ウォーリーを探さないで2。 【怖いフラッシュ】ウォーリーを探さないでって覚えてる?【叫び声】

【閲覧注意】ウォーリーを探さないでとは?内容をネタバレ有で解説

ウォーリーを探さないで2

モデルは殺人鬼 ウォーリーは実在する人物がモデルとして描かれており、モデルは「ジム」という英国人になります。 このジムという男、実は 過去に凄惨な事件を起こした殺人鬼。 実はウォーリーをさがせは、殺人犯の「ジム」が脱走した後、住民に注意を促すという目的で制作された絵本。 ジムは今から30年以上前、8歳の男の子が無残な遺体となって発見された事件が元で、警察に逮捕。 ジムは上記の事件が発覚するまでおよそ20名以上の子どもたちを殺害します。 事件が発覚後、警察の捜査によりジムは逮捕されましたが、裁判にて精神異常が認められ精神病院へと収容されることになります。 しかし精神病院に収容されて数年経った後、ジムは病院から脱走。 そして彼は今でもまだ見つかっておらず、再度指名手配されているにもかかわらず足取りがつかめていないといいます… こういった経緯があって、注意喚起としてウォーリーをさがせという絵本がつくられたのです。 ウォーリーの服は囚人服? ちなみにウォーリーが赤いボーダーの服を着ているのにも意味があり、これは囚人服を表しているという都市伝説になっています。 ただ通常の囚人服は黒と白のボーダー服であり、色が違うと思うかもしれません。 実はジムは殺人犯ですが、同時に精神異常者であり責任能力がないため、通常の黒ボーダーではなく赤いボーダーの囚人服を着せられていました。 しかし実際に精神異常者に赤いボーダーの囚人服が着せられていたのかどうかは定かではなく、これに関してはあくまで噂にすぎません。 もしかすると、単に黒から赤にアレンジしただけかもしれませんが… ウォーリー親衛隊の子供達は… 皆さんは「ウォーリー親衛隊」をご存知でしょうか? 同絵本に登場する子どもたちの集団で、同じく赤ボーダーの服を着ています。 実はこの子どもたちの数は25人で、ジムに殺された被害者の子どもたちの数と一致しています。 話として出来過ぎているような気もするが、被害者の数が一致しているため、さらに都市伝説の信憑性を高めているのも確かです。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回はウォーリーの都市伝説をご紹介しました。

次の

【閲覧注意】ウォーリーを探さないでとは?内容をネタバレ有で解説

ウォーリーを探さないで2

ウォーリー氏。 写真は1999年開催時のもの 『 ウォーリーをさがせ! 』は、年に一回秘密裏に行われる 壮大な()である。 元年から行われており2000回以上もの開催回数を誇る。 その名のとおり、ウォーリー氏(英名:Wally、北米名:Waldo)が隠れているわけだが、極めて巧妙に隠れるため見つけにくい。 一般人に広く知られている 絵本のアレは、このかくれんぼのための教習本であり、本大会と比べ極めて難易度が低く設定されている。 本番では本物の生身のウォーリー氏を探すため、難易度が飛躍的に上昇する。 また、西暦元年から行われていることから、 ウォーリー氏はの生まれ変わりではないかと推測する者もいる。 イエスとの関連性は「発祥」の節を参照。 一方での捜査によれば、が原稿の締め切りに間に合わず編集者から逃げているということが有力だとされている。 2000年以上もの長きにわたって開催され、歴史的事件にも影響を及ぼした(後述)側面がたびたび注目されており、20世紀後半にはこの大会をモチーフにしたテレビアニメやビデオゲームが制作された。 また、21世紀に入ってからもハリウッドでされることが予定されており(制作権をめぐって、映画会社らによる流血騒ぎも起きたほどである)、前述の絵本ともあわせ、を展開する動きが積極的に見られる。 大会概要 [ ] 参加者 [ ]• ウォーリー氏• 各国の軍隊やなど。 その他参加登録を行い認められた者。 大会の流れ [ ] 基本的にまるまる1年間が開催期間である。 毎年1月1日から12月30日までの約12ヶ月間、彼は隠れ続ける。 主な流れを以下に記す。 1月1日:隠れ始め ウォーリー氏が隠れるための準備期間。 4日目までは探すことが許されていない。 この期間に彼を尾行すれば彼に殺される。 衛星で追跡しても、地上から撃墜される。 1月4日:探し始め 捜索の開始。 各国の諜報機関や軍隊が、一般人には気づかれないようにこっそりと探す。 一般人に気づかれれば、ウォーリー氏にも勘付かれ逃走されるからだ。 4月1日:中間発表 この中間発表ではウソの情報が飛び交う。 しかし、稀に真実が飛び出す。 なおのことタチの悪い伝統である。 本来「」とはこの中間発表のことを指していた。 7月4日:隠れ場所の変更日 この日に、その年2回目の隠れを行う。 11月30日の第2回中間発表は例年、デモの様相を呈している• 11月30日:中間発表 残り1ヶ月での中間発表で大会を盛り上げるわけだが、どちらかといえば様々な姦計が飛び交い、死者が続出する(Black Day)である。 12月下旬:大捜索 この時期はのが、のプロであるを探し回っているわけだが、これは なり振りかまわず慌ててウォーリー氏を探し回っているのを隠すためである。 12月30日:大会終了 大概はこの日まで見つけることができない。 こうして毎年負け続けている事情があるため、この 壮大なは秘密裏に行われているようだ。 12月31日:終了式 ウォーリー氏が逃げ切った場合、 から金一封が授与される。 ルール [ ] 殺してはいけません!• ウォーリー氏は生きたまま連れ帰ること。 死体は不可(むしろ彼を殺せるものなら殺してみなさい)。 探索の際、軍関係および協力者による殺戮は認められていないが、逆に ウォーリー氏による殺戮は許される。 であるウォーリー氏に司法や法律などは意味を成さないからである。 軍事衛星の利用は不可(外宇宙に隠れている場合(後述)は例外)。 使用した場合はウォーリー氏個人の衛星「ウォーリー002XX87564」通称「ラーマヤナではインドラの矢とも呼ばれているがね」によりピンポイントで殺られる(我々も一体何で殺られているのかは解らないため、詳細は不明。 見る限りではレーザーのような高エネルギー砲のような物で復元不可能な程に溶かされている)。 各国の軍隊や諜報部員などが探すわけだが、一般人の参加は、厳しい審査を通った者にしか認められていない。 無関係な一般人を用いて、ウォーリー氏を油断させたりして捕らえようとするとウォーリー氏はすぐに逃げてしまう。 彼の卓越した眼力は、大会参加者とそうでない者とを一瞬で見分けることができるのである。 ウォーリー氏の逃走手段 [ ]• 基本的にそので逃げるのだが、全速力で走るとの壁を突き破りを超える。 しかも、そのスピードでドリフトキング(略称:ドリチン)の並みの旋回力を持つため、常人が生身で捕まえるのは難しい。 よって、ルールにもあるとおり、彼が隠れきる前に捕まえようなどとしても無駄であり、隠れさせてからが勝負である。 彼の逃げる範囲は地球上だけではなく、 地下世界や太陽系の他の惑星、時には外宇宙にまで及ぶ。 やと呼ばれるを飛ばしているのは彼を発見するためである。 ウォーリー氏について [ ] ウォーリー氏の素性 [ ] 赤と白の縞の服を着ており、どこへ行っても追跡され生け捕りされようとしていることから、「ウォーリー氏は囚人ではないか? 」との噂が立ったが、これはまったくのでたらめである。 ウォーリー氏の性格 [ ] 極めて用心深いが、お茶目な面もある。 あの赤と白の独特のガラを甚く気に入っており、夏には同じガラの水着を着用する。 靴やらメガネやらナイフやら やら、よく持ち物を落とす。 ウォーリー氏によるの使用……ん? ウォーリー氏の装備 [ ] によるを装備しているため発見は困難を極める。 曰く、「隠れる事に関してのみ言えば私の数倍上をいく潜友であり、彼直伝の様々な擬態テクニックは私の生きる糧となった」との事。 さらに、チタンセラミック複合材のフレームに様々な機能を持つレンズを持った眼鏡を身に着けている。 レーダーなどと言われているが詳しい事は不明。 発祥 [ ] 「ウォーリーをさがせ! 」は、その前身である「 キリストをさがせ! 」から生まれたという説が有力である。 「キリストをさがせ! 」の第1回大会は、紀元30年頃行われたと推定されている。 この大会でキリストは好成績を残し、ユダヤ人やパリサイ派からあの手この手で逃げたものの、最後の最後には追い詰められたため、 一度死んでから再臨するという超絶技巧を駆使して彼らから逃れた。 この逃亡方法はその危険度もさるところながら、「十字架にかけられて死んだところで捕まったとみなすべきだ」、「神の子供にしかできない反則技だ」等の批判が絶えなかったため、現在の「ウォーリーをさがせ! 」では反則技の一つとして公式に認定されている。 その後イエスは、数々の人の探索にもかかわらず、近くも逃げおおせている。 第一、彼の所在地はなので捕まえようがない。 と呼ばれる人々は、未だにイエスを探し続けている。 しかし近年ではなど、イエスより簡単に発見できそうなものの探索に乗り換える人が後をたたないため、キリスト探求者は減少の一途をたどっている。 なお、初代キリストが未だに捕まっていないため、「キリストをさがせ! 」の第2回大会は行われていない。 探し方 [ ] この偽者を本物と勘違いする者が後を絶たないが、この偽者でさえも10年近く発見されなかった 各国の対応 [ ] 本場であるため、国の威信をかけている。 ウォーリー氏を発見するために、やを組織した。 中でもコードネームで知られる男はウォーリー氏発見のプロとして有名。 世界各国を飛び回って様々な諜報活動に従事しているようだが、やはりそれもウォーリー氏探索をカモフラージュするためである。 こちらも国の威信をかけているようだが、やることが派手なので失敗が多い。 ただし、やなどの宇宙探査機による遠隔地の探査においては右に出るものはいない。 なお、大会においてはあの奇抜なを発明したことで発見に大きく貢献したため、(ある意味)高く評価された。 一度捕獲に成功したこともあり、かつては先進国とされた。 現在ものが、表向きには逮捕という任務を受けながら、実は国家の威信をかけてウォーリー氏追跡に奔走している。 アメリカ軍との競争を何度も経験しただけあって彼はタフにはなったが、ウォーリー氏を捕まえたことは「公式には」1度もない。 また近年、漫画家のの邸宅建設に対して「景観を損い、静かな住環境が破壊される」として近隣住民による建設反対訴訟が提起された(最終的に楳図側が勝訴し当初の計画通り完成)。 しかし、真の裁判理由は、計画段階で邸宅の外観を赤白の横縞の塗装にすることが公表されたため、同様の服装であるウォーリー氏の発見に支障が出ることを懸念した日本政府、特にの指示により、同邸宅から遥かに離れた住民を名乗る工作員が原告として裁判に及んだものである。 この裁判騒動により、日本政府は同邸宅近隣の対ウォーリー氏監視体制を整える時間稼ぎができたのは公然の秘密である。 さらに、「はやぶさ」なる探査機がウォーリー氏追跡の役目を持って飛び立ったが、結局発見できず、手に入ったのは宇宙のゴミくずのみであった。 () 主に(ソ連崩壊後はFSB)とが追跡している。 KGBは第1総局から第13局とその他の部局等からなっていたが、幻の第15局が担当していた。 GRUでは複数の特殊部隊を擁しており、個人としてはリヒャルト・ゾルゲが有名。 また、ウォーリー氏が最も恐れている国家とされているが、上皇のはあまり乗り気でない。 「」と言っているが誰も聞いていない。 もちろん1度も捕まえられていない。 そしてそのことはウォーリー氏の怒りを買ったといわれており、色々と…しているのではないかと言われている。 1999年のデフォルトもウォーリー氏の仕業だとかそうでないとか・・・。 を読めば、が乗ったに轢かれているかもしれない。 コツ [ ]• 他国同士でいがみ合ったり、に明け暮れていないで協力すること。 彼は外宇宙にまで隠れることがあるが、もしそれが分かった場合、現在のの技術では探査ができないので 大人しく他の惑星の(ブルマ・デビルーク人・ケロン人ほか)の指示を仰ぐこと。 もし、探索範囲が絞れたら(教習本「ウォーリーをさがせ! 」見開き2ページ分の範囲に相当)、人ごみにまぎれていることが多いので、狭い範囲を囲うように視野を狭めてエリアごとに制圧していくこと。 には赤外線スコープが通用しないので、X線スコープを自作すること。 してはいけないこと [ ] ウォーリー氏による報復の爪痕。 通称「Waldo Disaster」 以下の行為を行ったチームは、いずれも財団やウォーリー氏自身から報復攻撃を受けて、壊滅ないし大損害を被っている。 いそうな場所に戦闘ヘリから機関砲による掃射を行うこと。 世界のアイドルであるウォーリー氏を機関砲で撃ってはいけない。 過去にチームがこれを実行したところ、措置とからハブられる措置を受けた。 ちなみにでは、アメリカ軍がジャングルに隠れたウォーリー氏を探そうとしてを使ったが、くらいしか抜けなかったため、特に処罰されていない。 予定区域の住人を買収して自チームに引き入れること。 このかくれんぼでは参加人数は制限されていないが、2005年にで開催された際に、ウォーリー氏以外の該当地域の住民全員が選手団として登録された。 しかし登録選手の数が同国の国民より多くなってしまい、パキスタン北部で暴れたウォーリー氏によりが頻発して、多数の犠牲者を生んだ(公式には地震被災者ということになっている)ほか、モンガナ共和国そのものも財団によってされてしまった。 現在、モンガナ共和国は地図の上は勿論、世界史上からも抹殺されている。 文化史跡に追いこむこと。 ルール違反というわけではないが、ウォーリー氏が隠れるため本能的に史跡周辺にトラップを設置するため、文化史跡の調査・修復に問題が発生する場合がある。 過去には、が生活していた文化史跡に逃げ込まれたことから史跡周辺部が完全封鎖されてしまい、逃げ場を失ったクメール・ルージュの構成員が大量に餓死するという痛ましい事件も発生している。 なお、後に財団が裏から手を回したため、クメール・ルージュが周辺民族を虐殺したことにされてしまった。 アンコールワット周辺に残る大量の遺骨の大半は、実はクメール・ルージュ構成員自身の遺体である。 「ウォーリー見つけたぜ! 」と虚偽の報告をすること。 もちろんそんな事をする人はいないと思うが、友達同士で「6面できたぜ」と自慢するように「ウォーリー見つけたぜ! 」とあなたが言ったとしよう。 そういう時に限ってウォーリー氏はあなたのそばにいるのである。 プライドが高いウォーリー氏はあなたの言動に激昂して、次元をゆがめてあなたを別の世界に転送するであろう。 ウォーリーを一人で真夜中に探さないこと、もし探したとするならばウォーリーにより、隠れるための囮にされたりする。 もしくは別の世界に飛ばされて奴隷にされて、別の世界のウォーリーの宗教の食料になったり、奴隷を探せ!の探される人となる• 何があっても検索するな! 命の保障はしないぞ! ……ん? ミレニアムイベントでを付けて、さらに一杯引っ掛けて余裕のウォーリー氏……だがこの後……• 1183年大会ではウォーリー氏が敗北している。 平氏と源氏が争っていたとき、ウォーリー氏は余裕をかまして戦いを見ていた。 その時突如としてが起こり、ウォーリー氏の服装が目立ってしまった。 そうこうしている間に源氏と平氏の両軍から見つかってしまった(ちなみに、この戦いで源氏は日食に驚いて敗北したといわれているが、本当はウォーリー氏を発見して浮かれているところを平氏に攻撃されて負けたのである)。 1492年大会でもウォーリー氏が敗北している。 これは、彼がアメリカ大陸(正確にはサンサルバドル島なる小島で、彼の別荘があった。 )に隠れている時、なる大会参加者に、 一人にいそしんでいる所を発見されたためである。 こういった所が、お茶目サンたる所以である( ちなみに、歴史上の「コロンブスのアメリカ大陸発見」はこの大会の存在を秘匿するための偽情報である)。 1703年大会においてもウォーリー氏は敗北した。 当時、日本はだったため、他国に与える情報を抑えようとした。 』において、屋敷の台所に潜んでいたウォーリー氏を発見した。 このことは後にとして知られ、氏をに見立てた『』という架空の演劇作品も生まれた。 また、発見したチーム「AKR47」は、後世において赤穂浪士四十七士と呼ばれているという。 噂の大会でもウォーリー氏は敗北した。 は21世紀でもないのに騒がれていたが、ウォーリー氏も例外ではなかった。 何よりウォーリー氏を熱くさせたのはである。 氏はいつもは黒ぶち眼鏡だが、2000(ミレニアム)眼鏡の形状の素晴らしさに惚れ込み、写真の様に身につけていた。 もちろん度は入っていないので酔っ払っているところをあっさり発見され、捕まってしまった。 やはり彼はお茶目サンの様である。 勝利編 [ ] ゲルマン民族の大移動の中をマッハで駆け抜けるウォーリー氏• 376年に起こったゲルマン民族の大移動であるが、正確な理由はあまり知られていない。 これは376年大会でローマ帝国内に隠れたウォーリー氏をゲルマン民族のゴート族が大捜索したためである。 本当はゴート族は大会に参加などする気が無かったが、に無理矢理脅されて大会参加者として自分たちを登録し、大捜索を敢行した。 ウォーリー氏を発見することこそできなかったが、おかげで歴史が大きく動いた。 毎年独立記念日(7月4日)に2回目の隠れを行うため、 独立記念日で浮かれているは大体ここで彼を見失い、失敗する。 この失敗は100年以上、合衆国建国以来続いている。 (1274年・1281年)において 彼が発見された可能性が浮上している。 後に、ある日本兵が「よく見ると、あのの中心には赤白の縞模様の男がいた気がする」と述べた。 このことから、ウォーリー氏は当時、日本で高速移動を行っていたものと考えられている。 残念ながら、捕獲には至らなかったようである。 1916年大会では余裕で勝利した。 皆がに熱中していた上、彼は遠くに隠れていたため発見されなかった。 実は、怪僧が死に際に神託として彼の居場所を言い当てているが、 無視された上に川に死体をさらすこととなり、悔やまれる結果となった。 2011年大会は、ウォーリー氏の圧勝だった。 アメリカはビンラディン容疑者を捜索するため大会を降りた。 日本もという有効的なシステムを駆使したが、ので大会どころではなくなった。 韓国と北朝鮮は途中でケンカをしてしまったので大会を降りた。 さらにチリが爆発したのでオーストラリアとニュージーランドまでもが大会を降りた。 エジプトは国の中で争いが勃発したので大会を断念。 かなりの戦力不足でウォーリー氏を発見しようとしたのだ。 勝てるわけがない。 関連項目 [ ] 英数字 (・) あ行 か行 | - さ行 () た行 な行 | は行 ま行 や行 ら行 わ・を・ん 関連項目.

次の

【怖いフラッシュ】ウォーリーを探さないでって覚えてる?【叫び声】

ウォーリーを探さないで2

きみはもう、ウォーリーをみつけたか? 「ウォーリーをさがせ!」の原点 いろいろな次元を超えて出没し、ある意味強引に「さがせ!」と指示を出すウォーリー。 いつもアクティブで、冒険心をまったく失わない彼ですが、1988年の初登場から30年もたちました。 その記念すべき第1作目がこの「ウォーリーをさがせ!」。 2度のリニューアルをへて、最新シリーズのタイトルは「NEWウォーリーをさがせ!」です。 「ウォーリーをさがせ!」楽しさのヒミツ ウォーリーとその仲間たち(プロ級のカメラ女子「ウェンダ」、しっぽしか見えていない犬「ウーフ」、ひげが長すぎる「まほうつかいしろひげ」、双眼鏡で何を見てるのかわからない「オズロー」)と、彼らにまつわる持ちもの(落としもの)をさがすのはもちろんですが、場面のすみずみで繰り広げられている「エキストラのみなさん」のシーンを見るのも、「ウォーリーをさがせ!」の楽しさのひとつです。 さがし終わった! と思っても…… 「ウォーリーたちも持ちものも、全部見つけちゃったよ」と達成感に包まれている方、ちょっと待った! 最後の見開きにある「チェックリスト」や「おまけのさがしもの」をさがすのもお忘れなく。 いつまでも、何度でも楽しめるウォーリーの絵本をどうぞよろしくお願いします! 元絵にはなかった追加要素が書き足されてますが・・・これがすごく浮いて見えます。 書き足しなのでタッチが違うためでしょう。 特に女性ウォーリーは目立ちます。 元絵にはいろんなコミカルな出来事が1枚の絵のそこかしこに丁寧に描かれていますが、明らかに「いや、そこにお前がいたらおかしいだろ」というところが多々あり、絵を見てストーリーを楽しむっていうんですかね・・・それの邪魔になります。 追加絵が不自然なので絵の世界に没入しづらくなってます 他にも子供ウォーリー(数人いる)やおじさんウォーリーなどいろいろいるのですが、どれもウォーリーに似てるのが個人的には良くなかったと思います。 服が一緒なので探してるときにウォーリーと見間違うんですよね。 追加部分を無視しようにもできないのは困ったところ。 懐古で買う人は以上の点に注意してください。

次の