あこの映画面白かったよ。 この画像の映画は何ですか? あと、面白かったですか?

ワイ「はえーこの映画面白かったわ!原作者の他の本読んでみるか」

あこの映画面白かったよ

「実際の事件をモチーフにしている」という事前知識しか無い状態での鑑賞です。 様々なレビューサイトで結構高い評価を受けていたので、多少はハードル上がっていたと思います。 結論から申し上げて、私はこの映画を観て後悔しています。 人間の心理描写や演出、細かな部分まで計算された脚本、役者陣の演技などは本当にレベルが高くて見応えがありましたが、ストーリーがとにかく胸糞悪いのです。 最初から最後までずっとイライラするような描写が続くんです。 個人的に「面白いけど胸糞な映画」といえばデビット・フィンチャー監督の「セブン」を想起するんですが、個人的にこの作品はセブン以上の胸糞でした。 鑑賞注意です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 一切仕事をせずに知人や親類からの借金で生活をしている秋子と、秋子の息子で学校にも通えない周平を描いた作品。 様々な男と行きずりで関係を持つ自堕落な母親にすがらないと生きていけない周平。 ネグレクト(育児放棄)や束縛、慢性的な金欠。 そんな辛い状況を生きる周平が、何を考えて何を学び、どのような行動をするのか。 そして祖父母の殺害事件がどのようにして引き起こされたのか。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 主人公の少年・周平が自堕落な母親からどのように育てられ、どのような環境に身を置き、そしてどのような経緯で祖父母の殺害に至ったかを描いた映画になります。 「少年が祖父母を殺害した事件についての映画」というのは、予告編やコマーシャルでもはっきりと明示されているため、ネタバレにはならないと思います。 最初から最後まで、人間のクズみたいな母親から周平が酷い仕打ちを受ける描写が続きます。 これが私には本当にきつかった。 息子を道具のように扱い、片や自分は男と遊び歩く生活を送る。 周りの男達は秋子(母親)に匹敵するクズ男だったり、まともな人でも秋子に簡単に誑かされてしまいます。 周平を救ってくれそうな人が何人か現れますが、秋子に阻まれてそれも叶わず。 途中で周平が秋子に反抗するような場面もありましたが、結局は秋子に押し通され、自分の望む選択ができませんでした。 作中に何度も「周平が秋子の呪縛から逃げられるんじゃないか」という希望的な場面を見せつつも、結局周平は秋子から離れることができず、最悪の結末を辿ることになるのです。 これが私にとってこの作品の一番胸糞な部分です。 あと、秋子が映画のラストで罰を受ける形になるのですが、それまでの様々な悪逆非道な行いに対して、「これだけ?」と思うくらいのちっぽけな罰しか受けないため、それもイマイチ納得いきませんでした。 以上のような理由で、正直観ていて辛くなってくるし観たことを後悔するほどの映画だったのですが、それは決してつまらなかった訳ではなく、ここまで心揺さぶられるほどに映画としての完成度は高くて面白かったと思います。 単純に好みの問題です。 万人にオススメできる作品ではありません。 私のように、イライラが止まらなくなる人もいると思います。 しかし、胸糞に耐性のある方は是非鑑賞してみてください。 細かな心理描写や役者陣の熱演は一見の価値ありです。 オススメです。

次の

この映画ってこんなに面白かったんだ!

あこの映画面白かったよ

ちなみに私はこれを先に見ました。 後になってアニメ版の氷菓も見ました。 とくにアニメ好きではありません。 ただ宮崎駿や新海誠や押井守や細田守など著名なアニメーターのネームバリューにつられてアニメを見ることはあります。 ゆえに映画の単位になっていないアニメを見ることは殆どありません。 面白く見ました。 びっくりするほど面白かったのです。 よく出来た話(原作)にとても感心しました。 観た後、大手映画レビューサイトの氷菓評に、動揺しました。 私は偏向な鑑賞眼の持ち主ではないので、一部を除けば、世評と自己評が、そうそう違ってくることがないからです。 だから、アニメを踏まえた評価なのかと思って、この映画の低評価の原因を探る目的で、アニメ版氷菓も観たのでした。 それでもこの映画はいいと思いました。 私は広瀬アリスは妹より好きなのですが、山崎賢人がぜんぜん好きじゃありません。 それでもアニメよりこっちのがよかったのです。 アニメを先に見ていたらどうだったろう、とは考えましたが、基本的に絵の女の子に、生身に代替するシンパシーを感じません。 あらためて人の好みってバラバラだなあ、と当たり前のことを認識したのでした。 ただし、この実写版が面白かった原因が、アニメ版氷菓にあることは、私にもよく解りました。 アニメ版氷菓は、あの京都アニメーションの丹念な仕事に裏打ちされているものです。 すなわち、豊富な絵コンテが出来上がっているようなものです。 実写版はアニメ版の一話から五話までの、尺と配置と展開をほぼ踏襲しており、むしろ、これで遣り損なうことのほうが難しいと言えるリテイクになっていました。 つまり、この映画がリメイクでなくリテイクと言えるような作業だった(はず)なのは、京都アニメーションの細やかな仕事のおかげ、だと思ったのです。 とはいえ、実写版にも独自性はありました。 安里麻里監督は見事なほどホラー一色の来歴で、とくに芳しい評価を聞いたことも無いのですが、ホラー監督らしさが学校や千反田家の暗い陰影に色濃くあらわれていました。 千反田家など殆ど犬神家のように見えます。 加えてホラー映画の演出的間合いが、学園ものの軽さを巧く封じていると思いました。 萌えを提供するはずの「わたしきになります」さえ、広瀬アリスの端正な顔立ちと相まって、呪詛のごとくに聞こえるわけです。 妙味でした。 受賞歴もある面白い原作の映画化であり、映画の面白さが話の面白さに依存しているとは言えると思います。 加えて本郷奏多は大好きな俳優でした。 いずれにしても、私にとって反発心でなく普通に傑作と言える映画だったのです。 不思議なものです。 でも、ときどきある世評との齟齬は、楽しいものです。 そっちのほうが、俄然、レビューし甲斐があるからです。

次の

この画像の映画は何ですか? あと、面白かったですか?

あこの映画面白かったよ

「オーシャンズ8」は、 全世界で大ヒットを記録したオーシャンズシリーズの最新作として、大注目された映画です。 この作品は、ゲイリー・ロスの 完全オリジナル脚本で製作されており、原作などは存在しませんが、2001年に公開された映画「オーシャンズ11」を、全員女性のキャストを使用し、 リブートした作品になっています。 ただリブートしただけではなく、「オーシャンズ13」に継ぐ物語となっており、しっかり オリジナリティが加えられています。 「オーシャンズ11」から17年越しの新作という事で、当時ファンからの期待が大き過ぎたが故に、 「前作に比べつまらない」、 「迫力が足りない」と感じてしまった視聴者もいたようです。 そこで今回は、「オーシャンズ8はつまらない?酷評の理由と面白かった見どころをご紹介!」と題し、この作品は本当につまらないのか? 酷評の理由と、注目の見所やキャストなどを徹底解説していきたいと思います! オーシャンズ11で最強の犯罪チーム、「オーシャンズ」を率いたカリスマリーダー、ダニー・オーシャンの妹デビーが、5年8か月の服役を経て、刑務所から出所します。 出所時の面接で、二度と犯罪はしない。 と語ったデビーでしたが、出所後すぐに数々の服飾品を盗み始めます。 デビーは服役中に、ニューヨーク市メトロポリタン美術館で行われる、ファッションの祭典、メットガラで1億5000万ドル(150億円)の高級な宝石を、一挙に盗み出すという壮大な計画を企てていました。 この計画を実行に移すべく、次々と仲間を集めたデビーでしたが、真の目的は宝石を盗み出すだけではありませんでした。 ここまでが、今作のあらすじになります。 あらすじだけ聞いても、 ハラハラ・ドキドキしそうな展開が予想でき、女性だけのチームで泥棒作戦を決行するなんて、とびっきりのエンターテインメントなのでは!?と期待してしまいますよね。 しかし、中には 「期待とは違う映画だった」と酷評されることもちらほら… 一体この映画の 何が酷評の理由に繋がっているのでしょうか? 「オーシャンズ8」が酷評を受けた理由とは? 海外からの評価 オーシャンズ8の公開は2018年6月8日で、 全米4145館で公開されました。 公開初週末には、4160万ドルの興行収入をたたき出し、当初の予定である4500万ドルには及ばなかったものの、 興行収入ランキングに初登場1位でランクインするほど、評価はまずまずでした。 しかし、 批評家支持率は67%と期待されていた作品にしては、海外からの支持はそれほど高くなかったようです。 3点となっている。 サイト側による批評家の見解の要約は「『オーシャンズ8』は3部作ほどテンポの良い作品ではない。 しかし、そのセンスの良さと俳優陣のケミストリーは観客にチケットを買う理由として十分なものとなっている。 」となっている[42]。 テンポの良い仲間集めから計算し尽くされた流麗な犯行まで一切目を離せない!ケイト様の格好良さとアンハサウェイの割り切った演技、最高にハマっててた。 豪華絢爛、百花繚乱…華やかすぎて目が潰れそう。 普通のスパイ映画やこう言った手の映画では、完璧な計画にも穴があって、主人公たちに危機的状況が迫りその状況をどうにかこうにか乗り越える、といった展開になることがほとんどだと思います。 しかし、今回の作品では、それはもう スマートで完璧に泥棒を成功させちゃうんです。 私には、完璧に計画を実行していく美女たちの姿がカッコイイと思えてしまうのですが、本場の海外では 展開の弱いストーリーや迫力のなさに酷評が集まってしまったと思われます。 もう少し、キャラクター1人1人が分かる、 バックグラウンドを匂わすような演出や、キャラクターに 感情移入できるよな深みのあるストーリーだったら酷評を受けることはなかったかもしれませんね。 逆に、国内での支持が高いのは、 女優陣の圧倒的なカッコよさや美しさからではないでしょうか。 「オーシャンズ8」の見所をご紹介! 開始10分のインパクト この映画は、主人公デビーオーシャンが服役を終えて釈放されるところから物語が始まるのですが、刑務所から出たすぐに、息をするように当たり前に盗みを働くデビーの姿が、それはもうカッコよくて、 悪いことをしているのに絵になります。 ここまで開始から10分程度なのですが、この 10分で一気に映画に引き込まれてしまいます。 その後の盗みも、うっとりするほどのテクニックでスマートにこなす オーシャンズの姿に惚れ惚れしちゃうんです。 息をするより簡単にものを盗むデビー・オーシャンを観てくれよな!! — FIGARO figaro2019 アン・ハサウェイさん出るよ! 「盗むスリルが大事!」 — Aster Aster58005557 豪華キャスト陣 女性のたくましさや、力強さが存分に表現されている今作を支えるのは、誰が見ても豪華だと感じられるキャスト陣出です。 主人公デビー・オーシャンを務めるのは、 サンドラ・ブロックです。 — 2018年 3月月4日午後4時27分PST キャサリン・ブランシェットの悪女そうな見た目とは裏腹に、ふいに飛び出すおちゃめな笑顔や、アン・ハサウェイの純粋そうに見えて、平気で悪いことしちゃう ギャップがもうたまりません!! そのほかにも、数々の有名女優さんが出演し、全員女性で構成されたこの映画の魅力は、この豪華キャスト陣が 完璧に仕事をこなすカッコよさだと思います。 まとめ 「オーシャンズ8はつまらない?酷評の理由と面白かった見どころをご紹介!」と題し、「オーシャンズ8」の評価や、見所などをご紹介してきました。 過去作のファンの方からすると、物足りないと感じる部分もあるのかもしれませんが、 私個人としては、大変おもしろい作品だと思います。 この作品ならではの、女性の友情や、男性への復讐心などが描かれており、 女の底地からのようなものを感じられるところが、魅力的だと思います。 展開の弱いストーリーとは言うものの、テンポよく進む物語の中に、しっかりオチを付けてくれているので、 オーシャンズシリーズ初心者さんでも見やすくて楽しめると思います。 スリルがあって、カッコイイ女性の姿が楽しめる映画「オーシャンズ8」を、 シリーズも含めて是非ご覧ください。

次の