奈良 コロナ。 新型コロナウイルス感染症について/奈良県公式ホームページ

新型コロナウイルス関連情報まとめ

奈良 コロナ

<外部リンク>を受けた飲食店も対象となりました。 奈良市新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金等について 奈良県から休業または営業時間の短縮についての協力要請が行われたことを受け、本市では奈良県の要請に応じて、休業または営業時間短縮に協力いただいた事業者に対し、市独自の協力金を給付します。 中小企業、個人事業主ともに 1事業者あたり10万円を交付します。 また、6月5日から対象を拡大し、 営業時間等の関係から休業協力要請の対象とならなかった市内飲食店についても要件を満たせば同額を給付します。 対象者 (6月5日更新) 次の 1 または 2 のいずれかを満たす中小企業、個人事業主 1 全国に発出された緊急事態措置等により、奈良県から休業協力要請を受け、施設の休止や営業時間短縮に協力し、「 <外部リンク>」の交付決定を受けた事業所を奈良市内に有すること。 2 休業協力要請を受けていない 飲食店を市内において経営し、「 <外部リンク>(中小企業庁 令和2年補正予算事業)」の給付決定を受けていること。 なお、飲食業を主たる事業として営む事業者のみ対象とする。 年間を通じて、常設の店舗内で飲食スペースを有して営業を行っている必要があります。 「飲食店営業」の営業許可を得ている場合であってもイートインのスペースを設けている施設(スーパーやコンビニ等)や社員食堂など特定の者のみを対象とする施設は給付の対象となりません。 申請方法 郵送による提出のみとなります。 感染拡大防止の観点から、持参による申請はできません。 簡易書留など郵便物の追跡ができる方法で郵送ください。 申請書類等送付先 申請書類を次の宛先に郵送してください。 切手を貼付けの上、差出人の住所及び氏名も必ずご記入ください。 送料は申請者側でご負担をお願いします。 〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1番1号 奈良市産業政策課「協力金等受付係」宛 申請に必要な書類等 次の 1 ~ 5 5 は休業要請対象外飲食店のみ)全ての書類を提出してください。 必要に応じて追加書類の提出及び説明を求めることがあります。 また、申請書類の返却は致しません。 1 奈良市新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金等交付申請書(別紙1)• 必要事項を全て記入してください。 申請書(別紙1)• 記載例 2 誓約書(別紙2)• 必ず法人の代表者又は個人事業主本人が自署してください。 誓約書(別紙2)• 記載例 3 振込先口座と口座名義が分かる通帳等の写し• 銀行名・支店番号・支店名・口座種別・口座番号・名義人が確認できるように、通帳のオモテ面と通帳を開いた1・2ページ目の両方の写しを添付してください。 振込先の口座は申請者ご本人名義の口座に限ります(法人の場合は当該法人名義の口座に限ります)。 4 決定通知書の写し• (奈良県から休業協力要請を受け、協力した市内施設の場合) 奈良県新型コロナウィルス感染症拡大防止協力金の交付決定通知書の写し• 本協力金等の交付については、適正な申請書類の受理から2週間後を予定しています。 通知 申請書類の確認の結果、本協力金等を交付する旨の決定をしたときは、 本協力金等の口座振込をもって協力金等支給決定通知に代えさせていただきますので、市から通知書は送付しません。 なお、申請書類の返却はいたしません。 協力事業者の紹介 奈良県からの休業要請に応じて協力いただいた事業者については、事業者の施設名(屋号)を奈良市のホームページでご紹介することがあります。 問合せ先 ご不明な点については、次の問合せ先で対応いたします。 [相談窓口] 奈良市産業政策課「協力金等受付係」 [電話番号] 0742-34-5614 [開設期間] 令和2年8月31日(月曜日)まで [開設時間] 8時30分から17時15分(月曜日~金曜日) [E- mail ].

次の

外出自粛で人が消えた奈良の繁華街に鹿の群れ エサを求めに来た?

奈良 コロナ

奈良市役所南側に4月1日に開業した県コンベンションセンター。 古都の新たな観光振興資源として期待されたが、新型コロナウイルスの影響で、開業から2週間余りで臨時休業に。 予約約100件がキャンセル・延期となる中、県の担当者は「今はコロナ終息後に向けた準備を進めたい」と語る。 同センターは県が計228億円(2034年度末までの維持管理費を含む)をかけて整備。 収容人数2千人を誇るホールなどを備えた県内最大の会議場で、県は国際会議や展示会、イベントなどMICE(マイス)の誘致を推進している。 高級外資系ホテルや大型書店もあわせて整備され、国道369号(大宮通り)でつながる奈良公園と平城宮跡の結節点としての役割も期待されている。 ところが、感染拡大に伴い、4月18日から休業。 休業前に小規模な会議が4件開かれ、3月末時点では数年先の分も含めて約240件の仮予約があったが、今月8日時点で約100件がキャンセル・延期になった。 県は18年に39件だった県内の国際会議の開催件数を24年までに80件に倍増することを目標に掲げている。 山口豊仁(とよひと)・MICE推進室長は「休業前には国内外から会議の問い合わせや内覧が相次いでいたので、需要はある。 コロナが落ち着いたら誘致に精いっぱい取り組みたい」と話した。 同センターの隣に県が誘致した「JWマリオット・ホテル奈良」はこの春の開業を予定。 まだ具体的な日付は決まっておらず、コロナをめぐる政府の動向を見定めながら判断するという。 ホテルの広報担当者は「お客様と従業員、地域の皆様の安全を第一に、開業に向けて準備していきたいです」と話した。 一般の観光旅行に比べて消費額が大きいとされ、国や各地の自治体が誘致を推進している。 大規模な会議などは数日間にわたることもあり、県は課題としていた観光客の滞在時間の延長を見込んでいる。

次の

奈良)4月開業の県施設、コロナで予約キャンセル相次ぐ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

奈良 コロナ

鹿が闊歩(画像はそもんず()さんから) 映っているのは、人気の少ない繁華街を歩く鹿の群れ。 の影響で不要不急の外出を控える人が多いのだろうか。 鹿に餌を与えようとする観光客の姿は見えない。 ツイッターユーザーのそもんずさん(@somonsism)は2020年4月13日、 「友人が撮影した奈良の繁華街の様子。 自宅待機をなんだと思っているんだろう」 と投稿。 12日(日曜日)の昼頃に撮影された写真で、場所は三条通り。 シカが多い奈良公園からは少し離れた場所で、近くにはJR奈良駅や近鉄奈良駅がある。 地元民からすると相当珍しい光景のようで、投稿欄には 「奈良出身です。 奈良に鹿がいるのは当たり前と思われるかもしれないけど、三条通り(この写真の通り)を鹿が歩いているのは初めて見ました... 」 「観光客がいない。 人がいないということか... 奈良やばいですね... 」 といった声が寄せられている。 現在は東京に住んでいるそうだが、毎年奈良に帰る時には三条通りを歩くという。 写真を見て 「地元奈良なんですが、通常ここには鹿はいません...。 驚きました... 」 と話す。 奈良といえば鹿が街中を闊歩している印象が強いが...。 それでも、三条通りで鹿を見かけたことはないという。 StayHomekazuさんは鹿が三条通りまでやってきた理由をこう推測する。 「原因は、観光客、車の減少だと思います。 撮影場所は、おそらく猿沢池、奈良ホテル方面なのですが、車が通らないから鹿が来たのかと。 もしくは、観光客が減って、餌を求めてここまできたのか...。 鹿の行動が変わっていることにおどろきました。 たぶん、昔から奈良に住んでいる人が見ると、『なんでここに鹿おるん?』と驚く方が多いと思います」.

次の