ロマサガ 3 シャール。 ロマサガ3 サブイベント攻略 ミューズの夢

シャール

ロマサガ 3 シャール

シャールの能力 プロフィール ピドナの有力貴族クレメンスの元部下。 クレメンスの下で働いていた時は、近衛兵一の実力者で、剣技、術ともに超一流。 また、民からの人望も厚く、気高き戦士でもあった。 しかし、クレメンスとルートヴィッヒの権力闘争の末、右腕の筋を切られてしまい、利き腕で武器を握れなくなってしまう。 クレメンスを殺害したルートヴィッヒは、自らに忠誠を誓うよう警告するが、誇り高きシャールは断った。 逆鱗に触れるも、ルートヴィッヒはシャールを処刑する事による民衆の反発を恐れ、利き腕の筋を切るに留まる。 現在は、クレメンスの忘れ形見であるミューズと、ルートヴィッヒの追撃から逃れるため、トーマスの協力を得て旧市街で暮らしている。 肩書 元術戦士 性別 30歳 年齢 男 宿星 鎮星 得意武器 槍 最速加入までの必要勝利回数 ? ラスボス戦への意気込みを一言で 世界の混乱と不幸を断つ!! 目的 ミューズを守る 仲間にする方法• ミュルスから無料船でピドナへ• ピドナ奥のトーマス親戚宅左の部屋にいるトーマスと会話する• ピドナ道具屋に入り出る• 魔王殿の吹き抜けマップの螺旋階段を下りた先の左側の部屋にゴンがいる• 魔王殿入口まで行くとイベントが終了しシャールがパーティーにいる場合は離脱• 主人公のHPを220以上にする• ピドナ旧市街のミューズ宅に入るとミューズの病魔イベント発生• 「一緒に行く」を選ぶとミューズの夢の中へ• ミューズの夢の中で夢魔を倒す• 銀の手を装備した状態では、ティベリウスやウンディーネ等の術士タイプの閃き適正になっている。 しかし、実際にプレイしてみると、「銀の手」の装備に関わらず、ヤンファンと同じタイプのものが採用されているようだ。 「銀の手」を装備した状態でセーブし、リセット&ロードをしても閃き適正は固定されているようだった。 一見すると、銀の手を装備する事でステータスが激増するので、相性が良いと感じるかもしれない。 しかし、腕力と器用さは上昇するが、銀の手の特殊効果である二刀流の恩恵は受けられない。 そのため、ボストンなどの銀の手と非常に相性の良いキャラと比べると、シャールに渡すのはおすすめしない。 また、分身技は、実質、腕力や器用さが無関係なので、最終的には腕力の低さは気にならない。 ただ、シャールは素早さが微妙なので、どちらかと言えば分身技との相性は悪い。 初期ステータスは高いが… シャールは初期ステータスが非常に高い。 特に、パーティーメンバーが4人以下でゴンの迷子イベントを発生させた時には、その強さが際立つだろう。 しかし、これはあくまでも条件付の一時加入で、イベント終了と同時に離脱する。 正式加入は、ミューズの夢魔イベント後なので、その段階のパーティーと比較すれば、決して高水準のステータスとは言えないだろう。 強いて言えば、WPとJPが高い点だろうか。 閃き適正とおすすめ武器 閃き適正を踏まえた上でのおすすめ武器は剣になってくるだろう。 しかし、腕力が著しく低いので、「銀の手」の装備が基本となってくる。 丁度、シャールが加入する時期のダメージソースになりやすい「龍尾返し」や疾風剣の適正があるし、終盤に役立つ分身剣や黄龍剣の適正もある。 ただし、技王冠が付かないので、黄龍剣の閃きには苦労するかもしれない。 ポイントとしては、いかに技王冠なしで分身剣を閃けるモンスターと遭遇するかだろう。 閃きについては、別キャラを使うという選択肢もある。 続いて、大剣技はスマッシュ、ブルクラッシュが抜けているのが痛い。 特にブルクラッシュは、シャールの加入時期に主力となりやすい技だ。 ただし、地走り、無形の位、無刀取りに適正があったり、大剣技最難関の「地ずり斬月」に適正があったりと、大剣技そのものとの相性は良い。 槍はもちろんおすすめだが、ライバルに初期ステータスで技王冠の妖精がいる。 アタッカーとしての能力もシャールとは比べものにならないくらい優秀。 一時的な術サポーター向きだが素早さには注意 シャールの能力を踏まえると、一時的な術サポーターとして利用するのがおすすめ。 そのためには、ゴンの迷子イベントの一時加入の段階からこき使っていきたい。 序盤パーティーの脅威となるのが、全体火炎等を使用するレッドドラゴン。 開幕で飛んでくる全体火炎に成す術なくやられてしまいがちだが、シャールを上手に使えば、難なく切り抜けられる可能性がある。 シャールは、初期JPが高いので、加入してすぐにファイアウォールを数ターン展開する事が可能。 これが予想以上に役立ち、レッドドラゴン戦やウンディーネ&ボルカノ戦を容易に切り抜けられる。 特に、序盤にレッドドラゴンを倒せれば、魔王殿の「いん石のかけら」を入手し、開発がスムーズに行える。 そこで、事前に「王家の指輪」を入手し、ゴンの迷子イベントの際に、シャールを魔王殿深部まで連れて、レッドドラゴンを撃破してしまうのもよいだろう。 ただし、シャールの素早さは16と微妙なので、先手で補助術を使えない可能性がある。 スペキュレイションやワールウインド(フリーファイト)の陣形を活用したり、ラバーソウルや「翼のお守り」を装備させて補強してやるとよいだろう。 また、閃きに関してもスポット利用してやるのがよい。 技王冠にできないため、閃きそのものには向いていないキャラだが、「無形の位」や「無刀取り」、「次元断」、「スパイラルチャージ」、「挑発射ち」など、痒いところに手が届く閃き適正になっている。 ゴンの迷子イベント中に、オーガ道場や巨人道場を有効活用し、上記の技を狙ってみるのもよい。

次の

ロマサガ3リマスター版攻略wiki|ロマンシングサガ3

ロマサガ 3 シャール

シャールの基本データ 仲間になる場所: ・サブイベント「」実施中 仲間が5人以下時のみ。 上記イベントクリア後、仲間から外れる ・サブイベント「ミューズの夢」実施期間中 ・ピドナ旧市街 サブイベント・をクリア後、自由に仲間にできる 初期装備・固有装備: ロングスピア チェニック 革のブーツ 初期取得技・取得術: エイミング エアスラッシュ セルフバーニング フェザーシール ファイアウォール シャールの特徴 腕力・器用さが壊滅的に低く、体力、魔力が高い。 そのため、術による攻撃が基本的になる。 しかし、銀の手を装備することにより、腕力・器用さが上位レベルまで上がる。 銀の手さえ装備してしまえば、物理・術共に使用出来る万能型のキャラクターとなるため、 魔法、武器、状況に合わせて戦うことが出来る優秀なキャラクターです。 シャールの育成・運用方法 銀の手を装備しての運用が基本となります。 銀の手は、防御が7・7と数値的にも悪くないので、 理由がなければ必ず装備させましょう。 銀の手は、ミューズの夢に入った場合のみ手に入ります。 逆に、銀の手が手に入らなかった場合や、どうしても装備できない場合は、 仲間に入れること自体を見送ってもいいと思います。 銀の手を装備できるのであれば、武器はなんでもOKです。 体力も高いので、HPが上がりやすく、盾が装備できない武器でも ある程度耐えてくれます。 ただ、術使用時に盾が活用できるよう、 両手武器装備時にも盾を装備させてあげるといいと思います。 術としては単体攻撃力も比較的高く、レベル20以上で一列攻撃もできる エアスラッシュを基軸に、朱鳥の補助魔法を覚えさせましょう。 さらに、天の魔法として太陽を選び、スターフィクサーさ太陽光などの 高威力魔法を選べば、術アタッカーとしても大いに役立ちます。 朱鳥は回復魔法がないので、再生光もお忘れなく。 広告 【】•

次の

ロマサガ3 キャラ別育成 シャール

ロマサガ 3 シャール

シャールの能力 プロフィール ピドナの有力貴族クレメンスの元部下。 クレメンスの下で働いていた時は、近衛兵一の実力者で、剣技、術ともに超一流。 また、民からの人望も厚く、気高き戦士でもあった。 しかし、クレメンスとルートヴィッヒの権力闘争の末、右腕の筋を切られてしまい、利き腕で武器を握れなくなってしまう。 クレメンスを殺害したルートヴィッヒは、自らに忠誠を誓うよう警告するが、誇り高きシャールは断った。 逆鱗に触れるも、ルートヴィッヒはシャールを処刑する事による民衆の反発を恐れ、利き腕の筋を切るに留まる。 現在は、クレメンスの忘れ形見であるミューズと、ルートヴィッヒの追撃から逃れるため、トーマスの協力を得て旧市街で暮らしている。 肩書 元術戦士 性別 30歳 年齢 男 宿星 鎮星 得意武器 槍 最速加入までの必要勝利回数 ? ラスボス戦への意気込みを一言で 世界の混乱と不幸を断つ!! 目的 ミューズを守る 仲間にする方法• ミュルスから無料船でピドナへ• ピドナ奥のトーマス親戚宅左の部屋にいるトーマスと会話する• ピドナ道具屋に入り出る• 魔王殿の吹き抜けマップの螺旋階段を下りた先の左側の部屋にゴンがいる• 魔王殿入口まで行くとイベントが終了しシャールがパーティーにいる場合は離脱• 主人公のHPを220以上にする• ピドナ旧市街のミューズ宅に入るとミューズの病魔イベント発生• 「一緒に行く」を選ぶとミューズの夢の中へ• ミューズの夢の中で夢魔を倒す• 銀の手を装備した状態では、ティベリウスやウンディーネ等の術士タイプの閃き適正になっている。 しかし、実際にプレイしてみると、「銀の手」の装備に関わらず、ヤンファンと同じタイプのものが採用されているようだ。 「銀の手」を装備した状態でセーブし、リセット&ロードをしても閃き適正は固定されているようだった。 一見すると、銀の手を装備する事でステータスが激増するので、相性が良いと感じるかもしれない。 しかし、腕力と器用さは上昇するが、銀の手の特殊効果である二刀流の恩恵は受けられない。 そのため、ボストンなどの銀の手と非常に相性の良いキャラと比べると、シャールに渡すのはおすすめしない。 また、分身技は、実質、腕力や器用さが無関係なので、最終的には腕力の低さは気にならない。 ただ、シャールは素早さが微妙なので、どちらかと言えば分身技との相性は悪い。 初期ステータスは高いが… シャールは初期ステータスが非常に高い。 特に、パーティーメンバーが4人以下でゴンの迷子イベントを発生させた時には、その強さが際立つだろう。 しかし、これはあくまでも条件付の一時加入で、イベント終了と同時に離脱する。 正式加入は、ミューズの夢魔イベント後なので、その段階のパーティーと比較すれば、決して高水準のステータスとは言えないだろう。 強いて言えば、WPとJPが高い点だろうか。 閃き適正とおすすめ武器 閃き適正を踏まえた上でのおすすめ武器は剣になってくるだろう。 しかし、腕力が著しく低いので、「銀の手」の装備が基本となってくる。 丁度、シャールが加入する時期のダメージソースになりやすい「龍尾返し」や疾風剣の適正があるし、終盤に役立つ分身剣や黄龍剣の適正もある。 ただし、技王冠が付かないので、黄龍剣の閃きには苦労するかもしれない。 ポイントとしては、いかに技王冠なしで分身剣を閃けるモンスターと遭遇するかだろう。 閃きについては、別キャラを使うという選択肢もある。 続いて、大剣技はスマッシュ、ブルクラッシュが抜けているのが痛い。 特にブルクラッシュは、シャールの加入時期に主力となりやすい技だ。 ただし、地走り、無形の位、無刀取りに適正があったり、大剣技最難関の「地ずり斬月」に適正があったりと、大剣技そのものとの相性は良い。 槍はもちろんおすすめだが、ライバルに初期ステータスで技王冠の妖精がいる。 アタッカーとしての能力もシャールとは比べものにならないくらい優秀。 一時的な術サポーター向きだが素早さには注意 シャールの能力を踏まえると、一時的な術サポーターとして利用するのがおすすめ。 そのためには、ゴンの迷子イベントの一時加入の段階からこき使っていきたい。 序盤パーティーの脅威となるのが、全体火炎等を使用するレッドドラゴン。 開幕で飛んでくる全体火炎に成す術なくやられてしまいがちだが、シャールを上手に使えば、難なく切り抜けられる可能性がある。 シャールは、初期JPが高いので、加入してすぐにファイアウォールを数ターン展開する事が可能。 これが予想以上に役立ち、レッドドラゴン戦やウンディーネ&ボルカノ戦を容易に切り抜けられる。 特に、序盤にレッドドラゴンを倒せれば、魔王殿の「いん石のかけら」を入手し、開発がスムーズに行える。 そこで、事前に「王家の指輪」を入手し、ゴンの迷子イベントの際に、シャールを魔王殿深部まで連れて、レッドドラゴンを撃破してしまうのもよいだろう。 ただし、シャールの素早さは16と微妙なので、先手で補助術を使えない可能性がある。 スペキュレイションやワールウインド(フリーファイト)の陣形を活用したり、ラバーソウルや「翼のお守り」を装備させて補強してやるとよいだろう。 また、閃きに関してもスポット利用してやるのがよい。 技王冠にできないため、閃きそのものには向いていないキャラだが、「無形の位」や「無刀取り」、「次元断」、「スパイラルチャージ」、「挑発射ち」など、痒いところに手が届く閃き適正になっている。 ゴンの迷子イベント中に、オーガ道場や巨人道場を有効活用し、上記の技を狙ってみるのもよい。

次の