文系 ai 人材 に なる。 文系AI人材になる: 統計・プログラム知識は不要

文系AI人材になる: 統計・プログラム知識は不要|本の要約・まとめ・感想

文系 ai 人材 に なる

AI社会になって、ボクは職を失わないだろうか? 文系のワタシが、AIでキャリアアップするには? そんな不安や疑問を解消するのが本書です。 ・専門用語は必要最低限に ・豊富な業種別事例は「自社での活用」を考えるヒントに。 ・AIとの「共働きスキル」を身につける。 AIを活用したビジネスプランを豊富に紹介。 その分類を用いて、事例を解説しているので、非常に理解しやすく、自分の仕事への適用・応用を検討しやすい。 AIとお共働きスキルを身につけよう。 AIを思うようにビジネスに活かせていないという課題が実際にある。 現場ではAIを開発する専門職 > AIプランナー のような状態になっている。 AIは理系職のイメージが強いがむしろ現場で求められているのはビジネス寄りの視点でAI活用を考えられる文系よりの人材。 本書の前半は、プランナーとして現場で活躍してきた著者がAIの企画の起こし方を説明している。 後半は実際にAIを利用したビジネスシーンの事例集となっている。 AI導入セミナーに度々参加するのだが、現場は大盛況。 伝わってくるのはTop DownでAI導入が決まったが何をするかは現場丸投げで、何から手をつけていいかわからない感。 まさにそんな青ざめている担当者にぴったりなのがこの本。 とにかく事例が豊富。 そしてそぼ事例を支えるTechnologyに依存しないわかりやすい解説。 特に企画の順番が印象的で実践上重要で、この本最大のValueではないかと個人的に感じています。 僕もアクセラレイタープログラムのピッチや新規事業ピッチを仕事で作っているが、この順番で作っても資料としてはよくても、心に残るプレゼン・通過するプレゼンにはならない。 資料作成とプレゼンでは要素が違うのである。 まさに、現場によりそった良書である。 今AI導入で困っているすべての現場担当者に読んでほしいです。 この本は、AIの活用法に関して答を与えてくれる本ではありません。 読者が「じぶん達なりのAI活用法」を手に入れるまでの、道しるべを示す本です。 まず、AIによって明らかに世の中は変わっていること、しかしそれを恐れる必要はないという提言から始まります。 次いで、AIにできること、学習の方式や機能による分類などが、数式やプログラミング等の理系知識を極力排除して説明されます。 理系の本なら「このアルゴリズムの内部構造は…」と説明しそうな用語でも、決してそこには踏み込みません。 あざやかに切り捨てて、意味の説明に徹しています。 そして、おそらく誰もが知りたいのが「第5章 AI企画力を磨く」の章。 AIの作り方ではなく「活かし方」にフォーカスした、ある意味この本の真骨頂とも言えるところです。 といっても、広く知られている「5W1H」の原則にのっとって記述されているため、肩肘張らずに読めばなにも難しいことはありません。 「文系AI人材になる」というタイトルですが、理系の人でもためらわず読むといい本です。

次の

【読書感想】文系AI人材になる|アホ人事|note

文系 ai 人材 に なる

【人事の独り言】 ロボットやAIによって仕事がなくなることに反発してまるで悪いことのように言っても何の解決にもならない。 — 【アホ人事】ガチャ山ピン太郎 ahojinji ご存知のとおりテクノロジーは凄まじい勢いで発展・変化している時代。 これからなくなる仕事もあるし、新たに生まれる仕事もあります。 歴史が証明していることから学べば、最適な変化行動が可能になります。 本書では 「AI失職を恐れずAI職に就く準備を」とメッセージを出していますがまさにその通り。 では、なぜAIに対してみなが恐れるのか、これについて本書は以下のとおり解説しています。 なんとなく恐ろしくて、得体が知れない、起きるかどうかもわからない恐怖が人の感情を襲うのです。 本書ではその恐れに対する対応について以下のように述べています。 むしろ、 AIを知ることでAIを活用したいと思うようになるでしょう。 無論、新型コロナウイルスについても同様。 得体の知れないウイルスに皆が恐れをなしていますが いつまでも得体が知れないということはありません。 現実的に重症化する方の比率・条件に対して、 過剰に恐れているのは間違いない。 ここで 何もしないが一番危ない。 必要なウイルス対策はすべきだけど、誰も出かけなくなったら経済はストップします。 経済とウイルスは直接的な関係ではないのに、ウイルスを恐れるあまり経済まで食いつぶすことになります。 恐れつつも自分の時代はまだ大丈夫、そう思って機械でも出来る仕事、いや、機械がやるべき仕事にしがみつくのは本当に危険です。 いらない仕事は残酷なまでになくなっていきます だから、AIを未知のもののままにしておくことは危険なのです。 数年前のSOFTBANKのイベントで孫正義氏も語っていました。 【孫正義氏の講演内容抜粋】 新しいテクノロジーが時代を変えていく 産業革命は身体能力の拡張 情報革命は知能の拡張 呼んでからくるのが日本のタクシー 呼ぶ前にきてるのが世界のタクシー 人工知能の力によりアクションを起こす データを先に得たものが勝つ 望む望まないにかかわらず、かならず時代はやってくる 超知性を持つロボットが誕生する ペッパーをバカにしたものは、 いずれペッパーに追い抜かれる ありとあらゆる産業が再定義される ロボットと共生する時代 ロボットのような動きという表現は ロボットをバカにした表現、 人工知能をロボットがもつことで、 人の心まで理解していく AIによって仕事や価値創造の在り方が変わる時代は、 望むか望まないかの問題ではなくもう来ています。 そんな時代の中でまず持ちたい姿勢とは・・ 【成長するための条件】 知ったかぶりしない 知ったかぶりしない 知ったかぶりしない 知ったかぶりしない 知ったかぶりしない 知ったかぶりしない 天下一品を食べずして、こてこてやからまずそうと思うのは損。 まず食べてみよう。 1回目は戻す可能性あるけど 3回目からが本番だ。 — 【アホ人事】ガチャ山ピン太郎 ahojinji なんとなく知っているレベルでは 自分の仕事に活かすことはできません。 知ったから終わりではなく、知ったことは使わなければ意味がないのです。 だからこそ、AIに苦手意識をお持ちの方は本書でAIを学ぶことをお勧めします。 なぜここまでお勧めするのかと言うと 景色が変わるからです。 今の仕事、技術の使い方、機械の活用の仕方、そこだけを見るのなら、今の景色がずっと続きます。 でも、高い場所に行ったり、違う場所に行くと当然ですが景色が変わりますよね? にきたら落ち葉がハート型になってました。 おしゃれ神社という新しいジャンルや。 — 【アホ人事】ガチャ山ピン太郎 ahojinji 来宮神社の景色 全部熱海です。 しかし、MOA美術館で見えるもの、coedahouseで見えるもの、来宮神社で見えるものは全部異なる。 そして、自分の町しか知らない人と、これらの景色を知っている人、つまり 知ってる人と知らない人とでは想像力が大きく変わってしまうのです。 普段やっている仕事に対する見方は確実に変わる、これを景色が変わると表現しました。 あらゆるものが疑問になっていくでしょう。 なぜこう言い切れるのかといえば私自身がそうだからです。 上場支援、JSOX、新規事業、監査、購買、人事と渡り歩いてきましたが今は企画職です。 無論、私は超のつく文系です。 頭もアホだしエンジニアでもないしコードも書けません。 さて、ここでみなさんに問題です。 AIって何ですか? または AIで何ができそうですか? はい、これに対して具体的な答えがスラスラと出ないのであればもうこの本を読んだ方がいいでしょう。 ちなみに、 AIはすでに非常に身近になっています。 だから苦手意識など持つ必要はないのです。 そして、本書では文系AI人材になるためには以下の方法を提案しています。 実はここから具体的内容が盛りだくさん出てきますが、この本を読むだけでも一般企業なら十分に社内でAIに詳しい側に立てるようになるでしょう。 ちなみに、私は呼んだ本のポイントを全部テキスト化して残すのですが、この本はカットする文章が少なすぎて7割ぐらい書き写したような気がします・・・私にとってはそれぐらい価値ある一冊でした。 さて、なんちゃって文系AI人材になるとするか・・・.

次の

【読書感想】文系AI人材になる|アホ人事|note

文系 ai 人材 に なる

【人事の独り言】 ロボットやAIによって仕事がなくなることに反発してまるで悪いことのように言っても何の解決にもならない。 — 【アホ人事】ガチャ山ピン太郎 ahojinji ご存知のとおりテクノロジーは凄まじい勢いで発展・変化している時代。 これからなくなる仕事もあるし、新たに生まれる仕事もあります。 歴史が証明していることから学べば、最適な変化行動が可能になります。 本書では 「AI失職を恐れずAI職に就く準備を」とメッセージを出していますがまさにその通り。 では、なぜAIに対してみなが恐れるのか、これについて本書は以下のとおり解説しています。 なんとなく恐ろしくて、得体が知れない、起きるかどうかもわからない恐怖が人の感情を襲うのです。 本書ではその恐れに対する対応について以下のように述べています。 むしろ、 AIを知ることでAIを活用したいと思うようになるでしょう。 無論、新型コロナウイルスについても同様。 得体の知れないウイルスに皆が恐れをなしていますが いつまでも得体が知れないということはありません。 現実的に重症化する方の比率・条件に対して、 過剰に恐れているのは間違いない。 ここで 何もしないが一番危ない。 必要なウイルス対策はすべきだけど、誰も出かけなくなったら経済はストップします。 経済とウイルスは直接的な関係ではないのに、ウイルスを恐れるあまり経済まで食いつぶすことになります。 恐れつつも自分の時代はまだ大丈夫、そう思って機械でも出来る仕事、いや、機械がやるべき仕事にしがみつくのは本当に危険です。 いらない仕事は残酷なまでになくなっていきます だから、AIを未知のもののままにしておくことは危険なのです。 数年前のSOFTBANKのイベントで孫正義氏も語っていました。 【孫正義氏の講演内容抜粋】 新しいテクノロジーが時代を変えていく 産業革命は身体能力の拡張 情報革命は知能の拡張 呼んでからくるのが日本のタクシー 呼ぶ前にきてるのが世界のタクシー 人工知能の力によりアクションを起こす データを先に得たものが勝つ 望む望まないにかかわらず、かならず時代はやってくる 超知性を持つロボットが誕生する ペッパーをバカにしたものは、 いずれペッパーに追い抜かれる ありとあらゆる産業が再定義される ロボットと共生する時代 ロボットのような動きという表現は ロボットをバカにした表現、 人工知能をロボットがもつことで、 人の心まで理解していく AIによって仕事や価値創造の在り方が変わる時代は、 望むか望まないかの問題ではなくもう来ています。 そんな時代の中でまず持ちたい姿勢とは・・ 【成長するための条件】 知ったかぶりしない 知ったかぶりしない 知ったかぶりしない 知ったかぶりしない 知ったかぶりしない 知ったかぶりしない 天下一品を食べずして、こてこてやからまずそうと思うのは損。 まず食べてみよう。 1回目は戻す可能性あるけど 3回目からが本番だ。 — 【アホ人事】ガチャ山ピン太郎 ahojinji なんとなく知っているレベルでは 自分の仕事に活かすことはできません。 知ったから終わりではなく、知ったことは使わなければ意味がないのです。 だからこそ、AIに苦手意識をお持ちの方は本書でAIを学ぶことをお勧めします。 なぜここまでお勧めするのかと言うと 景色が変わるからです。 今の仕事、技術の使い方、機械の活用の仕方、そこだけを見るのなら、今の景色がずっと続きます。 でも、高い場所に行ったり、違う場所に行くと当然ですが景色が変わりますよね? にきたら落ち葉がハート型になってました。 おしゃれ神社という新しいジャンルや。 — 【アホ人事】ガチャ山ピン太郎 ahojinji 来宮神社の景色 全部熱海です。 しかし、MOA美術館で見えるもの、coedahouseで見えるもの、来宮神社で見えるものは全部異なる。 そして、自分の町しか知らない人と、これらの景色を知っている人、つまり 知ってる人と知らない人とでは想像力が大きく変わってしまうのです。 普段やっている仕事に対する見方は確実に変わる、これを景色が変わると表現しました。 あらゆるものが疑問になっていくでしょう。 なぜこう言い切れるのかといえば私自身がそうだからです。 上場支援、JSOX、新規事業、監査、購買、人事と渡り歩いてきましたが今は企画職です。 無論、私は超のつく文系です。 頭もアホだしエンジニアでもないしコードも書けません。 さて、ここでみなさんに問題です。 AIって何ですか? または AIで何ができそうですか? はい、これに対して具体的な答えがスラスラと出ないのであればもうこの本を読んだ方がいいでしょう。 ちなみに、 AIはすでに非常に身近になっています。 だから苦手意識など持つ必要はないのです。 そして、本書では文系AI人材になるためには以下の方法を提案しています。 実はここから具体的内容が盛りだくさん出てきますが、この本を読むだけでも一般企業なら十分に社内でAIに詳しい側に立てるようになるでしょう。 ちなみに、私は呼んだ本のポイントを全部テキスト化して残すのですが、この本はカットする文章が少なすぎて7割ぐらい書き写したような気がします・・・私にとってはそれぐらい価値ある一冊でした。 さて、なんちゃって文系AI人材になるとするか・・・.

次の