ドラクエ ウォーク ウラ 技。 【ドラクエウォーク】ツボずらしのやり方【裏技】|ゲームエイト

ドラクエウォーク攻略

ドラクエ ウォーク ウラ 技

追加効果は装備に合わせて「ちから」か「こうげき魔力」がおすすめです。 追加効果も火力アップを目的に「ちから」を上げる効果が良いでしょう。 追加効果も回復量アップを目的に「かいふく魔力」を上げる効果が良いでしょう。 追加効果も火力アップを目的に「こうげき魔力」を上げる効果が良いでしょう。 追加効果も火力アップを目的に「ちから」を上げるか、Lv50のスキルと合わせて「すべての状態異常成功率」を上げて状態異常スキルの成功率を上げるのもおすすめです。 追加効果も火力アップを目的に「ちから」を上げる効果が良いでしょう。 中でも多くの敵が使うブレスへの耐性を上げられる「耐・ブレスの心珠」は汎用性が高く、活躍する機会が多いでしょう。 追加効果に「ちから」をつけることで、さらなる火力アップができます。 2つの枠にいやしの心珠を装備することで大幅に回復量を上げることができます。 追加効果は火力アップ目的の「こうげき魔力、魔力の暴走率」やラリホーの成功率を上げる「眠り成功率」がおすすめです。 回復量を上げることで、より戦闘を安定させることができます。 追加効果で「ちから」を上げることでさらに火力を上げることができ、周回やレベル上げでも活躍します。 「すべての状態異常成功率」で複数の状態異常を狙ったり、「眠り成功率」や「麻痺成功率」で特定の状態異常に特化したりすると良いでしょう。 追加の特殊効果おすすめランキング Sランク ちから こうげき魔力 スキルHP回復効果 デイン属性とくぎダメージ バギ属性とくぎダメージ ドルマ属性とくぎダメージ メラ属性とくぎダメージ メラ属性じゅもんダメージ ヒャド属性とくぎダメージ ヒャド属性じゅもんダメージ.

次の

【ドラクエウォーク】メタスラのオノの最新評価とスキル【DQウォーク】

ドラクエ ウォーク ウラ 技

バトル前の準備 回復役にはまもりのたて必須 バトル2やのやまたのおろちのはげしいおたけびや、バトル3のバラモスブロスの麻痺攻撃などが厄介なため、少なくとも回復役には「 」が使える装備を必ず用意しておきましょう。 まもりのたてを習得できる装備一覧 ビッグシールドも欲しい 初戦のカンダタは痛恨の一撃を連発してくるため、「 」でガード率を上げるのが重要になります。 「 」や「 」、「 」は ビッグシールドとまもりのたてを両方使えるので、持っている場合は回復役に優先して装備させましょう。 ビッグシールドを習得できる装備一覧 マホトーンがあると便利 バトル1のカンダタこぶんは「バイキルト」などの厄介な呪文を使用してくるため、「 」で呪文を封じておくと楽に戦えます。 マホトーンを覚えるこころの中では、MP自動回復を持つ「 」が特におすすめです。 マホトーンを習得できる装備とこころ 全体回復役を2人用意 敵の火力が非常に高く、回復役が一人だと追いつかないため、全体回復の「 」や「 」を使える回復役を2人編成しておきましょう。 おすすめの全体回復装備 レンジャーを1人以上編成 バトル2のやまたのおろちのブレス攻撃が非常に強力なため、「 」が使えるレンジャーを必ず1人以上は編成しておきましょう。 レンジャーはバトル1やバトル3の影縛り役としても非常に活躍してくれます。 イオ・ヒャド耐性が重要 バトル3のバラモスたちのイオ属性攻撃や、バトル4のゾーマのヒャド属性攻撃が特に厄介なため、耐性はイオ・ヒャド系のものを優先的に装備させましょう。 また、痛恨の一撃を受けてしまった場合に耐えられるよう、HPは420以上を目安維持しておくのがいいでしょう。 バイキルトをカンダタに使われると即死級のダメージを受けてしまうので、マホトーンが切れないよう定期的にかけなおしましょう。 ゾーマより早く動けるキャラは防御を選択して被ダメージを抑えましょう。 また、開幕以外にも「 魔力集中」の次のターンに再度500ダメージ前後のサイコキャノンを使用してくるため、ゾーマが魔力集中を使用したら防御しておきましょう。

次の

【ドラクエウォーク】メガモンスター「ギガンテス」の攻略方法と弱点|パラディンが活躍

ドラクエ ウォーク ウラ 技

メタル系にダメージが貫通するお得な裏技を伝授 メタルスライムやはぐれメタルなどのメタル系は本来属性斬撃や体技が通らなくなっています。 しかし、ある条件を揃えることで属性ダメージが貫通し、確実にダメージを与えられることが判明。 更に多段攻撃も全段ヒットするというチート技となっています。 この記事できあいため確定ダメージの裏技のやり方を詳しくご紹介します。 きあいためで属性ダメージを貫通させる方法 この裏技を簡単に説明すると 「きあいため」をした次の行動で「属性斬撃スキル」を打つことで「確実にメタル系にダメージを与えられる」というものです。 はぐれメタルに属性ダメージ貫通を試してみた 管理人が実際に検証した結果がこちら。 きあいためをする はぐれメタルなどのメタル系に遭遇したら 多段属性斬撃ダメージスキル(属性なしでもOK)を持っているキャラで「きあいため」をしましょう。 多段攻撃の属性ダメージスキルを放つ 氷結らんげきは ヒャド属性が付与しているため 本来はぐれメタルにはダメージが通りません。 しかし、 きあいためをした後に放つと… 全段ヒット確定! 更に きあいたいめの効果で1撃目はダメージ2確定となっています! 4段攻撃ならメタル系にダメージ5を確定させてしまうとんでもない 裏技となっています。 きあいため後は物理ダメージも確定 きあいため後はメタル系にも次ターンに与えるダメージが倍になるというのはシリーズでもお馴染みですが、 多段攻撃でも確実に全段攻撃がヒットする、 属性ダメージが貫通する、という仕様なっています。 今後調整される可能性はありますが、メタル系に遭遇した場合やメタルダンジョンを攻略する際はぜひお試しあれ!.

次の