パッシェン デール。 ゾンネベーケ

ゾンネベーケ

パッシェン デール

今朝パソコンを開いたら、思わず苦笑! ハリルジャパンのご一行がフランドル(地方)で早くも 泥にはまっていたからです。 下に記事を貼っておきましたが、選手たちを乗せたバスの運転手(フランス人)が道を間違え、右側のタイヤがぬかるみにはまってしまい、アクセルを踏んでも一向に動かない。 それでスタッフや選手たちも降りて、後ろからバスを押すも、ついに脱出できなかったという。 その後4台の大型ワゴン車に分乗して郊外の宿舎になんとかたどり着いたようです。 先日のブラジル戦は酷いものでしたが、ともあれ次のベルギー戦に向けてリール(フランス)で調整をし、夕方フランスから国境を超えてスタジアム近くの宿舎でリフレッシュしたいところでした。 記事の最後の文が可笑しかったです。 W杯まで残り7か月。 ピッチ上では、迷い道や 泥沼にはまる失態は許されない。 赤いピンが15日、ベルギーとの試合が行われるスタジアム。 旧市街からかなり離れている。 みなさん覚えていらっしゃいますか。 世界ランキング5位のベルギーに3-2で勝ってしまったんです。 もうビックリでした。 ベルギーはそれまで予選負けなしで突っ走ってきて、サポーターも含め、大盛り上がり。 数日前の新聞に「相手が日本では物足りない」のようなことが書いてあったのも覚えています。 ところがベルギー戦、われらが日本代表の3点目が入ったとき、悲鳴や怒号が渦になってアムを揺らしました。 監督(当時ウィルモッツ。 日韓ワールドの時、選手として活躍した)は弁明しました。 をセンターで使ってみたかったのだ、親善試合はいろんなことを試す場じゃないのかと。 ベルギー人はこのショックをどう受け止めていいかわからず、翌日からはしばらく反省会と分析が延々と続いたものです。 さて試合は15日です。 「 泥沼にはまる失態は許されません。 」 (ポピーの日。 イギリスでは戦没兵士を追悼するため、ポピーを胸に付ける) フランドル フラン泥(ドロ) オヤジギャグで失礼しました。 次はフランドルの泥がどんなに恐ろしいか、お話します。 前に の所で書きましたが、フランスとベルギーにまたがるこの地域一帯は 沼沢地で、雨が降らなくてもぬかるんでいる土地。 だから人々は庭仕事をするときなど、 木靴が欠かせません。 もちろん現在はほとんどの道が舗装されていて、快適なドライブが楽しめます。 でも脇道に逸れたらやはりどろんこ道…。 泥で溺死 最も悲惨な戦場のひとつ パッシェンデール 写真は 死屍血河の戦いだった パッシェンデールという村です。 ベルギーとフランスの国境近く(地図、黄色丸)にあり、この名前を聞くとヨーロッパの人はすぐにと結びつけるようです。 そのすぐ西(地図で左横) Ypres(イーペル)は小都市ですが、悲惨な歴史、過去を共有しているためか とで友好な関係です。 ちなみにイーペルやへはイギリスから修学旅行生が毎年来ます。 100周年です。 2014年からヨーロッパのメディアは「100年前の今日は~の戦い」といった記事を日々載せているので、 想像力を膨らませて100年前にタイムスリップしてみることもできます。 おととい、ベルギーやイギリスのニュースは パッシェンデール一色でした。 1917年11月11日から100年目、つまりパッシェンデールの戦い(=第三次イーペル会戦)が終わった日です。 ちょっとイギリスとベルギー()の新聞の表紙を見てみましょう。 両方とも 墓地の写真です。 まるで屋外博物館さながらですね。 によると、最近の調査でわかったことは、この戦いによる死者はこれまで報道されていたより遥かに多く、 70万人にものぼるということです。 激戦地の一つですが、ここの特徴は文字通り「泥沼」だったことでしょう。 兵士も馬も戦車も泥の中に沈みます。 その年の8月は大雨でした。 砲撃で排水設備も壊されました。 砲撃孔に水がたまって池ができる。 そこにはまったら溺死してしまいます。 なぜなら兵士は数十キロの装備を身につけていたからです。 (に載っている有名な写真) 泥の中を這いずり回って溺死・・・ああ、兵士たちの無念さはどれほどだったでしょう。 こんなバカバカしい死に方ってあるだろうか。 戦争は不条理で無意味で、私の理解を超えています。 連合国軍の目的は何かというと、「パッシェンデールを制圧し、ドイツ軍戦線に突破口を開き、ベルギーの海岸線まで進出、の活動拠点を占拠する」()ことでした。 しかし「戦略的に重要な地域ではなかった」と指摘する歴史家も多いということです。 しかも5カ月と膨大な人命の損失のもとに勝ち取ったかに見えたパッシェンデールも、のちに3日でドイツに奪われてしまうのでした。 泥はにとってもトラウマでした。 には、のとして北フランスやの戦いに参加。 地域をよく知っていました。 のちに総統になってから「ドイツの戦車がフランドルの泥にはまりこむのは 我慢できない」とルト・フォン・クライストに言っていたと本で読みました。 泥にはよっぽど凝りていたんでしょう。 クライストはを成功させた司令官の一人ですね。 あと300年 毒ガス弾処理にかかる年月 この地域は戦争で初めて塩素ガスやガスなどが使われたところです。 兵士だけでなく、一般市民も巻き込まれました。 「」と呼ばれるガスは、イーペルの地名から来ています。 いまだに1年間で約5000発の不発弾が見つかっていて、廃棄は長いみちのり。 それだけでなく今も乾いた泥の中から遺骨が見つかるそうです。 先日、ベルギー沖で発見されたのについて書きましたが、が遠い出来事のように思えず、不思議な気がします。 最後に毒ガスマスクの写真をいろいろ。 馬もラバも。 写真にはありませんが他に犬はもちろん羊用もあります。 の毒ガス攻撃が悲惨だったので、第二次大戦の始まり、つまりドイツがに出るやいなや、イギリスではいち早く国民に毒ガスマスクを配布しました。 以下写真は画像を借りているので出典を入れていません。 ディズニーがデザインした子供向けマスク。 悲しくもシュールです。 今日は終わります。 🌸以下個人メモ いろいろな資料 99年前の新聞 大戦の終わり Notre-Dame de Paris Cathedral is illuminated in Paris on November 11 as part of the Armistice Day commemorations marking the end of. 📷 Francois Guillot — AFP Photo AFPphoto During the First World War 476 tanks spectacularly broke through enemy lines in Cambrai, north-eastern France, during a major offensive which began on November 20 1917. It was the first time tanks were deployed in significant numbers — Georgina Stubbs georginafstubbs 🌸「の野にて」 フランス語のが詳しくてよい。 Dit waren de betaalmeesters van de soldij voor de Spanjaarden die in Antwerpen gelegerd waren en die te klein van stuk waren om deel te nemen aan de gevechten. Vandaar de latere bijnaam voor kleine kinderen die nu nog gebruikt wordt: pagadders. Volgens de traditie is een Sinjoor iemand van wie de beide ouders geboren en getogen Antwerpenaren waren. Zeppelin-aanval Op 24 augustus 1914 viel de dood uit de hemel met de eerste Zeppelin-aanval op Antwerpen. cenecio.

次の

パッシェンデールの戦い : definition of パッシェンデールの戦い and synonyms of パッシェンデールの戦い (Japanese)

パッシェン デール

パッシェンデールは第一次世界大戦における大規模戦闘の残虐さを象徴している。 パッシェンデールの戦いは、第一次世界大戦の西部戦線における主要な戦いの一つ。 大量の流血と引き換えに連合国軍は戦線をパッシェンデール付近まで進めていた。 第二次パッシェンデール戦においてカナダ軍団を指揮した。 ヒトラーはバイエルン第16予備歩兵連隊の伝令兵として配属された。 連隊は主に西部戦線の北仏・ベルギーなどに従軍してソンムやパッシェンデールなど幾つかの会戦に加わっている。 終戦までにヒトラーは伝令兵としての活躍を評価されて二回受勲されている。 この戦いにおいて参加した若干の部隊はオマハ・ビーチでも戦ったことがあり、この2つの戦いを比較して、ベテラン兵はヒュルトゲンの森で行われた戦いがオマハビーチよりもかなり血なまぐさい戦いであると語った。 この戦いに参加していた文豪アーネスト・ヘミングウェイは戦いを「木が爆発したパッシェンデールだ」と語った。 それから一と月かそこらしたころ、チップスは、この男が、パッシェンデールで戦死したということを聞いた。 ヒルトン/菊池重三郎訳『チップス先生さようなら』 より引用• 三ヶ月に渡る激戦の末、カナダ軍団が1917年11月6日にパッシェンデールを奪取して戦闘は終わった。 第一次世界大戦の「パッシェンデール」と言えば、「初期の近代的戦争が見せた極端な残虐性」を象徴する言葉である。 今日のPassendaleは、ベルギーの地方自治体であるゾンネベーケに含まれる。 これに対しドイツ軍は良好に整備された塹壕と、連合国軍の準備砲撃にもよく耐える相互に連携したトーチカ群に拠って防衛戦を遂行できた。 最終的にパッシェンデールはカナダ軍により占拠されたが、連合国軍の損害は約45万人に及んだ一方、ドイツ側の損害は26万人であった。 現在のオランダ語で「パッシェンデール」はPassendaleと綴られる。 本来この名称は1917年10月~11月の間に生起した戦いだけを指すべきだが、一般にはイギリス海外派遣軍による7月31日の作戦発起以降の作戦期間全体を指すようになった。 三ヶ月に渡る激戦の末、カナダ軍団が1917年11月6日にパッシェンデールを奪取して戦闘は終わった。 第一次世界大戦の「パッシェンデール」と言えば、「初期の近代的戦争が見せた極端な残虐性」を象徴する言葉である。 その構造から迫撃砲の一種として扱うこともあるが、砲弾はガス弾のみであり榴弾などは用意されていない。 ソンムの戦いにおいて初めて使用されて以降第一次世界大戦終結まで使用され、パッシェンデールの戦いで290台のリーベンス投射器から毒ガスの一斉投射が実施された。 最終的にパッシェンデールはカナダ軍により占拠されたが、連合国軍の損害は約45万人に及んだ一方、ドイツ側の損害は26万人であった。 現在のオランダ語で「パッシェンデール」はPassendaleと綴られる。 古いPasschendaeleという綴りを用いる場合は、今日では特にこの戦いのことを指す。 フランツは初めバイエルン王国軍第2歩兵連隊の連隊長を務めていたが、第一次世界大戦が始まる直前にバイエルン王国第3歩兵旅団の旅団長に昇進し、後に第4歩兵旅団長に転任している。 フランツは第4歩兵旅団を率いてドゥオーモン要塞やケンメルベルクなどでの戦い、そしてパッシェンデールの戦いで勝利している。 フランツは長い戦争において優れた統率力を示し、1916年5月25日にはその戦功によりマックス・ヨーゼフ軍事勲章の騎士級勲章を受け、4ヶ月後の1916年10月28日にはバイエルン王国第4歩兵師団全体の司令官に昇格した。 この時の活躍はカナダ軍の公式文書において以下のように記述されている。 パッシェンデールでの活躍で戦功章に棒章を加えたペガァマガボウは、その後も1918年8月のアミアンの戦いで活躍してさらにその棒章を増やし、同年11月に終戦を迎える。 両軍が相手の遮蔽物や移動経路を悉く砲撃目標としたため村全体と道路までもが粉砕された様子が判る。 第一次パッシェンデール戦は、1917年10月12日、ポエルカペル付近で地歩を拡大しようとする連合国軍の再攻勢により始まった。 大雨がまたしても移動を妨げ、泥のため砲を前進させることは出来なかった。 街は大砲や銃の砲火によってほとんど壊滅し、パッシェンデール村は両軍の絶え間ない砲撃で完膚無きまでに破壊し尽された。 また、イーゼルでの包囲はベルギー軍の戦域を劇的に縮めていた。 これらの動きはパッシェンデール、イープルからの撤退を行うこととなり、ベルギー国土、オーステンデの放棄、ドイツ軍による占領を意味していた。 さらに7月末から11月にかけてパッシェンデールの戦い、11月から12月にかけて戦車軍団を動員したカンブレーの戦いで攻勢をかけたが、ドイツ軍は頑強に抵抗してイギリス軍の侵攻を防いだ。 一方フランス軍は1917年4月にエーヌ会戦で攻勢をかけたが、ドイツ軍が勝利した。 戦闘はイギリス、ANZAC、カナダ、南アフリカからなる連合国軍対ドイツ軍の間で戦われた。 連合国軍の目的は、ベルギーのウェスト=フランデレン州イーペル付近にあるパッシェンデールを制圧し、ドイツ軍戦線に突破口を開きベルギーの海岸線まで進出、Uボートの活動拠点を占拠することにあった。 これだけの突破作戦が成功すれば、戦線の要である位置に決定的な通廊が穿たれることになり、フランス軍への圧迫も除去されると期待できた。 第一次世界大戦において、海兵師団は1914年の青島の戦いや、1915年の、1916年のソンムの戦い、1917年のパッシェンデールの戦い、1918年の春季大攻勢などに参加した。

次の

優勢だったドイツが敗退に変わる重要な戦い パッシェンデールの戦い

パッシェン デール

パッシェンデールの戦い 第3次イープル会戦 1917年7月~11月 パッシェンデールの戦いまでの動き 第1次イープル会戦 第1次世界大戦開戦当初、ドイツはフランスを攻撃するためにベルギー国内を通り、その際イープルの町もドイツ軍により占領された。 その後体勢を立て直したイギリスを主体とする連合軍は1914年10月31日~11月22日にかけてイープルの突出部でドイツ軍を攻撃しまちの奪還に成功しました。 第2次イーブル会戦 翌年の1915年4月22日~5月25日にかけて今度はドイツ軍が攻撃をかけ、イーブルの町は再びドイツ軍が占領しました。 この戦いでドイツ軍は塩素ガスによる大規模な毒ガス攻撃を行い、2か月後にはこれもまた初めての火炎放射器による攻撃も開始しました。 1915年~16年両軍はイープル近郊でにらみ合いを続け多くの犠牲者を出したが前線はたいして動かなかった。 この間にイギリス軍はイープルの町を見下ろすメシヌ高地に陣取るドイツ軍に向かって、トンネルを掘り続けていたのです。 1917年に連合国側に大きな動きがあった。 1・フランス軍司令官ロベール・ニヴェルによる大規模なドイツ軍への攻撃(ニヴェル攻勢)の失敗でフランス軍全体に反乱がおこり、攻撃命令を無視(守備は別)するようになった。 ニヴェル攻勢 ソンムの戦いは連合国側だけではなく、ドイツにも大損害を与え、ドイツは少人数でも守れるようヒンデンブルク線と呼ばれる強固な要塞群の建設を行った。 1916年12月ロベール・二ヴェル将軍がジョセフ・ジョッフル将軍からフランス軍最高司令官の地位を引き継ぎ、ドイツ軍に対してレンスからランスにかけ飛び出しているドイツの前線に、英仏を中心とする120万人で包囲攻撃をし、前線に穴をあけドイツ軍を殲滅する作戦をたてた。 指揮官のニヴェルは「作戦は48時間で終了し、損害は1万人程度」と豪語していました。 この言葉は1916年までに120万人にも及ぶ犠牲者を出し、その割にはドイツ軍に対し、撤退させるどころか、前線も動かせず意気消沈していたフランス軍全体を奮い立たせました。 ところが事前にフランス軍捕虜から作戦全体の文書を手に入れたドイツは、占領地を放棄し前線の兵士をヒンデンブルク線に集結させて待ち構えていたのです。 そこにフランス軍は総攻撃をかけたが、初日だけで9万人、3週間の戦いで18万7千人の死傷者を出して敗北してしまいました。 この戦いで指揮官の無能ぶりに憤慨したフランス兵は、各地で「塹壕は守るが、新たな攻撃命令に従わない」反乱を起こし、フランスは以後この事件の収集に苦労することになり一時戦線から離脱することになります。 2・1917年3月から始まったロシア革命により、ロシア軍の参戦が危うくなってきて、11月にロシア軍は第1世界大戦から撤退しました。 しかし、実戦に参加したのは1年半程後であった。 ベルギーのイーベル付近のパッシェンデール村を制圧しここを突破口としてベルギーの海岸線に到達する予定であった。 メシヌ高地 イープルの町からドイツ軍の前戦を突破するため、イギリス第2軍司令官のプルーマ将軍は、ドイツ軍の陣地に向かってかねてから掘り進めていたメシヌ高地の地下トンネルで大量の火薬を爆発することにした。 6月7日午前3時10分、ドイツ軍根拠地に掘られていた19本の地下トンネルで455トンの火薬が一斉に爆発し、その轟音はロンドンまで届いたという。 この爆発でドイツ軍の死者は1万人以上、7千人が捕虜となりました。 この後ドイツ軍は、塩素ガスに代わり、新たに開発した マスタードガスを実戦で使用した。 8月にかけても攻撃を続けたが大した進展は見られなかった。 新兵器の戦車も136両投入されましたが、砲弾跡の穴にはまったり、泥沼に埋もれ動きが止まったところを砲撃され、大損害を出してしまいます。 マスタードガス マスタードガスは、無色または黄色の粘性の強い液体で、かすかにマスタード 洋からし の匂いがする。 特徴としては残留性・浸透性が高くゴムを透過する性質があり、当時使用されていたゴム製のガスマスクやゴム引きの防護服を無力化してしまう。 また、効き目が表れるのが遅いため 遅効性 気が付かず粘液を服や靴につけたまま退避壕や部屋に入ると、気化したガスによりその場にいた人も被曝してしまいます。 マスタードガスは糜爛剤のため、皮膚や粘膜にただれを生じ、重い場合は消化器や気管がやられてしまう。 第1次世界大戦の映画で目に包帯を巻いた兵士が列を作って避難している場面があるが、このガスで目の粘膜がやられた人たちです。 ヒトラーも戦争終盤にこのガスで目をやられ、病院で治療中に終戦を迎えました。 ただガスによる死亡率は5パーセント程と低く、1917年7月12日に、このガスを使った最初の攻撃を受けた約3500名の中毒患者のうち死亡したのは89名であった。 9月になり連合軍は「bite and hold」(噛って維持する)という戦略を採用した。 これは少しづつ前進を繰り返しその都度敵の反撃を食い止めていく作戦です。 ただこの作戦では人員の損傷が激しくイギリス第5軍では足りず、メシヌ高地で活躍した第2軍も加わり10月9日パッシェンデール近くのポエルカペルに着いた時には85000名以上の人的損害を出してしまいます。 第1次パッシェンデールの戦い 1917年10月12日大雨の中、ポエルカペルからパッシェンデールに向かって連合国軍は攻勢をかけた。 戦闘はフランス軍が反乱を起こしその後始末で使えないため、イギリスを中心とし、ガリポリの戦いに出てきたANZAC、南アフリカ、カナダの軍隊で戦った。 もともと沼地に建てられたパッシェンデールは両軍の激しい砲撃で排水路と堤防が破壊され水浸しになり、そのうえ大雨が降り、そこに砲撃で水と泥がかき回されたため、付近一帯は大きな泥沼となり、イギリス軍は木製の板を敷いて移動した。 泥まみれの板から足を滑らせ泥沼から這い上がらず、溺死するものが多数発生した。 特に負傷者が落ちた場合は致命的であった。 この戦いで連合軍は13000名の被害を受け撃退された。 第2次パッシェンデールの戦い これまでの戦いで多くの被害を受けたANZAC軍に代わり、新たにカナダ軍の2個師団が加わった。 1917年10月26日、カナダ軍の第3師団と第4師団の計20000人が突出部の丘に攻撃をかけ、第2次パッシェンデールの戦いが始まった。 この戦いで12000名の兵士が失われました。 1917年10月30日、新たにイギリス軍第2師団が加わりパッシェンデールの町の奪取に成功した。 さらに11月6日に新たな増援部隊が加わりパッシェンデールの町を取り囲む要地を確保できた。 この戦いでカナダ軍は5分の4の兵員を失った。 これまでの戦いのにおけるイギリス側の死傷者44万8千人、ドイツ側は26万人であった。 DMMに入会すると、希望するタイトル あらかじめリストに登録しておきます が2枚づつ封筒に入れて、郵送されてきます。 返却は同じ封筒に入れて郵便ポストに投函するだけです。 近くにビデオレンタル屋さんがない所などでは、助かると思います。 またこのサイトで扱っている映画のDVDは、店舗に置いていないことが多いため、探したり取り寄せてもらったりする手間を考えると、望む商品を直接自宅に届けてもらえるこのサービスは、大変重宝です。 今はやりのネットによる動画配信サービスよりも、はるかに多い約44万タイトルのDVDを扱っておりますので、なかなか手に入りにくい映画も見ることが出来ます。 現在30日間無料体験サービスを行っておりますので、一度試してみることをお勧めいたします。

次の