学資保険 一括資料請求。 学資保険の資料請求ランキング!プレゼントが貰えるキャンペーン情報も【口コミ】

保険資料請求.com|保険の一括請求、比較検討はお任せください

学資保険 一括資料請求

子どもが生まれて、または妊娠されて学資保険を検討されているかと思います。 かんぽ(郵便局)やアフラック、農協、フコク生命、ソニー生命などなど… 学資保険を比較していると、どれが自分に最適な保険なのか、どれを選べば良いのかと迷うかと思います。 学資保険は家庭の貯蓄状況や今後の収入状況、子どもの教育方針で家庭ごとに必要性が少し変わります。 医療保険やがん保険などに比べると単純な商品ではありますが、 決め手がなく不安ある場合、保険のプロへの無料相談をおすすめします。 特に、学資保険では販売キャンペーンを行っている保険会社や無料相談の機関があります。 こういったキャンペーンでプレゼント代も保険料うちの事業費に含まれているので、キャンペーンを加入のきっかけとしてみてはいかがでしょう? 保険のマンモスでもプレゼントキャンペーンをおこなっています。 無料相談・アンケートで全員に 高級和牛専門店「季月(きさらぎ)」A5クラス厳選黒毛和牛がプレゼントされます。 驚くことに、この「A5クラス厳選黒毛和牛」を家族人数分もらうことができます。 保険マンモスでは他にも豪華なプレゼントを用意しています。 イベリコ豚 300g• 山形県産 つやひめ 1kg• 今治タオルセット• 豪華1泊2日ペア旅行(抽選) 保険マンモスは業界最大手の保険相談サービスであり、 テレビや雑誌などメディアに取り上げられており、相談実績も20万件を超えているということでので、安心感があります。 また、相談場所も近くの指定先のカフェでできるので手軽さもあります。 保険のビュッフェでも保険無料相談を受けた方に、プレゼントキャンペーンを行なっています。 保険のビュッフェのプレゼント内容• 無料相談で全員に「 オリジナルグッズ&ギフトプレゼント(イメージキャラクター:高橋一生さん)」 (下記具体的な商品)• 人生自由帳 (A5サイズ中綴じ・白無地のノート)• 眺める写真時計 (多機能で便利な時計付き写真立て)• 愛されタンブラー (持ちやすい洗いやすい300mlタイプ)• ホットケーキMIX極 (日清フーズ 極セット各540g)• プティ・ガトー (アンリ・シャルパンティエ菓子8種) 好きな商品を1つ選択してもらえるようです。 また、 テレビCMも行なっているようで、認知度は比較的高く、FPの知識量が豊富というようなイメージを持たれています。 高橋一生さんのグッズをはじめとした、保険のビュッフェオリジナルグッズの詳細は、以下のボタンから確認できます。 しかし、プレゼントをもらっても保険への加入をしないと、担当者に気をつかうという方もなかにはいるのではないでしょうか。 時間をかけて専門家の方が家計や保険の相談にのってくれた上に、5000円相当のものをもらったら、「さすがにちょっとした保険には入らないといけないかな」と思ってしまう方もいるでしょう。 そういった方にむけて、 私たちほけんROOMが行っている保険無料相談サービス「ほけんROOM相談室」では、あえてプレゼントキャンペーンを行っておりません。 1度相談してみて、「良い保険ないな... 」「やっぱりもう少ししてから保険を検討しよう」となった方も、プレゼントを受け取らないので気を使わずに2度目の相談を断ることができます。 気になった方は下のボタンからご応募ください。 もうすでに一つの学資保険商品に目星をつけている場合は、各保険会社に資料請求・相談を行うことが良いでしょう。 しかし、 複数の商品で悩んでいる場合や、学資保険の選び方に悩んでいる方は、マネードクターや保険のマンモスなどの無料相談キャンペーンのほうがおすすめです。 理由としては、 客観的な視点を持つプロのFP(ファイナンシャルプランナー)の方が相談に乗ってくれるからです。 また、必ずしも加入する必要はないというポイントも大きいです。 担当のFPとの相性が合わないと感じたら加入する必要はありません。 期間限定のキャンペーンは比較的お得なキャンペーンであることが多いです。 どの会社のプレゼントも貰えると嬉しいと思うので、お時間のある方は資料請求や無料相談を複数、積極的に行ってみてはいかがでしょうか。 では、あまり優秀でないFPを見分けるポイントはどこにあるのでしょうか? 時間に間に合うとか、連絡をこまめに取ってくれるとか、親身に聞いてくれるというレベルの話は、社会人としての当たり前としてこの3つのポイントからは省かせてもらっています。 保険無料相談サービスでダメなFPを見分けるポイントは以下の3つです。 代替の金融商品とも比較しながら提案できているか。 社会保障制度などの公的制度・税金控除を加味して提案ができているか。 家族や家計の状況を加味して提案ができているか。 1つ目のポイントに関しては、例えば学資保険であれば、「低解約返戻型保険」や「個人向け国債」などと比較されることが多々あります。 現在の学資保険は返戻率があまり高くなく、教育資金を強制的に貯蓄したいというニーズにしか対応できていない商品と言えますので、こういった商品と比較し、最後はどうされますか?と投げかけてくるFPは大変優秀でしょう。 逆に、保険しか選択肢がありませんよと提案してくるFPは、ダメなFPに分類されるかもしれません。 2つ目のポイントに関しては、学資保険ではあまり関係のない話かもしれません。 医療保険などでは、後期高齢者制度であったり、高額療養費制度などの負担額を下げるような公的制度があります。 こういった公的保障制度があることを解説してくれるか否かというのはチェックポイントとなります。 万が一のリスクを強調して、公的制度を説明しないようなFPはよく警戒すべきです。 3つ目のポイントに関しては、一番重要な観点です。 結局、 保険は家族構成や家計の状況、将来的な収支などによって大きく必要性が変わってきます。 必要な保障額(学資保険の場合は積立額)はどのくらいなのか、無理な保険料となっていて解約するという事態はなさそうか、などです。 ここに関しては、前述の通り、最低限保険に関して知っておくことが重要となってきます。 「学資保険 シミュレーション」と検索すると、実際に簡単なシミュレーションができるサイトがあります。 ご自身の家族構成や年収、お子さんの将来の進路等を入力し、どのような学資保険がおすすめかを紹介してくれるサイトです。 また「学資保険 ランキング」と検索すると、加入者の多い人気ランキングなどを確認することができるサイトがあります。 保険相談窓口によっては、取り扱っていない商品があるので、事前にどういった商品があるのかをチェックしておくのも良いでしょう。 ただし、ランキングも手数料の多い順に並んでいるサイトもなかにはあるかもしれないので、実際に無料相談してみることをおすすめします。 学資保険がいくらかかるかについて例をまじえた記事もありますので、ぜひご覧ください。

次の

学資保険の資料請求や相談で素敵なプレゼント貰えるキャンペーン情報

学資保険 一括資料請求

「新しい保険に加入したい」「現在加入している保険をちょっと見直したい」という人は、一括資料請求をしたり、実際にプロに話を聞ける保険相談をしたりすることをオススメします。 でも、保険の一括資料請求の営業はしつこいのではないか・・・と不安に思う人も少なくありません。 本当のところはどうなのでしょうか?今回は、 保険の一括請求や保険相談についてお話をしていきます。 ぜひ、参考にしてください。 保険の一括資料請求って実際にはどうなの? 「保険の営業マンって、しつこいイメージがある」という人もいると思いますが、実際はしつこくありません。 今は 無料保険相談窓口も増え、保険相談者の取り合いのようになっています。 保険は家の次に高い買物と言われており、保険を見直したいと考えている方に保険会社は是非にも紹介したいと考えています。 そこで保険相談商品券を渡してでも相談に来て欲しいと考えている保険相談窓口は沢山あります。 そこで しつこく営業してしまったりしては、印象を悪くするばかりです。 そのため保険会社やファイナンシャルプランナー(FP)紹介会社は悪印象に繋がるしつこい営業などは絶対に避けたいと考えています。 悪い対応をしたFPや、評判の悪いFPはFP紹介会社から登録を抹消されてしまうこともあるほどです。 そのため安心して一括請求や保険相談をしてみるといいでしょう。 関連記事: 一括資料請求は便利に使おう 自分である程度の将来設計が見える人や、保険に関するある程度の知識がある人は、気になる保険プランの資料を請求して、自分に最適なプランを吟味することをオススメします。 とりあえず 保険会社を1社に絞らずにさまざまな会社の資料を請求するようにしましょう。 内容をじっくりと理解するためにも、気になる商品は全部資料をした方が得です。 ただし複数の保険会社から資料を取り寄せるのは、その都度個人情報を入力しなければいけないので、正直面倒くさいという人もいるでしょう。 そこで1社の保険代理店にまとめて一括資料請求をするのが、一番手のかからない方法になります。 一括見積もりもいいけど保険相談もオススメ 将来設計や家計の状況などを保険会社に伝えて一括見積もりをするのもいいけれど、実際にプロに話を聞ける保険相談もオススメです。 具体的な将来設計が見えなかったり、結婚・妊娠・出産などで家屋構成に変化があったときには、直接プロに相談をしながら方向性を決めて行くのが1番です。 資料請求をして文章を頭で理解するよりも、プロの人の分かりやすい説明を聞いた方がしっくり頭の中に入ってくるというメリットもあります。 最近の保険相談ってどうなっているの? さて、最近の保険相談ってどうやって進めていくのでしょうか。 もちろん、大型スーパーの中などにある保険相談窓口でも悩みや疑問を解消することができますが、 近頃はカフェ・ファミレスなどで保険相談をしている光景も良く見かけますね。 自宅を知られるのが嫌な人には、このような公共の場での相談が良いのかもしれませんね。 ただし、隣の人に個人情報が漏れ聞こえてしまうことがあり、落ち着いて相談することができないという声もあります。 やっぱり自宅が一番のオススメ 保険相談をするなら、やっぱり 「自宅」が一番オススメです。 個人情報が他に漏れ聞こえる心配もありませんし、何よりも環境が落ち着くので本音で相談をすることができます。 人に聞かれる心配もないので、プロ以外に聞かれたくないことも、気を遣わずに話すことができますよね。 自宅を知られるというデメリットはありますが、その情報を悪用することは犯罪にあたりますので、プロである以上そのような心配を過剰にしすぎることはありません。 まとめ いかがでしたか?今回は、一括資料請求と保険相談に関してお話しました。 資料請求をしたら、自分なりにきちんと理解をして最適なプランを見極めるスキルが求められますが、保険相談ならプロに任せることができます。 現在は心配せずに資料請求も保険相談もすることができますので、保険について考え始めた時には気軽に相談してみるのがおすすめです。

次の

学資保険ランキング2020年7月最新版~返戻率や特徴を現役FPがマンガと図解で解説!

学資保険 一括資料請求

実際、みなさんいくらぐらいの金額をどのぐらいの時期から貯蓄開始するのでしょう? 事実、子どもの教育資金の準備を始めた時期の統計をとった所、 子どもが誕生したときに始めたという方が全体の57%、遅い方でも小学校入学前までに準備を始めたという方でも26%おり、合わせても90%以上の方が小学校入学前には子どもの教育資金の貯蓄を始めています。 また、1ヶ月あたりの貯蓄額では、高齢で子どもを産んだ家庭では、45歳以上54歳未満の方は毎月約5万円ほど貯蓄しており、 全世帯の平均では毎月約28,000円を子どもの教育費用の貯蓄に充てているという統計もあります。 そして、子どもを産んだ 両親が子どもに望む最終学歴の統計では、大学卒業までを望むという家庭が全世帯のうち約70%を占めています。 このように、多くのご家庭が子どもにしっかりと進学してほしいという気持ちがあり、そのために出来る限り早く子どもの教育資金の貯蓄を始めているのです。 子どもの教育資金を貯蓄する方法は銀行預金や定期預金など様々ありますが、今もっとも注目されているのが、生命保険会社が取り扱っている「学資保険」です。 親が求める最終学歴。 これには多くの準備が必要となります。 学資保険は、生命保険にあるような亡くなった時の「死亡保障」や病気やケガで入院した時の「入院給付金」といった保障は一切なく、単純に子どもの教育資金を貯蓄できるものとして、子どもが大学に進学する18歳の時まで積み立て続け、18歳になり満期を迎えたときに銀行に預けているよりも多くのお金がプラスとなって受け取ることができるというものです。 銀行預金などでは、積み立て途中に突発的な出来事が起きた時に積み立てたお金を使わなければいけない場合があり、「子どもの教育資金のため」という名目でお金を残しておくことは非常に難しいのですが、学資保険の場合は保険会社に積立金を預け続けるため、満期まで引き出すことができないので計画的に子どもの教育資金を貯蓄することができるというメリットがあります。 どのぐらい有利なのでしょうか?? 「月払」とはその名の通り、毎月27日など決まった日に銀行口座から引き落とされる(クレジットカード支払も可能)方法です。 毎月のお給料の中からどれだけ子どもの教育費として貯蓄するかを決めることができるので非常に分かりやすい方法です。 次に「半年払」とは、契約した月の翌月(1月に契約した場合は2月)の27日など決まった日に銀行口座(金額によってはクレジットカード支払も可能)から半年分の学資保険の積立金が引き落とされ、さらにその半年後(上記の例では8月)の27日などに前回と同様、半年分の学資保険の積立金が引き落とされます。 翌年以降、毎年2回に渡って半年分の学資保険の積立金が引き落とされるのが半年払です。 「年払」とは、契約した月の翌月(1月に契約した場合は2月)の27日など決まった日に銀行口座(金額が大きいのでクレジットカード支払不可の場合が多い)から1年分の学資保険の積立金が引き落とされます。 翌年以降も同じ月に1年分の学資保険の積立金が引き落とされるのが年払です。 最後に「一括払い」とは、契約した月の翌月(1月に契約した場合は2月)に学資保険の積立金に必要なお金すべてを支払う(銀行引落しができないため、振込みとなる)方法です。 一括ですべて払いきるので、それ以降は学資保険の積立金が引き落とされるという事がなく、満期までずっと寝かせておく方法です。 このように、学資保険の積立金の支払う方法はいくつかありますが、学資保険はこの積み立て方法によっても利率が変わってきます。 積み立て方法が違う場合、満期に受け取れる金額を同じに設定しても、学資保険の積み立てに必要な金額が変わるため、その分少ない積立金でも多くの満期金が返ってくることになるのです。 この違いを利率の高い順にすると「一括払い>年払>半年払>月払」の順になります。 なぜ積み立て方法の違いによって利率が変わるかと言いますと、基本的に保険会社はお客様からお預かりした積立金を運用に回し、その運用益を元金に上乗せして満期に支払うという方法をとっています。 この運用に回せるお金が、毎月々積立金の引落しをして運用するよりも、一括払いによって一気にすべてお預りした方が運用に回せる金額が大きくなるため、その分運用益を大きく返せるのです。 「月払」の場合と「一括払い」の場合をイメージ図に示すと以下のようになります。 では、 一括払いで学資保険に入ろうと思った場合、どこの保険会社の学資保険がもっとも利率が良いのか見てみましょう。 現在、学資保険で「一括払い」を行っている保険会社(保険商品)は以下となります。 実は実質的な意味で一括払いの学資保険を扱っているのはソニー生命だけなんです ・ソニー生命保険(学資保険) アフラックや日本生命、フコク生命なども学資保険を取り扱っており、一括払いと似たような積み立て方法で「全期前納」というものがあり、こちらも「一括払い」と同様、契約時に一括して積み立てる方法なのですが、 「一括払い」と「全期前納」の大きな違いは、「一括払い」は契約時に一括して積立金を保険会社が預り、預かったお金すべてを運用に回すのに対し、「全期前納」は「年払」による学資保険をまとめて積み立てる方法で、例えば10年払の場合、10年間分の年払保険料をまとめて支払うものになるため、保険会社はあくまで「年払」としてお金を預り、毎年預かっているお金を「年払」として運用に回しているのです。 そのため、「全期前納」における利率は「年払」とまったく一緒の利率となります。 このように見ると、「一括払い」として取り扱っているのはソニー生命保険だけでした。 ソニー生命保険の学資保険に一括払いで加入した場合、貯蓄率は約126%となります。 同じソニー生命保険で月払や半年払、年払にした場合は約110%前後の利率となります。 これだけ見ても、一括払いがいかに貯蓄率が高いかが分かります。 同様に、アフラックや日本生命、富国生命の学資保険を「全期前納」で積み立てた場合も、「年払」と同じように扱われるため、利率は約110%前後となります。 このように、学資保険を一括払いで積み立てたい場合はソニー生命保険がもっとも利率が高いということが分かります。 学資保険の一括払いのデメリットは? では、これだけ貯蓄率の高い一括払いの学資保険ですが、逆にデメリットはないのでしょうか。 一括払い学資保険のデメリットについてご紹介します。 学資保険を一括払いにした場合のデメリットは、「特定疾病保険料免除特約」が使えないという点です。 特定疾病保険料免除特約とは、学資保険の積み立て期間中に契約者(世帯主)の方が三大疾病(がん、心筋梗塞、脳卒中)となった場合に、それ以降の積み立て金の支払いが免除されるが、満期のときに契約した満期金が保障されるというものです。 つまり、月払・半年払・年払で契約していて、学資保険の積み立てを行っていたが、途中で契約者が三大疾病となった場合は、それ以降の積み立てが不要となるが、満期時には満額の学資金が受け取れるため、場合によっては非常に少ない積立金でも満額の学資金が受け取れる場合があるのです。 一括払いの学資保険では、契約時に一括して学資金の積み立てをおこなうため、この「特定疾病保険料免除特約」が利用できないというのがデメリットと言えます。

次の