バッドエンド の 映画 は 嫌い なん だ。 ハッピーエンドよりバッドエンドの方が好きと言う人見かけますけどこういう...

第三幕・解決 | トアルの五つの書

バッドエンド の 映画 は 嫌い なん だ

キリスト教の「七つの大罪」をモチーフにした連続猟奇事件を追う二人の刑事の姿を描いた作品。 退職まであと1週間と迫ったベテラン刑事サマセットと、血気盛んな新人刑事ミルズがある事件現場に急行するところから物語が始まる 原題はSE7EN。 2019年現在、アメリカの映画批評サイト Rotten Tomatoesで80%以上の支持を獲得する色あせない名作。 監督の嫌いな色はピンクらしく、終始画面のトーンは抑えられています。 悲しい映画ではありますが、それを補ってあまりある名作です。 オープニングクレジットから既に秀逸で「犯人の頭を映し出したようなもの」という監督の構想をカイル・クーパーが具現化しています。 傑作映画をベスト10を作るときもランクインする作品 鬱映画ランキングまとめ 今回ご紹介した映画を一覧にまとめました。 いっきにまとめて見るなら、U-NEXTとAmazon PrimeVideoが便利でした。 ただ、Amazonを利用されている方ならレンタル作品は多いですががおすすめです。 Amazonで買った商品が早く届いたり、で音楽も聴き放題になります。 私は多少、人間不信になっています(つらい)。 たっ楽しい映画もたくさん観ましょう! バッドエンドとはいえ名作ばっかりなんですけど、なんですけど・・・!.

次の

ネタバレ御免!バッド・エンドな映画たち

バッドエンド の 映画 は 嫌い なん だ

こんにちは。 『そうとめ』管理人の るいつです。 ストーリーを考える時には最初の段階で着地点、すなわちエンディングをあらかじめ想定しておく人は多いですよね。 そうすれば物語の軸がブレずにストーリーを進行することができますからね。 エンディングを一つに決めずに「ルート分岐」といったカタチで複数エンディングを用意している方もいるでしょう。 「終わり良ければ総て良し」ではありませんが、 エンディングの良し悪し次第で物語全体の評価が決まってくるぐらい重要なものなんですね。 今回はそのエンディングの一つである「 メリバ」についてお話したいと思います。 単なるハッピーエンド、バッドエンドとは異なるエンディングをつくってみたい方は必見です!• メリバとはバッドエンドの種類?メリーバッドエンドを例で考えよう 「メリバ」とは「 メリーバッドエンド」の略語です。 パッと見はバッドエンドという字面が強調されていて、悪い印象を受けるのではないでしょうか? しかしバッドエンドの前には「 メリー」という言葉があります。 そうです、この「メリー」とはクリスマスで発する「メリークリスマス」に用いられるときと同じ意味があるのです。 すなわち「メリー」は「 愉快な」「 陽気な」という意味があるのです。 これはどちらかといえば「ハッピーエンド」に近い言葉ですよね。 「ハッピーエンド」と「バッドエンド」が組み合わさった「メリーバッドエンド」という言葉…… その意味とは「 受け手 読者 や観点によって捉え方の異なるエンディング」です。 「ハッピーエンド」「バッドエンド」どちらかではなく、 どちらもなんですね。 メリバを例を用いて考える 受け手によって変わるエンディング……今いち頭に入ってこない方もいらっしゃるでしょうから、例を挙げて解説していきますね。 「 ヒロインのために世界中を敵に回した主人公」 ヒロインが人類から迫害されている存在で、味方をすれば世界を敵に回してしまうのにも関わらず、主人公がヒロインを選んだ場合を想定してください。 そして結果的に世界を滅ぼしてヒロインと添い遂げることができたとしましょう。 さて、このエンディングはハッピーエンドであり、バッドエンドでもあるのがお分かりいただけるでしょうか。 主人公とヒロインからしてみれば結ばれたのですからハッピーエンドでしょう。 しかしそのために犠牲になった彼ら以外の人類からしてみれば、まごうことなくバッドエンド。 このようなエンディングが「メリバ」なんですよね。 それからもう一例。 「メリバ」はよく「 ヤンデレ」と関連させて用いられることが多いです。 理由としてヤンデレキャラは偏愛を抱いており、その歪んだ思考が招いてしまった当人以外との幸せの価値観のズレを描けるからだと考えています。 ヤンデレヒロインが主人公を束縛して、彼の周囲の人間をすべて排除してしまった。 このような結末を描くことになってもハッピーエンドでありバッドエンドなんですね。 ヒロインから見ればハッピーエンドでしょうし、主人公からすればバッドエンドです。 メリバには読者の解釈も深くかかわる さて例を交えてメリバを解説したわけですが、どう感じましたか? なんとなく後味が悪く感じた人、儚さのようなものを感じた人、やるせなさを感じた人。 確かにすっきりとしたエンディングではないでしょう。 しかし色々考えさせられるエンディングであることは確かです。 読者に想像させる機会を与えるというのは創作する上で大事なことですからね。 メリバは読者の捉え方からも解釈が異なる 最後に、 メリバのハッピーエンドかバッドエンドかの判断はキャラクター間以外に読者自身も含まれるということを知っておいてください。 キャラクターが全員ハッピーエンドないしバッドエンドだと捉えていたとしても、読者がその逆だと受け取ってしまうことがあるのです。 例えば戦う運命にある孤独な主人公が最後まで戦い抜いてその後に力尽きて死亡したとします。 主人公は役目を成し遂げたと満足に死んでいき、彼を知らない他のキャラクターも「平和になった」と歓喜して万々歳のエンディングを迎えたとしましょう。 みんながみんな「ハッピーエンド」と謳う幕引きです。 しかしどうでしょう?あなたはハッピーエンドに感じたでしょうか。 バッドエンドに感じた人……いるんじゃないですか? 主人公は戦う運命に縛られ続けたままその命を費やしたのです。 そして周囲の人々は見ず知らずの彼が救った彼のいない世界を称賛した。 運命を打ち破ることもできず、命が消えたことを知られることもなかった主人公は本人からすればハッピーエンドであっても、読者の目からすればバッドエンドにうつるかもしれません。 このように 登場人物の見解が読者の見解と異なるようなメリバの作り方もあることを知ってもらえると、創作の幅が広がるかと思われます。

次の

バッドエンドを求める人の心理を教えてください

バッドエンド の 映画 は 嫌い なん だ

下記は、質問の直接の答えではないし、裏を取ったわけでは無く偏見かもしれないので、信じすぎない程度に聞いて下さい。 悲劇的な雰囲気に浸るのが好まれた時代がかつてあったというような話を本で読んだことがあります。 想像になりますが、そのかつての風潮の流れがあるのかもしれません。 悲劇的な雰囲気に浸るのが好まれたというのは例えば、音楽は明るいものは流さず、失恋しただけで「もうこの世の終わりである」と頭を抱えるようなものだったそうです。 それがステータスであったとさえ書かれていたかもしれません。 ここはかなり自信がありません その風潮があったというのが本当なのか、あったとしたら何故なのか、現在小説やゲームでのバッドエンドを好む人がいるのと関係があるのか・・・というのははっきりしませんけどね。 ちなみに私もバッドエンドは好きではありませんね。 一時は好きでしたよ。 でも、バッドエンドだから大人向きとか教訓が多いとか思っていたのはただの勘違いなんじゃ無いかなと思うようになりました。 創作物だけではなく、日常生活からしてそもそもそうだと思います。 失敗体験だけでは無く、予定通りにいったこと、予定よりもうまくいったこと全てを振り返って学ぶべきであり、失敗していないから学ぶべきものは何も無い・振り返る必要は無いというのはおかしい気がします。 さらに言えば創作物は、教訓が一番大事なわけでもありませんしね。 そう思ったら、バッドエンドの良さというものが分からなくなりました。 バッドエンド物って、登場人物が己の持てる能力の全てを出し切るが如く、果敢に運命に立ち向かって行くというストーリーが多いですよね。 その中途中途で仲間を見つけて協力し合ったり、小さな勝利を収めて、ささやかな希望が見えたり…。 その時代というか社会というか、自分一人の力ではどうにもならない大きな力に翻弄されながらも生き抜こうとする姿がとても魅力的かつ人間的で共感できたり、ときには自分と重ねて応援したくなったり。 逆に、自分が如何に安穏として暮らしているのかに気付かされて、胸が締め付けられたり…。 映画や漫画にバッドエンドを求めるのにも、同様の心理が働いていると思います。 作品を鑑賞することで、登場人物達の波瀾万丈な人生を疑似体験することも一つの目的になっていますが、自分の現実の立ち位置の確認には、バッドエンド物の方がハッピーエンド物よりも分かり易く、感情移入し易いというのが要因としてあるのでは…。 つまるところ、「自分自身の幸福値を確かめることにバッドエンド物は一役買っている」のではないでしょうか。 辛いときこそ、「本当の幸福とは不幸とは何か? 生きるとはどういうことなのか?」とトコトン突き詰めて、歌や物語に登場する主人公達の苦しみを間近に感じることで、言葉は悪いですが、ここまで辛い運命に立ち向かう人がいるのなら、自分はまだまだやれるはず、頑張れるはずだと奮起する為に「活力源として求める」ということも考えられます。 他にも色んなことが考えられますが… 何だかよく分からないけれど、不安だとか悲しいと感じることは、生きていく上で経験する人は多いものでしょう。 自分では言葉には出来ない、映像化しにくい不安や葛藤が作品によって具現化され、シミュレーションすることが出来るので、安堵感が得られるという点も大きいと思います。 そういった実態の掴み辛いストレスを作品を観て泣くことで鎮められるということを経験上 実感している人が、バッドエンド作品を求めるのではないでしょうか。 これに関連すると思われる話として、 【泣こうよ. com】 では、 【涙の効用】 という記事が載っていますので、是非ご覧になって下さい。 その記事について掻い摘んで説明します。 そこで紹介されているウイリアム. フレイ2世博士の「感情的な涙」の調査結果によると、人は喜びよりも悲しみに涙する生き物 (1. ***** これは私の場合ですが、バッドエンドの物語を見るときは、一縷の望みを求めている事が多いですね。 完膚無きまでにどん底なものよりも、何処かで救われている人はいないのか?とか、ハッピーエンドとは言えなくとも、望みを託せるようなサバイバーとも呼ぶべき逞しい人はいないものかと…。 悲しみの中の希望は尊く思えるから、つまりは「感動したい」ということ、これが本音になりますね。 A ベストアンサー バッドエンドが大好きな人ですがお答えします。 >映画とかドラマでバッドエンドが好きな人ってどういう考え方なのですか? 恋愛映画などでは結ばれないで終わるとか、 ヒューマンドラマでは死んで終わるとかです。 こういう人は基本的に悲劇的な創作が好きなんだと思います。 恋愛映画も、ヒューマンドラマも好きではないが、いい意味で期待が裏切られる快楽に病み付きというわけですね。 あるいは夜よりも暗い絶望の中に薄い光を見出しているのかも。 >他人が不幸になることで喜びを感じるのでしょうか? それとも自分が不幸だから他の人も自分と同じような状況になって共感するのでしょうか? 一概には言えませんが、約束された薄っぺらな愛や幻想が破壊されるのは、苦労した人や知識人など一部の人には受けると思います。 共感というよりは「まあ頑張れよ」といったところで、多少の喜びはあるかもしれません。 要するにアンパンマンよりバイキンマンを応援し続けていたタイプですね。 A ベストアンサー 1.絶対!絶対!ハッピーエンド!! 2.悲しいじゃないですか、物によっては凄く怖いじゃないですか(泣)。 あまり見たくないけど…ホラー系で最後、ドワァ~~って感じで終わられると、凄くその後が気になっちゃうし、効果音が凄かったりリアルすぎればすぎるほど何だか怖いし。 何度も夢に見ちゃうし(ホラーはだから嫌い、付き合いで見たりすると後で後悔する)。 物語がハッピーエンドで終わってくれる方が、ああっ良かったね~良かったね~ってほのぼのしていられるし安心だし…絶対、その方が良いです。 バットエンドは私にとって心臓に悪いので嫌です。 アニメやドラマもスッキリしないので好きではありません。 Q インターネット上にはグロ画像・グロ動画と呼ばれるメディアが沢山出回っています。 汚物や死体や人が殺されている現場や拷問されている現場、その他嫌悪を催すものを題材にした映像類のことです。 ずいぶん前からこの手の画像や動画を見たりしていて、止められないのです。 もちろんこういうものを見ると不愉快な感情になりますし、人が殺されている現場などを見ていることに罪悪感や恐怖も感じます。 論理的に考えれば、そんなもの"みたい"なんて思うわけないのですが、気が付けばグロ動画を検索しているような状態です。 このような人は沢山いると思うのですが、第三者から見れば私は普通のサラリーマンだと思います。 会社勤めもしていて、仕事も任されています。 友人は少ないですが、恋人も作れるし家族とも仲良くしています。 なぜこのようなことになってしまったのでしょうか。 どうしたら健全な状態になれるでしょうか。 学術的なアドバイスでも、宗教的なアドバイスでもよいので私に教えてください。 A ベストアンサー これは、きっと、あなただけの問題ではなく、 いま日本の社会が、もっている、社会的な病理、情報構造の病理ともいえるのかと思い投稿させていただきました。 これらの画像や映像を見ようとする行為というのは、自らは、観察者として(絶対的な安全が確保された上で)自分と関係の無い他人が、生きている状態から無残な状態へと変貌させられるという過程を息を呑みながら「視る」という行いです。 あなたはただそれを見ているだけと思っているかもしれませんが、あなたが、視たことによって引き起こされた感情なり想い(ショック、悲しみ、不条理感、怒り、無力感)によって、実は何事も行動しなかったという行いもしているのです。 さらに、視たことを自分の心の中に隠匿し、なおかつ背徳感を抱きながら、ある部分悩んでいるという行為をも・・・。 質問文の最後に「なぜこのようなことになってしまったのでしょうか。 どうしたら健全な状態になれるでしょうか。 」とあるようにあなたの心は、その行為の、背徳性をすでに知り、健康な状態への志向が顔をだしているのでは? 画像や映像によって知った「現実」に対して、これが人間の性だとか、これが今の社会の現状だとか思わせられてしまうのが、自分は何もできない、巨大な情報ネットワークであり、「考察」や「分析」であり政治や教育、経済もそれに深く絡んでいます。 人は、いつも世の中で何が起こっているのか知りたいのです。 それは、きれいなこともひどいことも。 隣町で戦争が起こって、人が悲惨な状態になり、または、誰かが人を殺そうとしたりしている、あるいはしてしまったとしましょう。 それを、見に行こう知ろうとするのはむしろ必要なことかもしれません。 勇気のいることであるとも言えます。 むしろ、それらが起こっていることを知りながら、そこから遠ざかろうとするだけでは人間として不十分なのかもしれません。 しかし、それを視たことによって、どんな想いを描くかが問題でしょう。 それを視て喜ぶのか、自分もやりたいと思うか、加担しようとするか、悲しみ、憤ることもできるでしょう。 人びとに訴えることもできるでしょうし、そのようなことを阻止しようとすることも助けようとすることもできるでしょう。 起こっていることが何なのか考えることも、見ている自分が何なのかも考えることができる。 さらにもっとできることはあるはずです。 最初は小さいかもしれませんが、自分自身が、社会に何か作用する力を持っているということを思い出してください。 多分、昼間は目一杯会社で働かされて、夜や休みの日自分の時間を休みとして刺激の最も強いもので様々な縛りからのがれようとしているのかもしれませんが。 それらの画像や映像を撮るときどんな想いによってそれがなされたでしょう。 それをネット上にアップする人の気持ちの根底にどんな想いがあったのでしょう。 そういう邪悪な感情とは同調しないようするのが いいのではないかと思います。 知り得た事実に対してどのように行為できるかが現代の人びとの大きな課題だと思います。 これは、きっと、あなただけの問題ではなく、 いま日本の社会が、もっている、社会的な病理、情報構造の病理ともいえるのかと思い投稿させていただきました。 これらの画像や映像を見ようとする行為というのは、自らは、観察者として(絶対的な安全が確保された上で)自分と関係の無い他人が、生きている状態から無残な状態へと変貌させられるという過程を息を呑みながら「視る」という行いです。 あなたはただそれを見ているだけと思っているかもしれませんが、あなたが、視たことによって引き起こされた感情... Q 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。 まず、朝、起きることができません。 昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。 例えば、友達と約束をしていても外出することができません。 休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。 熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。 今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。 平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。 でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか? 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。 まず、朝、起きることができません。 昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。 例えば、友達と約束をしていても外出することができません。 休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。 A ベストアンサー TVで精神科医が話してらしたのですが、 普段と違うことをすることによって脳のストレスが緩和されるそうです。 ・事務系の人が、休日アウトドアしたり、就業後カラオケで発散する。 ・外回りの人が、週末部屋でTVみてゴロゴロする。 ・子育て中の主婦が、たまにママ友達とファミレスでおしゃべりする。 ストレスの緩和は立場によって違うんですね。 現在の日本は、不安を抱えた平和で安全な国だと思います。 刺激がないので刺激を求め、痛みがないので痛みを求め、 男女の出会いが安直になっているので、純愛映画が流行り、 感動が少ないので、泣ける話がヒットする。 脳の中にはいろいろな引き出しがあって、 カラの引き出しを、埋めようとしているのかもしれません。 親譲りの気管支ぜんそく気味な体質ではあります(でも常時服薬するとかではない)。 朝なんかも起きると必ず咳。 実は、上のようになると必ず1日数回、 そうでなくても、夏冬の時期・冷暖房などによる室内外の温度差や乾燥などでも 『突然、肺の上のあたり~喉にむかってむず痒くなり、数秒で苦しいほどの咳が出ます。 痒くてチカチカイガイガが猛烈に来た感じで、それが止まるまで顔が真っ赤になるほど咳が止まらず、息を吸う間もないほど激しくなります。 涙・鼻たれ、グジャグジャ。 』 会議中や、バスの中などでこれに出くわすと、精神的にも参ります。 必死で息を少しだけ吸って真っ赤になってガマン。 水飲んだりのど飴もダメで、時間がある時は、とにかく治まるまで5-10分咳をし続け、疲れ果てたころやっと治まる。 こんな方いらっしゃらないですか?ただの咳というより、喉が奥から急激に痒くなる感じでやってくるような方。 キタキタ・・・・とわかるんです2秒くらいで。 一時的にどうされていますか?意外と早くその場でしずめられる妙案ご存知ないですか? 同じ症状の方、どうなさっているか、しのぎ方を知りたいです。 親譲りの気管支ぜんそく気味な体質ではあります(でも常時服薬するとかではない)。 朝なんかも起きると必ず咳。 実は、上のようになると必ず1日数回、 そうでなくても、夏冬の時期・冷暖房などによる室内外の温度差や乾燥などでも 『突然、肺の上のあたり~喉にむかってむず痒くなり、数秒で苦... 呼吸器をやられる風邪だったようですが、 胸のあたりからイガイガチカチカし始め、一旦咳が出始めると止まらない という状態に、私もここ数週間悩まされてました^^; その時は、とにかく部屋を加湿し 気管支を乾燥させないように、市販の吸入器でひたすら湯気を吸っていました。 ただ気管支が弱い(?)方で、質問者様のように仕事先や出先で咳が止まらなくなる時は 一時的な対処だけでは気管支の炎症を引き起こし長引かせてしまう場合も。 ここはやはり今一度、呼吸器内科などで相談されるのがいいかと。 喘息気味が本格的な喘息になる前に、中長期的な治療も考慮されたほうがいいと思います。 お大事になさってくださいね Q 私はブスがすごく嫌いなんですがどうしてでしょうか? 今英語の勉強をしていて、外国人と毎日会話をしています。 有料の英語プログラムで、外国人の女性のウェブカメラを見ながら会話をするんですが 相手が美人の時は、時間いっぱいまでたっぷり話すし、やる気も出るんですが 相手がブスとかデブとか黒人とか40位のばばあとか出てきた時は、こちらから強制的に切断してしまいます。 カメラの映像を消して、会話にだけ集中しようと思ったりもしましたが、最初にブスとわかってしまうと もうだめなんです、話す気もおきないし、頭に何も質問が浮かんでこないんです。 話していてもどうしても攻撃的になっちゃうし、めんどくさいんです。 相手が最初にかわいい大学生だったり、すると日系人でも、ヒスパニックでもアメリカンコリアンでものりのりで話せます。 なぜブスに耐えられないんでしょうか? 他の場面では 職場で美人の先輩とかだと、理不尽なことを言われてもたまには私も言い返したりもしますが、大体はしょうがないなって思えます。 デブとかブスの女の先輩の場合、相手の顔を見るとひきつってしまったり、何を言われてもうるせえな、ブスの癖に生意気なんだよってすぐに思ってしまうんです。 合コンをやったときに、幹事が普通くらいの顔なのに残りの4人の女の子をブスでそろえてきた時に、待ち合わせ場所で私がキレてしまい。 合コンをはじめるまえに、今日は一人8000円だけど払える?って言ったら女性がそれは無理といって無理やり合コンを中止にしたりしました。 耐えられないんです。 ブスと思ってしまうと我慢ができません。 逆の例をだします。 昔出会い系でお互い顔を見せずに、駅で待ち合わせをするとリクルートスーツを着た、顔が小さい坂下ちりちゃんの若い時みたいな顔の子がきて、ついガッツポーズをしちゃいました。 相手は僕の顔は何も気にしなくて、結局そのままいい感じにまでもっていけたんですが、その子が結構わがままだったりしたんですが、とにかくかわいくて、周りの友達に自慢できたし、一緒に歩いてても恥ずかしくないので長く関係をもてたんです。 悪い経験が、年齢が19でDカップという情報を聞いていて、駅にきたのがおばさんみたいな顔をした鼻の横の線が太くて、一重で、うすっぺらい顔だけど、性格のいい子で、同じ関東同士なのにわざわざお土産までもってきてくれたんですが、どうしてもその顔に耐えられなくて、ビルに入ってトイレに行くふりをしてそのままばっくれて、携帯のメールも電話も全て拒否しました。 最悪なのはわかっているんです。 でもブスとわかると何もかも全てのことが許せなくなるんです。 自分に対してもイライラするし、周りの人が自分のことを笑ってる気がするし、 一番思うのが、ブスの癖に生意気、ブスなんかは一切かかわりたくない、意味がない、好かれたくもないし、目的が一切ない、ブスが俺と話すのなんて生意気、とかそんなことを思ってしまいます。 なんでなんでしょうか。 自分に対するコンプレックスの表れなんでしょうか。 ちなみに父親は普通の顔ですが、母親はかなり美人らしいです、田舎ですが準ミスになってるので。 なので僕も顔は結構イケテルらしいです。 あくまでもらしいです。 でも女性に対しての性格は最悪っていわれます。 私はブスがすごく嫌いなんですがどうしてでしょうか? 今英語の勉強をしていて、外国人と毎日会話をしています。 有料の英語プログラムで、外国人の女性のウェブカメラを見ながら会話をするんですが 相手が美人の時は、時間いっぱいまでたっぷり話すし、やる気も出るんですが 相手がブスとかデブとか黒人とか40位のばばあとか出てきた時は、こちらから強制的に切断してしまいます。 カメラの映像を消して、会話にだけ集中しようと思ったりもしましたが、最初にブスとわかってしまうと もうだめなんです、話す... A ベストアンサー 私は女ですが、ブスが嫌いです。 細い子はなぜ細いかというと太らないよう常に努力してますし、可愛い子ほどメイクも服も少しでも自分を可愛くみせるよう絶え間ない研究&努力をしています。 さらに言うと、元々の顔がブスでも、努力して可愛く見せている女の子はたくさんいます。 (一重はメザイクやアイプチでいくらでも二重にできますし、それこそ美容整形だっていくらでもありますしね)。 私が思うに、ブスは生まれたときからブスなのではなくて、なるべくしてブスになったんだと思います。 デブも同じです。 女に生まれたからには可愛くなくっちゃ意味がないと、私は思います。 すっぴんで過ごす小中学生は仕方が無いですが、高校を過ぎてしまえば、女性の美しさは元々の顔形というより努力とお金の掛け方に比例します。 私は、何の努力もしないままブスやデブな自分に甘んじて怠惰に生きているその性根が嫌いだし、ブスやデブなまま生きてるコを見るとイライラします。 「あるがままの自分の姿を受け止めてくれる人がいつか現れるはず」なんて自分に甘い考えは捨てて、愛されるために最大限の努力をすべきだと思います。 なぜブスのまま生きていらるのか、なぜ可愛くなるための努力をしないのか、まったく意味が分かりません。 質問者さまは私と同じで、自分に甘い人間や努力しない人間が嫌いなんじゃないでしょうか?? 私は女ですが、ブスが嫌いです。 細い子はなぜ細いかというと太らないよう常に努力してますし、可愛い子ほどメイクも服も少しでも自分を可愛くみせるよう絶え間ない研究&努力をしています。 さらに言うと、元々の顔がブスでも、努力して可愛く見せている女の子はたくさんいます。 (一重はメザイクやアイプチでいくらでも二重にできますし、それこそ美容整形だっていくらでもありますしね)。 私が思うに、ブスは生まれたときからブスなのではなくて、なるべくしてブスになったんだと思います。 デブも同じです... A ベストアンサー いろいろな理由があるかもしれませんが、一つには「悲しいときに悲しい表情をすると、心の底から悲しくなってしまうので、それを避けようとして笑う」というのがあるのではないでしょうか。 多くの人がそのようにして笑った経験があるだろうと思うのですが、それではどうして「悲しいときに心から悲しい」と素直に認めることができないのでしょう。 人間は成長していく中でさまざまな出会いを繰り返し、社会の中で自分をどのように表現していけばよいのかを学んでいきます。 その中で「まわりに会わせる」方ばかりに天秤が傾いてしまって「自分の素直な気持ちを受け入れ、表現する」ことができなくなってしまうと、顔の表情と心の中身が違った人になってしまいます。 多くのカウンセリングの理論では「自分の気持ちを素直に表現できるようになること」を一つの目標にしていますが、それくらい本当の自分の心を表現できない人々がこの世の中にはいるのですね。 現実の生活では時と場合に応じてさまざまな役割を果たさなければならないように、いつもいつも「ホンネで素直な自分」で過ごせるとは限りませんが、時には「笑えて来るくらい悲しい」自分の中の「悲しい気持ち」に意識を集中して、思いっきり悲しんでみるのも大切なようです。 仮面の笑いに隠された「ホンネ」を思いっきり感じてみる。 するとそのあとで、気持ちがすっきりすることが多いようですよ。 いろいろな理由があるかもしれませんが、一つには「悲しいときに悲しい表情をすると、心の底から悲しくなってしまうので、それを避けようとして笑う」というのがあるのではないでしょうか。 多くの人がそのようにして笑った経験があるだろうと思うのですが、それではどうして「悲しいときに心から悲しい」と素直に認めることができないのでしょう。 人間は成長していく中でさまざまな出会いを繰り返し、社会の中で自分をどのように表現していけばよいのかを学んでいきます。 その中で「まわりに会わせる」方...

次の