エクセル シート削除 ショートカット。 エクセル(Excel)の便利なショートカットキーまとめ

エクセル ショートカット キーの一覧

エクセル シート削除 ショートカット

今回の例の文書は、画面の左下を見ると、 全部で4枚のがあることが分かります。 (以下、「ワークシート」を「シート」と書きます。 ) 【Excel 2010・2007】 Excel 2010・2007では、最後にもう1枚シートがあるようにも見えますが、これは、後で解説する新しいシートを作るためのボタンなので、気にしなくてOKです。 「」のページでは、既に作成した表があるシートをコピーして使いまわすことで、似たような体裁のシートを手っ取り早く作っていくことに触れました。 でも、「既に何かが入っているシート」ではなく、「まっさらなシート」が欲しい!という場合には、今回ご紹介する方法を使いますヨ。 まずはポイントから。 新しく入れるシートは、選択したシートの 前に入ります。 これから入れる新しいシートを、「第1四半期」シートと、「第2四半期」シートの間に入れたければ、 選択したシートの前に入るので、「第2四半期」シートを選択します。 ちなみに、シートの選択の仕方は、選択したいシートの、 シート見出しをクリックするだけですヨ。 選択したシート見出しのところで右クリック、[挿入]をクリックすると、 このような、「何を挿入したいの?」というダイアログボックスが表示されるので、[ワークシート]を選択し、[OK]ボタンをクリックすると、 新しいシートを入れることができました! 新しいシートは、選択した「第2四半期」シートの 前に入っていることが分かります! 挿入した新しいシートは、「新しいシート」なので、当然のことながら「まっさら」です! さて、これを読んでくださっている方の中には、今ご紹介した方法ではなく、「シート見出しの後ろに付いているボタンで、新しいシートを増やせばいいじゃん」と思った方もいらっしゃると思います。 それについては、後でご説明しますので、このまま読み進めてください。 では、復習がてら、もう一度やってみます。 今度は「第3四半期」シートと、「第4四半期」シートの間に入れたかったとします。 さぁ、どっちのシートを選択すればいいでしょう? ふむふむ。 そして、先ほど同様、[挿入]の操作をすると・・・ 「第4四半期」シートの前に、まっさらな新しいシートを入れることができました! 「 選択したものの前に入る」、 Be Cool Usersをいつも読んでくださっている方には、もうお馴染みですね。 これと考え方が一緒で、特に分かりやすい例が、「」です。 「 選択したものの前に入る」ということを踏まえた上で、どこを選択するかを決め、そして選択したところで右クリック、[挿入]です。 行を選択したところで右クリックして挿入したから、行が入るし、列を選択したところで右クリックして挿入したから、列が入ります。 今回はシートを選択したところでこの操作をしたから、シートが入ったというわけです。 Excelはこんな風に、様々な操作を、関連付けながら覚えていくことができますヨ。 スポンサーリンク シートの削除 今度はシートを削除してみたいと思います。 まぁ実際はそんなことは無いとは思いますけど、例えばですよ、例えば。 「第3四半期」シートが不要になったので、削除したい!と思ったとします(だから「例えば」ですってば(笑))。 「第3四半期」シートを削除したいわけですから、まずは「第3四半期」シートを選択します。 選択したシート見出しのところで右クリック、[削除]をクリックすると・・・ 下の図のような、「削除しちゃうけどホントにいいの? 」というメッセージが出てきます。 このシートの削除のやっかいなところは、「あっ!やっちまった!」と思っても、[]ボタンが使えないんです! なので、本当に削除していいかもう一度考えて、それで良ければ[削除]ボタンをクリックします。 「第3四半期」シートを削除することができました! もう一度、削除の操作をやってみましょう。 今度は[Sheet1]シートを削除してみます。 先程、[挿入]の操作をマスターした時に入れた、新しいシートですね。 [Sheet1]シートを削除したいわけですから、[Sheet1]シートを選択し、[削除]の操作をすると・・・ 先程の「削除するけどホントにいい?」というメッセージが出ずに、削除されました! 今回削除したシートは、シートの中にまだ何も入れていない、まっさらなシートなので、もし「削除しなければ良かった!」となったとしても、再び新しいシートを入れればいいだけです。 失敗したとしても特に困らないケースなので、Excelさんはメッセージを出さなかったわけです。 Excelさんステキです!(笑) シート見出しの色 さて、シートが複数あると、時には分類分けしたいとか、目立つようにしたいとか、そういったこともあると思います。 そんな時に便利なのがシート見出しの色。 まずは色を付けたいシートをクリックで選択し、 選択したシート見出しのところで右クリック、[シート見出しの色]にマウスポインタを合わせ、一覧から好みの色をクリックで選択します。 シート見出しに色を付けることができました! 色を付けたシート自体が選択されている時は、ほんのりとした色ですが、 他のシートを選択してみると、色を付けたシートには、ガッチリ色が付いていることが分かります。 他のシート見出しにも、色を付けてみましょう。 (Sheet2には付けなくてOKです。 ) ちなみに、シート見出しに色を付けてはみたものの、やっぱり付けない方が良かったな、という時には、色の一覧で[色なし]を選択すればOKです。 スポンサーリンク シートの挿入ふたたび シート見出しの右隣には、新しいシートを挿入するボタンが準備されています。 Excel 2013では、このようなボタンですし、 Excel 2010・2007では、このようなボタンです。 もう「偽シート見出し」みたいな形状をしております(笑)。 今回、このページで最初にご紹介した、新しいシートを挿入する方法は、行や列の操作などと関連付けながら覚えていただくため、「 選択したものの前に入る」の考え方でできる操作でした。 ところが、Excel 2013の場合は、いずれかのシートを選択して[新しいシート]ボタンをクリックすると、 選択したシートの後ろに、新しいシートが入ります。 Excel 2010・2007では、この[ワークシートの挿入]タブをクリックすると、 どのシートを選択していたとしても、一番後ろに新しいシートが入ります。 いずれのバージョンでも、シート見出しの右隣にあるので、分かりやすさは抜群なのですが、「様々な操作を関連付けて覚える!」というのがBe Cool Users流なので、最初にご紹介した「 選択したものの前に入る」の操作を、ぜひ覚えていただいて、余裕がある方は、この簡単な方法も覚えていただけたら嬉しいなぁと思います。

次の

【Excel エクセル】シートの挿入、削除のショートカットキー

エクセル シート削除 ショートカット

Excelのショートカットキー一覧PDFを入手する ExcelのショートカットキーがまとめられているPDFを販売しています。 タブレットでPDFを表示したり紙に印刷することで、いつでもExcelのショートカットキーを確認できます。 Store. jpで販売しておりますので、ご希望の方は以下から遷移して下さい。 シート名を変更する3つの方法 シート名を変更する方法としては3つあります。 中でもおすすめなのがショートカットキーを使った方法です。 【シート】タブをダブルクリックする• 【シート】タブを右クリックし、【名前の変更】をクリック• ショートカットキーを押す この記事では、ショートカットキーを使用してシート名を変更する方法をご紹介していきます。 今回ご紹介するショートカットキーは正確にはアクセスキーと言います。 アクセスキーとは Altキーを押した後に順番にキーを押す操作のことです。 シート名変更のショートカットキー(Windows).

次の

【Excel エクセル】行・列の挿入、削除のショートカットキー

エクセル シート削除 ショートカット

ショートカットを設定する• エクセル全般• ブック• シート• セルの選択• 行と列• 入力・編集・削除• 書式設定• 表示形式• グラフ• マクロ ショートカットを設定する 繰り返し セル結合や塗りつぶしのショートカットはありません。 これらは前回の操作を繰り返すショートカットです。 これで一時的にそれらのショートカットとして使用できます。 ショートカット キーを設定 セル結合や塗りつぶしのショートカットを設定する方法を紹介します。 [クイック アクセス ツールバーのユーザー設定] をクリックして [その他のコマンド] をクリックします。 ショートカットを設定したい [操作] をクリックし、[追加] をクリックして [OK] をクリックします。 セル結合なら「セルを結合して中央揃え」、塗りつぶしなら「塗りつぶしの色」という名前であります。 [セルを結合して中央揃え] と [塗りつぶしの色] が追加されました。 Alt キーを入力すると番号が表示されます。 テンキーを使用するときは Altキーを放してから入力します。 セル結合するには [セル] を範囲選択します。 スポンサーリンク 特殊 ショートカット キー 説明 Alt F10 リボン用のショートカット キーを表示または非表示にします。 F6 ワークシート、リボン、作業ウィンドウ、およびズーム コントロール間を切り替えます。 F12 [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを表示します。 F1 [Excel ヘルプ] 作業ウィンドウを表示します。 F9 すべてのワークシートを再計算します。 PageUp ワークシート内で 1 画面分上にスクロールします。 PageDown ワークシート内で 1 画面分下にスクロールします。 もう一度入力するとワークシート全体を選択します。 追加する範囲の先頭セルに方向キーで移動し、F8 キーを押し、方向キーで範囲を拡張します。 F8 拡張選択モードを切り替えます。 拡張選択モードでは、ステータス行に [拡張選択] と表示され、方向キーで選択が拡張されます。 入力・編集・削除 ショートカット キー 説明 F2 セルを編集モードにします。 F3 [名前の貼り付け] ダイアログ ボックスを表示します。 F7 [スペルチェック] ダイアログ ボックスを表示して、作業中のワークシートまたは選択した範囲内のスペルをチェックします。 アクティブ セルの 1 つ上のセルの数式を、アクティブ セルまたは数式バーにコピーする。 小数点以下の桁数が 2 で、桁区切りを使用し、負数には負符号 - を使用する数値の表示形式を設定します。 F11 現在の範囲からグラフを作成して、別のグラフ シートに表示します。 このダイアログ ボックスで、マクロの作成、実行、編集、削除を行うことができます。 VBA を使用してマクロを作成できます。 スポンサーリンク.

次の