ガソリン ランプ が ついて から 走れる 距離。 ガソリンランプついて何キロ走る?ガス欠になった時の対応

ガソリンランプが点滅!あと何キロもつ? ガス欠したらどうする?

ガソリン ランプ が ついて から 走れる 距離

ガソリンの給油ランプがついてから50キロ以上走れます! ガソリンの給油ランプがついてから50km以上走れます。 給油ランプがついたからと言って、すぐにガス欠になることはありません。 この「50km」の根拠ですが、「高速道路のガソリンスタンドはサービスエリア(SA)にしかなく、そのサービスエリアの間隔が約50km」だと言われていました。 高速道路で給油ランプがついても次のサービスエリアまでたどり着けるようにとのことです。 この話は30年以上も前から言われており、現在の高速道路ではサービスエリアの間隔が50km以上のところが何ヶ所もあり、今では通用しなくなっています。 また、車の燃費性能も30年前と比べればはるかに向上しているので、現在では給油ランプがついてから50km以上走れる車がほとんどです。 したがって、「給油ランプがついてから50km」という数字は、一つの目安として覚える程度で良いかと思います。 ただし、50km以上走れるからいって給油ランプがついてからでも油断して走っていると、車のタイプや運転方法によっては50kmもたずにガス欠になることもありえます。 ガソリン残量は常に余裕をもって走るようにしましょう。 「警告灯が点灯するガソリンの残量」と「燃費」の調べ方を見ていきましょう。 警告灯が点灯するガソリンの残量 これは国産車であれば基本的には車の「 取扱説明書」に書かれています。 車を購入した時にもらっているのではないでしょうか。 もし、紛失したり、車に常備していなくて手元にない場合は、自動車メーカーの公式サイトから取扱説明書のPDFをダウンロードできます。 取扱説明書の「警告灯」や「燃料残量警告灯」などのページに「約?L以下で点灯」のように記載されています。 目次や索引から探してみてください。 PDFの場合は検索できるので便利です。 燃費 最近は車のメーターパネルに平均燃費を表示してくれる車種も増えていますので、これを見るのが最も分かり易いです。 もし、この機能が付いているかどうかわからない場合は、取扱説明書で「燃費」や「平均燃費」で調べると良いです。 愛車に平均燃費の表示がない場合は、各自動車メーカーの公式サイトに燃費が掲載されているので、それを参考にするとよいでしょう。 6~0. 計算してみました 幾つか車種をピックアップし、公式サイトと取扱説明書を参考にガソリンの給油ランプがついてから走れる距離を計算してみました。 0L 4WD:3. 7L 約61km~ 約76km 日産 セレナe-POWER 26. 5L 約77km~ 約83km マツダ MAZDA3 20S PROACTIVE 15. ディーゼルエンジンとガソリンエンジンとではエンジンの燃焼構造が異なっています。 ディーゼルエンジンでガス欠した際にダメージを受けやすいのは燃料ポンプです。 燃料ポンプの仕組みは液体の燃料を吸い込んで送り出すのが役目ですが、ガス欠になると液体ではなく空気を吸い込んでしまうため、そこでダメージを受ける場合があります。 ダメージの程度によっては、燃料を入れてもエンジンがかからなくなります。 また、ガス欠になると燃料系の配管やポンプ等に空気が混入してしまうため、「エア抜き」と言われる作業をしなくてはいけません。 難しい作業ではないのですが、それなりに知識が必要です。 ガソリンスタンドでも対応できないところもあります。 ガス欠に注意するのは勿論ですが、特に愛車がディーゼルエンジンの方は気を付けるようにしましょう。 まとめ 私も何年も前から「ガソリンの給油ランプがつてから50キロ」だと憶えていました。 今回調べてみて、50km以上走れて、車種によっては100km以上走れる場合もあるのにはビックリしました。 ガソリンの給油ランプがついたからと言って、焦る必要はありません。 しかし、このようなことは知識に留めて、コマめに給油した方が、車のためにもドライバーの精神的にも良いのは言うまでもありません。

次の

アクアのガソリンのランプが点滅!点灯から走れる距離は?

ガソリン ランプ が ついて から 走れる 距離

近くにガソリンスタンドが見当たらない場合、ガス欠するか心配になると思います。 ここでは、 給油ランプがついてから何kmくらい走れるかをご紹介しているので、参考にしてくださいね。 給油ランプがついても30kmは走行できる 車種によって違うので一概には言えませんが、 少なくても30kmは走行できるようになっています。 なぜかというと、ほとんどの車は 残りの燃料が5〜10リットルになったときに給油ランプが点灯するように設計されているからです。 なので、その残りの燃料に燃費をかけたら、おおよその残りの走行距離がわかります。 たとえば、燃費がリッター9kmで走行する車は、45〜90km走行できるというわけです。 燃費が良い車は100km近く走行できることもあるってことですね。 取扱説明書を見れば確実! 残りの走行距離が45kmと90kmでは大違いなので、もっと詳しく知りたい!という人もいると思います。 そういうときは、 取扱説明書を見たら燃料の残量が何リットルになったら点灯するかわかります。 この方が確実です。 取扱説明書は各メーカーの公式サイトで見るか、ダッシュボードに入っているはずです。 なお、取扱説明書には給油ランプやエンプティマークではなく、 「燃料残量警告灯」と記載されていることが多いので注意してチェックしてみてください。 人気車種の給油ランプが点灯するタイミング トヨタの人気車種の中から、どれくらいの燃料残量で給油ランプが点灯するのか調べてみました。 車種 燃料残量 アクア 約5L クラウンロイヤル (ハイブリッド) 約9. 7L ヴェルファイア (ハイブリッド) 約10L プリウス 約6. 4L カローラフィールダー 約5. 8L ランドクルーザー 約13L 燃料タンクが大きいランクルは、10L以上残っていても点灯するみたいです。 その他は、やっぱり5〜10Lの間みたいですね。 このように、車種によっていつ給油ランプが点灯するかバラバラなので、確実な数値を求めるなら取扱説明書を見るのが1番です。 給油ランプがついたときに気をつけたいこと 給油ランプがついてもそこそこ走れるからといって、安心はできません。 走り方やどこを走っているかによって燃料の消費量が上がりますからね。 渋滞や上り坂の走行が多ければ燃費は悪くなります。 なので、給油ランプがついたときは、• なるべく回転数をあげない• エアコンを切る といったことに注意して走った方が、より走行距離を伸ばしやすいです。 エンジンの回転数をあげない エンジンを高回転まで回せばそれだけ燃料を使いますので、2,000回転以下を心がけてエコ運転したいところです。 タコメーターが無い場合は、なるべくアクセルを踏み込まない運転を心がけることです。 要は、無駄な加速をしないってことですね。 エアコンを切る エアコンをつけるとエンジンに負荷がかかります。 なので、なるべく切って燃料の消費を抑えると少しは燃費を上げられます。 暑いかもしれませんが、短時間の我慢です。 もしガス欠になったら ガス欠になってしまったら、自動車保険(任意)の ロードサービスがあれば活用できます。 10リットルまでなら無料で届けてくれるサービスが多いです。 もしくは、 JAFを呼ぶことですね。 JAF会員なら燃料代を負担するだけで、無料で届けてくれます。 ただし、非JAF会員の場合は、燃料代と別に手数料が1万円ほどかかります。 ちょっとバカにならない手数料がかかるので、あらかじめ会員になっておくのも悪くありません。 年会費に4,000円かかりますが、手数料を払うよりはマシなんじゃないかと思います。 まとめ 車種によってばらつきはありますが、給油ランプがついてもほとんどの車は30km以上走ります。 燃料の残量が5〜10リットルになったときに点灯する車が多いので、それに実燃費をかけたらおよその走行距離を求められます。 確実な残量を知りたいときは、取扱説明書を確認するといいですよ。

次の

ガソリンランプがついてから何キロ走れる?点滅と点灯の違いも解説!

ガソリン ランプ が ついて から 走れる 距離

お好きな所からお読み下さい• 給油ランプは点いてからどれくらい走れる? 給油ランプの正式名称は「燃料残量警告灯」と言います。 冒頭ですぐにはガス欠にならないと書きましたが、給油ランプが点灯してから、どのくらいの距離を走れると思いますか? 実は、約50~100km(100km以上の場合もある)走れるんです! 結構驚きの距離ですよね! 車種やタンクの大きさにもよりますが、給油ランプが点いた時点で、約5~10Lの燃料が残っているんです。 タンクの容量の約20%と考えればいいでしょう。 後ろは大渋滞。 まわりの冷ややかな目線が痛すぎます…。 そして法律でも、走行前には必ず点検し、必要に応じて事前にきちんと準備しないといけないとしています。 e-gov. 実はこれ、車両保安基準の法律で決められているんです。 高速道路を走行中にガソリンランプが点灯しても、約50kmの距離を走ることができれば、次のSAで給油することができるという訳なんです。 ただし、50km走れば必ずガソリンスタンドが設置されているわけではなく、もちろん例外もあるので、注意が必要ですよ! ガソリン残量別の対処法 給油ランプがついたら、なるべく早めに対処が必要ですが、ガソリンの残量によって、その対処法は変わってきます。 スポンサーリンク 給油ランプが点いたばかり(残量約5~10L) 点いたばかりであれば焦る必要はありません。 ですが、油断はしていられません! ガス欠と隣り合わせであることには変わりないので、目的地に付くまでにガソリンスタンドがあれば、必ず給油しておきましょう。 給油ランプが点いてしばらく走行(残量約2~5L) しばらく走行しても、ガソリンスタンドが見つからない場合は、カーナビや携帯電話の検索機能で、現在地付近のガソリンスタンドを探してみましょう。 残量が少ないので、一歩間違うとガス欠になってしまいます。 無駄に走行せず、確実に最寄りのガソリンスタンドを探して、給油してください。 高速道路を走行していたとしても、ガス欠になれば一大事ですので、場合によっては一度降りたほうがいいですね。 ガス欠(残量0L) ガス欠で完全にエンジンが停止してしまうと、もう車は走行できません。 そうすると、下記のいずれかの対処法をするしかありません。 ガソリンを入れる• ロードサービスを呼ぶ その1.ガソリンを入れる ガソリンスタンドの近くでガス欠になってしまったら、2つの方法があります。 車を押して行って給油する• 自分一人でガソリンスタンドへ行き、ガソリンを買う ガソリンスタンドの多くでは携行缶の貸出を行っているので、そのままガソリンを車まで運び、給油すればOKです。 ガソリンスタンドに電話してガソリンを持ってきてもらうという方法もありますが、基本的にそういった出張サービスのようなことは行っていない場合が多いので、期待はしない方がいいですね。 ガソリンスタンドよりも、知り合いの家の方が近ければ、頼んでガソリンを買ってきてもらうのもいいでしょう。 その2.ロードサービスを呼ぶ 高速道路上、もしくは人に助けを求められないようなところでガス欠になったら、自分ひとりではどうすることもできません。 この場合は、ロードサービスを呼び、レッカー移動してもらいましょう。 ガス欠したときの裏技 最初に言っておきますが、もう燃料がないからガス欠になったわけで、本来は給油しないと走りません。 あくまでも気休め程度の裏技ですので、あしからず。 手順は下記の通りです。 車を小刻みに揺らす• 約10分ほど待つ• エンジンをかける お気づきかと思いますが、これは、タンクの中に残っている少しのガソリンをかき集めてポンプに流れるようにしているわけです。 うまく行けば、約1km位の距離は走ることができますので、街中や高速道路の場合、少し光が見えてきます! たった1km、されど1km…。 もう少しで目的地に着くのに!という場面では、使えそうですね。 まとめ いかがだったでしょうか?普段、街中でしか乗らないという方はあまり経験がないかもしれませんが、いざという時に役に立つはずです。 そして、走行前の点検はドライバーの義務です。 安全に走行するためには、ガゾリンの残量チェックも怠ってはいけません。

次の