グラデーション マップ クリスタ。 【色違いで段違い】グラデーションマップで色を変えよう!【クリスタ】

クリップスタジオでグラデーションを!!簡単なグラデ塗りのやり方!!

グラデーション マップ クリスタ

グラデーションツールの使い方 基本的には、選択範囲で範囲指定してからグラデーションツールのドラッグ&ドロップで表示可能です。 下の図のグラデーションツールは初期配置から変えてしまっているのでご注意ください。 範囲指定しないと全画面にグラデーションが表示されます。 オーバーレイなど最後に画面全体を整える場合は全画面表示させます。 グラデーションレイヤーの活用 上はそのまま編集レイヤーにグラデーションかけていますが、グラデーションレイヤーに表示させたほうが便利です。 グラデーションレイヤーに作成された場合、オブジェクト操作でグラデーションのかかり方を変えることが出来ます。 レイヤー枚数が多くなってしまいますが。 グラデーションレイヤーはマスクがかかっているため、一度範囲指定したとしても、マスク描き足しで後からグラデーション範囲の調整が出来ます。 代わりにというか、グラデーションレイヤーに直接描写は出来ません。 グラデーションの上から描く場合は上から新規レイヤーを作って描くか、編集レイヤーにグラデーション作成するしかないです。 グラデーションの種類 グラデーションツールには何種類かあるのですが、 基本は「描画色から透明色」または「描画色から背景色」を使います。 あとはマンガなら「マンガ用グラデーション」かな。 描画色から透明色:1色のグラデーションを表示可能。 描画色から背景色:背景色と言いつつメインカラー、サブカラー設定で2色のグラデーションを表示可能。 2色ってこういうことです。 3色以上のグラデーションは、ツールプロパティからグラデーションマップの設定を行います。 ツールプロパティ プロパティから詳細設定を行います。 ツールプロパティはブラシなどでもしょっちゅう弄るため、常に大きめサイズのウィンドウを置いておきましょう。 グラデーションマップ 詳細設定からグラデーションの編集に飛ぶことが出来ます。 ここでグラデーションセットを新規に作成します。 ちょっと薄いですが、グラデーションの帯の三角が色の変化点です。 三角がない部分を右クリックすると増えます。 上の画像のように、指定色で好きな色を選択したセットを表示させることで、3色以上のグラデーションが出来上がります。 グラデーションマップは素材登録して流用可能です。 また、他人のグラデーションを素材としてダウンロードも出来ます。 ストアを探してみるのも良いですね。 グラデーションマップ以外は見ての通りだと思います。 形状、端の処理 見ての通りですが、グラデーションを線状や円状にしたりするのが形状、グラデーションパターンの繰り返し有無を選ぶのが端の処理です。 一番使うのは上の設定(直線・繰り返さない)じゃないでしょうか。 描画対象 グラデーションレイヤーを作成にしたほうがいろいろ便利なことを先述しました。 合成モード 乗算などの効果を選択出来ます。 グラデーションレイヤーを作成にしていれば、後からでも好きに変えられます。 仕上げのグラデーション処理として……。 グラデーションマップが色の濃淡に合わせてつけられることから、グリザイユ画法みたいにグレーで描いたあと、グラデーションをかける方法もあるみたいです。 マンガのグラデーション マンガのグラデーションも使い方は同じです。 ただ、モノクロマンガは白黒しか印刷出来ませんので、グラデーションも2色になります。 右側に行くほど、だんだんと黒の隙間(円)が小さくなって、白の隙間(円)が大きくなっていると思います。 コミックでグラデーションツールを使った場合、トーンレイヤー化しましょう(初期設定から勝手にそうなってる?)。 濃度、階調 元々モノクロレイヤーを選択していれば、どの色を選択していても白黒になります。 ただ、不透明度を反映することが出来ます。 また、トーンを透過させる場合には「画像の輝度を使用」に変更します。 乗算レイヤーに設定しても良いです(影を二重でかけるとか、後者ほうが一般的かな)。

次の

グレースケールにグラデーションマップで色をつけるメイキング

グラデーション マップ クリスタ

グラデーションマップの使い方!ワンタッチで超簡単おしゃれカラー 投稿日: 2020. 09 更新日: 2020. 09 CLIP STUDIO PAINTの色調補正「グラデーションマップ」。 ちょっとしたイラストが簡単にポップでおしゃれに早変わりしちゃいますよ。 グラデーションセット素材のダウンロード方法もご紹介! グラデーションマップで色を変更してみよう 色調補正「グラデーションマップ」で色を簡単におしゃれにしちゃいましょう。 モノクロで描いたイラストを用意しよう まずはザックリとお絵描き。 後から調整しやすいようにモノクロで描くのがおすすめです。 グラデーションマップレイヤーを作成しよう 一番上にグラデーションマップレイヤーを作成します。 一番上のレイヤーで右クリックをし、「新規色調補正レイヤー」の「グラデーションマップ」を選択しましょう。 新しくグラデーションマップレイヤーが作成されます。 「編集>色調補正>グラデーションマップ」でも同じ効果を得られますが、色調補正レイヤーの方が後から編集をしたり補正する対象をレイヤーの順序で変更したりと微調整がきくのでおすすめですよ。 グラデーションマップで色を変更してみよう さっそく色を変更してみましょう。 グラデーションセットから好みの色をダブルクリックして選択します。 たったこれだけで、ワンタッチで色を変える事ができます。 いろいろな組み合わせを試してみましょう。 上のグラデーションのバーをいじれば変化させたい色の範囲を変更する事ができます。 下にある「指定色」で違う色に変更する事もできます。 カスタマイズして自分好みのグラデーションを作成するのも楽しいですよ。 グラデーションセット素材をダウンロードしてみよう グラデーションセット素材をダウンロードして使用してみましょう。 CLIP STUDIOの素材検索で「グラデーションセット」「グラデーションマップ」等で検索をすればいろいろなグラデーションセット素材が出てくるので、好みのものをダウンロードしておきます。 グラデーションマップを開き、スパナマークをクリック。 「セット素材を読み込み」を選択すれば、ダウンロードしておいたグラデーションセット素材が一覧に表示されます。 読み込みたい素材を選択して「OK」を押せば完了。 グラデーションセットに読み込まれた素材の色が表示されます。 今回の素材はを使わせていただいています。 初心者さんにも扱いやすく、バリエーションも豊富なのでおすすめですよ。 トーンカーブで微調整をしよう 色の出方がイマイチなときはトーンカーブで微調整をします。 一番上のレイヤーで右クリックをし、「新規色調補正レイヤー」の「トーンカーブ」を選択します。 曲線をぐりぐり動かして好みの濃さに調整しましょう。 画像は影が上手く出なかったので少し濃くしたところです。 いろいろなグラデーションを試してみよう グラデーションセットを切り替えるだけで簡単に様々な色の組み合わせを試す事ができます。 いろいろ試してみましょう。 自分の中には無かった新しい組み合わせも発見できますね。 モノクロで描いたラフなイラストが、ワンタッチで超簡単にポップでおしゃれなイラストになっちゃいました。 水彩風イラストもグラデーションマップで着色 このように、モノクロで水彩風に描いたイラストもグラデーションマップで簡単に着色する事ができます。 厚塗りやエアーブラシで描かれたイラストも同じように色を変えられます。 SNSに上げる用のちょっとしたイラストを描きたいときに便利ですね。 グラデーションマップで写真も簡単おしゃれに このような写真もグラデーションマップを使えば簡単にポップでおしゃれになっちゃいます。 まずは「編集>色調補正>色相・彩度・明度」で彩度を落としてモノクロ写真にしましょう。 グラデーションマップで色を変えた後、トーンカーブで微調整します。 グラデーションは後で別の色に変更もできるのでとりあえず仮に選んでおけばOK。 いろいろなグラデーションを試してみましょう。 レトロなポスターのような雰囲気がおしゃれですね。 まとめ 軽いラクガキがワンタッチで超簡単にポップでおしゃれになっちゃうグラデーションマップ。 さらにグラデーションセット素材を使えば、自分の中には無かった色の組み合わせを発見できてとても楽しいですよ。 普段のラクガキをワンランクアップさせたいときに、是非試してみてくださいね。

次の

クリップスタジオでグラデーションを!!簡単なグラデ塗りのやり方!!

グラデーション マップ クリスタ

左右にドラッグすると、グラデーションの階調を調整できます。 上下にドラッグすると、ノードが削除されます。 グラデーションセット グラデーション設定の管理を行います。 セットの新規作成 カラーグラデーションデータセットを新規作成します。 セットの削除 選択したグラデーションセットを削除します。 セットの複製 選択したグラデーションセットを複製します。 セットの設定 選択したグラデーションセットの名前を変更します。 セットを素材として登録 [素材のプロパティ]ダイアログが表示され、選択中のグラデーションセットを[素材]パレットに登録できます。 [素材のプロパティ]ダイアログの詳細については、を参照してください。 セット素材を読み込み [セット素材を読み込み]ダイアログが表示され、[素材]パレットに登録されているグラデーションセットを読み込みます。 [セット素材を読み込み]ダイアログの詳細については、を参照してください。 グラデーションの追加 カラーバーに表示しているグラデーションの設定を、リストに追加します。 追加したグラデーション設定は、リストの一番下に表示されます。 グラデーションの削除 リストで選択中のグラデーション設定を削除します。 グラデーションの複製 選択したグラデーション設定を複製します。 グラデーション名の変更 選択したグラデーション設定の名前を変更します。 グラデーションの置き換え カラーバーに表示しているグラデーションの設定を、リストで選択している設定に上書き保存します。 グラデーション設定に適用 リストから選択したグラデーション設定を、カラーバーに読み込みます。 グラデーションの読み込み IllustStudioのグラデーション設定ファイル(拡張子:cgs)を読み込みます。 アップロード方法については、 を参照してください。 追加したグラデーション設定は、リストの一番下に表示されます。 位置 選択中のノードの位置を設定できます。 色 選択中のノードの色を設定します。 カラー系パレットなどでメイン描画色を変更すると、ノードの色も連動して変更されます。 カラー系パレットなどでサブ描画色を変更すると、ノードの色も連動して変更されます。 カラー表示部をクリックすると、[色の設定]ダイアログを表示できます。 [色の設定]ダイアログについて、詳しくはを参照してください。 混合率曲線 選択中のノードと右隣にあるノード間の、色の変化を調整できます。 ボタンをクリックすると、指定した内容のグラデーションセットが[グラデーションセットの一覧]に表示されます。 チェックボックスをオンにすると、素材を選択できます。

次の