ギャバ 効能。 GABAとは?

GABA(ギャバ)の効果・効能|高めの血圧を下げてストレスを軽減

ギャバ 効能

Sponsored Links GABAは脳の興奮を鎮める神経伝達物質 GABA(ギャバ)とは天然アミノ酸の一種で、人間や動物の脳や脊髄などの中枢神経に多く存在しています。 GABAはドーパミンやグルタミン酸などと同じ神経伝達物質ですが、ドーパミンやグルタミン酸が脳に興奮をもたらす神経伝達物質であるのに対して、GABAはそれらの過剰な分泌を抑えて神経を落ち着かせる働きをします。 脳はこうした「興奮性」と「抑制性」の相反する神経伝達物質がうまく働くことでバランスが保たれています。 ところが、ストレスの多い現代社会ではGABAの消費量が増えてしまい、体内で作られるGABAの量だけでは不足がちになってしまいます。 GABAが不足すると精神的な緊張状態が続き、イライラやうつなどの原因のひとつになります。 そのため、食品から積極的にGABAを摂取しようという傾向が高まっているのです。 現代人にうれしいGABAの効果5つ! 最近はGABAの研究が進み、さまざまな効果があることがわかってきました。 そのうち最も注目したい効果を5つピックアップしてご説明します。 効果1 抗ストレス作用 GABAは興奮や神経の高ぶりを抑えて緊張状態を緩和して、ストレスを軽減する働きが確認されています。 また、脳内で抑制系の神経伝達物質として作用し、リラックスした状態をもたらす役割があるため、癒し効果が高いといわれています。 その他、疲労に着目したGABAの実験では、ストレス改善とともに疲労感の軽減と作業効率の向上に効果があることも報告されています。 効果2 不眠解消 就寝時にドーパミンやグルタミン酸が活発な状態だと神経が高ぶって、なかなか眠りにつくことができません。 GABAはこれらの興奮性神経伝達物質の活動を抑えて眠りに入りやすい状態をつくるとともに、体の深部の体温を下げて快眠を促してくれます。 寝る前の1時間~30分前にGABAを摂ると効果的です。 効果3 血圧を下げる GABAは体内で血液に吸収されると、血圧を上げる要因であるノルアドレナリンの分泌を抑えます。 また、腎臓の働きを活発にして塩分を排出し、血圧の上昇を妨げる効果もあります。 さらにうれしいことに、GABAは高血圧に対してだけ血圧降下作用を起こすのです。 効果4 コレステロールや中性脂肪を抑える GABAは腎臓や肝臓など内臓の働きを活発にして、血液中のコレステロールや中性脂肪を調整する働きがあります。 また、成長ホルモンの分泌を促進して脂肪の代謝を活発にすることも中性脂肪を抑える要因となっています。 効果5 脳細胞の活性化 GABAは脳内の血流を活発にする働きがあり、脳への酸素量を増やしてくれます。 そのため脳細胞の代謝機能が上がり、活性化されます。 また、記憶力や学習能力の向上、アルツハイマー病の予防や改善、脳障害による後遺症の改善などにも効果があるという報告もあります。 GABAの適切な摂取量は? アルコールの代謝を早めたり、肥満や生活習慣病、更年期障害などの改善効果もあるGABAですが、どのくらい摂取すればいいのでしょうか? GABAの1日の必要量は 10~50mgとされています。 野菜や発酵食品などにも含まれているので、野菜中心の食事を心がけていれば不足することはないでしょう。 ただし、外食中心だったり、疲労やストレスが続くとGABAは不足します。 このような場合は、GABAを強化した食品やサプリメントなどで補うことが望ましくなります。 ギャバ・ストレス研究センターによる実験では、50~100mgのギャバを摂取すると、ストレス軽減などの効果が期待できると報告されています。 抗ストレスやリラックス効果を実感したい場合は、1日当たり50~100mg以上のGABAを摂取するようにしましょう。 GABA(ギャバ)を含む食べ物・サプリメント GABAは穀物・野菜・果物・発酵食品などの植物類に多く含まれています。 発芽玄米に多く含まれていることで有名なGABAですが、野菜や果物類にも含まれているため、栄養バランスの取れた食生活を意識したいところです。 GABAが多く含まれている食べ物• 野菜類・・・トマト・じゃがいも・ナス・かぼちゃ・キャベツ・ニンジン• 果物類・・・ブドウ・みかん・柚子・ネーブル・柿・びわ• その他・・・ジャコ・ぬか漬け・発芽玄米・キムチ もし、GABAの効果をより実感したいなら、サプリメントを活用しましょう。 サプリメントを選ぶ基準は、1日当たり100mg以上のGABAが含まれていることです。 また、副交感神経を高めてストレスを軽減する「テアニン」や、睡眠の質を改善する「グリシン」などの休息成分も同時配合されていると、より効果を期待できます。 その他、GABAの働きをサポートする「ラフマ葉」が配合されているサプリメントもおすすめです。 参考:グッドナイト27000 「グッドナイト27000」には、1日当たり102mgのGABAが配合されています。 さらに、テアニン・グリシン・ラフマも配合されているため、高いリラックス効果が期待できます。 睡眠の専門家からも高い評価を受けており、2016年度モンドセレクション金賞を受賞。 公式サイトの定期コースで購入すると、初回990円で購入できます。 ただ、1日1000mg以上を摂った場合には、動悸や息切れ、吐き気、唇の痙攣などが起きることがあるようです。 また、持病のある人や、抗うつ剤、血圧降下剤などを服用している人は、必ず医師に相談してから摂取するようにしましょう。 ストレスがあるなら、GABAを摂ってリラックス! プレッシャーやストレスを感じていたり、睡眠の質が下がっているなら、積極的にGABAを取り入れるといいでしょう。 また、試験・発表会・プレゼンなどで緊張しそうな時は、事前にGABAを摂ってからのぞむといいかもしれません。 GABAはアミノ酸の一種なので、過剰に摂取しなければ副作用はほとんどありません。 ストレス・不眠に悩んでいるなら、GABAを活用することをおすすめします。

次の

ギャバ(GABA)の効果、効能2|サプリメント

ギャバ 効能

私たちの身体に欠かせない「天然アミノ酸成分」の一種に属しながら「セロトニン」「ドーパミン」「アドレナリン」などと関わり合いながら、脳内における働きの調整をしています。 これを機に「医薬品」として使用される他、厚労省においても「食品成分」と認定された(2001年~)ことから「GABA(ギャバ)」を多く含む食品系(お茶類など)が販売され、最近では「アスリート界のストレス解決策」に用いられるとともに、「日々のストレス軽減策」としても身近な存在として注目を集めているのです。 現代人に必要不可欠なGABA(ギャバ) 現代社会の中に身を置く私たちは「大量のストレス」に日々追われているため、体内における「GABA(ギャバ)」の成分量が足りていません。 本来は自生できる「GABA(ギャバ)」で身体をコントロールできるのですが、「GABA(ギャバ)」が不足に陥ると「興奮・緊張状態」に達した自身の抑制が困難になるので、「頭痛」を引き起こすなど、一向にリラックスできにくくなってしまいます。 GABA(ギャバ)の効果効能 「GABA(ギャバ)」の最大効果は、「興奮系神経伝達物質」の過剰な分泌を抑制することで脳神経へと働きかけ、「気持ち・心を落ち着かせる」という「抗ストレス作用」です。 他にも、「血圧上昇抑制」「ダイエット」「糖尿病改善」など様々な効果効能がありますので、ひとつひとつ見ていくことにしましょう。 脳細胞の破壊を防ぐ効果 多様な「ストレス」が加わることで「脳細胞」が破壊され、「健忘症」などの疾患が生じる恐れがありますが、「GABA(ギャバ)」にはそれを抑えてくれる効果効能があります。 高所恐怖症ストレスを抑える 高所恐怖症を抱える方たちは高所に身を置くことで神経が昂ぶり、次第に「免疫力低下」「混乱」「鬱(うつ)」「緊張状態」へと陥りやすくなりますが、「GABA(ギャバ)」にはそれを抑えてくれる効果効能があります。 免疫力低下を抑える効果 「ストレス」を抱えたままでいると、それに伴って「免疫力」も低下してしまうのですが、「GABA(ギャバ)」にはそれを抑えてくれる効果効能があります。 睡眠への効果 就寝約30分前に「GABA(ギャバ)」を摂取することによって、質の良い睡眠の確保へとつながる効果効能があります。 現在販売されている医薬品の「睡眠薬」には、「GABA(ギャバ)」の受容体に作用するものが多く、それだけ「GABA(ギャバ)」の睡眠に対する効果が応用されているということになるのです。 寝つきがスムーズになる• 深い眠りを確保できる 学習への効果 近年の研究により、「GABA(ギャバ)」を摂取することで「通常の約1. 5倍の学習効果が得られる」との効果効能が明らかになっています。 アルコール摂取によって弱った肝機能の回復 「アルコール」とともに「GABA(ギャバ)」を摂取することで、「血中アルコール濃度の抑制」「アルコール消化速度の調整」をしてくれる他、「肝機能の働きが高まって異常が抑制される」との効果効能が明らかになっています。 ダイエット効果 近年の研究により、「GABA(ギャバ)」を摂取することで「中性脂肪値の抑制」が期待され、「体重の増加も抑えられる」との効果効能が明らかになっています。 糖尿病の改善効果 「膵臓」から分泌される「インスリン」の分泌量の低下などが原因となって「糖尿病」が発症してしまいますが、「GABA(ギャバ)」には「インスリンの分泌を促す」という効果効能があります。 血圧上昇の抑制 「GABA(ギャバ)」には以下のような働きによって、血圧の上昇を抑えてくれる効果効能があります。 「腎機能」を高めることで、血圧上昇を促す塩分の排泄を促す• 「中性脂肪」「コレステロール」の増加を抑制する• 「延髄」の「血管運動中枢」に作用することで「抗利尿ホルモン」の分泌を抑制し、血管を拡げる GABA(ギャバ)の副作用と適切な摂取量 懸念される副作用 基本的に、「GABA(ギャバ)」は安全。 なぜなら、「GABA(ギャバ)」は私たちの身体に元々ある物質であるとともに、「野菜・果物」をはじめとする食品・食べ物に由来する成分であるからです。 ただし、過剰摂取(摂りすぎ)によって以下のような「副作用」が懸念されますので、摂取量には注意をしてください。 【GABA(ギャバ)の過剰摂取(摂りすぎ)による副作用の例】• 唇の痙攣(けいれん)• 顔の赤面• 息切れ・動悸など 適切な摂取量 上記で、「GABA(ギャバ)」の過剰摂取(摂りすぎ)による「副作用」について触れましたが、適切な摂取量とは一体どの程度のものなのでしょうか? 基本的な量と摂取時間の目安として、より効果を実感したいという方には、「50mg~100mg」の「GABA(ギャバ)」を「食後」に経口摂取することが良いでしょう。 摂取方法では食品・食べ物をベースとすることがベターですが、生活スタイル的に困難である場合などは、ギャバパウダーなどの「サプリ」を取り入れることも「ストレス軽減」に効果的です。 他にも「高血圧予防」の効果効能もあるため、あまりサプリに慣れていない高齢の方には「GABA(ギャバ)を含むお茶」や「トマトジュース」を飲用することもおすすめですよ。 【GABA(ギャバ)摂取による副作用を防ぐための注意事項】• 「食前」などの空腹時の摂取は、「副作用」を起こしやすくなりますので、摂取時間にはくれぐれも気をつけてください。 1日につき「500mg」を超えると「副作用」の危険性が高まります。 何事も継続することが大切ですので、早期段階で「効果なし」と決めつけずに、コツコツと摂取していくようにしましょう。 GABA(ギャバ)を多く含む食品 ここまでお伝えしてきたとおり、「GABA(ギャバ)」は「天然アミノ酸成分」ですから、実は私たちが毎日食べている食品・食べ物の中にさまざまな形で含まれています。 最近では、「乳酸菌」によって「GABA(ギャバ)」をより効率的につくることができるという研究結果が明らかとなり、「醤油」「漬物」「キムチ」などの「発酵食品」や「GABA(ギャバ)」配合の「チョコ・チョコレート」「お茶」「飴」をはじめとする商品の開発が盛んになってきているのですよ。 「米類・野菜・果物」を中心に「GABA(ギャバ)」を多く含む食品・食べ物を以下にまとめましたので、参考にしてみてくださいね。 米類 100g中に含まれるGABAの量(mg) 発芽玄米 10 玄米 3 胚芽米 2. 5 白米 1 野菜類 100g中に含まれるGABAの量(mg) トマト 40~45 じゃがいも 30~35 なす 20 かぼちゃ 5~10 椎茸(しいたけ) 5~10 かぶ 5~10 きゅうり 5~10 キャベツ 5~10 枝豆 5~10 人参 5~10 大根 5~10 ピーマン 3~5 いんげん 3~5 小松菜 2~3 ししとう 2~3 レタス 1~2 チンゲン菜 1~2 玉ねぎ 1~2 ほうれん草 1~2 白菜 1~2 果物類 100g中に含まれるGABAの量(mg) ぶどう 20~25 温州(うんしゅう)みかん 15~20 甘夏みかん 12~13 柚子 12~13 伊予柑 10 びわ 8 はっさく 5~6 キウイ 3~5 ポンカン 2~3 富有(ふゆう)柿 1~2 桃 1~2 いちじく 1 菓子類 100g中に含まれるGABAの量(mg) チョコ・チョコレート 9 まとめ いかがでしたか? ストレス社会で生活する上で、「ストレス抑制効果」をもたらしてくれる「GABA(ギャバ)」は必要不可欠な成分です。 1日に「50mg~100mg」の量を目安に、「食後」の「経口摂取」を取り入れるようにしていくと良いでしょう。 ただし、「チョコはGABA(ギャバ)が豊富だからたくさん食べよう!」というような「チョコの食べ過ぎ」などは、身体に逆効果となり、せっかく摂った「GABA(ギャバ)」も「効果なし」という結果になってしまいます。 ですから、適切な量を適切な時間(タイミング)の中で摂るようにしてくださいね。

次の

GABAとは?

ギャバ 効能

「リラックスをもたらす成分」として知られている「GABA(ギャバ)」。 チョコレートの商品名としてもおなじみなので、GABAという名前自体は聞いたことがある方も多いと思います。 一般的には、英語表記の頭文字を取った「GABA」という略称で知られています。 GABAはわたしたちの体内で神経伝達物質として働き、ストレスを和らげて脳の興奮を鎮める効果があるとされている成分です。 体をリラックスさせる働きがあるため、安眠や血圧低下にも役立つことが確認されています。 ストレスや緊張が多く交感神経優位な状態が続きがちな看護師にとって、リラックス作用のあるGABAは、自律神経のバランスを整えることに役立つ成分なのです。 GABAは睡眠中に体内で合成されます。 睡眠時間が短かったり、睡眠サイクルの乱れやストレスから熟睡できなかったりすると、体内でのGABAの合成量が少なくなり、不足してしまいがちです。 以下のようなことを心がけて、体内のGABAを増やすよう心がけましょう。 GABAを含む食品を食べる GABAは食品から摂取して補給することが可能です。 GABAを多く含む食品としては、チョコレートや発芽玄米、キムチ、納豆、じゃがいもなどが挙げられます。 GABAの血圧降下作用について表示することを国に認定された特定保健用食品(トクホ)も販売されています。 ビタミンB6を含む食品を食べる ビタミンB6は、体内でのGABAの合成をサポートします。 体内でのGABAの合成を増やすためには、ビタミンB6を含む食品を意識して食べることが効果的です。 ビタミンB6は、とうがらしやにんにく、バジル、青魚(まぐろ、かつおなど)に多く含まれています。

次の