ガッシュ レイン。 金色のガッシュベル!!あらすじ一覧

漫画「金色のガッシュ!!」で一番泣けたシーンといえば?(画像あり)

ガッシュ レイン

不朽の名作『金色のガッシュベル』強さランキング 出典: 『金色のガッシュベル』はサンデーで連載していた大人気漫画です。 作者は 雷句誠先生で、マンガは全33巻。 2003年から2006年までアニメも放送されました。 魔界からやってきたガッシュと彼のパートナー清麿を主人公に 魔界の王を決める戦いの様子が描かれています。 そんな作中では 多くの魔物が登場し、凌ぎを削り合います。 彼らの呪文はどれもカッコよく、 大迫力な戦闘シーンで大人気漫画となりました。 そんな作中で、 最も強い魔物は誰なのでしょうか?作中で描写された最終的な強さを基準に、パートナーも込みの実力で私的にランキング付けしてみましたので、良ければお付き合い頂けると幸いです。 パピプリオが20位にランクインです。 初登場は8巻。 ゾボロンという魔物と コンビを組んで登場しました。 攻撃系の呪文はあまり持っていませんが、接着剤や煙幕など、 トリッキーな能力を活かして場をかき乱します。 最大呪文は 「ディオガ・ジョボイド」 正直、その実力は あまり高くないのですが、何故か 最後の10人になるまで生き残りました。 各勢力を渡り歩いたり、誰かの手下になったり、と 身の振り方が大変うまく、呪文の強さ以外の部分で生き残った珍しい魔物です。 しかし、そういった技術はバトルロワイヤルでは特に重要な能力。 なので、 その運と世渡り上手な様子から20位にランクイン。 ゾフィスに操られながらも、彼に対抗するべく ガッシュたちに手を貸していました。 パートナーは アルベール。 いつも無表情でクールな彼女ですが、 結構天然。 ギャグパートでも大活躍な カワイイ女の子です。 ただ、かわいい見た目の割に結構 力が強く、自分の何十倍も背丈のある デモルトを一本背負いするほど。 また、最大呪文の 「ミベルナ・マ・ミグロン」が大変強力で、デモルトさえまったく寄せ付けない強さを見せたので 19位にランクイン。 この呪文は 見た目や掛け声がとってもカッコよく、アルベールとのコンビネーションは必見です。 全魔物の中でも屈指の実力を持っており、中期に登場した魔物であるにも関わらず、ガッシュが最終盤で覚えた 「エクセレス」系の呪文を習得しています。 ディオガ級以上と思われる呪文を複数取得しているという描写から、 ファウード終盤でも通用する実力を持っていたことが伺えます。 それもそのはず、彼は千年前のラスボス「石のゴーレン」を 単独で追いつめるほどの実力者。 ひょっとすると、 前回の優勝候補の一角だったのかもしれません。 清磨にマジックでいたずらされたり、ぶりでビンタされたり、 かなり酷い目に合っていました。 千年前の事情と合わせ、とても不憫な魔物です。 17位「ワイズマン」 「人間は魔物の力を引き出すための下等な道具にすぎん」 金色のガッシュ!! 不運にも王を決める戦いに参加できなかった実力者で、優勝候補の一角と噂されるほどでした。 劇場版では、 一度使用された相手の呪文を奪う「白い魔本」を持ってガッシュたちに襲い掛かってきます。 「魔界第七小学校始まって以来の天才」という作中の描写から、本編開始前なら、同じ様な評価のブラゴ、アシュロン並の 実力者だったことが伺えます。 白い魔本も強力で、 十全に機能すればほぼ敵なし。 ただ、描写が少ないので真の実力は正直なところ未知数です。 良くも悪くも白い魔本に依存する強さのため、とりあえずこの順位になりました。 とても心優しく誠実な魔物で、 「守る王」を志しています。 また、仲間や パートナーのリィエンのことをとても大切にしており、捨て身で彼らを庇うエピソードが多いです。 彼の登場する話は感動的なものが多く、 作中屈指の人気キャラでもあります。 何よりイケメン! また、ガッシュの仲間の中でも 特に強い実力を持っています。 カンフーを会得したおり、呪文なしでもかなり強いです。 最大呪文はディオガ級の強さを持つ 「ゴライオウ・ディバウレン」。 本編では 「ウンコティンティン」とかいうふざけ……ユニークな名前の敵を足止めするために、 魔界に帰ってしまいました。 15位「レイン&カイル」 「これでもう……思い残すことはない」 家に帰ってから今までずっとガッシュベル見てた。 カイルとレインの話はやっぱりコルルのとこ思い出すね。 とても大きな体と強い力を持っていますが、パートナーのカイルがとっても臆病。 小さなハエにさえビビるため、これでは戦えないと 王を決める戦いを辞退しました。 しかし、その実力はたいへん高く、 呪文抜きでも大抵の魔物を撃退できます。 カイルが覚悟を決めてからは 強敵のロデュウを終始圧倒。 彼の最大呪文も物ともせず、返り討ちにしました。 最大呪文は 「ガルバドス・アボロディオ」でディオガ級の術さえ、簡単に消し飛ばす とても強力な呪文です。 ファウード復活のために仲間を集めるべく、 暗躍していました。 パートナーは 仮面を被った少女のチータ。 最大呪文は 「ディオガ・ラギュウル」で、呪文の強さこそ平均的ですが、 戦闘センスが抜群です。 チータの状況判断能力も高く、 バランスのとれた実力を持っています。 また、「ゴデュファ」で ファウードの力を手に入れてからは更に強くなり、ガッシュの「テオザケル」を食らっても倒れない タフさを見せました。 特にこれといった欠点もなく、 安定した強さを見せている14位にランクインです。 ファウードの秘密を知っており、彼らの計画を阻止すべく活動していました。 パートナーはエリー。 普段の一人称は「某」ですが、 素は「オレ」のエセ侍です。 見た目はどう見ても西洋風の騎士なのですが、すり足や居合い等を知っており、もしかしたら 日本マニアなのかもしれません。 強力な呪文も数多く覚えており、ファウード編全体を見ても見劣りしない屈指の実力を持っています。 ただし、パートナー エリーの体が弱く、強さがコンディションに左右されるという弱点を持っています。 本編でもそこを突かれてゴームに敗北してしまいました。 なので、 暫定13位に。 12位「チェリッシュ&ニコル」 「来るのが遅いわよ、テッド」 このチェリッシュが好きすぎて完全版のガッシュめっちゃ欲しくなってる。。。 aOffTheLaw LaplaceLagoon チェリッシュはテッドの探していた魔物の少女です。 ファウード編で登場。 リオウの呪いでパートナーを人質に取られ、 無理やり協力させられていました。 その上、支配者がゼオンになってからは 彼の雷でトラウマを植え付けられたりした可哀そうな子。 ただ、活躍の場が少ないだけで、 とても強い実力を持っています。 特に強力なのがライフルで宝石を射出する呪文 「グラード・マ・コファル」。 設置された2つの鏡から 位置を悟られずに狙撃できる上に、威力もゼオンの 「ジャロウ・ザケルガ」と拮抗できるほど強力です。 この呪文1つで大抵の魔物は完封できるでしょう。 強気な女の子って、いいよね……。 11位「モモン&シスター・エル」 「清麿が、もうすぐここに来てくれるよ」 出典: エロザル……改め、 モモンもファウード編から登場した魔物です。 大変臆病で、 基本的に戦わず逃げてばかり。 ただ、とても強そうには見えない彼ですが、意外にも 臆病なことを克服して相手に立ち向かえば、かなり強力。 意外と頭も良く、 トリッキーな技で場をかく乱するのが得意です。 特に強力なのが、当たったものの動きを遅くする呪文 「オラ・ノロジオ」。 魔物本体に当てれば効果中相手はなす術もなく、 どんな強力な相手にも通用する一撃必殺技として機能します。 実際、パワーアップしたロデュウとジェデュンを 2人同時に相手取って追いつめるほどのポテンシャルを秘めています。 空間を繋げて瞬間移動できるチートキャラ。 別空間を作り、そこに隠れることもでき、 バトルロワイヤルでこれほど厄介な能力は他にないでしょう。 こいつがいなければ、 クリアもそこまで強敵じゃなかったはずです。 本人の実力も高く、最大呪文 「ディオボロス・ザ・ランダミート」はアースの奥の手を軽々とあしらうほど強力でした。 「ゴー」としか喋らず、表情も分かり難い彼ですが 割と感情豊か。 クリアの再生のために 7か月も別空間で座りっぱなし、という苦行に耐えられなくなって キレたり、キャンチョメの出した鳥を見て 喜んだりしてました。 9位「バリー&グスタフ」 「お前は、『王をも殴れる男』になったぞ」 ガッシュの話は、 コルルを除くとバリーのラストが一番好き。 あれは男ならグッとくる。 — むつき むぅ 芳乃、茜、あやめ、藍子P mutsukiP バリーは10巻に登場した、 ガッシュのライバルの1人です。 好戦的な性格で、 誰にも負けない強い王を志しています。 当時からとても強い実力を見せていましたが、 再登場時には更に強くなり、肉体的にも精神的にも成長して帰ってきました。 もしかしたら、作中で最も精神的に成長した人物かもしれません。 とても高い実力を持っており、アシュロンに並ぶ強さを持つとされる 「エルザドル」を倒す。 ファウードの力を得たキースの推定ディオガ級3倍の威力を持つ最大呪文を、同じディオガ級の呪文 ただ1発で突破するなど、 圧倒的な強さを見せました。 ファウード編でリタイアしてしまった彼ですが、間違いなく最強クラスの実力者です。 竜族でありエルザドルと並んで、 大人の魔物以上の強さを持つとされる実力者。 クリアとで出会ってからは、彼の野望を阻止すべく暗躍していました。 とても強く、あのクリアが唯一ライバルと称するほどの強者で、 クリア編初期ならブラゴ以上の実力を持っていました。 ただ、 シン級の術は覚えているもののほとんど使いこなせていない。 ファウード編終了時ガッシュ+アンサートーカー清磨で拮抗できたシャツ姿のクリア相手に若干劣勢。 個人的には、おそらくバリーと同等くらいの実力だと思うのですが、 習得呪文の威力から僅差でアシュロンが上位に。 4巻で登場して以来、 ガッシュの仲間として行動を共にするようになりました。 防御主体の呪文のため、作中で苦い思いをするのことの多かった彼女ですが、 クリア編では急成長。 最大呪文は 「チャージル・セシルドン」です。 とても防御力が高く、作中で最強クラスの威力を持つゼオンの 「ジガディラス・ウル・ザケルガ」を見事防ぎきりました。 そこから更に成長し「ザレフェドーラ」さえ防ぎきったため、彼女の盾を力で突破するのはほぼ不可能だと思われます。 正に絶対防御。 カウンターを狙うだけで 大抵の魔物に勝てるはずです。 人気投票で清磨を上回る人気を持つ、人気キャラクターです。 初期の頃はパートナーを中々見つけられずにいた彼ですが、 千年前の魔物編でサンビームさんと会ってからは急成長。 ラストまで主力メンバーとして活躍しました。 最大呪文は 「シン・シュドルク」アシュロンさえ使いこなせなかった肉体強化系のシンを会得しており、 その速度は音速以上。 更に小回りも利くため、まともにやり合えば ほぼ対処不能な強さを持っています。 その呪文を会得する修行の結果、 体がめちゃくちゃムキムキになりました。 5位「ブラゴ&シェリー」 「お前がパートナーで……オレは幸せだった」 ブラゴもシェリーも大好き。 2巻で登場して以来、ガッシュのライバルとして 最後までお互いにしのぎを削り合いました。 パートナーは シェリー。 初期の頃は血の気が盛んで、人間を見下していた彼ですが、作中で成長。 きびしい強さの中にも思いやりのある、王者の風格を身につけました。 最大呪文は 「シン・バベルガ・グラビドン」。 体に負荷をかけることで威力を上乗せることができ、 「シン・クリア・セウノウス」に拮抗する程の威力があります。 また、シェリーの能力も高く、 清麿のアンサートーカーに迫るほどの実力を持っています。 チート能力を抜きにした純粋な実力だけなら、間違いなく作中最強の魔物です。 4位「キャンチョメ&フォルゴレ」 「僕が何もできないせいで、誰かがいなくなるのは!もう嫌なんだよ!」 バイト疲れる〜〜? 誰か無敵フォルゴレ歌って — ゆーすけ yskhur0323 キャンチョメは、こ の作品一番の出世頭です。 初登場時に最弱の魔物として登場した彼ですが、クリア編で急成長。 作中屈指の実力を身につけました。 パートナーは大スターにして 無敵の男「鉄のフォルゴレ」こと パルコ・フォルゴレ。 最大呪文は 「シン・ポルク」で、能力は相手の完全催眠。 ぶっちゃけ、某ジャンプ漫画の鏡花水月とだいたい同じ効果の能力です。 一度発動すれば、クリア相手にさえ勝ち確な作中屈指のチート能力です。 ただし、 キャンチョメ本体は変わらず弱いままなので、アンサートーカー持ちには通じないという弱点があります。 なので、 4位にランクイン。 3位「ゼオン&デュフォー」 「許せ、ガッシュ……兄が愚かだった」 金色のガッシュのゼオンの強キャラ感wwwwwwww — うはん博士 uhanhakase3 ゼオンはガッシュの兄で、彼の記憶を奪った張本人です。 初期の頃から この作品のボスキャラとして君臨しました。 ファウード編でガッシュに敗れた彼ですが、クリア編でも通用するであろう 作中最強クラスの実力を誇っています。 最大呪文はバオウに匹敵する威力の 「ジガディラス・ウル・ザケルガ」。 更に彼のパートナーの デュフォーは清麿以上のアンサートーカー+心の力を自力回復&憎しみ補正で呪文の威力アップというスーパーチート。 ただでさえ優勝候補のゼオンに、チート持ちの彼がパートナーとしてあてられるとか不正が疑われるレベルです。 なお、 ガッシュと和解してからは順調に弟バカへ成長。 最終巻でデレデレな様子が描かれています。 好物はカツオブシ。 2位「クリア&ヴィノー」 「でかく、凶悪な力だな。 「滅ぼし」が必要だ……」 クリア・ノート参考画像。 ディオガ級以上の呪文を食らっても 傷1つ付かない。 パートナーへ呪文を遮るバリアを張っている。 文句なしに、 この作品で最強の存在。 ただ、バカみたいな強さを誇る彼ですが、 実は王を決める戦い全体を見るとそこまでのチートキャラではありません。 パートナーが赤ん坊という 大きなハンデを背負っているため、まだヴィノーの喋れない頃を狙えば、 割と簡単に倒せるのだとか。 なので、初期の頃は 隠れてせっせと育児に励んでいたそうです。 イクメンのラスボスって……。 1位「ガッシュベル&高嶺清麿」 「これ以上私の友達を侮辱してみろ!このガッシュベル様がただではおかぬぞ!」 ガッシュベル面白いな — 亮平 OhtaMsr そして、堂々の1位は、この作品の主人公である ガッシュベル!彼については、ほぼ説明は不要でしょう。 強力な「バオウ」にゼオンに迫るほどの 身体能力。 清麿の的確な指示と アンサートーカー能力。 更に、魔界の魂さえも引き寄せる 圧倒的カリスマと、正に王に相応しい1位のキャラクターです。 ただ、 気絶する癖は最後まで治らなかった様子……。 なお、「バオウザケルガ」についてですが、実は まだまだ成長の可能性があります。 ゼオン曰く、父のバオウは ファウードを倒した際の姿よりも強かったそうです。 その父親は 最終的にバオウを制御できなくなり、ガッシュに託したとのことですが……。 もしかしたら、ガッシュがバオウの意思に喰われると、 クリアの様になってしまうのかもしれません。 最強の魔物はガッシュベル! 出典: ということで、見事1位に輝いたのがガッシュと清麿でした。 なお、初めにお伝えした通り、 このランキングは著者の主観が多分に含まれています。 なので、あんまりあてにはしないでください。

次の

金色のガッシュベル!!強さランキングTOP20!漫画&アニメから最強魔物を決定!【金色のガッシュ!!】

ガッシュ レイン

でもバオウは最後にシンベルワンバオウザケルガが出てシンの術があるわけだし、ジガディラスも更に上がありあの時点のゼオンが使えなかっただけだと思う。 ただ単純にファウード編時点で使えるレベルは少なくともゼオン以上の実力者のアシュロンとクリアだけだったというだけで。 竜族の神童と呼ばれたアシュロンですらもクリアとの初戦ではシンは使えなかったみたいだし、少なくともファウード以上の脅威と戦わなければいけないレベルになったうえで限界まで修行して初めて使えるレベルなんだろう。 ブラゴですらクリアとの初戦では限界まで追い込まれてもまだシンまで出なかったわけだし。 ゼオンは元から強いからそういう相手に当たらずに現状のままでドロップアウトしただけで、仮にクリアと戦っていてアシュロンみたいに命からがらで逃げ延びて打倒クリアで修業してたらパートナーは最強だしシンも使えるレベルになっていたかもしれない。 ジガディラスは術を喰わないしデュフォーの心の力を放出し続ける術だから勝てるとは言わないけどバオウのように簡単には消滅しないと思う。 要は相性の問題。 ガッシュですら最終決戦の時点でも戦闘能力だけならゼオンより下とデュフォーが言ってる。 ゼオンは幼い頃からずっと厳しい訓練をしてきてあの強さを持っている。 ガッシュも一年修行したけど長年修行し続けたゼオンには一年では追いつけなかった。 ファウード編でもゼオンがその気ならガッシュチームは簡単に全滅させられていた。 ゼオンと対決している時のガッシュとクリア編序盤のガッシュの強さは同じ。 ガッシュがクリアに簡単に負けてるからクリアが強く見えるだけで(しかもアンサートーカーなし)ファウード編でゼオンがその気になっていたらクリア戦と同じようにガッシュは簡単に負けていた。 アンサートーカーでシンポルクを破れるって話、確かに作者発言だけど「状況と運次第では可能」ってレベルだぞ。 目耳をふさいだ状態でキャンチョメの正確な位置を特定(アントカがあればこれは簡単だが)、その位置に小石とかを投げて当てなければいけない。 つまり、 ・シンポルクの影響を受ける前に耳目をふさぎ、 ・手元に何か投げられるものがあり、 ・キャンチョメ本人が投擲の届く距離にいて、 ・直接触られる前に、 ・正確に投げて、 ・鉄の男に防がれない という条件をすべて満たす必要がある。 あまり現実的じゃない。 アンサートーカーですらこの調子、シンポルクはそれだけ協力な技。 もっともこれは作中で標準的な距離からスタートし、キャンチョメが即座にシンポルクを使った場合。 クリアがやったような遠距離狙撃には無力だし、シンポルクが唱えられる前に殴るなりすれば勝てる奴はいるだろう。 それに普通最初から最強の技は使わないし。 キャンチョメの強さの評価はこういうわけで難しい。

次の

金色のガッシュ!!はウマゴンの最後が1番泣ける【物語を振り返る】

ガッシュ レイン

【金色のガッシュベル】最強キャラ魔物ランキング!ベスト15! ガッシュベルは完結しているので最終話までの最強キャラランキングとなっています。 15位 テッド 好きなもの 卵焼き リーゼントの少年でパートナーのジードと世界を旅していた魔物の子供。 魔界でお世話になっていたチェリッシュを探すために旅をしていた。 ガッシュとは公園で出会い力自慢の戦いの後に意気投合しその後ガッシュに協力するようになる。 遠距離攻撃はなく段階的に肉体強化をしていく戦闘スタイル トップギアである「フィフス・ナグル」はスピードとパワーともにけた違いのものになるがあまりのパンチの強さにテッドの体もダメージを受けるほど。 最後はファウードの力を得てパワーアップした魔物ギャロンと戦い勝利するがチェリッシュをゼオンの雷から救うために防御行動をとらなかったため本が燃えてしまい消える。 アースや他の魔物を圧倒するなどファウード編ではかなり実力を持っていた。 人気キャラであったためかアニメ版では心臓の魔物やバリーと戦うなど活躍のシーンが原作よりも多い。 クリア編ではガッシュを助けるために金色の本から現れ「シン・ドラグナー・ナグル」を発動。 フィフス・ナグルよりもちろん強力であり防御面も大幅強化されているためか殴っても自分にダメージを受けない。 14位 ロデュウ ファウードの力 ファウードの力を横取りするためにリオウに協力していた魔物。 冷酷であるがプライドが高いためか卑怯な手は使わない。 覚醒したガッシュと清磨と戦うが敗北。 ファウードの力ですぐさま回復&パワーアップしたがチータの言葉でゼオンに従っている事に気づきゼオンに反旗を翻す。 最後はゼオンに攻撃したことで激痛が走るが自分のプライドが上回りゼオンに攻撃を続ける。 ファウードの細胞により死ぬことが決定していたがパピプリオがチータの本を燃やすことで死ぬ前に魔界に帰れるとゼオンに「ディオガ・ラギュウル」を打ち放し笑顔で消えていった。 13位 デモルト 千年前の魔物。 月の石を守る番人として登場しガッシュたちの前に立ちふさがる。 ブラゴ曰く力だけみるとゾフィスよりも上。 最強呪文は禁術の「ギルガドム・バルスルク」。 強力な肉体強化の術であるが副作用として凶暴な性格になり言語も話すようになる。 最後はガッシュのザクルゼム3発から「バオウ・ザケルガ」で敗北してしまった。 12位 レイン ガッシュの魔物時代の親友。 体が大きく強力な呪文を覚えていたがパートナーである気弱なカイルに気を使い自分から魔物の戦いを降りるためにガッシュに本を燃やそうとしてもらっていた。 これまで魔物が来ていたが呪文なしで戦っていたという猛者。 ロデュウとの戦いでガッシュの心の強さを見たカイルが奮起し勝利。 これで心おきなく魔界に帰れるとガッシュたちに本を燃やしてもらって魔界に帰っていった。 最強呪文は「ガルバドス・アポロディオ」。 ロデュウの「ディオガ・ラギュウル」を大きく上回るほどの力を持つ。 クリア編ではガッシュの金色の本に現れ「シン・ガルバドス・アポロディオ」で完全体クリアを迎撃した。 11位 ティオ 好きな食べ物 魚、シーチキン、ケーキ 握力 80~120kg ヒロインの魔物の子。 美少女な魔物の子であるが魔界ではいじめっ子だったらしくキャンチョメやガッシュをいじめていたらしく「首絞めティオ」と恐れられている。 クリアノート編ではクリアを阻止するためにデュフォーの修行をこなし「守る力」をさらにパワーアップさせた。 最大呪文は「チャージル・セシルドン」か「リマ・チャージル・セシルドン」。 最後はクリアノートの「シン・クリア・セウノウス・ザレフェドーラ」による特大の一撃を「チャージル・セシルドン」で防ぐことに成功したが本が燃えてしまう。 ガッシュが勝利することを信じて「また明日」と言って消えていった。 ガッシュの最終決戦にてガッシュを助けるために金色の本に現れる。 「シン・サイフォジオ」により清磨とガッシュを完全回復させた。 10位 リオウ ファウードを復活させようとたくらんでいた魔物。 呪文の他に自分の能力で他人に死の呪いをかけることができるらしくそれでウォンレイ、リィエンやリーヤ、アリシエペアを無理やりファウード復活まで従わせていた。 パワーアップ前のガッシュたちに勝利、相殺したとは言えザクルゼムによりパワーアップしていたバオウザケルガに直撃して立ち上がるほどのタフさを持っていた。 最後はゼオンデュフォーペアにファウードを横取りされる形で敗北し魔界に帰る。 ゼオンがあまりに強すぎるのもあるがリオウはかなり呪文を覚えていたため結構強い方であった。 9位 バリー 好きな食べ物 魚、ステーキ、赤ワイン、木炭 趣味 角磨き、強いやつと戦うこと 物語初期から登場していたキャラ。 初期は腕っぷしの強いただの不良であったがガッシュと戦ったことでガッシュの意思に飲まれてしまい決着がつかなかった。 パートナーのグスタフはそんなバリーを精神的に成長させる師匠のような存在でありガッシュや竜族のエルザトルと戦わせることでバリーの腕だけでなく心をも強くすることに成功した。 ギガノ級の術を受けてもぴんぴんしているファウードの体内魔物を素手で悶絶させたりファウードの力を得たバリーを一方的に倒したり、おそらくアシュロンと同じくらいの力を持っていたであろうエルザトルを倒すなどしている猛者。 最後はガッシュを生かすために自分が犠牲となり死ぬ前に本を燃やす形で魔界に帰る。 グスタフに「王おも殴れる男になった」と最後は称えられ、王になるという心残りがすっかりなくなって別れにより泣きながらも満足して魔界に帰っていった。 8位 ゴーム クリアノートの仲間でワープの能力を持つ魔物。 「ゴー」としか喋ることができないため体がでかく戦闘能力は高いがウマゴンと同じく6歳以下の魔物だと思われる 6歳辺りから魔物は喋れるようになる。 クリアノートからは元々ゴームが家族も友達もいない独りだったため仲間にしている。 アースに勝利するほどの実力を持つが「シン・ポルク」を覚えたキャンチョメの前に敗北。 その後キャンチョメと友達になる。 キャンチョメも生き返らせてもらおうとクリアに頼んだが断られたためクリアに挑むも敗北。 半身を削り取られていたが死ぬ前にガッシュに本を燃やしてもらったことで魔界に帰った。 最大呪文は「ディオボロス・ザ・ランダミート」。 アースの最強呪文ヴァルセレ・オズ・マール・ソルドンを打ち破っている。 スポンサーリンク 7位 ウマゴン 好きなもの 干し草、焼き芋、魚 嫌いなもの ニンジン 魔界にいたときからガッシュの親友。 千年前の魔物編のころは戦うことを恐れていたがガッシュたちを救いたいという気持ちが上回り戦うことを決意。 なのでその頃から清磨のことは嫌いじゃなくなっている。 クリア編ではデュフォーの修行によりアフリカで生の執念が芽生え最強呪文「シン・シュドルク」を覚える。 クリアの「シン・クリア・セウノウス バードレルゴ」を打ち破りクリアの決戦の舞台までガッシュたちを送り届けるも体力の限界とこのままでは死んでしまうと本を通じて悟ったサンビームさんは恵に本を燃やしてもらう形で魔界に帰った。 ガッシュとクリアの最終決戦では宇宙に行くために「シン・シュドルク」を使った。 6位 ゼオン 好きな食べ物 ホットドック、かつおぶし、魚 趣味 一人遊び 高い場所から下を眺める ガッシュの双子の兄で王族のエリート。 苦労もせずバオウの力を得て魔界の王を決める戦いに参加できたガッシュをかなり恨んでいた。 戦闘能力が非常に高く呪文の力もガッシュと同じ呪文を使うが2段階くらい上の威力を持っていた。 ガッシュたちが捨て身でダメージを負わせたリオウを「ザケル」と中級呪文の「テオザケル」のみで倒し禁術には素手での戦闘を行うなどの相当なパワーを持つ。 ガッシュ側の事情やファウードを得たことで不事情が重なるなどで自分のやり方を確かめるためにガッシュとの最終決戦を待つなど多少心変わりした。 ガッシュとの戦いの後は和解しガッシュにファウードを倒す力を与えて魔界に帰る。 またデュフォーの身を案じており「生きろ」と残して去っていった。 最強呪文は「ジガディラス・ウルザケルガ」。 クリア編のデュフォーの話ではゼオンのトレーニングもおそらくデュフォーが指導していた。 クリアとガッシュの最終決戦では魔界の魔物の子たちの力をすべてガッシュ与えることで「シン・ベルワン・バオウ・ザケルガ」の力となった。 魔界に帰った後はガッシュと仲良くなっておりガッシュをいじめようとしたりする子がいた場合は懲らしめるなどしているらしい「 ガッシュに 変なことしたらゼオンに殺される」とガッシュと同じ班になった魔物の子が叫んでいる。 5位 アシュロン 好きな食べ物 ビール 竜族の神童アシュロン。 クリアを止めるために修行をつんでいた魔物の子で共闘するかを見極めるためにガッシュたちの前に現れる。 ガッシュやブラゴでも相手にならなかったクリアに善戦するなどかなりの強さを見せておりブラゴ、ガッシュとの共闘であと一歩のところまでクリアを追い込んでいる。 しかしゴームが現れ逃げられてしまいクリアを討てなかった無念のまま魔界に帰った。 クリアとの最終決戦では金色の本を通してガッシュの前に現れ「シン・ドラゴノス・ブロア」により完全体クリアを迎撃。 4位 ブラゴ 好きな食べ物 シャチ、獣肉 趣味 強い者と戦うこと、ハイキング 王族の魔物の子であるらしく多くの魔物から恐れられている優勝候補。 千年前の魔物との戦いでは一人で何十体という魔物を撃破しゾフィスも撃破。 ファウード編では援護のみ登場。 クリア編にてガッシュたちと一緒にデュフォーの修行を受けた。 クリアとの戦いでガッシュと共闘し追い詰めるも完全体クリアとなってしまったためにその後は何もできなかった。 クリア撃破後は清磨の卒業式のために3か月待つ。 そしてガッシュとの最終決戦では「シン・バベルガ・グラビドン」と「バオウ・ザケルガ」の激突により敗北。 パートナーがシェリーでなければこの戦いはここまで勝ち残れなかったと最後に感謝を述べて魔界に帰った。 3位 キャンチョメ 好きなもの アメ、魚、チョコレート 趣味 歌、ダンス、手でこぐスケボー、間食 金色のガッシュベルのマスコット兼ネタキャラのキャンチョメ。 物語初期から登場していたがクリア編にて覚醒しとんでもない呪文を習得した。 練習試合にてガッシュに勝利、アースを倒したゴームとの戦いでは一方的にボコすなど強くなる。 しかし強すぎた力を得たために優しい心を一時的に失うがフォルゴレの過去の過ちにより説得され戻る。 その後「シン・クリア・セウノウス」の超遠距離攻撃により本を燃やされて魔界に帰る。 最後はフォルゴレと別れを惜しみお互い号泣しながら消えていった。 最強呪文は「シン・ポルク」。 チート呪文であり唯一の弱点はライク先生の話によるとアンサートーカーの能力で幻影の中本物のキャンチョメの位置を割り出して石を投げるなどの物理攻撃を仕掛けなければ幻影を突破することができない。 完全体クリアもシン・ポルクで地球の位置をだまされていたため接近戦に持ち込まれるとキャンチョメに勝つのはかなり厳しいのである。 2位 完全体クリア・ノート 「シン・クリア・セウノウス」がクリア本人を取り込んだ姿。 心の力で動く悪魔であるがヴィーノは無尽蔵の心の力を放出するように調整されており実質永続のパワーアップ。 地球ごと消すという発言をしていたため相当なパワーを出すことが可能らしい。 ガッシュとブラゴを追い詰めるも金色の本へと覚醒したガッシュの前に敗北。 アンサートーカーの能力で倒す答えが見つからないと出ていたが弱点は頭の上にあるクリアの抜け殻をうまく分解していくと弱点が露出する。 1位 ガッシュ 好きなもの ブリ 主人公。 通常ガッシュの本は赤い色をしているが金色に輝く本をクリアとの戦いで使用した。 金色に輝く本は魔物の本の本来持つ力であるらしくガッシュ以外でも使用はできるようだ。 本が金色に輝くとガッシュを助けたいと思う魔物の子の呪文と最強呪文である「シン」が使える。 これにより完全体クリアを撃破した。 ラストはブラゴとの一騎打ちになりガッシュ本来の力でブラゴに勝利する形で魔界の王となった。 最強呪文は「バオウ・ザケルガ」と他の魔物のシンの呪文と合体した「シン・ベルワン・バオウ・ザケルガ」。

次の