ウォーレン。 米ウォール街が身構える「ウォーレン・リスク」 :日本経済新聞

ウォーレン氏が撤退表明 バイデン氏とサンダース氏、いずれの支持も表明せず 米大統領選

ウォーレン

総合メニュー 株式取引• 信用取引• 投資信託• 外貨建てMMF• その他商品• マネックスアドバイザー• 個人型確定拠出年金 iDeCo• 保有残高・口座管理• 入出金• 投資情報• レポートセミナー• ウォーレン・バフェットが個人投資家に勧めた投資法?• ウォーレン・バフェットが個人投資家に勧めた投資法? プロではない投資家の目的はパフォーマンスの良い銘柄を選ぶことではありませんし、それを実際にすることは本人にもその助言者にも難しいでしょう。 むしろ大切な目的は概してうまくいきそうなビジネスに横断的に投資することです。 さらにバフェットは続いて自分の遺産の運用方法について以下のアドバイスを行いました。 私から管財人へのアドバイスはこれ以上ないほどシンプルです。 (私はバンガードのインデックスファンドを勧めます)。 この方針で運用された信託財産の長期間のパフォーマンスは多くの投資家と比べて優れたものになるでしょう-例えば高いコストでファンドマネージャーを雇っている年金基金や運用機関などよりも、です。 (出所)2013年のバークシャー・ハサウェイの「株主への手紙」の一部をマネックス証券が和訳 ウォーレン・バフェットと言えば独自の手法に基づいた個別株投資の達人として知られています。 ただそのウォーレン・バフェットが自分の遺産については、個別銘柄への投資ではなく米国短期債とバンガード社が運用する低コストのインデックスファンドで運用することにより、優れたパフォーマンスを実現できるだろうと述べています。 7%と冴えない成績です。 このような成績を見ると「米国株はバブルなのでは?」と不安に思われるお客様もいらっしゃるかもしれません。 続いて両指数の利益成長率をご紹介します。 03%と世界屈指の低コストのインデックスファンドです。 45% 約定代金の0. 45% 約定代金の0. 詳細は各社のウェブサイトにてご確認ください。 11米ドル以下のお取引になります。 マネックス証券の米国株取引 5つの特徴 マネックス証券の米国株取引は、お客様のお取引を強力にサポートする環境を取り揃えております! 他の証券会社では味わうことのできない米国株取引環境を存分に味わっていただくため、5つの特徴をご紹介いたします(各特徴の詳細は、以下のページをご確認ください)。 いつでもどこでも米国株取引を! ~主要ネット証券でスマートフォンアプリで米国株取引を~• 主要ネット証券で随一の取扱い銘柄数! ~取扱銘柄は3,400銘柄超~• 最大注文有効期間は90日間! ~再発注の手間をなくします~• 米国株で朝活を! ~24時間のお取引が可能です~• 米国ETFを売買手数料を実質無料で! ~ゼロETFプログラム~ ご留意事項• 記載している期間、条件は変更される場合があります。 変更がありましたら改めてウェブサイト上でお知らせいたします。 2019年7月22日(月)現地取引時間における約定時まで、米国株取引画面における手数料額が過去の最低取引手数料額(0. 1米ドル)にて表示される可能性があります。 差し引かれる手数料金額につきましては変更後の最低手数料額(0米ドル)にて計算されております。 あらかじめご了承ください。 本変更に伴い、 米国上場有価証券等取引に係る上場有価証券等書面の改定を予定いたしております。 改定後はウェブブラウザ上でご確認の上、お取引ください。 最低取引手数料の変更は、NISA口座でのお取引も対象となります。 米ドルの為替手数料無料化(買付時)につきましては、外国株取引口座内での振替が対象となります。 証券総合口座内での振替は対象外となりますので、ご留意ください。 ご不明な点がございましたら以下コールセンターまでお問合せください。 <リスク> 米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。 米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。 )や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。 国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。 なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

次の

大富豪は何を食べている?ウォーレンバフェットの気になる食事

ウォーレン

選挙区 エリザベス・ウォーレン(Elizabeth Warren、 - )は、の学者および政治家。 所属、選出である。 かつて法学部、法学部、で教鞭をとっていた。 を専門とする著名な学者であり、の分野で特に有名であった。 積極的な論者であり、 ()の設立に貢献した。 多数の学術的書籍を著し、アメリカ経済や個々の財政に関するメディアのインタビューでたびたび取り上げている。 の際には、 ()の監督を目的として創設された ()の議長を務めた。 のもと、大統領補佐官および、消費者金融保護局の顧問となった。 2000年代後半、『ナショナル・ロー・ジャーナル』誌や、に取り上げられるなど、その認知度を広げていった。 民主党のリーダー的存在として、層からの支持が厚い。 への立候補について度々否定していたが 、において複数の政治評論家から有力候補として度々言及されていた。 その後、に出馬することを表明したが 、2020年3月5日に撤退した。 生い立ち、教育、家族 [ ] 1949年6月22日、のの家庭で父ドナルド・ジョンズ・ヘリング、母ポーリーン(旧姓リード)のもとにエリザベス・アン・ヘリングとして誕生した。 ウォーレンは家庭について「中流階級の底辺」、「中流階級にようやく手が届いた程度」と語っている。 3人兄のいる末っ子であった。 12歳の頃、のモンゴメリー・ウォードの管理人であった父は 、で倒れて働けなくなり、収入がなくなると共に医療費がかさんだ。 ローンが払えなくなり車を失った。 家計のため、母はのカタログ部門の職を見つけた。 13歳の頃、叔母が経営するレストランでウエイトレスとして働き始めた。 ノースウエスト・クラスン高等学校にて・チームの主要メンバーとなり、州内の高校生のディベート・チームによるコンクールにおいて優勝した。 16歳の頃、のディベート奨学金を勝ち取った。 当初教師を目指していたが、大学入学から2年後、高校時代から交際していたジム・ウォーレンと結婚のため退学した。 のエンジニアであった夫に伴い、に転居した。 ヒューストン大学に進学し、1970年、学でを取得した。 教員免許を取得していなかったが臨時免許を取得して1年間公立学校にて障碍のある子供たちに教育を施していた。 夫の仕事の都合でに転居し、妊娠したウォーレンは専業主婦となる決意をした。 娘が2歳になると、ウォーレンは法学部に進学した。 1976年の卒業直前、第二子を妊娠した。 に認定され、に合格し、自宅で弁護士の業務を開始し、遺言状の作成や不動産に関する手続きなどを行なっていた。 第二子出産後、1978年、離婚した。 現在、孫がいる。 1980年、法学教授のブルース・マンと再婚したが、ウォーレンの姓を残した。 政党 [ ] 長年、共和党に投票しており、「市場を最も支援してくれる政党だと思っていた」と語った。 しかしそれが真実でないと悟り、1995年から民主党に投票し始めたが、のどちらにも優劣はつけられないとしてその時によって投票する政党を変えていると語った。 祖先をめぐる論争 [ ] 2012年4月、『ボストン・ヘラルド』紙は1986年から1995年にウォーレンがアメリカ法律学校協会 AALS の名簿に少数民族として掲載されていたことを報じて批判キャンペーンを行なった。 ハーバード・ロー・スクールは多様性の欠如に繋がるとして批判したが、ウォーレン自身記事を読むまでこのことを知らなかった。 上院議員選の対立候補であった共和党スコット・ブラウンはウォーレンがネイティヴ・アメリカンの血筋であると偽装して職を得ようとしたのではないかと推測した。 大学での元同僚や上司たちは、ウォーレンの雇用に血筋は考慮されなかったと語った。 この記事に対し、ウォーレンは似た血筋の人々と会いやすくするためのものだったと語った。 ウォーレンの兄たちは「母、祖母、親戚たちからやの血筋も引いているという話を聞いて育った」としてウォーレンを支持した。 2014年のウォーレンの自伝によると、記事は事実でなく心を痛めた。 ニューイングランド歴史的系図協会は、婚姻証明書にはウォーレンの曾祖母の祖母がチェロキー族であると言及されているが、それ以上具体的な証明はないとした。 オクラホマ歴史協会は、異民族間の婚姻や事実に反する意図的な登録・未登録が原因となり、ネイティヴ・アメリカンの血筋であることを証明することは困難な場合があると語っている。 2017年から2018年にかけて、大統領は、エリザベス・ウォーレンをであるに喩えて取り上げたほか、2018年7月にで行われた集会では、「あなたが検査を受け、自分がインディアンだと判明したら、希望の慈善団体にトランプの名前で100万ドルを寄付する」と挑発した。 これに応えるように同年10月、エリザベス・ウォーレンは祖先に先住民族がいたとするDNA鑑定結果を示したが、「6-10世代前」というレベルのものであり、自ら少数民族や先住民族であると主張するにはいささか説得力にかけるものであった。 なお、これを受けてトランプ大統領が寄付を行うことも無かった。 DNA検査の結果は、平均的白人が微量に持つインディアン系のDNAよりも少ない量しか、彼女は持っていなかった。 彼女にはインディアンの血は流れていなかった。 チェロキー族は強い不快感を示し、仲間とは認めていない。 、で開催された先住民の集会で「先住民」を自称したことについて謝罪した。 経歴 [ ] 2011年、消費者金融保護局として独立銀行協会会議に出席。 1970年代後期から1990年代、や中流階級のの研究をしつつ、全米の複数の大学でを教えていた。 1990年代中期、破産法や消費者保護で公共事業に関わるようになった。 教職 [ ] 1977年から1978年、法学部にて講師をしていた。 1978年、法学部に移籍し、1980年、副学部長となり、1981年、を取得した。 1981年、テキサス大学法学部にて客員准教授となり、2年後、教授となった。 1985年、の客員教授となり、1983年、の人口研究センターの研究員となった。 当初、人々が実社会でいかに法律に従うのかという現場での研究の賛同者であった。 裁判記録の分析、裁判官、弁護士、債務者への聞き取りなどを行ない、破産法の分野での期待の新人となった。 1987年、法学部の教授となり、1990年、寄付基金教授となった。 1992年、で教鞭をとった。 1995年、ペンシルベニア大学を離れ、ハーバード・ロー・スクールの寄付基金教授となった。 2011年現在、においてアメリカ国内の公立大学法学部を卒業した唯一のテニュアの法学教授となった。 ウォーレンは大変影響力のある法学教授であった。 様々な分野で著作を出しているが、ウォーレンの専門分野は破産法と商法である。 この分野でウォーレンより引用数が多いのは、のボブ・スコットとのアラン・シュワルツのみである。 顧問 [ ] 1995年、倒産審査委員会から助言を求められ 、委員会の報告書の草稿作成を手伝った。 数年の間、破産法申請をする消費者の権利を侵害する法律に対抗したが、うまくいかなかった。 2005年、議会において破産法申請を制限する ()が通過した。 2006年11月から2010年11月、の諮問委員会のメンバーとなった。 現在、破産法について議会に助言する独立組織の破産委員会のメンバーとなっている。 また、アメリカ法律協会の元副会長で、のメンバーでもある。 2011年、消費者金融保護局の創立にウォーレンの知識や消費者擁護の姿勢が役立った。 メディアへの出演 [ ] 『 』、の『』などに出演し、知名度が上がっていった。 また『 』や『』など多数のテレビ番組に出演し 、ケーブル・ニュース・ネットワークやラジオ番組などでも度々インタビューを受けている。 TARPの監督 [ ] 2011年7月、オバマ大統領がを消費者金融保護局の初代長官に任命した。 ウォーレンは左側。 2008年11月14日、ウォーレンはによりの監督を目的として創設された () COP の議長を務めた。 毎月COPは政府による救済および関連するプログラムを評価する監督報告を発行していた。 ウォーレンの在任期間中の報告書には、担保権執行の軽減、消費者や中小企業への融資、商業用不動産、、金融健全性審査、金融市場における ()の影響、政府の保証、車産業などについて記されていた。 消費者金融保護局 [ ] ウォーレンは新たな () CFPB 設立の初期の賛同者であった。 2010年7月、大統領により署名されたにより創立されたものである。 2010年9月、オバマ大統領はウォーレンをおよび消費者金融保護局顧問に任命した。 リベラル・グループや消費者擁護グループがオバマ大統領にウォーレンを局の長官候補にするよう提言したが、金融機関や、ウォーレンが強力に取り締まることを危惧した複数の共和党員から大反対された。 上院聴聞会でウォーレンの長官就任は承認されなかったと報じられ 、2012年1月、オバマ大統領はの反対にも関わらずで元を長官に就任させた。 アメリカ合衆国上院議員 [ ] 2012年選挙 [ ] 2012年11月のキャンペーン 2012年6月2日、にて対立候補がなく記録的な95. ウォーレンにとっての対抗馬はビジネス界であった。 8月、アメリカ商工会議所の政務局長は「ウォーレン教授以上に自由企業を脅かす候補は他にない」と語った。 にも関わらず、ウォーレンはキャンペーンにおいて2012年の上院議員候補の中で最高額の3,900万ドルを集め、『ニューヨーク・タイムズ』紙は「ウォール街の巨大銀行に対抗してもまだ勝てる」と記した。 2012年9月5日、民主党全国大会においてにスピーチすることとなった。 ウォーレンは、苦境に立たされている中流階級の代表者としての立場を取った。 ウォーレンは「人々は意に反してシステムに操作される」とし、「ウォール街の最高経営責任者たちは経済や何百万もの雇用を崩壊させた」と語り、さらに「彼らは今も恥もなく議会の周りをうろつき、要求ばかりし、我々が彼らに感謝すべきというような態度をとる」と語った。 在任期間 [ ] 旧上院会議場にてモ・カウエン議員の宣誓に同席 2012年11月6日、53. ウォーレンはマサチューセッツ州において、初の女性上院議員となり 、全米の女性上院議員は計20名で史上最高となった。 2012年12月、ウォーレンはなど銀行業界の規則を実施する上院銀行委員会に任命された。 2013年1月3日、副大統領の前で宣誓を行なった。 このほか上院高齢化問題特別委員会、上院保健・教育・労働・年金委員会も経験している。 2013年2月、ウォーレンは銀行委員会の公聴会に初めて参加し、複数の銀行監督官にウォール街の銀行を最後に裁判にかけたのはいつか答えるよう迫り、「『潰すには大きすぎる』のが『裁判するには大きすぎる』となることを心配している」と語った。 このウォーレンの質疑の動画はインターネットで人気となり、数日間で100万以上の再生回数となった。 3月の銀行委員会の公聴会において、ウォーレンはの職員たちになぜをの罪で告訴しなかったのか尋ねた。 ウォーレンの質疑ははぐらかされ続け、ウォーレンはと薬物不法所持と比較して「もしあなたがコカインを所持して逮捕されれば刑務所に入れられるでしょう。 しかしもしあなたが約10億ドルをで資金洗浄して国際的制裁に反しても、会社が罰金を支払ってあなた自身は家に帰ってベッドで寝ることができるのでしょう」と語った。 2013年5月、、、に書簡を送り、裁判するより和解するという決定が果たして有益なのか尋ねた。 また同月、ウォーレンは「学生たちは銀行が受ける利益と同等の利益を受けるべきだ。 」と提言し、「銀行が連邦政府から借金する際の利子0. 2014年の選挙期間、ウォーレンは民主党で最高額の資金を集めた。 選挙後、ウォーレンは民主党方針通信委員会の初の方策顧問としてウォーレンのために役職が設定された。 この就任により、2016年の大統領選挙にウォーレンが出馬するのではないかと推測されるようになった。 2015年7月、ウォーレンは「2008年以降の我々の進歩に反し、複数の全米最大級の銀行は我々の経済を脅かし続けている」として共和党議員、民主党議員マリア・キャントウェル、無所属議員アンガス・キングと共に1933年制定のの21世紀版に再制定を提案した。 この法案はアメリカの納税者のリスク、および将来の経済危機の可能性を軽減しようとするものである。 2016年9月20日、公聴会においてウォーレンはが顧客の承諾なしに200万件の口座を開設したとして、最高経営責任者であるジョン・スタンフに辞任を要求し、犯罪捜査すべきだと語った。 2016年12月、に任命され、『ボストン・グローブ』紙は「議院で最も力のある委員会の1つの著名な人物」とし、「2020年の大統領選挙が期待できる」と記した。 2017年2月7日、候補の承認審議において、ウォーレンがの妻コレッタ・スコット・キングおよびがセッションズを批判した書簡を引用してセッションズを非難し、上院規則第19条に反したとして共和党議員が投票を行なった。 1986年にキングがに宛てた書簡には「セッションズ氏は事務所の力を使ってこの地区の黒人による投票権を抑え込み連邦判事になろうとしている」と記され、ウォーレンは議会でこれを読もうとした。 これにより、セッションズの司法長官候補の承認審議への参加が禁止された。 ウォーレンは近くの部屋でキングの書簡の読み上げを続け、インターネットで生中継した。 委員任命 [ ]• 空陸分科委員会• 人事分科委員会• 戦略部隊分科委員会• 上院銀行・住宅・都市問題委員会• 経済政策分科委員会 幹部• 金融機関消費者保護分科委員会• 有価証券・保険・投資分科委員会• 健康教育労働年金分科委員会• プライマリー・ヘルス・退職保障分科委員会• 高齢化特別委員会 政治姿勢 [ ] 詳細は「」を参照 イギリスの『ニュー・ステイツマン』誌において「アメリカのトップ20」に選ばれた。 2016年12月16日、ウォーレンは、次期大統領ドナルド・トランプが認めたトランプの企業帝国に関する利益相反に言及する議案を提出する計画を発表した。 もしトランプの大統領職と事業利益の間の利益相反を公表しなければ弾劾するというものであった。 ウォーレンは「トランプ次期大統領が利益相反を避ける唯一の方法は、経済的利害関係から脱却し、白紙委任信託とすることである。 これまでの大統領もそうしてきており、この議案はトランプ次期大統領が同じようにすることを明白にするものである」と語った。 2017年1月9日、ウォーレンにより大統領利益相反法の議案が提出され、上院議会で初めて読み上げられた。 2016年大統領選 [ ] 2016年10月、ニューハンプシャー州マンチェスターにてヒラリー・クリントンのキャンペーンに参加した。 において、者によりウォーレンの大統領選出馬が期待されていた。 しかしウォーレンは出馬に関して繰り返し否定し 、の間も中立な立場を取り続け。 2013年10月、15名の女性民主党上院議員と共に大統領候補の支持の書簡に署名をした。 ウォーレンが副大統領候補となることが広く推測された。 2016年6月9日、カリフォルニア州で行われた民主党予備選の後、ウォーレンはクリントンを正式に支持した。 7月7日、は候補にウォーレンを含む5名を発表した。 ウォーレン自身も質問に応える形で副大統領候補となる心構えはできているとしたが 、クリントンはを選び、実現しなかった。 大統領選においてウォーレンは、当時共和党指名確実候補であったトランプに対し、いい加減で国民を気にかけない「負け犬」と批判した。 またトランプ大学訴訟に対するトランプの姿勢に「自分のことしか考えず、人のために行動したことのない声高で不快で短気な詐欺師」と非難した。 これに対しトランプはウォーレンのネイティヴ・アメリカンとしての血筋を用いて「あのインディアンは馬鹿なだ」と嘲笑した。 2018年選挙 [ ] 詳細は「」を参照 2017年1月6日、支持者たちへの電子メールの中で、ウォーレンはマサチューセッツ州上院議員再選を目指すことを発表した。 この電子メールの中で「マサチューセッツ州民は私を、ドナルド・トランプ、富裕層、差別主義者、そしてこの国の労働者を押しつぶすウォール街の銀行家に無抵抗でいるためにワシントンD. に行かせたのではない」、「続けていかなくてはならない」と記した。 2020年大統領選 [ ] 2019年2月、の党員集会で、2020年大統領選挙への出馬を表明。 序盤戦では、国民へ一律の医療保険適用を呼びかけたほか、金融業界批判を行い、報道機関からはとともに急進左派として扱われた。 2019年、夏場以降、同じ急進派のバーニー・サンダースが手術を理由に選挙戦を一時離脱、支持率でトップを走っていたが健康問題やに巻き込まれるとエリザベス・ウォーレンの支持率は急激に伸び始めた。 10月8日には、長らく二番手候補だったエリザベス・ウォーレンが支持率で首位を取ったとする調査結果も現れた。 2019年10月15日、民主党テレビ討論会に出席。 ともに制度を提唱していたバーニー・サンダースが不在の中、保険に関する疑問や批判を一手に引き受けることとなり、財源の確保や受益者負担等の回答に苦慮することとなった。 内容的にも支持層の主力であったリベラル層がサンダース側へなびいていることが分析されており、支持が伸び悩んだ。 3月3日のでは地元でバイデンが勝利するなど厳しい状況となり、3月5日になって大統領選挙からの撤退を表明した。 2020年1月、バーニー・サンダースと党員集会で会談し、国民皆保険制度と大学無償化政策で一致した。 受賞歴 [ ] 2009年タイム100ガラ 2009年、『ボストン・グローブ』紙は年間最高ボストン市民賞に認定し 、マサチューセッツ州女性弁護士会はレイリア・J・ロビンソン賞に認定した。 『』誌が選ぶ「」に2009年、2010年、2015年に選出された。 『ナショナル・ロー・ジャーナル』紙は「全米で最も影響力のある女性弁護士50名」にウォーレンを複数回認定し 、2010年には「10年間で最も影響力のある弁護士40名」に認定した。 2011年、オクラホマ州殿堂に殿堂入りした。 2012年1月、イギリスの『ニュー・ステイツマン』誌から「アメリカのトップ20」に選ばれた。 2009年、ハーバード大学史上The Sacks—Freund Teaching Awardを2回受賞した最初の教授となった。 2011年、ニューアーク校法学部で名誉法学博士および優秀法学生会の会員に認定され、卒業式送辞を行なった。 衣類、家電、日用雑貨の消費は減っているが、住宅ローン、医療費、交通費、育児費用など月々の出費が激増している。 その結果、共働きでも貯金できず借金ばかりがどんどん増えていく。 『ニューヨーク・タイムズ』紙のジェフ・マドリックは以下のように書評した: 著者は浪費家の若者でも無力な老人でもなく、一般的な子を持つ家庭が破産することを記している。 主なテーマは明白である。 現代において、一般的な家庭は子への高等教育、医療、中流階級の住環境が経済的に困難な場合がある。 ウォーレン氏とヤギ氏は国や政府が実生活を支援することがいかに少ないかを表現している。 2005年、ウォーレンとデイヴィッド・ハイメルスタインは破産と医療費の研究を出版し 、破産した家庭の約半数が深刻な医療問題に直面した後に破産していることを発表した。 ウォーレンとハイメルスタインはそれらの家庭の4分の3が医療保険に加入していたと記した。 この研究は広く議論を巻き起こした。 2014年4月、ウォーレンの著書『 』がメトロポリタン・ブックスから出版された。 出版物 [ ] 主な記事• Warren, E. 1987. Bankruptcy Policy. The University of Chicago Law Review. 775—814. Warren, E. 1992. The Yale Law Journal 102 2 : 437—479. Warren, E. 1993. Michigan Law Review 92 2 : 336—387. American Bankruptcy Law Journal Heinonline. org 71: 483. 1997. 73 4 : 1079. Fall 1998. Warren, Elizabeth; Westbrook, Jay Lawrence January 2000. Financial Characteristics of Businesses in Bankruptcy. 499. Himmelstein, DU; Warren, E; Thorne, D; Woolhandler, S 2005. Health affairs Project Hope Suppl Web Exclusives: W5—63—W5—73. "The Vanishing Middle Class". In Edwards, John, ed 2007. Ending Poverty in America: How to Restore the American Dream. Himmelstein, David U. ; Warren, Elizabeth; Thorne, Deborah; Woolhandler, Steffie J. 2005. Illness and Injury as Contributors to Bankruptcy. Himmelstein, DU; Thorne, D; Warren, E; Woolhandler, S 2009. The American Journal of Medicine 122 8 : 741—6. As We Forgive Our Debtors: Bankruptcy and Consumer Credit in America. 1989. with Teresa A. Sullivan and Jay Westbrook• The Fragile Middle Class: Americans in Debt. 2001. with Teresa A. Sullivan and Jay Westbrook• The Two-Income Trap: Why Middle-Class Parents are Going Broke. 2004. with Amelia Warren Tyagi• All Your Worth: The Ultimate Lifetime Money Plan. 2006. with Amelia Warren Tyagi• Casenote Legal Briefs: Commercial Law. Aspen Publishers. 2006. with , Daniel Keating, Ronald Mann, and Normal Goldenberg• The Law of Debtors and Creditors: Text, Cases, and Problems 6th ed. 2008. with Jay Westbrook• Chapter 11: Reorganizing American Businesses Essentials. Aspen Publishers. 2008. Secured Credit: A Systems Approach. 2008. with Lynn M. LoPucki• Metropolitan Books. 2014. 1,458,048 46. 関連事項 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 () 注釈 [ ]• 2014年11月5日閲覧。 - によって整備されたやを受けた人材なくして富を得た人など誰もいないというの観点からへの増税を訴えた。 2014年11月現在時点で、3万回再生以上されている。 2014年11月5日閲覧。 - 2013年2月14日、彼女が ()に加わって初となるヒアリングが行われたときの映像。 映像が公開されて数日のうちに100万回再生を越えた。 この中で彼女は ()らに対して「あなたが最後に銀行を法廷へ連れて行ったのはいつか?」と厳しい質問を投げかけ、言葉に詰まる監督官らに対し「 ()」という言葉を引用して「『Too Big To Fail』が『Too Big For Trial(法廷で裁くには大きすぎる)』(という状態)になってしまっていないかとても心配だ。 」と述べた。 脚注 [ ]• Dennis, Brady 2010年8月13日. 2010年11月18日閲覧。 The Boston Globe. 2013年12月16日. 2014年8月9日閲覧。 National Journal. 2014年8月9日閲覧。 The New Republic. 2014年8月9日閲覧。 The Washington Post. 2014年8月9日閲覧。 Today News. 2015年4月4日閲覧。 2018年12月31日閲覧。 Lee, MJ; Krieg, Gregory 2019年2月9日. 2019年2月9日閲覧。 Herndon, Astead W. ; Goldmacher, Shane 2020年3月5日. The New York Times. 2020年3月5日閲覧。 2010年9月16日閲覧。 2013. New York: Farrar, Straus, and Giroux. 345. 2010年10月4日. 2011年7月26日閲覧。 The Boston Globe. 2012年6月9日閲覧。 The Unwinding: An Inner History of the New America. New York: Farrar, Straus, and Giroux. 346. Packer, George 2013. The Unwinding, an inner history of the New America. New York: Farrar, Straus, and Giroux. The Unwinding, an inner history of the New America. New York: Farrar, Straus, and Giroux. 345. 2009年11月19日. 2009年12月23日閲覧。 Charles P. Pierce, , The Boston Globe Sunday Magazine, December 20, 2009. Retrieved March 9, 2015. Elizabeth Warren's. Retrieved March 9, 2015. 2012年9月19日閲覧。 massteacher. org. 2012年9月19日閲覧。 Texas Classroom Teachers Association. 2014年9月27日閲覧。 Conversations with History. Institute of International Studies,. 2007年3月8日閲覧。 The Boston Globe. 2016年6月11日閲覧。 Lee, MJ 2014年4月16日. 2015年8月21日閲覧。 Boston Herald. 2012年6月9日閲覧。 The Boston Globe. の2012年5月25日時点におけるアーカイブ。 2012年6月9日閲覧。 The Boston Globe. の2013年9月3日時点におけるアーカイブ。 2012年10月5日. Time. 2015年2月23日閲覧。 Nickisch, Curt. WBUR News. 2015年2月23日閲覧。 The Washington Post. 2013年1月7日閲覧。 Katharine Q. Seelye; Abby Goodnough 2012年4月30日. The New York Times. 2015年2月23日閲覧. "officials involved in her hiring at Harvard, the University of Pennsylvania, the University of Texas and the University of Houston Law Center all said that she was hired because she was an outstanding teacher, and that her lineage was either not discussed or not a factor"• Chabot, Hillary 2012年5月2日. Boston Herald. の2012年5月3日時点におけるアーカイブ。 2012年6月9日閲覧。 Jacobs, Sally 2012年9月16日. The Boston Globe. 2013年1月9日閲覧。 MJ Lee April 18, 2014 , , The Politico. Franke-Ruta, Garance 2012年5月20日. The Atlantic. 2015年10月25日閲覧。 Chabot, Hillary 2012年5月15日. Boston Herald. の2012年5月18日時点におけるアーカイブ。 2013年1月8日閲覧。 Steve LeBlanc, , Associated Press April 30, 2012. ブルームバーグ 2017年11月28日. 2019年8月18日閲覧。 ロイター 2018年10月18日. 2019年8月18日閲覧。 渡辺惣樹『アメリカ民主党の崩壊』PHP 2019年、pp. 240-241• 時事ドットコム 2019年8月20日. 2019年8月20日閲覧。 Harvard Law School. 2015年2月22日閲覧。 The Boston Globe. 2015年2月22日閲覧。 Brian Leiter May 1, 2012. Author is a Chicago Law School Professor. , revised August 12, 1997. Andrews, Suzanna 2011年11月. Vanity Fair. 2012年2月13日閲覧。 Sahadi, Jeanne. CNNMoney. com, October 17, 2005. Retrieved April 12, 2007. 2014年10月12日閲覧。. FDIC Advisory Committee on Economic Inclusion. 2014年10月12日閲覧。 National Bankruptcy Conference. 2014年10月12日閲覧。 National Bankruptcy Conference. 2014年10月12日閲覧。 2014年10月12日閲覧。 Bloomberg Law 2014年. 2015年2月24日閲覧。 2009年5月11日. 2010年3月4日. 2009年4月15日. 2010年1月28日. Host:. 2008年12月11日放送. 2008年12月12日閲覧。 Kantor, Jodi 2010年3月25日. White House. 2014年12月17日閲覧。 Andrew, Suzanna 2011年11月. Vanity Fair. 2012年9月22日閲覧。 Wyatt, Edward 2011年7月4日. The New York Times. 2012年9月22日閲覧。 Rosenthal, Andres 2011年12月8日. The New York Times. Seelye, November 10, 2012. Cooper, Helene 2012年1月4日. The New York Times. 2012年6月9日閲覧。 Goodnough, Abby. The New York Times. Randall, Maya Jackson 2011年9月14日. Helderman, Rosalind S. ; Weiner, Rachel 2011年9月14日. Sargent, Greg 2011年9月21日. Benen, Steve 2011年9月21日. Washington Monthly. Smerconish, Michael 2012年7月30日. Philadelphia Inquirer. 2012年8月23日閲覧。 Kessler, Glenn 2012年7月23日. The Fact Checker blog at The Washington Post. 2014年1月19日閲覧。 Rizzuto, Robert 2012年6月2日. The Republican. 2012年6月2日閲覧。 Bierman, Noah 2012年5月30日. The Boston Globe. Political Intelligence blog at The Boston Globe. 2012年6月5日. の2012年6月7日時点におけるアーカイブ。 2012年6月9日閲覧。 Noah Bierman, August 15, 2012. ABC News. 2014年10月12日閲覧。 Political Capital. 2014年10月12日閲覧。 Kirchgaessner, Stephanie 2012年9月6日. Financial Times. の2012年9月8日時点におけるアーカイブ。 Bierman, Noah; Phillips, Frank 2012年11月7日. The Boston Globe. 2014年4月27日閲覧。 Montopoli, Brian 2012年12月12日. CBS News. Thys, F. 2013年1月4日. 9 wubr. 2013年5月18日閲覧。 Lynch, S. 2013年2月19日. Reuters. 2013年3月10日閲覧。 Stephen Webster 2013年3月7日. 2013年5月18日閲覧。 Erika Eichelberger 2013年5月14日. 2013年5月18日閲覧。 Webley, K. 2013年5月10日. Time. 2013年5月11日閲覧。 2013年5月17日. 2013年5月18日閲覧。 Drum, Kevin November 13, 2014 -. Mother Jones. Retrieved December 4, 2014. The Huffington Post. Retrieved December 4, 2014. Miller November 13, 2014 -. The Washington Times. Retrieved December 4, 2014. Berman, Russell November 13, 2014 -. The Atlantic. Retrieved December 4, 2014. Elizabeth Warren U. Senator for Massachusetts 2015年7月7日. 2015年7月27日閲覧。 BBC News. 2016年9月20日. 2016年9月20日閲覧。 Bryan, Bob 2016年9月20日. Business Insider. 2016年9月20日閲覧。 McGrane, Victoria 2016年12月14日. 2017年2月8日. 2017年2月10日閲覧。 Kane, Paul; O'Keefe, Ed 2017年2月8日. The Washington Post. 2017年2月8日閲覧。 Seung Min Kim 2017年2月8日. Politico. 2017年2月8日閲覧。 New Statesman. 2012年1月11日. 2014年10月12日閲覧。 Worley, Will 2016年12月16日. 2017年1月10日閲覧。 2016年2月8日. 2016年3月12日閲覧。 Alexandra Jaffe 2013年10月30日. The Hill. 2015年4月4日閲覧。 Wesley Lowery 2014年4月27日. The Washington Post. 2015年4月4日閲覧。 Mimms, Sarah. Vice. 2016-04-26. Retrieved 2016-05-26. Milbank, Dana. The Washington Post. 2016-03-04. Retrieved 2016-05-26. Garofalo, Pat. 2016-05-18. Retrieved 2016-05-26. The Boston Globe. 2016年6月10日閲覧。 Smith, Rob 2016年7月8日. 2016年7月8日閲覧。 Zeleny, Jeff; Merica, Dan 2016年7月7日. 2016年7月8日閲覧。 Sargent, Greg. The Washington Post. 2016-05-25. Retrieved 2016-05-26. CNN. 2016-05-25. Retrieved 2016-05-26. Mimms, Sarah. Vice. 2016-03-21. Retrieved 2016-05-26. Ellement, John 2016年6月9日. The Boston Globe. 2016年6月10日閲覧。 Jopson, Barney; Weaver, Courtney; Dyer, Geoff 2016年6月10日. Financial Times. 2016年6月10日閲覧。 Steinhauer, Jennifer 2016年6月9日. The New York Times. 2016年6月10日閲覧。 産経ニュース 2016年7月6日. 2017年3月5日閲覧。 BLOGOS 2016年6月28日. 2017年3月5日閲覧。 ハフィントンポスト 2016年7月27日. 2017年3月5日閲覧。 McGrane, Victoria; Viser, Matt 2017年1月6日. 2017年1月6日閲覧。 ロイター 2019年8月15日. 2019年8月18日閲覧。 AFP 2019年10月9日. 2019年10月10日閲覧。 CNN 2019年10月16日. 2019年10月17日閲覧。 CNN 2020年1月27日. 2020年1月27日閲覧。 NHK NEWSWEB. 2020年3月6日. 2020年3月6日閲覧。 2020年1月16日• 2011年3月14日. TIME. 2014年11月5日閲覧。 TIME. 2014年11月5日閲覧。 2009年4月30日. 2009年6月3日閲覧。 2010年4月29日. 2010年6月4日閲覧。 2010年. 2011年10月26日閲覧。 Brown, David. The Recorder. 2010年3月29日閲覧。 Originally published in. 2011年. 2012年11月16日閲覧。 2011年6月4日時点のよりアーカイブ。 2012年5月2日閲覧。 Capizzi, Carla 2011年5月10日. Warren, Elizabeth; Amelia Warren Tyagi 2005. All Your Worth: The Ultimate Lifetime Money Plan. Free Press. 1—12. Madrick, Jeff 2003年9月4日. 2009年6月3日閲覧。 Himmelstein, David U. ; Warren, Elizabeth; Deborah, Deborah; Woolhandler, Steffie J. February 8, 2005. Illness and Injury as Contributors to Bankruptcy. Social Science Research Network. Warren, Elizabeth 2005年2月9日. The Washington Post: p. A23• Langer, Gary 2009年3月5日. 2009年6月5日閲覧。 The Boston Globe. 2014年4月21日. Kiro 7. 2016年12月19日. 2017年2月8日閲覧。 参考文献 [ ]• Lizza, Ryan May 4, 2015. 91 11 : 34—45. 2015年7月1日閲覧。. Lopez, Linette. July 11, 2013. 外部リンク [ ] で 「 エリザベス・ウォーレン」に関する情報が検索できます。 ウィキクォートの コモンズで() ウィキニュースの 公式サイト [ ]• 2014年11月5日閲覧。 2014年11月5日閲覧。 - チャンネル• SenWarren - その他 [ ]• at the• at the• , video produced by• - 学職 爵位創設 レオ・ゴトリーブ法学教授 1995年 — 2012年 次代: ジェイムズ・ソルツメン 先代: コンラッド・ハーパー アメリカ法律協会第2代副会長 2000年 — 2004年 次代: アレン・ブラック 官職 新設官職 不良資産救済プログラムに関する議会監督委員会議長 2008年 — 2010年 次代: テッド・コフマン 消費者金融保護局特別顧問 2010年 — 2011年 次代: ラージ・デイト 党職 先代: マーサ・コークリー 候補 2012年 Most recent 先代: ジュリアン・カストロ 基調講演者 先代: 民主党幹部会副議長 2017年 — 現在 同職: 現職 先代: 第1部 2013年 — 現在 同職: 、モ・カウワン、エド・マーキー 現職 先代: 76th 次代:.

次の

ウォーレン・バフェットがゴールドマン・サックスを大量売却!最悪の可能性を見ているとしたら、現金ポジションはそれほど大きくない

ウォーレン

ウォーレンバフェットは普段どんな食事を摂っている? 朝はマクドナルドで決まり 投資の世界で成功を収め、巨万の富を手にした人物の朝食は、きっとサラダやフルーツなど健康的で体に良いものだと思っている人も多いでしょう。 しかし、実はウォーレンバフェットの朝食は異彩を放っています。 朝はいつも同じメニューをマクドナルドで注文して食べていて、しかも3. 17ドル以上の注文をしたことがありません。 健康的どころか加工肉ばかりのジャンキーな朝食を続けていて、食習慣的には「オマハの賢人」とはお世辞にも呼べないような状態です。 ウォーレンバフェット自身も、野菜を食べない6歳の子どものような食事であると認めています。 昔からチェリーコークが大好き 80歳代のウォーレンバフェットがチェリーコークの缶を手にしている画像を目にしたことがある人は多いでしょう。 老齢を迎えた男性が、コーラを飲んでいる様子は多少奇異にも見えます。 ウォーレンバフェットは実に1日に5缶のチェリーコークを飲んでいます。 昔からチェリーコークが大好きで、今でも飲み続けていると語っています。 ジャンクな食べ物が好物 ハンバーガーやチェリーコーク以外にウォーレンバフェットが好んで食べるものも、多くはジャンクフードです。 たっぷりの砂糖とコーンシロップでピーナツを固めたアメリカのお菓子、ピーナツブリトルもウォーレンバフェットのお気に入りです。 ピーナツブリトルは食べ始めるとやめられなくなるとも語っています。 ウォーレンバフェットのジャンクフード好きは有名です。 投資で大きな成功を収めている人物が、節制した食事をしていないことは意外に感じるかもしれません。 しかし、ウォーレンバフェットの食事に対する考え方は、投資の考え方とも共通する部分があります。 ウォーレンバフェットはなぜ高級料理を食べないのか? 自分が知っているものだけを食べているから ウォーレンバフェットは子どもの頃から好きだったチェリーコークを一貫して愛飲しています。 地元のネブラスカ州オマハにあるレストランにもずっと通い続けていて、NYでも行きつけのステーキハウスに行きます。 株式市場がどんな状況でも、朝食は同じマクドナルドです。 同じ食事にこだわる理由は、自分がよく知っている店と食事を理解しているからと言えます。 自分が好きなものと、好きなものから得られるものを検証して正確に把握していると言い換えても良いでしょう。 同じ店で朝食を食べ続ければ、たいていの人は自分の好きなものが把握できるようになります。 自分が知っているものをより深く知ることは、投資に精通する姿勢に反映され、自分の投資先をしっかりと検証し把握する姿勢が成功を支えていると言えます。 ジャンクな食べ物を自分が求めているから ジャンクな食べ物を食べ続けることは、栄養学上は好ましくないものです。 しかし、ウォーレンバフェットは自分が求めるジャンクフードを徹底的に追及しています。 ハンバーガーやフライドチキン、ピーナツブリトルなどに偏った食事は見方を変えれば実に自由です。 制限を課すのではなく、自由にアプローチするスタイルは投資にも生かされています。 上場企業7社の株式を保有し、保有株数は合計1億株であるウォーレンバフェットは、株式の5%を保有する上場企業を20社も持っています。 大規模な買収を行ってきたスタイルは、まさに自由そのものです。 BNSF鉄道を400億ドルで買収した事例も、非上場企業のプレシジョン・キャストパーツを372億ドルで買収した事例も、自分が求めるものを素直に求めた結果と言えます。 まるで、ヘビーでジャンクな食事をペロリと平らげてしまうようだと例える人もいるほどです。 好きなものに対する情熱に従っているから 子どもの頃からチェリーコークが好きなウォーレンバフェットは、炭酸飲料を大量に飲む生活を続けています。 心から大好きなチェリーコークを、長い人生で愛し続けていると言えるでしょう。 好きなものを好きと言うことは、簡単なようで意外と難しい場合もあります。 健康的に好ましくない習慣ならなおさら、止めるべきではないかと心が揺れ動く方が一般的です。 しかし、ウォーレンバフェットは自分の信念、情熱に従って生きています。 好きな食べ物・飲み物を心から楽しむことと同じように、投資先に対する情熱をブレることなく燃やし続けて、支援していると言えるでしょう 貴重!ウォーレンバフェットと一緒にランチが食べられる権利 毎年開催しているパワーランチオークション 投資の神様ウォーレンバフェットと一緒にランチを食べたいと思う投資家は数多くいます。 財団では、ウォーレンバフェットとランチが食べられる貴重な権利のオークションを行っていて、毎年かなりの収益金を上げています。 2018年には400万ドルを超える落札額となりました。 パワーランチ会は2000年から開催されていて開催当初の落札額は2万ドル前後でした。 しかし、IT場バブルが崩壊した後、ウォーレンバフェットの成功に注目が集まり落札価格は急騰し始めました。 ヘッジファンド運用者のデビッド・アイホーン、シンガポールのジェイソン・シュー、カルフォルニア在住の段永平、インドの投資家モニッシュ・パブライなどが落札者に名を連ねています。 オークションで得た利益はどうなる? ウォーレンバフェットとのパワーランチ会はチャリティ企画です。 そのため、高額の収益金は全て寄付金として恵まれない人たちに贈られています。 サンフランシスコを拠点に活動するグライド財団は、ホームレスを支援しています。 オークションの売り上げは、毎年、グライド財団に全額寄付されています。 オークションに参加する人はどんな人? 高額の落札額が続いているオークションにはどんな人が参加しているのでしょうか。 2万5000ドルからスタートするオークションには、ウォーレンバフェットを敬愛する熱狂的なファンが集まっています。 投資の世界で生きる人にとって、ウォーレンバフェット氏はプレミアム価格を支払ってでも昼食をともにしたい人物です。 オークションの参加者には中国人投資家も多く、みな投資で大きな成功を収めているウォーレンバフェットと、なんとか食事をしながら話したいと考えています。 まとめ 世界的な大富豪ウォーレンバフェットの普段の食事は、本当に質素で庶民的だと知り驚いた人も多いでしょう。 せっかく巨万の富を得ていても、トリュフやフォアグラ、キャビアなど高級で貴重なグルメを楽しまないのは、何かもったいないようにも思えます。 しかし、ウォーレンバフェットには成功者ならではの食事へのこだわりがあり、自分の知っている、自分の求める、自分が好きなものを食べています。 成功を手にして本来の自分を見失ってしまえば、そのまま失敗の道が待っています。 ぜひ、投資の世界で成功を収めた時こそ、本来の自分の素質を忘れずにいるブレない精神を大切にしましょう。 そして、パワーランチ会での高額落札を通して、ウォーレンバフェットが富の再分配を行っていることも再確認し、投資家としての在り方を見つめ直してみてください。 お金を増やし資産を作る投資メゾット あなたは毎日の生活が忙しいからと言って、お金を貯める事・将来の資産作りについて考える時間もないと見て見ぬふりしていませんか? 資産を作るのに年収は関係なく誰でも実現可能です!その方法は、誰がどう見ても「出来そう」としか思えない たった7つのステップを意識するだけ。 コツコツ・少しずつ20年後、30年後を見据えた、誰でも実践出来るお金の殖やし方を無料レポートにてお伝えします。 その後外資系生命保険会社にヘッドハントされ転職。 2007年に中立的な立場のFP事務所を立ち上げ独立。 グループ年商1億円の事業に育てる。 相談件数累計8000件以上、相談を受けた投資金額累計25億円以上。 売り上げの一部をチャリティ団体に寄付.

次の