画像編集ソフト 無料。 【無料】Photoshopの代わりに使える画像編集ソフト おすすめ7選

【無料】Photoshopの代わりに使える画像編集ソフト おすすめ7選

画像編集ソフト 無料

無料で使える便利な画像加工・編集フリーソフトまとめ 1. 無料で使えるベーシック、アップグレード版のPROがあり、無料でも加工・エフェクト・美肌・素材・HDRの機能を使うことが可能です。 他のソフトとは異なる最大の特徴が毎月アップデートされる コンテンツ群です。 Fotorオリジナルのスタンプやフレーム、テンプレート素材を使ってデザインすることができます。 参考: 2. 切り抜き、色調補正、角度補正、赤目修正のほか、基本的な画像編集機能を一通り備えた高機能が魅力的です。 有料のPhotoshopに比べると機能は劣りますが、無料とは思えないほど機能が揃っています。 Photoshop代わりとしてはもちろん、日常的にPhotoshopを使っている方が、外出先でPhotoshopの入っていないPCを使って画像加工したい時に便利です。 無料ですが、有料の画像加工ソフトと比べても遜色ないほどの機能を備えています。 Adobe PHOT OSHOP EXPRESS EDITOR同様、GIMPも画像加工機能が一通り揃っており、パス・レイヤーも使えます。 Photoshop プラグインを使うことができたり、ブラシやスクリプトを自作することも可能です。 参考: 4. Sumo Paint(Web) 機能性も欲しいけれどもっと手軽に使いたい、という方にはSumoがオススメです。 インストール不要、ブラウザ上だけで画像加工をサクサク行うことができます。 使用感はPhotoshopに似ており、レイヤー、各種フィルター機能も備えています。 参考: 5. Pixlr Editor(Web) こちらもSumoと同じく、 オンライン上だけで動作する画像加工ソフトです。 Sumoは日本語非対応ですが、Pixle Editorは日本語を含む28ヵ国語に対応しているため、英語が心配な方にはオススメです。 機能も豊富で、レイヤー、マスク、フィルター他一般的な機能が使えます。 デメリットとして、オフラインでは使用できないことが挙げられます。 参考: 6. Seashore(Mac) Seashoreは、Mac専用のオープンソース画像加工ソフトです。 GIMPをベースに開発したものですが、GIMPと比較すると機能は少ないですが、手軽でシンプルな設計です。 手軽に使えるインストール型を探しているMac ユーザーにオススメです。 GIMPなどの高機能ソフトに比べると機能が劣るものの、一般的な加工機能は揃っていますので、加工ソフトを初めて使う方、初心者の方には適しています。 Pinta(Web) Pintaは、Photohshopライクな機能性の軽量なソフトです。 GIMPのような高機能ソフトは使いにくいがレイヤー機能などは欲しい、という方にぴったりです。 動作も早いため、GIMPだと動作が重いという方にもオススメできます。 Polarr(Web) 直感的に操作できるソフトをお探しの方にはPolarrがオススメです。 画面左右のツールリストからお好みの加工を選択するだけで、誰でも簡単に画像加工が楽しめます。 ちょっとだけ画像の色調を変えたい、彩度を変えたいという時に便利ソフトです。 Pixlr Express(Web) AUTODESKが提供する、PIXLR EDITORの姉妹ソフトです。 簡単な設計で誰にでも操作がわかりやすくなっており、時間をかけずに画像加工ができます。 オシャレな写真編集も簡単にできますので、さくっとエフェクトをかけてプロっぽい写真にしたいという方に最適です。 難点としては、日本語非対応という点が挙げられますが、直感的に操作ができるため英語が苦手でもすぐに慣れることができます。 参考: 11. befunky befunkyは、画像加工・コラージュ・デザインの3機能を備えた オンラインツールです。 人物補正に最適なタッチアップツール、オシャレなエフェクト、装飾に便利なグラフィックなどが揃っており、好きな加工を組み合わせる感覚で手軽に画像加工ができます。 レイヤーを追加することも可能となっているため、手軽ながらも本格的な加工編集ができるのが魅力的です。 参考: 12. orgから派生したソフトウェア「LibreOffice」内のドロー系ツールです。 特に、PowerPointを使っていた方には扱いやすい使用感で、その他の画像加工ツールに苦手意識を持っている方やOfficeソフトをメインに使っている方にオススメです。 Jtrim(Win) 簡単操作で画像加工ができる、初心者にオススメのソフトです。 透過、切り抜き、テクスチャ、カラー、ぼかし、合成ほか様々な効果を適用することができます。 インストール型のソフトですので、オフラインでいつでもどこでも使えるのがポイントです。 Picozu(Web) Picozuは、シンプルな操作性と高クオリティな画像加工を実現できるソフトです。 定番の画像加工機能に加えて、レイヤー、フィルターなどの充実した機能が使えますが、初心者でも使いやすい設計というのがポイントです。 高度な画像加工ソフトで挫折してしまった方は、Picozuを一度試してみてください。 参考: 15. Paint. NET(Win) Windowsのペイントに近い使用感の画像加工ソフトです。 加工機能は他のツールと比較するとやや少なめですが、基本的に必要なツールは備わっているのがポイントです。 AzPainter(Linux) AzPainterは、フルカラーのペイントソフトです。 手軽にイラストを描いたり、レタッチ、ドット編集ができます。 デフォルトでペン、鉛筆、エアブラシ、水彩を使うことができるほか、オリジナルのブラシを自作することが可能です。 画像編集にも使えますが、イラストを描く時に特に活躍するツールです。 PictBear(Win) PictBearは、直感的に使えるシンプルなインターフェースと多彩な機能が魅力的なペイントソフトです。 画面はカスタマイズすることもできるため、自分仕様の画面にしておくことで効率よく作業が可能です。 また、Photoshopなどの高機能ツールで見かけるレイヤー機能を備えており、様々な効果を組み合わせて表現することができます。 なお、ソフトウェアの開発・サポートは現在終了しています。 Pixia(Win) レイヤー、フィルター機能を備えたフリーのペイントソフトです。 筆先のタイプも自由に設定できたりと柔軟性の高いツールが揃っており、本格的なイラストを描くことができます。 フリーソフトながらも、柔軟性の高いドローツールを備えており、レベルの高いベクターイメージが作成できます。 Windows、Macに加えてLinuxでも利用が可能です。 将来的にIllustratorの導入を考えている方は、まずこちらを使ってみてはいかがでしょうか。 素材が豊富に揃っているため、自分でデザインを考えなくとも魅力的な画像が作れるのがポイントです。 また、手元にある画像をアップロードして使うこともできます。 参考: 22. gifs(Web) Youtube動画からgif画像を手軽に作成できるサービスです。 YouTube動画の URLを指定し、使いたいワンシーンを選択するだけで、あっという間にgif画像ができ上がります。 切り取ったgif画像にはキャプションを入れたり、ちょっとした編集も可能です。 アニメーションGIFを作ろう! 画像を指定するだけで、gif画像が簡単に加工できるサービスです。 最大30枚の画像を指定できるほか、リピート回数、持続時間、画像の重ね方など細かな設定もできます。 SmillaEnlarger SmillaEnlargerは、画像加工ソフトと合わせて使いたい、画像解像度を上げるためのツールです。 画像の劣化を抑えながら解像度を上げてくれます。 中でもビットマップ画像は高品質で拡大することが可能です。 写真加工. com(Web) 170種類以上の豊富なツールが魅力的な画像加工サービスです。 文字入れ、回転といった基本編集に加え、フレーム枠、イラスト化といった様々な加工を簡単に行えます。 ツールの種類がわかりやすくリスト化してあり、人気のツールも一目瞭然ですので、どう加工したらいいかわからない初心者の方にも使い勝手良いです。 Sumo Paint(Web) 英語のサイトですが、編集したい画像をサイト上で開くだけで、ブラシなどのレタッチを行うことができます。 直接キャンバスに描写することもでき、色んな事ができるレタッチツールです。 また、Photoshopのようにレイヤー機能を持っています。 一度Photoshopを使ったことがある人にとっては非常にわかりやすい作りになっていて、画像の回転・反転・トリミング・リサイズなども可能です。 PhotoFunia(Web) ユニークなエフェクト加工が楽しめるサービスです。 ヴィンテージ、ロマンティックといった人気のフィルターから、写真にコラージュしたようなフレームまで、幅広く全部で500種類以上を揃えています。 顔にスタンプを押した加工など、他ではあまり見ない機能もあります。 ただ、あらかじめ用意されている画像を加工することは可能ですが、逆に自分で好きな画像をアップし、その画像を編集することはできません。 Pixlr O-Matic(Web) トイカメラ風のオシャレな画像が簡単に作れるサービスです。 こちらもAUTODESKが提供しています。 写真を選択し、好きなフィルターや設定をするだけで一瞬で画像をイメージチェンジできます。 パソコン内の写真はもちろん、Webカメラで撮影した写真をそのまま加工することも可能です。 参考: 29. Photox(Web) 最大1,000ピクセルまでの大きな画像も加工できるサービスです。 サイズ変更、トリミング、回転、反転といった基本の機能が揃っていて、マウス操作だけで作業ができるので、画像加工初心者でも安心です。 高度なツールによくある、操作履歴が残るヒストリー機能も搭載していますので、間違って処理した場合にも遡ることができます。 モジマル(Web) 画像加工未経験の方でも簡単に使えるサービスです。 カラーペン、ネオンペンといった好みのペンで文字入れをしたり、スタンプを貼付けることができます。 さらに、ドラッグして好きな場所に移動するだけですので誰にでも操作が可能で、アニメGIF、アメコミ風画像、トーク画といったユニークなものもサクッと作成できます。 素材は、フィルター、フレーム、スタンプ、 テキストが豊富に備わっていて、トレンド感も押さえた素敵なものばかりが揃うのが特徴です。 バナー工房(Web) 画像加工からGIFアニメ、点滅する画、スクリーンショット、アイコン・ バナー作成、QRコード作成まで、幅広い画像が作成できるサービスです。 どれも簡単なステップで作れますので初心者、未経験でも簡単に使え、Photoshopのような高度なツールではなく、手軽なものを探している時に使いやすいサービスです。 Photobucket(Web) 表示がわかりやすい、シンプルなデザインの画像加工サービスです。 機能一つひとつにアイコンが設定されているので、英語ができなくても直感的に理解でき、使いこなすことができます。 どの機能も好きなものを選択するイメージで作業できるので、とても簡単です。 Picfull(Web) 定番から個性的なものまで、あらゆるエフェクトを用意している画像加工サービスです。 人気のヴィンテージ風はもちろん、ビビッドな2色のデザイン、カラードットといったものまで適用することができます。 作成後の画像はダウンロードできるだけでなく、そのままFacebook、 Twitterに投稿が可能です。 FotoJet(Web) 豊富なテンプレートが魅力的な、コラージュ画像加工サービスで、600種類もの膨大なテンプレートはどれもオシャレで、合成するだけで素敵な画像に仕上がります。 単なるコラージュだけでなく、Facebookカバー、カード、Facebook投稿用画像も簡単に作れます。 Web Resizer(Web) 画像のリサイズを中心とした加工が簡単にできるサービスです。 色合い、露出、コントラスト、彩度の調整もあわせて行うことができ、写真の見栄えを手軽に良くしたい時に便利です。 フォトコンバイン(Web) 簡単な画像編集のほか、様々なツールが使える画像加工サービスです。 画像結合、GIFアニメ作成、ロゴ・ボタン作成、QRコード作成もブラウザ上で手軽にできます。 Pixer. us(Web) 簡単な画像の編集だけなら、これで十分なブラウザベースで動く画像編集ツールです。 画像の回転・反転・トリミング・リサイズはもちろん、明るさ調整・色調補正などが簡単に可能です。 あらかじめ複数のフィルタが用意されているため、こだわりがなければ一発で画像編集が可能です。 これだけの機能が無料で提供されていることにも驚きですが、必要な機能だけが用意されているため動作が軽いのも大きな強みです。 自分の手に馴染む画像加工・編集ソフトを見つけよう Photoshop、Illustratorと比較すると機能的には劣りますが、どれも決して無料とは思えないほど高機能なソフトばかりです。 実際に試してみて、自分にぴったりの画像加工ソフトを選んでみてください。 デザインについてもっと学ぶ コンテンツ コンテンツ(content)とは、日本語に直訳すると「中身」のことです。 インターネットでは、ホームページ内の文章や画像、動画や音声などを指します。 ホームページがメディアとして重要視されている現在、その内容やクオリティは非常に重要だと言えるでしょう。 なお、かつてはCD-ROMなどのディスクメディアに記録する内容をコンテンツと呼んでいました。

次の

【2020年版】タイプ別おすすめ画像・写真編集ソフト集(無料・有料)

画像編集ソフト 無料

企業 ブログやSNS投稿など、ビジネスで画像を編集するシーン機会は多くあります。 そのため、Webデザイナーではなくても、簡単な画像編集のスキルは求められることが増えてきました。 パソコンで画像編集をする場合、Photoshopを活用して画像編集を行いますが、作業担当者全員に画像編集ソフトを支給することには限界があるでしょう。 今回は、 デザイナー以外の人でも簡単に操作できる無料の画像編集ソフトをピックアップしてみました。 WindowsとMacでは利用できるソフトが異なる場合もありますので、対応しているかどうかも合わせてチェックしてください。 サービス内容が変更する可能性もありますので最新情報は各サービスサイトでご確認ください。 Photoshopのように加工できる無料の画像編集ソフト 1. その代わりにPhotoshopの体験版を無料でお試しできます。 Photoshopのような画像編集ができるフリーソフトは多々ありますが、本格的な画像編集をやるならばPhotoshopがおすすめです。 Photoshop体験版で使ってみて、購入を検討するのもアリではないでしょうか。 ただし、Photoshopを購入するとなるとコストがかかります。 「画像編集は少しだけできればいい」という場合は、1ヶ月だけ使ってみて以下で紹介するツールを利用するのも手です。 「そもそもPhotoshopってどんなことができるの?」という方は、以下の記事をチェックしてください。 通常のPhotoshopが月額980円〜なのに対して、こちらは無料で使用できます。 もちろん無料の画像編集ソフトなので、通常のPhotoshopより機能が制限されており、画像はJPEGのみで保存可能です。 また、読み込める画像ファイル形式がJPEG、PSD、RAWのみとなっています。 Photoshop Express Editorは、ブラウザ上で使用可能でインストールの必要がありません。 また、スマホ アプリ版での提供もあります。 「少しだけ画像編集がしたい」という方におすすめの、無料画像編集ソフトです。 またPhotoshop Express Editorには、スマートフォンでも使えるモバイル版 「Photoshop Express」 もあります。 使える機能はほとんど一緒です。 以下の記事でモバイル版の使い方を詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。 FotoFlexer(フォトフレクサー)(Web) FotoFlexerは、ブラウザ上で簡単な画像編集が可能なサービスです。 機能は画像のリサイズ・トリミングや回転・反転からコントラスト、カラー調整、ブラシを用いたカラーレタッチなど、豊富な機能が魅力です。 アンドゥやリドゥの機能も付いているため、画像編集に失敗してしまっても安心です。 また、ローカルへの保存だけでなく、SNSへの投稿も行えます。 SUMO Paint(スモーペイント)(Web) SUMO Paintは、ブラウザ上で画像ファイルを開き画像編集ができるフリーソフトです。 ブラシを使ったレタッチや、真っ白なキャンバスに直接描くこともできます。 レイヤーの機能やフィルタ機能も充実しています。 また、画像の回転や反転、トリミングやリサイズなどもできるため、これ一つで簡単な画像編集が完了します。 過去にいずれかの画像編集ソフトを使用したことある方ならば、操作はスムーズにできるでしょう。 保存はローカルだけでなく、SUMO Paintが提供しているクラウドへの保存も可能なため オンラインストレージとしても機能します。 参考: 5. PIXLR(ピクセラー)(Web) PIXLRは、3DCGソフトウェアで有名なAUTODESKが提供している画像編集ソフトです。 デスクトップ版や、モバイル版は、ダウンロードしインストールすることで使用可能で、WEB APPSから活用できるブラウザベース版はインストール不要で手軽な画像編集ができます。 基本的な操作としては、下にあるメニューよりツールを選択し操作していきます。 機能も豊富で基本的な画像編集はほぼほぼ行えます。 あらかじめ用意されている素材を貼り付けることや、文字ツールより テキストの挿入も可能です。 また、画像の拡大縮小もゲージのドラッグより行えます。 ブラウザベースの画像編集ツールは動作が重く感じることもありますが、PIXLRは比較的軽く快適に操作できるため使い勝手がいいです。 PIXER. US(ピクシラーアズ)(Web) 最低限の機能だけ搭載しているブラウザベースでの無料画像編集ツールです。 リサイズやトリミング、回転や反転などの簡単な機能や明るさコントラスト、色調補正など簡単に可能です。 あらかじめ用意されている11個のフィルタもボタン一つで実行できます。 画像編集の中で必要な機能だけが用意されているため軽く動作するのが魅力です。 機能が多く、これ一つでほとんどの画像編集が完結できます。 レイヤー機能やマスクも使用でき、Photoshopとほぼ同様な機能が備わっています。 ブラシも細かく設定でき、フォトレタッチだけでなく着彩などに対しても強みがあります。 GIMPを使いこなせば、他のレタッチソフトが不要となるでしょう。 「GIMP」を使って画像編集する方法は以下の記事で詳しく解説しています。 Paint. net(ペイントドットネット)(Win) 初心者でも使いやすいインターフェースが特徴の画像編集ソフトです。 Windowsのみで使用可能です。 各機能のパレットも直感的で操作しやすく、今まで画像編集ソフトを使用したことがない方でも簡単に使いこなせるでしょう。 インターフェースはPhotoshopと近いような感じなので、将来的にPhotoshopを使いたい方の入門編の様な画像編集ソフトです。 上級者向けの仕様になっています。 MacとWindowsだけでなく、LIN UXも対応しており、幅広いプラット フォームで利用可能です。 デザイナーからイラストレーターまで画像を扱う方、すべてに一度は使って欲しいソフトです。 ベジェ曲線や テキストツールなど、他の画像編集ソフトでは物足りないところに強いのもINKSCAPEの特徴でしょう。 INKSCAPEの使い方は以下の記事で詳しく解説しています。 Seashore(シーショア)(Mac) Seashoreは、Macintosh上で動く画像編集ソフトです。 基本的な画像編集からレタッチまでオールインワンで入っています。 アルファチャンネルを直接編集することやブラシの細かい調整、情報パネルなど細かいところまで確認可能です。 WindowsやMacの標準アプリを活用する Windows 10の「フォト」やMacの「写真」など、もともとパソコンに入っている アプリを活用するのもひとつの手です。 Photoshopや他の加工ツールほど繊細な編集はできませんが、明るさの調整やトリミング、簡単なレタッチであればこれらの アプリでもできるようになっています。 有料のソフトを使うのが難しい場合は、これらの アプリも最大限に活用してみましょう。 Photoshop以外でも画像編集はできる! ブラウザベースで動くものや、ソフトウェアをダウンロードして起動するものまで様々な画像編集ソフトがあり、その多くが無料で利用できます。 ブラウザで手軽に画像編集が行えれば、ソフトウェアの起動時間も短縮したいと考えている方にとっては、とても有効でしょう。 ダウンロードするものに関しても、無料とは思えないくらい機能が豊富です。 Photoshopの代わりとして十分すぎるほど活用できます。 今回紹介したものも数多くある中の一つです。 まず興味があるものから使ってみて、画像編集しやすいソフトを選んでみましょう。 Macの方はこちらもチェック ブログ ブログとは、ホームページの一種です。 運営者はブログシステムに登録し、利用開始をすることで、ホームページ制作のプログラム技術を修得する必要なく、本文のみを投稿しつづければ、公開・表示はおろかページの整理や分類なども効率的に行えるシステムを言います。

次の

GIMP(ギンプ)日本語版のダウンロードとインストール方法(無料の画像編集)

画像編集ソフト 無料

写真の編集をするソフトは今や多数存在しており、スマートフォンなどで撮影した写真を編集したいと思っている方には欠かせないアプリとなっているのです。 しかし、そんな写真編集アプリも今やフリー物から有料のものから機能に応じて大きく分かれているのです。 そこで 写真を編集するソフトのおすすめの物を写真を編集するソフトのランキングから纏めてこれから紹介していきますので、その中から自分に合っている物を選択して頂けたら幸いです。 写真編集ソフトおすすめランキング おススメソフト1:「Filmora(旧名:動画編集プロ)」 は写真の編集を行うフリーソフトとしては体験版を使用できますし、有料であれば本格的な仕様が可能な製品版を使用できます。 使用にあたって初心者でも簡単に使用できる仕組みとなっており、迷わず本格的に 写真編集が行えるようなっています。 おススメソフト2:PaintShop Pro こちらは初心者でも簡単に使用できる写真編集ソフトになります。 画質の変更は勿論、画像の細かな修正などソフトの案内に従って作業をするだけで本格的な使用が出来ます。 おススメソフト3:PhotoScape こちらは無料でありながら、どの作業をするかを最初の選択画面で選択できるので、最初から迷わず作業をする事が出来ます。 写真編集ってどうやっていいかわからないという方ほど使いやすいソフトとなっています。 おススメソフト4:Pixia こちらはマンガを書いたりするソフトで有名ですが、写真の編集もプロ並みに行う事ができるのです。 全く写真の編集が初めてでも、最初から本格的に使用する事ができるので、すぐに魅力的なソフトなる事は間違いないでしょう。 おススメソフト5:Photo Pos Pro 無料でありながらプロが使用するようなインターフェイスが用意されており、本格的な編集ができるようになっています。 これから写真編集をする方でもすぐに作業に入っていけるので、どうしてもすぐにでも本格的なものを作りたい方にお勧めのソフトになります。 おススメソフト6:Zoner Photo Studio 18 操作が簡単、動作も早いという初心者なら誰でも思う要望をしっかり取り入れてあります。 また、見栄えをよくするなどただ写真の編集ソフトを使用するという段階では終わらない仕組みとなっています。 おススメソフト7:Photo Director 様々なデバイスで編集可能という特徴を持っており、写真編集はパソコンでというイメージをなくしてくれるソフトになっています。 スマートフォンだけで写真編集まで行いたいと考えている方に最適なソフトなっています。 おススメソフト8:Photoplus 写真編集ソフトをフリーで使用したい方に最適なソフトとなっています。 フリーですが、機能は充実しており、自分がしたい事を叶えてくれる本格的なソフトとなっています。 PaintShop Pro、PhotoScape、Pixia、Photo Pos Pro、Zoner Photo Studio 18、PhotoDirector、Photoplus、このように写真を編集するソフトで無料の物は沢山ありますので、その中から自分に合っている物を選択していきましょう。 特に写真を編集するソフトを比較してある所からの情報を参考にするとより自分の望んでいるソフトを選ぶ事が出来ます。 無料の 写真を編集するソフトを選ぶ事も重要ですが、有料の写真と動画を編集するソフトを選ぶ事も重要です。

次の