ご 連絡 いただけ ます と 幸い です。 催促のフレーズ

「幸いです」の意味とは?ビジネスで使える敬語の言い換え表現を紹介

ご 連絡 いただけ ます と 幸い です

I would be greatly appreciated if you would come to dinner tomorrow. (明日ディナーにいらしてくださったら幸甚です)• Prompt arrival would be appreciated(すぐに到着してくださったら幸いです)• I would be greatly appreciated if you would send me more information. (もっとインフォメーションを送ってくださったら幸甚です。 I would be greatly appreciated if you would pay soon. (すぐに支払ってくださったら幸甚です)• The establishment of a good business relationship with you make me happy. (あなたとのビジネス関係が気づけたら幸いです)• I was wondering if you could see the attachment. (添付ファイルに目を通してくださったら幸甚です).

次の

「幸いです」の意味とは?目上への敬語表現と類語を例文で紹介

ご 連絡 いただけ ます と 幸い です

ビジネスシーンでは、良好な人間関係を築くために「ご連絡いただければ幸いです」の表現は欠かせません。 一般的にビジネスシーンでは頻繁に使われる表現です。 上司、同僚、取引先などあらゆる関係性の間で重宝される表現ですが、どういった表現方法があるのか紹介します。 ビジネスでの一般的な例文とは? ビジネスではよく使われる表現として、「ご連絡いただければ幸いです。 何卒よろしくお願いいたします」「ご連絡いただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします」などが一般的です。 連絡をする際に相手に確認作業が発生して返事が必要な場合に使われる表現です。 相手が気持ちよく返事ができるように、急かさないソフトな表現として「ご連絡いただければ幸いです」はビジネスで重宝されています。 メールで「ご連絡いただければ幸いです」とは? 社内で社員からの返事を催促する際に、「ご連絡いただければ幸いです」といった表現はとても役立ちます。 年下、目上関係なく催促する場合に、どの人も不快にならない便利な表現です。 どういった使い方があるのか紹介します。 どうぞよろしくお願いいたします」が一般的です。 「ご連絡いただければ幸いです」の敬語とは? 相手に威圧感を与えないようお願いする方法として「ご連絡いただければ幸いです」といった表現はとても重宝されますが、ときに表現がソフトすぎて相手に緊急度が伝わりづらい場合があります。 せっかく相手を配慮する表現を使っているのに、本当は急ぎで返事が必要な場合でもなかなか返事をもらえずに困った経験がある人もいるでしょう。 返事の緊急度が高い場合にはどういった表現が適切なのか紹介しましょう。 相手によってはソフトな表現では伝わらない場合があるので、送る相手や状況に応じて使い分けるといいでしょう。 「幸いです」を含めた他の表現方法は? 立て続けにおなじ相手に確認依頼をする際に、「ご連絡いただければ幸いです」と伝えると少しおなじ表現を使いすぎと気にする人も多いでしょう。 おなじ表現を重複すると、人によってはソフトな表現を使っていても威圧感として受け止める場合があります。 「ご連絡いただければ幸いです」とおなじ意味として他にどんな表現方法があるのか紹介します。 「ご連絡いただければ助かります」 「幸いです」の代わりに「助かります」を使う「ご連絡いただければ助かります」といった表現があります。 意味合いはおなじで、「助かります」を使うことで相手に「返事をしてあげたいな」というサポートしたくなる表現として重宝されています。 「ご連絡いただければ幸甚です」 「幸いです」の代わりに「幸甚です」を使う「ご連絡いただければ幸甚です」といった表現があります。 「幸甚」とは「こうじん」と読みます。 「非常に幸いなこと」を意味するもので、一般にいう幸せよりはるかに幸せ度合が高いことを示します。 「幸甚」を含めた表現は、口頭よりかはメールや手紙で使われるのが一般的です。 やや堅い表現なので、ビジネスシーンで活用することをおすすめします。 「ご連絡いただければ幸いです」を英語でいうと?.

次の

「よろしくお願いします」だけじゃない!社外メールでの最後の結び言葉フレーズ集

ご 連絡 いただけ ます と 幸い です

「幸い」という言葉は、相手に何かを依頼する場合に使用する言葉で、相手にそれを叶えてもらえたらうれしいという意味を表わしています。 しかし、相手が目上の人や立場が上の取引先の担当者のような場合だと、失礼な物言いに受け取られることがあります。 相手によっては、「思います」の敬語表現の「存じます」を使って、「幸いに存じます」のように表現した方がいいでしょう。 また、「幸甚に存じます」という表現もありますので、押さえておきましょう。 ご多忙な折り、誠に恐縮ではございますが、皆様お誘い合わせの上、ご参加いただけましたら幸いに存じます。 」 という風に使用することができます。 このように、あらたまった集まりの場合には、敬語を使った方がいいでしょう。 贈り物をする際も「幸い」という言葉を使う 「幸い」の使い方ですが、何か依頼する場合以外に、相手に対して贈り物をする場合などにも使用され、プレゼントやギフトを贈る相手に喜んでもらうこと、相手の役に立つことを期待する気持ちを表わす言葉でもあります。 ただ、ごく親しい人に贈る場合は、敬語まで使う必要はないかもしれません。 場面に応じて、敬語表現を使い分けるようにしてください。 物を贈る場合の「幸い」の敬語表現の具体例 物を贈る場合の「幸い」の敬語表現ですが、 「ささやかな感謝のしるしとして、心ばかりの品をお送り致しました。 気に入っていただけましたら幸いに存じます。 」 などとし、プレゼントの品と一緒に、メッセージカードをつけるといいでしょう。 ただ、ごく親しい間柄の人に贈る場合は、あまり丁寧な文章で贈ると嫌味だと思われてしまうかもしれません。 贈る人の人柄に合わせて敬語表現や文章を考えましょう。 「幸いです」という表現の濫用に注意 「幸い」というのは、一般的におめでたいときに使われる敬語です。 あまりビジネスメールのようなものに多用しない方がいいでしょう。 人によっては「何が幸いなんだろう」などと疑問に持たれることがあります。 自分がうれしいと思ったときに使われる言葉ですが、ごく普通に語尾に「致します」を使用する代わりに、「幸いです」とつけてしまうとそぐわない場合が出てきます。 結婚式などおめでたい場では「幸い」という表現がしっくりくる 結婚式の案内状の文末には、「お返事をいただければ幸いに存じます。 」のように、「幸い」を敬語とする文章が使われています。 また、結婚式の贈り物をする場合なども、「お祝いの品をお送りしましたので、お受け取りいただけましたら幸いです。 」のように使われます。 ビジネスシーンとは逆に、結婚式のようなおめでたい席では、たいへんしっくりくる言葉です。 「幸いに存じます」という表現が敬語としてより丁寧 「幸いです」という言葉は、「幸いに存じます」「幸甚に存じます」という敬語表現にすることでより丁寧になります。 幸いが敬語として使われるケースには、相手に何かを依頼する場合、また贈り物をする場合などがあります。 幸いは、相手にそれを叶えてもらえたらうれしいという意味を表わしていますが、敬語として成り立つかというと微妙な言葉です。 人によっては何が幸いなのか、疑問に持たれることがあるようですので、使うときは状況をしっかり考慮するのがよいでしょう。

次の