ヤ ハラ ヅカ サ ペンキ。 「きれいにしようと思った」 沖縄県民さんが文化財の石碑に男が無断でペンキ塗装してしまうwww: 燃えよVIPPER

ヤハラヅカサのペンキ男性は誰?除去作業経費はいくらで請求額は

ヤ ハラ ヅカ サ ペンキ

沖縄県南城市にある聖地「ヤハラヅカサ」の石碑が、ペンキで塗られて、市が対応を苦慮している。 沖縄本島南部の「百名ビーチ」の北端にある海中(岩礁)にあり、「ヤハラヅカサ」と刻まれた石碑が建てられて、県内外から参拝する人が訪れていた。 ところが、市文化課に3月11日、「白く塗っている人がいる」と連絡が入った。 確認してみると、県内の男性が、掃除の一環として、白いペンキで石碑を塗ったことがわかった。 石碑は20年近く前に建て直したものだが、満潮時には、海に沈んでしまうため、藻などが付着して汚れてしまうという。 はたして、どのような罪に問われる可能性があるのだろうか。 文化庁によると、国が指定した文化財(重要文化財)を損壊した場合、5年以下の懲役または禁錮または100万円以下の罰金とされる(文化財保護法195条違反)。 しかし、ヤハラヅカサは「市指定」なので、文化財保護法の適用対象とならないのだ。 また、今回ペンキが塗られたのは、ヤハラヅカサそのものではなく、ただの石碑なので、市の「有形民俗文化財」ですらない。 ただし、要件がそろえば、器物損壊罪(刑法261条・3年以下の懲役または30万円以下の罰金もしくは科料)が適用される可能性がある。 沖縄タイムスによると、50代男性は容疑を認めているということだ。 南城市のケースと同じように思えるが、どうして、こちらは「文化財保護法違反」が適用されたのか。 実は、こちらの「下馬碑」は、県指定有形文化財であるが、それと同時に重要文化財に指定されている「旧崇元寺第一門および石牆(せきしょう・石垣のこと)」の一部とされているのだ。 したがって、那覇市文化財課によると、下馬碑は、重要文化財に含まれるとして、文化財保護法が適用されたということだった。

次の

ヤハラヅカサの碑へのふるまいを、どう考えればよいのだろうか?:沖縄・八重山探偵団

ヤ ハラ ヅカ サ ペンキ

関連画像 石碑が汚れていたので、きれいにしようと「白いペンキ」で塗った——。 沖縄県南城市にある聖地「ヤハラヅカサ」の石碑が、ペンキで塗られて、市が対応を苦慮している。 沖縄本島南部の「百名ビーチ」の北端にある海中(岩礁)にあり、「ヤハラヅカサ」と刻まれた石碑が建てられて、県内外から参拝する人が訪れていた。 ところが、市文化課に3月11日、「白く塗っている人がいる」と連絡が入った。 確認してみると、県内の男性が、掃除の一環として、白いペンキで石碑を塗ったことがわかった。 石碑は20年近く前に建て直したものだが、満潮時には、海に沈んでしまうため、藻などが付着して汚れてしまうという。 はたして、どのような罪に問われる可能性があるのだろうか。 文化庁によると、国が指定した文化財(重要文化財)を損壊した場合、5年以下の懲役または禁錮または100万円以下の罰金とされる(文化財保護法195条違反)。 しかし、ヤハラヅカサは「市指定」なので、文化財保護法の適用対象とならないのだ。 また、今回ペンキが塗られたのは、ヤハラヅカサそのものではなく、ただの石碑なので、市の「有形民俗文化財」ですらない。 ただし、要件がそろえば、器物損壊罪(刑法261条・3年以下の懲役または30万円以下の罰金もしくは科料)が適用される可能性がある。 沖縄タイムスによると、50代男性は容疑を認めているということだ。 南城市のケースと同じように思えるが、どうして、こちらは「文化財保護法違反」が適用されたのか。 実は、こちらの「下馬碑」は、県指定有形文化財であるが、それと同時に重要文化財に指定されている「旧崇元寺第一門および石牆(せきしょう・石垣のこと)」の一部とされているのだ。 したがって、那覇市文化財課によると、下馬碑は、重要文化財に含まれるとして、文化財保護法が適用されたということだった。

次の

「きれいにしようと思った」 沖縄県民さんが文化財の石碑に男が無断でペンキ塗装してしまうwww: 燃えよVIPPER

ヤ ハラ ヅカ サ ペンキ

沖縄県南城市にある聖地「ヤハラヅカサ」の石碑が、ペンキで塗られて、市が対応を苦慮している。 沖縄本島南部の「百名ビーチ」の北端にある海中(岩礁)にあり、「ヤハラヅカサ」と刻まれた石碑が建てられて、県内外から参拝する人が訪れていた。 ところが、市文化課に3月11日、「白く塗っている人がいる」と連絡が入った。 確認してみると、県内の男性が、掃除の一環として、白いペンキで石碑を塗ったことがわかった。 石碑は20年近く前に建て直したものだが、満潮時には、海に沈んでしまうため、藻などが付着して汚れてしまうという。 はたして、どのような罪に問われる可能性があるのだろうか。 文化庁によると、国が指定した文化財(重要文化財)を損壊した場合、5年以下の懲役または禁錮または100万円以下の罰金とされる(文化財保護法195条違反)。 しかし、ヤハラヅカサは「市指定」なので、文化財保護法の適用対象とならないのだ。 また、今回ペンキが塗られたのは、ヤハラヅカサそのものではなく、ただの石碑なので、市の「有形民俗文化財」ですらない。 ただし、要件がそろえば、器物損壊罪(刑法261条・3年以下の懲役または30万円以下の罰金もしくは科料)が適用される可能性がある。 沖縄タイムスによると、50代男性は容疑を認めているということだ。 南城市のケースと同じように思えるが、どうして、こちらは「文化財保護法違反」が適用されたのか。 実は、こちらの「下馬碑」は、県指定有形文化財であるが、それと同時に重要文化財に指定されている「旧崇元寺第一門および石牆(せきしょう・石垣のこと)」の一部とされているのだ。 したがって、那覇市文化財課によると、下馬碑は、重要文化財に含まれるとして、文化財保護法が適用されたということだった。 弁護士ドットコムニュース編集部.

次の