に子供が好きという理由だけでなく、小児は診察も難しく治療や薬も成人より限られ、何よりこちらのお願いを聞き入れてもらえないという、とてもハードルの高い領域。 だからこそやり甲斐があり、一生をかけてチャレンジし続けたいと思っています。 先日の診察で、赤ちゃんの時に初めてお会いしたお子さんが可愛いレディーになって現れ、聞けば小学2年生になったとの事。 やっぱり、私は小児耳鼻科が大好きなのだと実感した瞬間でした。 現場は、色々な立ち会い確認が始まりました。 2020. 01鉄骨とサイン確認 製品検査を終えた鉄骨が次々と立ち上がっています。 高い場所でお仕事されている方もおられ、『さぞかし素晴らしい前庭機能(バランス感覚)なのだろうな…。 』と、惚れ惚れしながら拝見しつつ、めまい症の観点から1度診察してみたい誘惑にも駆られております。 その昔、田舎育ちの私も木登りが大好きで、日が沈んで真っ暗になっても高い枝に登ったきり降りて来ず、よく母に叱られていました。 また、クリニックのサイン確認もありました。 サインとは、建築業界ではいわゆる看板のことをいうそうです。 確認の為だけにわざわざ原寸サイズを作成して下さり、現場監督さん、設計士さんと共に意見を交わしました。 当クリニックのサインは、親子うさぎです。 ひろく皆様に覚えて頂けますように。 院長あいさつ 現在、紫原(鹿児島KTSテレビ局近く)に、みみ・はな・のど・めまい・アレルギー性鼻炎等の疾患に対応すべく、耳鼻咽喉科クリニックの開業準備を進めております。 当院は、女性医師の診察という利点から、「耳鼻科の治療はなんだか怖いし、痛そうだな…」といった不安に寄り添えるよう、きめ細やかな対応を心掛けてまいります。 また、成人は勿論ですが、小児・ご妊娠中・ご高齢・障害をお持ちの方といった様々な背景に合わせた『上質な診療』を目指します。 開院に先立ち行った就職説明会・求人募集におきましては、多くの方にご参加・ご応募いただき誠にありがとうございました。 いきいきと輝くスタッフや職場づくりに邁進し、元気な街づくり・地域活性化に繋げていけるよう励んでまいります。

次の