アウト ラスト ストーリー。 Outlast 温度調節素材 アウトラスト|テクノロジー|アウトラストとは

Outlast2 考察(ネタバレあり)~ジェシカやリンの謎、前作との関連などストーリーの疑問点まとめ!

アウト ラスト ストーリー

攻撃出来ない恐怖感は健在! 今作でも敵に攻撃する事は一切出来ません!敵に遭遇したら逃げる!これ、 アウトラストの基本です。 視点は今作でも一人称を採用。 しかも辺りが見え難いので敵から逃げる時は 背筋が凍ります。 後ろを振り向きながら走る事も出来ますが、慣れないうちはそんな事をする余裕もなく、どれだけ敵から距離を置けたのか分からず ドキドキする事がありました。 ステルス要素も健在。 主人公はドラム缶やロッカーに隠れて敵をやり過ごす事が出来るんですが、隠れた状態で敵が近くまでやって来た時はドキドキします。 上手く隠れられたらやり過ごせるけど、失敗したらおしまいなので、敵に場所が気付かれているかどうかが 曖昧な状態で隠れた時なんかはもうねw 電池残量が減っていく恐怖感も健在。 本作でもビデオカメラの 暗視モードによって真っ暗なエリアも見渡せるようになるんですが、電池残量がなくなったら使えなくなるので各地を探索してバッテリーを入手しなくてはなりません。 攻撃も出来ないうえに辺りが見渡せなくなった時の 心細さは他のホラーゲームではなかなか味わえないレベルです。 今回は屋外が主な舞台! 前作は精神病院が主な舞台でしたが、今作では 屋外中心です。 森、洞窟、川などロケーションはバラエティに富んでいて、一本道のゲームらしく次から次へと新しいエリアへ向かいます。 ダウンロード専売タイトルですが、スタートからゴールまでに訪れるエリアは多く、さすが、ダウンロード容量が 16GBもあるだけの事はありました。 ただ、屋外が舞台なのは必ずしも プラスになっているとは感じられません。 そこまで開けている訳ではないんですが、屋外が舞台なせいでただでさえ悪い視界が更に悪くなっていて、移動する時はストレスになっているし、ステルス行動をする時は 大雑把な動きになってしまいがちです。 例えば壁を背にして 崖を移動していくエリア。 FPSではよくあるシチュエーションですが、移動している時は何が起きているのかプレイヤーには伝わりにくいんですよね。 敵から逃げる時は 視界の悪さが恐怖に繋がっている事もあったけど、今作の場合はどこに行ったら良いのか分かりにくく感じる事も多く、前作よりもストレスを感じるマップ作りです。 FPSならではの演出は良かった ゲームを進めていくと、定期的に 学校らしきエリアに迷い込みます。 幻覚、あるいは 回想なんだと思いますが、それまでのいたエリアから切り替わっていく流れがシームレスで非常に自然で驚きました。 例えば現実世界でダクトの中に入って奥に進むと学校に戻ってきたりとか。 視界が狭い事を利用してシームレスにエリアを切り替えていく手法は近年のFPSで トレンドになっていますが、本作でもその演出をふんだんに取り入れています。 グラフィックのクオリティも前作から1世代進化しているし、インディーズ級だったのが AAA級まで格上げさげた印象です。 日本語のクオリティは高め!気になる恐怖の演出は? 今作は海外でしか発売されていませんが、 日本語もしっかりと収録されています。 字幕や収集アイテムのテキストはもちろん、 パソコンに表示される文字まで日本語に訳しているのは凄いと思った。 ゲーム中にパソコンのメッセージチャットを使った ホラー演出が用意されているだけに、ローカライズがしっかりしているのは嬉しいですね。 ローカライズの 制度も高く感じました。 多少の粗はありますが、そのまま翻訳しているようには感じられず、日本で発売されないのが不思議なくらいです。 過激な演出は相変わらずでした。 前作のように男の大切なところを露出させ、凶器で切り裂くようなヤバすぎるものはありませんでしたが、出産の生々しいシーンなど日本で発売するには規制しないといけない演出は存在します。 前作を上回るボリューム感!むしろ短くしても良いくらい ボリュームは前作を上回るレベルでした。 クリアまでに 6~7時間はかかったと思います。 本作は短時間に広大なエリアを訪れるジェットコースター型の作品なので、それで1周6~7時間はなかなかのボリュームです。 価格は 約3,000円なので、コストパフォマンスはそれなりにあると思います。 むしろ、もう少し短くしても良い気がしましたね。 何度も言うように本作は戦闘要素を スポイルしているため基本は逃げるか隠れるかくらいで、用意されているアイテムも2種類で残りは収集アイテムのみなので6~7時間楽しませるには要素が少ないんですよ。 スポンサーリンク フリーズ多過ぎ?ハマりバグも? 全体的に フリーズが多い気がします。 本体に問題があるのかもしれませんが、ゲームクリアまでに5回もフリーズしました。 視界が悪いゲームなので 演出なのかと思う事もあったけど、どのボタンを押しても動かないので間違いなくフリーズです。 あと、一度だけ 壁の中に入ってしまい、抜け出せなくなるバグもありました。 今作ではジャンプボタンが追加されたんですが、それを使って壁にぶつかったら中に入ってしまったんですよね。 このように不具合が目立ち、前作よりも作りが粗く感じました。 全体のまとめ 前作を正当にパワーアップさせている一方、作りは 粗くなった気がします。 ゲームシステム的にもシンプルで 一発ネタなところがあるので、これ以上シリーズを続けるのは大変そう。 それなりに楽しめましたが、個人的には前作の方が好きです。 粗さも含めて前作から正統進化。 こんな人には特におススメ。 ・ホラーゲーム好き。 ・探索アドベンチャー好き。 こんな人にはおススメできない。 ・ホラーゲームが苦手な人。 ・3D酔い耐性がない人。

次の

【Outlast2】★ネタバレ★ストーリー考察・まとめ①ブレイク・リン・ジェシカ、真相など(過去編)

アウト ラスト ストーリー

どーもーこんにちは!ぽんたこすです。 逃走中に腹痛に襲われ、その場にしゃがみ込むリン。 原因 奴らに何をやられたのか を聞いてみても リン「お願い、ブレイク。 訊かないで。 その忌まわしき容器に種を流し込んだ、女の配偶者も。 」 と言っていたので、最悪のパターンは回避できた・・・のかな? ただこの村の教会か小屋か忘れましたが、大量の赤子? の遺体が山積みになっていたところから察するに・・・ お腹に赤子がいることが知られてるってのは大変まずいことがわかります。 まぁ赤子がいなくとも、主人公ブレイク君は理不尽に襲われているので、そういった意味では状況は変わらないですね。 どのみちヤバい。 早くおうちに帰りたい。 多勢に無勢ということで ぶん殴られました。 さらに押さえつけられてしまい、他の村人たちがリンに何かよからぬことをしています。 絶体絶命。 だがそこに・・・ 他の村人 女性 登場。 リンにちょっかい出してた男の首を絞めてます。 または親指で目を潰してる? ブレイクを押さえつけてた村人も誰かが倒してくれました。 敵なのか味方なのかわかりませんが、ギリギリ助かったか!? ・・・ってか 右足掴んでる 頭脳屍人はなんなんですか? もしかしたら私 ブレイク を助けてくれたのかもしれませんが、正直に言います。 そしてお前はここで寝てろと言わんばかりの 頭脳屍人からのダメ押しグーパンチ。 踏んだり蹴ったりですわぁ。 周りには村人 男たち が倒れています。 ブレイク「ただのカルトじゃない。 派閥が2つ。 キリスト教徒と…別の何かだ」 ふらっふらっになりながらも後を追いかけるブレイク。 池を泳ぎながら進み、敵の視界に入らないよう慎重に進み ここでまた1回しにました;; 目的地っぽい小屋に入ったら またあのときの光に包まれる。 そして・・・ 学校? に続く。 カテゴリー• 407• 4 人気の投稿• アーカイブ•

次の

Outlast 温度調節素材 アウトラスト|テクノロジー|アウトラストとは

アウト ラスト ストーリー

こののなかでは信仰しかない それがを壊す… Outlast(アウトラスト)とは、の会社「 r 」が開発した()である。 概要 モンールの元開発者らが立ち上げた、の系会社が開発した。 奇怪な院をに、調の為に訪れたが、暴化した患者達から回りつつ、そこで行われていたおぞましい「」の相を解き明かしていく、的作品。 に版がで発売。 以後・・版が順次発売された。 、およびが化対応されている。 版の発売も決定しているが、価格と配信時期は。 ではsのとしてもされた。 また、にのとなる『ower』が配信された。 用の作品としてが高く、ではの有名なによるが高い再生数を稼いでいる。 次作「」は前作と同じとを異なるで描くという。 でに 、、で発売予定だったが、上旬に延期された。 に発売決定。 またリテール版トリル「 Outlast Ty」のも決定し、「Outlast」及び「ower」が同梱される。 プムは/。 またでは がで読める。 のであるマーコフ・に関連した事件の隠蔽を担当していたントのを通して描かれる・後日譚で、事件後の登場人物にも触れられている。 非常に的な内容なので閲覧には注意。 ゲームシステム まず初めに、は敵に対する攻撃手段を何一つ持たない。 そのため、を閉める事で時間を稼ぐか、ーやの下などに隠れてやりすごすことしか出来ない。 とにかく、敵に対してはひたすらるしかなく、これが恐怖を増す一因となっている。 所持している取材用ので惨劇の現場を撮しつつ、やメモを回収する事で、事件の相に迫る事が出来る。 また、に搭載された暗視を使用し、暗闇の中を探索する事が出来る。 ただしのは数分しか保たない。 そのため、要所要所でしつつ、各所にあるを発見・補給することが重要になり、状況によっては進行は困難になる。 あらすじ 『 マーコフ・が非人的手段で利益を得ている』 ャーストの ズ・シャーはある日、そんな内容の書かれたのを受け取った。 彼は相を究明するため、同社がしている「 マッシブ院」を尋ねるが、何故か玄関は固く閉ざされて入る事ができない。 仕方なく建設用の組みを伝い、開いていたから入る事に成功。 だがそこで彼が撃したものは残に殺された数多くの死体と、暴化した患者達だった。 果たして、こので何が行われているのか。 そして患者達が崇拝する『 ワーイダー(The Wal)』の正体とは…… Whistleblower に配信された。 の意味は「 内部告発者」。 ので、はズに密告を送った、 ・。 繰り返される非人的なを見かねて外部に密告を送るがあっさりバレてしまい、は捕らえられて被としてされてしまう。 だがその直後、ある患者を使ったがを起こし、恐るべき惨劇が始まった。 その患者の名は……" ・"。 キャラクター ズ・シャー h。 コミを受けてマッシブ院に潜入したャースト。 あんな場所に行ってしまったばかりに酷いに。 何が何でもは手放さない魂の持ちでもある。 ・ Wr 院の入院患者で、最初に遭遇する敵。 ズを「 子ちゃん( P)」と呼び、最もしつこく追いかけてくる。 中で入手する資料によると、元軍でに駐在していた。 その後マーコフ・に勤務していたが、精にをきたしてを繰り返し、ントにより化されてマッシブ院に送られた事、子( P)のに執着している事がで描かれている。 極めて狂暴な・ッ・。 は首を狩ること。 にもチラリと登場。 ・ボー Min chid 独自の観で患者を従えている、のような格好をした患者。 何らかの思惑から、脱出しようとするズを院内に閉じ込める。 The s を殺そうと付け狙う二人組。 動作は緩慢だがを持ち歩いており、捕まると即死する。 好きな食べ物はタンとレの。 仲良く分け合う。 には較的従順。 ・トレーガー R Tr 院内に勤務する……のように見えるが、実はマーコフ・の幹部。 患者におぞましいを繰り返す。 気分の浮き沈みがしい。 彼に捕まったズはとっても痛いに合わされた。 では軽薄な性格が露わになっており、ポーを口説いて性的関係に持ち込もうとして失敗、返り討ちに会った。 最終的に悪事がバレ、幹部の座を剥奪されて被検体にされていた模様。 ・G・ウェルニッケ Ruf Gav Werne 元人の。 に移住後マーコフ・に勤務し、に歳でしたとされるが……。 ・ 患者の一人。 彼を被検体にしたは成功したが直後に、を多数殺。 彼のをの当たりにした患者達が暴動を起こすきっかけとなった。 で庭の事情が描かれており、何故彼が院に入れられたのかが判明した。 患者たち Vs 非人的なを行われ、されていた患者。 暴動に際して達に暴行を加え、あるいは殺している。 その場に蹲ったり自傷を繰り返したり、ふらふら近づいてきたかと思えば見ているだけだったりと、大抵はなのだが、たまに追いかけて襲ってくるものもいる。 中の資料ではVs 変異体 と呼ばれている。 ・ k 「ower」の。 ズにマッシブ院で行われている行為を密告した人物。 妻子持ちのかつ。 密告が露見して、モーフォの台にされかかるが、直後に発生した暴動に便乗して脱出をすことに。 な状況下においてられる手記を読む限り、少しずつおかしくなっている事が解る。 Anew 「ower」に登場するキモい装て研究者のようだがかな?特技はめる。 暴動発生後の消息は不明だが、状況的に生きて外に出る事は出来なかったと思われる。 没によると、された状態でと再会後、彼を解放するか、放置して患者達にさせるかを選択できるがあったらしい。 ・ブ e 「ower」に登場。 マッシブ院ので、マーコフ・のー開発部門副。 内部告発をしたを・監禁させた上で、妻子の動向も監視していた。 暴動発生後は何としてでも外部にを漏洩させまいと、脱出しようとするをしつこく妨してくる。 ・・マ ank o Man 「ower」に登場する患者の一人。 電ノコ片手に人に勤しんでいたが、を新鮮なと認識して襲ってくる。 ed me! ed me! ed me! 解離性のデニス se n 「ower」に登場する患者の一人。 で、女と喋っているように一人芝居を演じる。 ある人物の許にを誘導するが、その人物が強過ぎてあまり立たずと化している。 ・ース Ee Gskin 「ower」に登場する患者の一人。 デニスからは「新郎」と呼ばれ畏れられている。 患者は半裸ないしほぼが多い中で、新郎らしいモーニングめいたをまとっているのが特徴。 願望があり、新婦のためのをしている。 しかし院内にしかいないせいか、あるいは別の理由もあってか、新婦も してしまっており、の 性器を 切除しての をつける、 物を 突き刺して を作る、 に 詰め物をして に見立てるなど、常軌を逸した行いに励む。 特にとは冒頭にある通り多少の縁があるせいか、「」と呼んで執拗に追いかけてくる。 は一度捕まえられてしまい、にされてあ されそうになる(この時のが見えなので、修正がない限りは対となる)。 では なのかといえば、彼の生い立ちを鑑みるに恐らくそうではない。 デニスのような狂人からも危険だと思われるほどの 圧倒的な狂気ゆえにからを呼び、の後半に出てくるにも関わらず、すっかり本作を徴するとなっている。 はと言われる。 ・ン( n) 「Outlast: The f 」のの一人。 いの中年。 マーコフ・が関連する事件の隠蔽を行うント。 重病のの治療費を稼ぐ為、組織の非人的活動の一環に関わっていた。 事件後に片を失うほどの重傷を負った状態でに、保護されてをり出す。 ポー・グ(ine Gl) 「Outlast: The f 」のの一人。 いイヤの。 マーコフ・が関連する事件の隠蔽を行うント。 事件後に両腕を負傷した状態で組織に保護され、を探すことになる。 よりもは上で、状況によっては彼を「始末」することにもためらいはない。 用語 マーコフ・(f poron) や精の分野で活躍する。 慈善事業の一環として、院などの福施設のも行っている。 一方で訓練されたを擁しており、有事においては施設にするなど、何かときな臭い一面を持っている。 実際には院に収容した患者を用いたを繰り返し、を人工的に作ろうとするなど、非的な違法な活動を行っている。 最終的に脱出を果たしたにより告発された模様。 マッシブ院(u e ym) ラド州の山頂にそびえ立つ院。 に起きた暴動および殺事件によってされたが、にマーコフ・による慈善事業を装いつつ再開された。 外見のは旧州立院ソン・オルム・。 モーフォ(rpn ) マッシブ院で行われる精療法「ピー」の装置。 作中ではのようなを強制的に見せ続けるような描写がある。 元々はが開発していた。 の状態を維持させつつ、を発現させる「」を作る事が的。 装置を作動させる前に被検体に極度の「恐怖」を与え、生命維持内で分裂を加せてに組み替える。 被検体はこので失敗すればや腫瘍といった病変の成長を急に引き起こしてしまう。 そのは被検体の周囲に及び、は性交の有を問わず想像を発露してしまう。 にの患者や研究員が存在しないのはこれが原因である。 ワーイダー(The Wal) らが崇めるの存在。 ウォイダーとも。 マーコフ・がモーフォを使って開発を進めてきた「」計画の産物。 正体は・という患者がモーフォによって作り出した分子の体=の群体。 本人は生命維持の中で「動」と成り果てている。 いがしたような人の形を取り、を軽々と引き裂くを持つほか、を飛ぶことも可。 のではするが、マーコフ・のに殺されたズを「宿」として復活、その場にいたを殺。 「ower」においてはたびたびに襲いかかるが、脱出寸前になってを殺しようとしたブを惨殺。 その最後の姿は、さながらを見送るかのように見えた。 では事件後、ワーイダーはのが住むにの姿を取って出現。 が子の帰還を喜ぶにを振るったをに変え、更にの裏切りを知っても同じように磨り潰した。 最終的にマーコフ・のによって消滅したかと思われたが、「宿」をより小さな存在ーーリの群体に変えてしている。 関連動画 トレーラー 実況プレイ動画 その他の関連動画 関連項目• - 直接の関連性はいが、類似したを持つ作品• - 直接の関連性はいが、類似した観の作品• - 続編• 関連リンク• (での配信).

次の