シス ab 型。 AB型の親からO型の子供!シスAB型とはどんな血液型?

血液型の遺伝に隠された真実?? | あなたのトリセツ

シス ab 型

血液型異聞 「母親のつる代さんの血液型はA型で、娘の奈保子さんがO型。 ところが会長はAB型。 奈保子さんは、会長の子ではありえない」(「やめ判 新藤謙介 殺しの事件簿」2011年4月4日=TBSテレビ) これは血液型の一般的な常識だ。 「ウソ」ではない。 だが、100%ホントとはいえない。 AB型とA型の両親からO型の子が生まれることが、ごくまれではあるが、あり得るのである。 血液型は、A、B、Oという3種類の遺伝子の組み合わせで決まる。 A型になるのは、両親からもらった遺伝子が「AA」か、「AO」の組み合わせの場合だ。 「AA」は、父からも母からも「A」遺伝子をもらい、「AO」は、父母のいずれかから「A」を、もう一方からは「O」をもらったわけだ。 Oは劣性遺伝子なので、AAもAOも同じA型になる。 同じように「BB」と「BO」はB型になり、「OO」の組み合わせのみO型になる。 そしてAB型は、両親の一方から「A」を、もう一方から「B」をもらった場合にみられるのが、普通だ。 つまりA遺伝子とB遺伝子が、2本の染色体の上に一つずつ、のっかっているわけである。 ところが、1本の染色体の上にAとB、二つの遺伝子が並んで乗り、もう1本の染色体には乗ってない「シスAB」と呼ばれる特殊なタイプのAB型がある。 シスとは同じ側という意味だ。 シスAB型は、染色体の交叉、あるいは突然変異によってできるもので、その発生率はAB型のなかの0.012%といわれている。 もしもドラマの会長が、シスABのAB型で、母親のつる代さんがAOのA型だったとして、遺伝子が乗ってないほうの会長の染色体と、つる代さんのO遺伝子の染色体が結合すると、娘の奈保子さんの血液型はO型になる。 「会長の子ではあり得ない」とは、言えないわけである。 シスAB型は、血液学では常識だが、専門外の医師にはあまり知られていない。 また、専門家でさえ手こずるボンベイ型というものがあり、これは表面的にはO型だが、A遺伝子やB遺伝子を持っていて、それが子どもに現れる。 この場合、O型同士の両親からA型やB型の子が生まれることがあり得る。 実際、そうした例が報じられたこともある。 1990年10月16日号の『週刊女性』には、「独占取材 衝撃 学会報告 父=B型、母=AB型からO型の子が生まれた!! Aくん・和歌山県。 母が不倫? 取り違え? トンでもない!」という記事が、97年8月11日の朝日新聞には、「父O型+母B型=子はA型 大阪医大 DNA鑑定で確認」という記事が、掲載されている。 朝日の記事を一部引用する。 「これまで血液型の常識ではあり得ないと考えられていた、B型とO型の両親からA型の子供が生まれたという実例が、大阪医科大法医学教室の鈴木廣一教授によって確認され、このほどドイツの医学誌に発表された。 デオキシリボ核酸(DNA)による鑑定では間違いなく両親の子供と確認されており、原因は血液型を決める遺伝子で組み換わりが起こり、O型とB型の遺伝子から、A型のものによく似た遺伝子ができてしまったことらしい。 」 このように血液型には非常に難しい問題が潜在しているのである。 軽々しく論じるべきではない。 いわんや、人の性格をたったの4種類に分けてしまう血液型性格判断においてをや……である。

次の

血液型の遺伝に隠された真実?? | あなたのトリセツ

シス ab 型

Rh式血液型とは 血液型で日本人に馴染み深いのがABO式分類法ですが、実はABO式だけで正確な血液型診断は出来ません。 もう一つRh式の分類と組み合わせるのが医学的な血液型の分類法になります。 Rh式にではプラスとマイナスに分類されます。 ABO式では二つの血液型の組み合わせでその血液型が決まります。 O型は血液型を示す特徴的な突起が赤血球に無いためA型、B型に対し劣性遺伝となります。 したがってAOタイプではA、BOタイプではB型となるんですね。 AB型はどちらも優性同士の結合なのでAB型ということになります。 これにRh(+)、Rh(ー)を組み合わせて輸血や血液学的検査では判断することになります。 つまり、A型一つとってもRh(+)AA型、Rh(ー)AA型、Rh(+)AO型、Rh(ー)AO型の4つのタイプがあるということになります。 Rh(+)はRh(ー)よりも圧倒的に数が多く日本人の場合約99. ちなみにRh因子は確率的に父親の型を受け継ぐことが多いと言われています。 つまり、輸血を行う際に父親がRh(ー)、母親がRh(+)因子をもったO型の場合、子供はRh(ー)因子を受け継ぐ確率が非常に高く、同じO型でも母子間の輸血では肝機能障害を引き起こし、黄疸等を生じる可能性が高くなります。 したがって親子間で輸血を行う時には父親の方がマッチングしやすいということになるんですね。 普段は家庭でしいたげられてるお父さんも、輸血の時はとても頼りになる存在なれるかもしれませんね。 Rh(-)の男性が注意しなければいけない事 ところでRh(ー)因子を持つ男性の場合、子供を授かる際には少し注意が必要となります。 型としてはRh(+)因子の方が圧倒的に多いですから両親ともRh(ー)であるという確率は非常に低く、男性側がRh(ー)の場合、配偶者はRh(+)となるのが普通ですね。 この二人が結婚して子供が出来ると子供は父親のRh因子を引き継ぐ確率が高いので、母体内で母子間の血液型不適合を起こし新生児溶血性黄疸を引き起こすリスクが高まります。 したがってこのようなケースで子供を授かる際には、夫婦間だけでなく医師も交えてよく相談の上、決心する必要性があります。 このようにRh(ー)因子は珍しい血液型の代表格ですが、世の中には一般的には殆ど知られていない更に珍しい血液型も存在します。 その他の珍しい血液型 「シスAB型」 それが「シスAB型」と「ボンベイ型」です。 冒頭でも説明した通り通常血液型は二つのABO因子の組み合わせで決まります。 しかし「シスAB型」の場合片方の因子が何であれ必ずAB型になるとても珍しい血液型なのです。 つまり(シスAB因子)+(他のABO因子)の組み合わせでは必ずAB型になります。 AB型は世界的に見ても珍しい血液型ですが日本では比較的多い血液型となりますので、もしかしたら日本にはシスAB型因子を持つ人が多いのかもしれませんね。 そして両親のどちらかがO型でもう片方にAB型が居ない場合、自分自身がAB型だとしたら「もしかして自分は両親の本当の子供じゃない?」と疑うのは早計かもしれません。 シスAB+O型因子の場合では子供がAB型になるのは確率としてゼロではないからです。 その他の珍しい血液型 「ボンベイ型」 一方「ボンベイ型」の方ですがこちらは少し話しが複雑になります。 これまで血液型を示す遺伝因子としてABO因子とRh因子、シスAB因子を用いて説明してきましたが、実は他にもHh因子というのもあり、こちらも両親から一つずつ譲り受けます。 組み合わせとしてはHH、Hh、hhという組み合わせになりますね。 ここではA型の血液型を例に考えてみましょう。 H因子はh因子に対して優性遺伝ですのでHHAA、HHAO、HhAA、HhAOは通常のA型となります。 ところがもう一つの組み合わせhhAAやhhAOがボンベイ型となります。 ボンベイ因子だけで考えると劣性遺伝のh因子を持つ人は優性遺伝のH因子のある人に輸血は可能ですが、逆は不適合となります。 これはABO式で劣性遺伝のO型因子を持つ人が他の優性遺伝を持つ血液型に輸血出来るのに、O型はO型同士でないと輸血出来ないのと同じ理屈になります。 つまりボンベイ型の遺伝子を持つ人は輸血に関しては非常に過酷な運命にさらされていると言えるのです。 それはボンベイ型(hh因子)を持つ人は100万人に1人の割合と言われているからで、日本では数十人しか確認されていません。 その中で特にhO(ボンベイ型のO型)は更に輸血可能な絶対数が限られてしまうわけですから、もし自分の血液がボンベイ型と判明した場合には有事に備えて医師と相談した上で血液バンクに少しずつ自分の血液を冷凍保存しておくということを考える必要性があります。

次の

シスAB型とはどんな血液型ですか?素人なのでできるだけ簡単におねがいします。 ...

シス ab 型

Rh式血液型とは 血液型で日本人に馴染み深いのがABO式分類法ですが、実はABO式だけで正確な血液型診断は出来ません。 もう一つRh式の分類と組み合わせるのが医学的な血液型の分類法になります。 Rh式にではプラスとマイナスに分類されます。 ABO式では二つの血液型の組み合わせでその血液型が決まります。 O型は血液型を示す特徴的な突起が赤血球に無いためA型、B型に対し劣性遺伝となります。 したがってAOタイプではA、BOタイプではB型となるんですね。 AB型はどちらも優性同士の結合なのでAB型ということになります。 これにRh(+)、Rh(ー)を組み合わせて輸血や血液学的検査では判断することになります。 つまり、A型一つとってもRh(+)AA型、Rh(ー)AA型、Rh(+)AO型、Rh(ー)AO型の4つのタイプがあるということになります。 Rh(+)はRh(ー)よりも圧倒的に数が多く日本人の場合約99. ちなみにRh因子は確率的に父親の型を受け継ぐことが多いと言われています。 つまり、輸血を行う際に父親がRh(ー)、母親がRh(+)因子をもったO型の場合、子供はRh(ー)因子を受け継ぐ確率が非常に高く、同じO型でも母子間の輸血では肝機能障害を引き起こし、黄疸等を生じる可能性が高くなります。 したがって親子間で輸血を行う時には父親の方がマッチングしやすいということになるんですね。 普段は家庭でしいたげられてるお父さんも、輸血の時はとても頼りになる存在なれるかもしれませんね。 Rh(-)の男性が注意しなければいけない事 ところでRh(ー)因子を持つ男性の場合、子供を授かる際には少し注意が必要となります。 型としてはRh(+)因子の方が圧倒的に多いですから両親ともRh(ー)であるという確率は非常に低く、男性側がRh(ー)の場合、配偶者はRh(+)となるのが普通ですね。 この二人が結婚して子供が出来ると子供は父親のRh因子を引き継ぐ確率が高いので、母体内で母子間の血液型不適合を起こし新生児溶血性黄疸を引き起こすリスクが高まります。 したがってこのようなケースで子供を授かる際には、夫婦間だけでなく医師も交えてよく相談の上、決心する必要性があります。 このようにRh(ー)因子は珍しい血液型の代表格ですが、世の中には一般的には殆ど知られていない更に珍しい血液型も存在します。 その他の珍しい血液型 「シスAB型」 それが「シスAB型」と「ボンベイ型」です。 冒頭でも説明した通り通常血液型は二つのABO因子の組み合わせで決まります。 しかし「シスAB型」の場合片方の因子が何であれ必ずAB型になるとても珍しい血液型なのです。 つまり(シスAB因子)+(他のABO因子)の組み合わせでは必ずAB型になります。 AB型は世界的に見ても珍しい血液型ですが日本では比較的多い血液型となりますので、もしかしたら日本にはシスAB型因子を持つ人が多いのかもしれませんね。 そして両親のどちらかがO型でもう片方にAB型が居ない場合、自分自身がAB型だとしたら「もしかして自分は両親の本当の子供じゃない?」と疑うのは早計かもしれません。 シスAB+O型因子の場合では子供がAB型になるのは確率としてゼロではないからです。 その他の珍しい血液型 「ボンベイ型」 一方「ボンベイ型」の方ですがこちらは少し話しが複雑になります。 これまで血液型を示す遺伝因子としてABO因子とRh因子、シスAB因子を用いて説明してきましたが、実は他にもHh因子というのもあり、こちらも両親から一つずつ譲り受けます。 組み合わせとしてはHH、Hh、hhという組み合わせになりますね。 ここではA型の血液型を例に考えてみましょう。 H因子はh因子に対して優性遺伝ですのでHHAA、HHAO、HhAA、HhAOは通常のA型となります。 ところがもう一つの組み合わせhhAAやhhAOがボンベイ型となります。 ボンベイ因子だけで考えると劣性遺伝のh因子を持つ人は優性遺伝のH因子のある人に輸血は可能ですが、逆は不適合となります。 これはABO式で劣性遺伝のO型因子を持つ人が他の優性遺伝を持つ血液型に輸血出来るのに、O型はO型同士でないと輸血出来ないのと同じ理屈になります。 つまりボンベイ型の遺伝子を持つ人は輸血に関しては非常に過酷な運命にさらされていると言えるのです。 それはボンベイ型(hh因子)を持つ人は100万人に1人の割合と言われているからで、日本では数十人しか確認されていません。 その中で特にhO(ボンベイ型のO型)は更に輸血可能な絶対数が限られてしまうわけですから、もし自分の血液がボンベイ型と判明した場合には有事に備えて医師と相談した上で血液バンクに少しずつ自分の血液を冷凍保存しておくということを考える必要性があります。

次の