アブラムシ 駆除 重曹。 アブラムシ駆除に駆除に効果的、重曹スプレー

アブラムシ駆除に駆除に効果的、重曹スプレー

アブラムシ 駆除 重曹

家庭菜園やベランダ菜園の野菜やハーブ、草花、木々などのアブラムシがつき駆除したいと思います。 アブラムシの気孔、息をするところをふさぐことで窒息させることができるということで駆除対策として色々ある中で重曹・油・中性洗剤・水を使った重曹スプレーを作り駆除する方法を試してみました。 アブラムシを駆除するのにどの方法が一番効果があるのか分からないので、木の葉っぱや新芽についているアブラムシに重曹スプレーを吹き掛けてみましたので作り方や効果についてまとめました。 スポンサーリンク アブラムシ駆除の重曹スプレーの作り方 重曹スプレーは重曹を水に溶かして終わりではなく、食用油・台所用洗剤(中性洗剤)も一緒に混ぜて作ります。 【使う材料と分量】 ・水:475cc ・重曹:3. 5g(小さじ1) ・食用油:20cc ・台所用洗剤(中性洗剤):5cc 【作り方】 用意した材料をスプレーボトルの中に入れてよく混ぜます。 しばらくすると油が上に溜まるので使うときは良く振ってから使うようにするといいです。 スポンサーリンク アブラムシに重曹スプレーを吹き掛けてみた 葉っぱの裏側にはアブラムシだけではなく他の虫もいっぱいついていました。 白い虫はコナジラミだと思います。 他にも、オオニジュウヤホシテントウの幼虫やケムシなどもいましたが一緒に重曹スプレーをしました。 スプレーを吹き掛けたところですが、あまり葉に水分が残りませんでした。 アブラムシが7割程度は窒息していて、葉の裏に付いていたり、下の葉に落ちていました。 写真はスプレーしてから3時間後に撮影した画像です。 この時点でも少し分かると思いますが、葉の色が黒ずんでいました。 油や洗剤を使っているので野菜やお花などに使うのはおすすめ出来ませんね。 アブラムシ駆除の重曹スプレーの効果 実際に重曹スプレーを使ってみた感想をメリットとデメリットに分けてお伝えしたいと思います。 メリット ・アブラムシを約7割は退治できる 油や洗剤を使っているので、虫に付着することで膜を張りやすく乾燥すると窒息させたり、身動きできないようにするのに効果はありました。 デメリット ・作るのに材料が多い ・分量を量ってスプレーに入れるのが面倒 ・油と水が分離しやすくよく振る必要がある ・花や葉が変色した 材料を揃えて作るにが少し面倒です。 使う材料は3つだけですが、分量をはかるのが面倒です。 また、水と油を混ぜるので分離しやすく吹き掛けるときによく振って混ぜてから吹き掛けないといけません。 また、吹き掛けた 葉が黒く変色したため野菜や花など家庭菜園やベランダ菜園には向かないと思います。 駆除できた割合 重曹スプレーを吹き掛けた葉の裏を確認すると、とくに目立った膜などはありません。 でも、アブラムシは退治できていました。 葉っぱから落ちているものが多くいい感じかなぁと思いましたが、画像右側の葉の表面が少し黒ずんでいるのが分かると思います。 重曹スプレーを吹き掛ける前は無かったので、重曹スプレーが原因だと思います。 他の葉にも同じような現象があったので。 アブラムシの駆除率:約7割 スポンサーリンク まとめ 食用油を入れたり、台所用洗剤(中性洗剤)を入れるため、吹き掛けた葉や花に少し影響が出るかも知れません。 実際に使った私の結果、効果はあるものの葉っぱに黒い点が多く発生したため効くけど使えないという結果になり、アブラムシ対策としてはおすすめしません。 家庭菜園やベランダ菜園・プランター野菜などを無農薬で育てたいと思いますが、油や洗剤を使うのはどうかと私は思いますので、他の方法でアブラムシ対策はしたいと思います。 スポンサーリンク.

次の

アブラムシ駆除方法ランキング!お酢や無農薬で効果がある対策は?

アブラムシ 駆除 重曹

アブラムシの駆除 無農薬で簡単に野菜を守る5つの対処法とは? 口に入れる野菜や果樹を育てている場合には、なるべく農薬は使いたくないですよね。 そこで、今回は「 無農薬」でアブラムシを駆除する方法のみをご紹介しています。 いずれの方法も専門知識等は必要ありませんので、簡単に導入することができるでしょう。 アブラムシの発生範囲にあった対処法を行っていただくと、より効果的に駆除が行えます。 アブラムシを駆除する簡単な方法1 牛乳を散布する 広範囲にアブラムシが発生している場合、こちらの方法が最も手っ取り早くアブラムシを駆除できる方法だと思います。 駆除方法は下記の通りですが、牛乳が無い場合には砂糖や片栗粉を水で溶かしたものでも同様の効果があります。 (霧吹きの種類によっては詰まりますので注意が必要です) 【牛乳を使った駆除方法】• 牛乳を原液のまま霧吹きボトルへ入れる• アブラムシが発生している箇所へ吹き掛ける• 吹きかけた牛乳が乾燥する(アブラムシが死ぬ)までしばらく待つ• 水をかけて洗い流す 牛乳をかけてしばらく時間を置くことで、牛乳が乾燥し粘膜が固まってアブラムシが窒息死します。 牛乳を掛けた箇所は充分に水で洗い流してください。 洗い流しが不十分な場合、牛乳の腐ったような匂いや、カビが発生する可能性があります。 アブラムシを駆除する簡単な方法2 テープで取り除く アブラムシの発生範囲が狭い場合には、直接テープで取り除くのも有効な手段です。 テープの接着面に直接アブラムシ貼り付けることで、物理的に駆除を行います。 この時、割り箸などの細い棒の先へテープを裏返しに巻き付けると、手の届きにくい場所でも作業しやすいです。 ちなみに、テープの接着面が強力すぎるものだと、植物の茎や葉を痛めてしまう危険性があります。 粘着力が弱めの紙素材のテープがオススメです。 アブラムシを駆除する簡単な方法3 天敵のそばに置く アブラムシの天敵はてんとう虫です。 アブラムシが植物を食べるように、てんとう虫はアブラムシを食べてくれます。 多くのてんとう虫は基本的にアブラムシしか食べませんので、勝手にてんとう虫の方から寄ってくることもありますが、庭先などでてんとう虫を見掛けた際には、捕まえてアブラムシが発生している植物へ近づけてあげるといいでしょう。 また、てんとう虫の幼虫もアブラムシを食べてくれます。 幼虫で日に20匹、成虫で日に100匹のアブラムシを食べてくれる大食漢のため、数匹てんとう虫が居れば広範囲のアブラムシ駆除が行えます。 可能であればてんとう虫が逃げてしまわないよう、簡易なビニールハウスのような場所に植物を入れると良いでしょう。 ちなみに、てんとう虫の種類の中にニジュウヤホシテントウと言う名前の、短毛の生えたてんとう虫が居るのですが、そのてんとう虫はナス科の植物の葉を食べてしまいます。 てんとう虫を導入する際には気を付けましょう。 写真はこちらで紹介しています。 アブラムシを駆除する簡単な方法4 アリを駆除する アブラムシも生き物ですので排泄物を出します。 あまり知られていませんが、その排泄物からは甘い香りが放たれ、その匂いに誘われてアリが寄ってきます。 アリは排泄物をもらう代わりにアブラムシの用心棒を行い、アブラムシを天敵から守る役割を担っています。 そのアリを駆除することで、アブラムシが天敵に食べられる可能性が上がるため、アリを見掛けた際には駆除しておきましょう。 アブラムシを駆除する簡単な方法5 油性鹸水を散布する 水と食用油、洗剤を合わせた物を霧吹きで吹きかけることで、アブラムシは死んでしまいます。 駆除方法は下記の通りですが、洗剤を使用しているため散布後に水で洗い流すことを忘れないよう注意してください。 アブラムシの駆除方法 まとめ アブラムシを駆除する方法を5つご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?アブラムシは虫が付きにくいと言われるハーブにもつくことがあるため、本当に厄介な虫ですよね。 個人的には、発生範囲が狭い場合には紙テープを使って駆除、発生範囲が広い場合には牛乳スプレーで駆除。 と言う使い分けをオススメしていますが、お好みの方法をお選びいただければと思います。 また、アブラムシの駆除方法に重曹を使った方法もありますが、分量通りに割る手間もありますし、育てている植物に悪影響が出る可能性も考えられます。 そう言った意味でも、やはり牛乳スプレーが最もお手軽で簡単だと言えるでしょう。 この他にも食用のお酢や木酢液、アルミホイルを使った方法もありますが、これは駆除方法というより予防や防止策になります。 無駄な方法では無いものの、既にアブラムシが発生している場合には効果が現れるのに時間がかかるため、こちらで紹介している方法を優先して行ったほうが良いでしょう。 ちなみに、アブラムシの駆除が終わった段階、またはアブラムシが発生していない段階でアブラムシの対策、防止を行うと今後のアブラムシの発生に大きな差が出ます。 よければこちらで紹介していますので、併せて参考にしてください。

次の

アブラムシの駆除 無農薬で簡単に野菜を守る5つの対処法とは?

アブラムシ 駆除 重曹

Contents• アブラムシを退治するならテントウムシが一番! アブラムシの天敵を皆さんご存知ですか? それは テントウムシなんです。 ガーデンニングの最盛期は4月から5月と言われています。 同時に日本では沢山の花が成長し花が開く時期でもありますよね。 その時期は害虫が活発に繁殖します。 そこでアブラムシの退治には ナミテントウを使いましょう。 ナミテントウは自然界で生まれたのに飛行能力が他のテントウムシに比べ劣っています。 そのナミテントウを自分の育てている植物で 繁殖させることでアブラムシを食べてもらうのです。 ですがいくら飛行能力が低いといっても飛べるのでアブラムシを食べたあとには飛び立ってしまいます。 なのでビニールハウスなどの空間内でしか使用できません。 飛び立ってしまったらまた捕まえてくるのもアリですよ。 でもナミテントウって飼育もできるんです! そんなナミテントウの飼育方法を今からお伝えしたいと思います。 まずアブラムシを見つけたら ナミテントウ剤を買いましょう。 そもそもナミテントウ剤って何って思いませんか? ナミテントウ剤とはナミテントウの幼虫を封入した捕食性昆虫製剤(ほしょくせいこんちゅうせいざい)です。 つまり、ナミテントウの幼虫がたくさん入っているもの。 ちょっとお高いですが、カブトムシやクワガタの幼虫に比べれば大したことないかも・・・。 そうはいっても幼虫がたくさん・・・ 想像すると ゾワッとしますよね。 でも成虫になればテントウムシって意外とかわいくて、虫が嫌いでもこれなら大丈夫っていう女性も多いのでは? そのナミテントウ剤を おがくずと一緒に10~15匹ほど放し飼いします。 成虫になったナミテントウは同じ場所にとどまる習性があるので植物全体に放ちましょう。 テントウムシにこんな使い方があるなんて意外ですね。 でもこの方法ではビニールハウスなどの屋内でしか使えません。 いくら同じ場所にとどまる習性があるといっても、外の広い世界に飛び立ちたくなってしまう。 そこで屋外でも使える薬剤以外の害虫駆除方法を紹介したいと思います。 アブラムシ退治ができる薬剤以外の7つの方法 最近ではアブラムシに農薬を使わない オーガニックや有機栽培が人気ですよね。 その理由は農薬の健康被害が世の中に出回ったから。 だからみんな 農薬は体に悪いんじゃないかと思い始めたのです。 そこで農薬を使わないテントウムシ以外の方法について紹介したいと思います。 ですがその前に殺虫剤の危険性についてお伝えしておきたいと思います。 一般的によく使う殺虫剤とは? オルトランという殺虫剤を例に説明したいと思います。 オルトランは浸透移行性(しんとういこうせい)の殺虫剤です。 浸透移行性とは植物が液を吸いっとて、 植物全体に行き渡らせることができるというもの。 だからオルトランは植物の汁を吸ったり、植物の葉を食べたりする虫には 効果絶大です。 ですが当然デメリットもあります。 例えばオルトランの中に入っている アセトフェート。 これが加水分解するとメタミドホスという危険な神経毒が発生します。 この神経毒は最悪死に至る危険な毒です。 小さいお子さんがいる場合は誤飲に注意!! でも正しい使い方をすればとても効果のある薬剤です。 説明が長くなりましたが重要なことなのでお伝えさせてもらいました。 ここからは無農薬でも虫を駆除できる方法について紹介したいと思います。 アルミホイルが苦手 アルミホイルなんかで駆除できるの? そんな風に思う方はいませんか? 駆除はできないですが 退治は出来るんです。 アブラムシはキラキラしたものを嫌います。 ただ自分の育てている 植物の茎の下に敷くだけです。 これだけでも効果はあります。 ぜひ試してみてください。 あの料理に使うアルミホイルだけで退治できるとは意外ですよね。 他にも皆さんが知らない驚きの方法がありますよー。 黄色いものに誘惑しよう アブラムシには面白い習性があるのは皆さん知っていますか。 なんと 黄色いものに近づいて来るんです。 そこで! 黄色いものを使って駆除する方法があります。 植物の回りに黄色い粘着テープを用意して捕まえる。 畑の場合はうねの真ん中に黄色いバケツをおきます。 そのバケツの中には水、油や乳酸菌飲料を混ぜた液体を入れておきましょう。 それだけで、集まってきたアブラムシは面白いように溺れていきます。 残酷なようですが、この方法も手軽にできてなかなかおすすめなんですよ。 黄色い容器と液体だけでアブラムシ対策ができるなんて驚きですよね。 この方法がダメだった方。 安心してください。 まだまだ手は沢山ありますよ! 時間はかかるけどセロテープで捕まえる この方法はアブラムシが あまり 繁殖してないときに使うといい方法です。 まずセロテープを適当でいいのでだいたい3cmぐらいのサイズに切ってください。 そして ペタペタとアブラムシをくっつけるだけ。 セロテープだとガムテープに比べ細いですよね? なので、すごくアブラムシをとりやすいです。 アブラムシを捕まえたテープは折って捨てましょう。 なかなか面白いやり方が色々ありますよね。 ここからは手作りスプレーについて紹介したいと思います。 農薬ではないので安心してくださいね。 片栗粉をどうやればスプレーにしてまいて虫を退治出来るの? そんな風に思いませんか。 でも出来るのです。 作り方は簡単。 水4Lに片栗粉大さじ5杯を溶かす• その水溶液を沸騰させて、さらに3分煮る• 冷ます これで完成です。 結構簡単ですよね。 材料もお手軽で誰でも簡単に作れます。 その作った片栗粉スプレーを葉っぱの裏にかけます。 数日後アブラムシは片栗粉に固められてほとんどが死滅しています。 この方法はとてもオススメです。 とてもお手軽ですよね。 スプレータイプのアブラムシ対策はまだまだあります。 片栗粉はべたべたするから嫌だという方は安心してくださいね。 牛乳スプレーをかける この牛乳スプレーのよさは• アブラムシを退治出来る• 霧吹きと牛乳だけでお手軽 ということです。 霧吹きに牛乳を入れて全体的に吹き掛けるだけです。 植物にまんべんなくかけます。 その後日当たりがよく、風通しがいい場所に移します。 その後牛乳が乾燥するのを待つだけです。 ただこれにもデメリットがあります。 牛乳の臭いがくさい! これさえ耐えられれば大丈夫です。 また、牛乳スプレーをかけることでアブラムシが呼吸できなくなります。 それと同時に 葉も呼吸できなくなってしまうんです。 なので、アブラムシが退治出来たらやることがあります。 それが 葉についた牛乳スプレーを水で洗い流してあげる事。 牛乳スプレーは材料がお手軽ですが、 牛乳が自宅にない場合がありますよね。 その場合でも大丈夫です。 他の方法を試してみましょう。 お酢スプレーをかける 材料ですが 水1リットルとお酢30ccです。 これなら大体家にあるのでお手軽ですね。 この材料をスプレーボトルに入れれば完成です。 それを葉っぱの裏にスプレーすればOK。 でもなかなか 臭いも強烈です。 このお酢スプレー。 実は殺傷能力が低く葉が黒く変化してしまうので私はあまりおすすめはしません。 さあとうとう最後の一種類になりましたね。 これは 殺傷率7割という多分今まで紹介してきたなかで1番効力があります。 いままで紹介してきたアブラムシ退治方法が効果が薄かった などと言う人にはオススメです。 重曹スプレーをかける 材料ですが• 水475cc• 重曹3. 植物油20cc• 台所用洗剤5cc です。 これで500㏐のペットボトル1本分です。 作り方はとても簡単。 スプレーボトルの中に 材料を入れて混ぜるだけです。 効果の程ですが、 先程も言った通り7割近くを死滅させることが出来るのでかなり便利です。 ですがデメリットもあります。 なんと花や葉の色が変化してしまうのです。 吹きかけると葉が黒くなってしまいます。 見栄えが悪くなってもいいという方にはオススメです。 牛乳スプレーの時のように作業が終わったら洗い流す というのも黒くさせない一つの方法ですよ。 今までの方法で効果に満足できない方は最終手段を使うしかありません。 農薬を使いましょう。 ただし今から紹介するのは人体に影響は無く安全なものです。 アブラムシが大量発生したらやっぱり薬剤!天然由来のものを使おう! 薬剤と言われてると 危険そうなどと思いますよね。 でも大丈夫です。 天然由来のものなら人体に影響はありません。 今から天然由来物について紹介したいと思います。 アブラムシに効くおススメの3種類。 ハッパ乳剤• ビレトリン• アーリーセーフ まずはハッパ乳剤。 材料はなたね油。 とても安全ですね。 実は説明書きには「ハダニ」「うどんこ病」と書いてあります。 でも、アブラムシにも有効なのでよかったら試してみてください。 ハダニは結構悩みの種だったりします。 今はハダニ被害がなくても1本あると便利ですよ。 次にピレトリン。 材料は主に除中菊を抽出したピレトリンという物質を使っています。 これですね。 ただ、めちゃくちゃ値段が高い!! 興味のある方は画像をタップ、またはクリックしてみてください。 びっくりすると思いますよ 笑 ただ、お値段の通り「こうかはバツグンだ!」 次にアーリーセーフ。 ヤシ由来の油を使っています。 こちらもおススメですが、全滅までには時間がかかるなんという口コミもあります。 このように薬剤だからといってすぐに危険と決めつけてはいけません。 安全な種類もあるのです。 あなたにぴったりのアブラムシ駆除方法は見つかりましたか? わたしの中でのオススメはやはり重曹スプレーですね。 ではそろそろまとめに入りたいと思います。

次の