ここ ひえ 冷風 機。 ここひえ 最新モデル(冷風扇)|ショップジャパン公式 通販

ここひえ 最新モデル(冷風扇)|ショップジャパン公式 通販

ここ ひえ 冷風 機

基本的に冷風扇と呼ばれるタイプで搭載している水タンクの水を蒸発させて気化熱を奪いその分だけ温度が下がると仕組みですが連続で使用する為には窓を開放して換気を十分に行わなければなりません。 締め切った室内で使用しても湿度が上昇するだけで一定の湿度に到達した後はほとんど蒸発できませんから気化熱を奪うこともできなくなります。 つまり湿度が上がるだけで全く涼しくならない。 冷風扇は、屋外や通風の良い環境以外では使用できません。 パーソナルクーラーという表現はまがい物の代表的な表現ですね。 エアコンのように冷却機構があるかというと水を蒸発させる機構だけですから電気代はほとんどかかりませんが蒸発することによって湿度は上昇します。 夏場の蒸し暑い時には温度を下げるよりも湿度を下げると快適であると感じられます。 いずれにしても締め切った室内で使用する為のものではありません。 除湿機を既に所有しているのであればその除湿機と併用すればもしかすると快適になることもあるかも知れませんが、除湿機の方式によっては除湿運転時に発熱が大きいタイプなどもありますので注意が必要です。 素直に5~6万円代から設置可能なので壁掛けエアコンを検討されるのが最善かと思います。 窓用のウィンドゥエアコンは壁掛けエアコンがどうしても設置できないなどの理由時以外には運転騒音も大きく暖房能力などとても低く効率も悪いのであまり選択しない方が良いでしょう。 一昔前に冷風扇というのが流行りました。 水の気化熱を利用してエアコン(クーラー)の代わりになるというようなものです。 そこそこの大きさがありました。 ここひえ はその卓上版でしょうかね。 結論から・・ お金の無駄です。 普通の扇風機と変わりません。 気化熱で冷やすには当然、水が気化する必要があります。 水が気化するには・・湿度が低いことが条件です。 そりゃそうでしょ? 湿度90%とかだったら洗濯物乾かないのと同じです。 気温の問題ではないのです。 ヨーロッパや砂漠などの乾燥地帯のように、気温は高いけど湿度は低い・・というところなら効果がありますが、日本は高温多湿。 効果はほとんど期待できません。 エアコンで湿度を下げた上で、これも使いますか? そう言う使い方なら効果あるでしょう。 意味が有るかはわかりませんが。 冷風扇を昔買いましたが1,2度使用しただけで廃棄しました。

次の

【楽天市場】冷風扇

ここ ひえ 冷風 機

という事で、取りあえずはパンフレットを持ち帰って、「ここひえ」とはどんな物かという事を、じっくりと調べてみる事にしました。 販売元はあの「ショップジャパン」。 変な物は売ってなさそう。 海外製品のように、「故障したけど修理がきかない」という事も無さそうですね。 (昨年、があるからなあ・・・) 「扇風機よりも涼しい 最大約-13度」という文字も気になります。 これは単なる冷風扇ではないのでしょうか。 ここはひとつ、購入して自分の目で確認してみないといけませんね。 という事で、ネットでポチッと買ってしまいました(笑) 楽天市場店で購入して、交換用のフィルターとセット(ここひえ 安心セット)で3年保証。 送料は無料でした。 単品で1台だけ購入すると保証は1年ですからね。 3年保証になり割引にもなる「ここひえ 安心セット」の方がお得という事になります。 で、自宅に届いた「ここひえ」を早速開梱。 内容は、「ここひえ」本体と電源用のUSBケーブル、そしてACアダプターというものでした。 ACアダプターは、2A供給のものが付属。 因みに、取扱説明書によると、付属のACアダプター以外にもパソコンのUSBポート(USB3. 0以上)やモバイルバッテリーも使えるとの事。 900mAが供給できるものであればOKとなっていました。 これなら色々なところに持ち出せそうですね。 (車中泊はもちろん、テント泊でも使えそう) 付属のUSBケーブルを接続して、本体にケーブルを固定。 スッキリとした見た目が好印象です。 それでは早速、「ここひえ」を運転してみる事にしましょう。 「ここひえ」は「ハイドロチルテクノロジー」という技術が使われており、水が蒸発する時の気化熱現象を利用して冷たい風を出すという仕組み。 つまり、冷風扇のように水を入れてやらないといけません。 水を入れるタンクは着脱式となっており、そこに先ずは水を入れます。 この時注意しないといけないのは、最初はフィルターが乾燥した状態なので、タンクの水が吸われて一気に水が無くなってしまうという事。 セットした直後、タンク内の水残量は早くも半分以下という感じになってしまいます。 ですので、初回や暫く使っていなかった時など、フィルターが乾燥した状態から使う場合には、すぐさま水を追加投入してやる必要がありますね。 では早速実験を。 室温が24. 6度の状態で「ここひえ」の運転をスタートさせました。 ここから果たして、どれだけ冷やす事ができるのか? 因みに、このサイズで空間を冷やす能力を期待してはいけません。 という事で、吹き出し口がどれだけ冷たくなるのか? のテストを行いました。 温湿度計が内蔵されている電波時計を「ここひえ」の前にセット。 それから約一時間放置させておくと? 温度はナント、19. 8度を表示していました。 その差、約マイナス5度。 なかなかの実力ではないでしょうか。 ただし、湿度は84%と、開始時の54%に比べて大幅に上昇していました。 そうですね、「ここひえ」の前にいるとスポットクーラー的に確かに涼しいのですが、滝の近くで涼んでいるような湿度も感じます。 これ、周辺の温度と湿度次第では、逆に暑く感じられるかもしれません。 あと、風量が「強」「中」「弱」とあるものの、このサイズの扇風機に比べたら全然風量が足りません。 そして煩すぎます。 個人的に、「強」は煩くて使えないレベル。 「中」が一番実用的だと思いますが、それでも静かなオフィス等で使ったら気になるでしょう。 私は今職場で使っていますが、「中」でもちょっと気を使います。 (特に、計測器の電源が入っていない時) なお、「弱」であれば音は殆ど気になりません。 もしかしたら、寝る時に枕元に置き、「弱」にして使うのが一番ベストな使い方なのかもしれません。 (という事は、車中泊向き?) あと、「連続運転時間:約8時間」となっていますが、8時間も使えるのは「弱」の時だけ。 「中」だと大体、2. 5時間でタンクが空っぽになっていました。 まあそんな感じパーソナルクーラーとは言い難い物ですが、使えなくもありません。 モバイルバッテリーで使えるというのも魅力でしょう。 風呂上がりなど、一気に涼みたい場合には静かで風量のあるDCモーター扇風機の方が絶対にオススメ。 ですが、静かに涼みたい場合には「ここひえ」もアリかもしれません。 (風は扇風機よりも冷たい) いずれにせよ、扇風機と併用して使った方が良さそうですね。 最近の投稿• カテゴリー• 107• 192• 7 人気の記事• 40,186件のビュー• 39,316件のビュー• 32,235件のビュー• 28,047件のビュー• 26,408件のビュー• 24,175件のビュー• 23,842件のビュー• 22,039件のビュー• 22,002件のビュー• 20,714件のビュー これまでの旅の記録• タグ一覧 幼い頃に1度だけ、親戚の叔父さんに連れて行ってもらった河原でキャンプ。 その時の楽しさが、社会人になっても忘れられず。 運転免許取得と同時期に、キャンプ道具を揃え始める。 気がつけば、キャンプ歴30年、車中泊歴27年の40代(水瓶座)。 週末になれば、おでかけ虫が騒ぎ出す。 生息地は広島市(山口県出身)、憧れだった持ち家を手に入れ、日常は趣味の音楽とオーディオに戯れる。 リビングには60インチのTVとシアターシステムを構築済み。 これも幼い頃からの夢だった。 ちなみに、煙草はキッパリ止められたが、お酒だけは止められない。 お手数ですが、連絡事項は公式Facebookページ()にてお願い致します。 メタ情報•

次の

【最新版】おすすめの冷風機・冷風扇20選! 上手な選び方をチェック

ここ ひえ 冷風 機

・すごく小さいのにしっかり冷気がでてくる ・部屋全体を冷やすのは無理 ・1人で使うならOK ・キッチンで使えば家事で汗をかかない ・ポータブルバッテリーで使用可能 ・風が当たる部分は冷たくなるくらい ・コンパクトで軽く、持ち運びに便利 ・冷風がじんわり冷やしてくれるので、冷え性には丁度よい ・扇風機よりかなり冷える ・風向きは手動で調節可能 ・何台かあってもよさそう ・ペット用に購入したけど気にったみたい ・寝るときにエアコンをつけっぱなしにしたくないので丁度よい ・トイレやキッチンなどで使いやすい コンパクトでもしっかり冷気が出て、限られた範囲で使う分には満足されている人が多いです。 悪い口コミ ここひえの悪い口コミも気になるところです。 ただ、よく観察してみると、思ったより冷えないとか、風が届かないとか、まるでクーラーや扇風機と同じような機能を期待している人がそういった感想を持っているようです。 そもそもクーラーのように部屋全体を冷やしたり、扇風機のように風を遠くまで飛ばすという商品ではないので、勘違いが元になっている気がします。 ここひえはここひえですし、近くにおいてふわっと冷気を浴びるのと、持ち運びができるというのが売りの商品ですよね。 デメリットのまとめ ここひえで、最も不評な点は、「水がすぐなくなってしまう」というところです。 1日中使用するのであれば、大きめのペットボトルを近くに置いておき、随時水を追加していく必要があります。 給水タンク一杯で、8時間連続使用可能とはうたわれているのですけど。 それと、コンパクトで持ち運びがしやすいというはメリットなのですが、水を入れたままそれをすると、こぼれやすいようですね。 移動させるときは空の状態が理想です。 デメリットといっても上記くらいで、その他の機能を考えたらなかなかの商品です。 類似品に注意 ここひえには粗悪な類似品があるという話も聞きます。 アマゾンなどで調べてみると、確かに似たような商品が販売されています。 口コミは良いものが多く、一見問題なさそうに見えるのですが、どうも怪しさも感じます。 というのも、5段階評価で5が多すぎるのですよね。 ところが類似品の評価を見ると、極端に5ばかりで、その他の評価がほとんど無いものが多いです。 なんだか意図的につけられた評価のようで逆に不信感を感じます。 類似品を購入して後悔している人の話も聞きますし、こういう場合はネームバリューに従った方が無難ですね。 販売元がしっかりしている方が保証もしっかり効きますし。 ショップジャパンの商品は返品制度もあるので、期待したものと異なるのであれば39日以内であれば返品できます。 疑問点 ここひえの購入に向けて、疑問に思う点をピックアップしてみました。 参考になるかもしれません。 モバイルバッテリーで使えるのか? USB接続で電源をとることができるので、PCやモバイルバッテリーなどから給電できます。 ここひえの消費電力は5Wなので、仮に8000mAhのモバイルバッテリーを使用したとすると、6時間程度使用できる計算になります。 車中泊でどうか? 電源のない場所での使用を想定している人が多そうですが、車中泊など使用できるとよいですよね。 エンジンをつけたままのエアコンというのは気が引けるので、ここひえが活躍します。 狭い空間ですし、一晩くらいはモバイルバッテリーで稼働できます。 エンジン停止中の車のバッテリーからは稼働しないほうがよいと思います。 万一のことがあるとエンジンがかからなくなってしまいますし。 電気代は? モバイルバッテリーで稼働することを考えると、電気代がほとんどかからないことが想像できます。 実際にはどのくらいの電気代がかかるかというと、、、 一晩つけっぱなしで焼く1.1円です。 安いですね! ここひえの最安値探し 狭い空間で利用するには使い勝手の良いここひえですが、大手通販の販売価格を比べてみました。 基本的にはショップジャパンが販売しているわけですが、防カビ抗菌フィルターの予備がついていたりと、セット商品もあります。 いくつか価格が設定されているので要チェックです。

次の