梅雨明け予想 2019。 【2019九州南部】梅雨の時期(期間)はいつからいつまで?梅雨入りと梅雨明け予想まとめ

気象庁|過去の梅雨入りと梅雨明け

梅雨明け予想 2019

平年の北陸地方の梅雨入り・梅雨明けはいつ? 平年の北陸地方の梅雨入り、梅雨明けの時期はいつくらいなのでしょうか? 過去の気象庁のデータを調べてみると、 平年の北陸地方の梅雨入りは6月12日ごろ、梅雨明けは7月24日ごろとなっています。 2020年 北陸地方の梅雨入り時期を予想! まずは2020年の北陸地方の「梅雨入り」について、その時期を気象庁発表の1951年から2018年までの68年間のデータを参考にして、予想してみることとしましょう。 過去68年間の北陸地方の梅雨入り時期データの中でも目を引くのが、とびぬけて梅雨入りの早かった1956年の5月22日ではないでしょうか。 ちなみに、その翌々年は6月28日に梅雨入りしており、過去65年間の中で1987年と並んで最も梅雨入りの遅かった年となっています。 2年間の間で、梅雨入りに1ヶ月以上もの差があるのにはビックリですよね! ではまず、今年は5月に梅雨入りする可能性はあるのか? その検証を行ってみましょう。 実は今年はエルニーニョ現象の影響で、北陸地方の梅雨入りは早くなる傾向がみられています。 気象庁の1958年~2012年の調査によるとエルニーニョ現象が発生した年の北陸の梅雨入り時期が早くなる確率は46%、平年並みが31%、遅くなる確率は23%となっています。 ですが、 ・1956年のデータがとびぬけて早い梅雨入りだったこと ・また5月の梅雨入りが68年間で3回と全体の5%にも満たないこと ・最後に5月に梅雨入りしてから55年も経っていること ・さらには年々梅雨入りの時期が遅くなっていること から考えると、エルニーニョ現象の影響を考えても2020年も5月に梅雨入りすることは、まずないでしょう。 なお、過去68年間の北陸地方の梅雨入りの平年時期は6月12日となっています。 これらのことを考えあわせると、 2020年の北陸地方の梅雨入りは6月5日から6月19日の間くらいになると予想されます。 これらのデータによると、北陸地方が最も梅雨明けの早かったのは2001年の7月2日ごろ。 逆に最も梅雨明けが遅かったのが1991年の8月14日ごろとなっています。 梅雨明けの時期に1ヶ月以上の差がある上、この25年ほどは梅雨明けの時期にバラツキが大きいのが気になっちゃうところですよね~。 ちなみに梅雨入りを早める原因となったエルニーニョ現象ですが、その影響は梅雨明けにも!! 実はエルニーニョ現象の起こった年は46%の確率で梅雨明けが遅れる傾向が出ています。 過去68年間の梅雨明けの平年時期は7月24日ごろ。 これらのことを考え合わせると、 2020年の北陸地方の梅雨明けは7月15日から7月29日の間くらいになると予想されます。 では、そんな日本海や山脈は、北陸地方の梅雨にどんな影響を与えているのでしょうか? 2020年の北陸地方の梅雨期間の傾向について、みていきましょう。 気象庁発表による過去68年間のデータを見てみると、梅雨の期間が一番短かったのが1958年の11日間。 これは梅雨入りの最も遅かった年でもあり、それが大きな影響を与えているようです。 また、逆に梅雨の期間が一番長かったのが1956年と1991年の65日間。 一番短かった年と長かった年の差は、実に54日となっています。 とはいえ、梅雨の期間が10日前後というは68年間で1度きり。 2020年に当てはめることのできない、稀な出来事だと言えるでしょう。 また、梅雨の期間が短くなってきている傾向がみてとれるとはいえ、今年2020年はエルニーニョ現象の影響で長梅雨の傾向にあることが考えられます。 過去68年間の平均は42日間。 以上のことから考えると、2020年の北陸地方の梅雨の期間は40日から50日前後くらいと考えられるでしょう。 なお、北陸地方の梅雨は、梅雨後半のみならず盛夏にかけて大雨に見舞われることが多い傾向にあります。 梅雨が明けてもしばらくは油断せず、携帯用の傘を持っておくことをオススメいたします。 まとめ 2020年の北陸地方はエルニーニョ現象の影響で、梅雨入りが早く梅雨明けが遅い「長梅雨」の傾向にあります。 また、梅雨明け後も雨の心配は欠かせません。 北陸新幹線も開業し、首都圏からも訪れやすくなった北陸地方。 雨対策を忘れずに、夏の北陸を楽しんでください。

次の

【2020年】九州の梅雨入り・梅雨明け時期を徹底予想!

梅雨明け予想 2019

2019年、九州南部もいよいよ梅雨の時期が近づいてまいりました。 九州南部でも梅雨のせいで家に洗濯物が乾きにくく、部屋干しを強いられる、カビが発生しやすい、など、毎日の生活に大きな影響を与えている梅雨。 九州南部に住んでいる方々も、梅雨による急な湿度の変化から、からだがだるいなどの体調不良から、むくみやアレルギー、頭痛を発症するケースも。 九州南部でも夏という季節を迎えるためにも、避けては通れない梅雨ですが、それでもやっかいなことには変わりありません。 そこで、2019年の九州南部地方(宮崎県、鹿児島県)における梅雨の時期 期間 はいつからいつまでなのか?梅雨入りと梅雨明けの予想をまとめてみました!九州南部の梅雨を乗り切るための対策グッズと合わせてごらんください! 梅雨の時期が始まることを 梅雨入りや 入梅(にゅうばい)といい、社会通念上・気象学上は春の終わりであるとともに夏の始まり(初夏)とされる。 なお、日本の雑節の1つに入梅(6月11日頃)があり、暦の上ではこの日を入梅とするが、これは水を必要とする田植えの時期の目安とされている。 また、梅雨が終わることを 梅雨明けや 出梅(しゅつばい)といい、これをもって本格的な夏(盛夏)の到来とすることが多い。 ほとんどの地域では、気象当局が梅雨入りや梅雨明けの発表を行っている。 引用元: wikipedia 九州南部の梅雨が始まる頃は、もうかなり気温が暖かくなっているので、「梅雨入りが春の終わりを示すもの」というのは、あまり意識していない人が多いのではないでしょうか? あくまでも「社会通念上・気象学上」とのことなので、春の終わりについて、九州南部の人がどう感じるかは人それぞれなのでしょうが・・・。 関連記事はこちら! 平年および2018年九州南部地方の梅雨の時期 期間 をおさらい!梅雨入りと梅雨明けはいつだった? 参考までに平年および2018年九州南部の梅雨の時期 期間 を調べてみました。 日本気象協会のデータによれば平年の梅雨入りが 5月31日頃、梅雨明けが 7月14日頃。 また、2018年は梅雨入りが 6月5日頃、梅雨明けが 7月9日頃でした。 九州南部は梅雨明けが早い割には降水量の比率が 128%となっていることから、梅雨の期間は短かったものの、その短い間に集中的に平年以上の強い雨が降っていたようです。 2019年九州南部地方の梅雨の時期 期間 はいつからいつまで?梅雨入りと梅雨明け予想! では、実際に2019年九州南部の梅雨の時期 期間 はいつからいつまでになるのでしょうか? 日本気象協会は九州南部地方を含めた広い範囲において、すでに 梅雨入りが遅くなる可能性をコメントしています。 関東から九州は前線や湿った空気の影響を受けにくいでしょう。 太平洋高気圧の北への張り出しは弱く、 梅雨前線の北上は平年に比べて遅い見込みで、梅雨入りが遅くなる可能性があります。 また、降水量は平年並みか少なく、梅雨前半は空梅雨になることも考えられます。 引用元: 日本気象協会 九州南部地方の梅雨入りが平年並みか若干遅くなり、梅雨明けが平年並みの可能性が高いようです。 以上のことを踏まえると、2019年の九州南部地方の梅雨入りと梅雨明けは、• 梅雨入り: 5月25日~6月5日頃• 梅雨明け: 7月8日~7月20日頃 であると予想されます! 2019年九州南部の梅雨に備えよう!対策グッズ紹介! いくら梅雨の時期がやっかいだといっても我々日本人も手をこまねいて我慢しているわけにはいきません。 そこで、 今販売されている梅雨対策に有効なグッズをひとつひとつ見ていくことにしましょう! 2019年梅雨対策グッズ1:高機能傘 近年では技術の進歩が進み、とても便利な傘が販売されています。 オススメしたいのが、こちらの傘。 すぐにカバンにしまえるので使い勝手バツグンです。 2019年梅雨対策グッズ2:防水イヤホン 外出中に音楽をイヤホンで聴いている方は多いと思いますが、途中で雨に振られてイヤホンが壊れてしまうなんてことも度々確認されています。 最近ではプールで泳いでも音楽が聞けるほど高性能な防水イヤホンも登場しています。 今回オススメするイヤホンがこちら。 2019年の梅雨に対するツイッター(twitter)の反応 2019年の梅雨に対するツイッター(twitter)の反応をまとめてみました! 梅雨かぁ……ちょっとしょぼーん。 あ、電。 それ、てるてる坊主? やるじゃない! 42. 五月晴れと言うけれど, 五月は以外に雨の日が多く, そのまま ズルズルと関東地方 梅雨入です.. なんて事も有り. 降りたそうな灰色の今日の空. さてと, 日常に戻る準備です! 本日もよろしく🌱🍵 ツバメ 低く飛ぶ.. 雨かな やはり. 前兆かな?四国から北陸まで伸びている。 誰か写メ撮って!! 】 — 中津川 昴 subaru2012. 2019[11-15]そろそろ梅雨ですね… 2月に咲いていた梅の花もいつのまにか実になりこんなに大きくなっています😶 毛虫が増える頃なので気をつけないとです。 皆さんもだんだんと意識してきているようですね。 まとめ 「【2019九州南部】梅雨の時期 期間 はいつからいつまで?梅雨入りと梅雨明け予想まとめ」について見てまいりましたがいかがでしたでしょうか? この梅雨の期間が終われば楽しい夏はすぐそこ。 万全の対策を整えて、やっかいな時期を乗り切りましょう! 埼玉県生まれ。 東京都八王子のとある大学卒のトークが苦手な社会人。 大学卒業後、東京のIT関連会社に就職しましたが、デスマーチの連続による残業過多と関連資格の休日勉強要請で精神的に限界を感じ転職。 以後、10年以上現在の会社で電話対応やデータ入力、時に配達等の仕事を継続しています。 このサイトを始めた理由は自分が興味を持っている日々の事柄についてまとめると共に他の方々の目にも留まっていただければ、と思ったからです。 またこのサイトを通じて世界で起こっているたくさんのことをアウトプットすることで自身の成長に繋げていきたいと思っています。 目標は「とてもたくさんの人に感謝して、とてもたくさんの人に感謝される」。 声を大にして言いたいことは「死ぬくらいなら辞めましょう」 趣味は温泉。 会社近くのスーパー銭湯で岩盤浴と炭酸浴を楽しむのが密かな癒しです。 今一番好きな漫画はキン肉マン。 好きな小説は「銀河英雄伝説」「燃えよ剣」「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 」 サッカーJリーグの浦和レッズのサポーターです。 毎回魂こめて応援しています!.

次の

【2019年】今年の関西の梅雨明けはいつ頃?近畿地方の梅雨入り予想も

梅雨明け予想 2019

こんにちは。 エネフィのおじいちゃんじゃよ。 梅雨に入ってジメジメしてなんか元気がなくなっちゃうな。。 早く日差しがまぶしい梅雨明けしないかと思って今年の梅雨明け予想と東海地方の梅雨について今日はお話しするぞよ。 今回は過去の気象庁の68年分のデータから 2019年の東海地方の梅雨入り・梅雨明け予想を紹介するぞよ。 ちなみに、東海地方は、 愛知県・岐阜県・三重県・静岡県を指し 太平洋側気候、内陸性気候、日本海側気候と気候の境目となる地域のことじゃ。 三重県などは、秋になると「台風銀座」と呼ばれるくらい、 台風の通過場所となっているのじゃよ。 梅雨入り・梅雨明けってどうやって決めるの? 気象庁の過去データから、梅雨入り、梅雨明けを予測するんじゃが 実はそのデータでさえも何月何日と特定できるものではないのじゃよ。 気象庁の過去のデータにも「頃」と書かれているように、 公表されている日付も実は明確な確定日ではないんじゃと。 比較的天気の良い日が続いてから、比較的雨が多く、日照時間が少ない時期に突入するまで 移り変わりの時期が5日間程度あるんじゃ。 その真ん中の日を、梅雨入り日としているようじゃ。 梅雨入りも梅雨明けも、各地方にある気象台が観測している結果と、 1週間後までの中期予報を組み合わせて、晴れが続いている日(初夏)から、 今後数日間は天気が悪く雨模様と予想を出した時に、 実際に雨が降りだした日を梅雨入り。 また、雨続きから、中期予報で晴れが続くと予報をし、 最初に晴れ始めた日を梅雨明けとしているんじゃよ。 比較的晴れの多い期間から曇りや雨に移り変わる期間の間を 梅雨入りとしているようじゃが 確定値は9月に結果を再検討して修正された後に決まるそうじゃ。 梅雨明けも同様で、その反対になるぞよ。 2019年 東海地方の梅雨入り時期を予想! それでは2019年の東海地方の梅雨入り時期を、 気象庁の過去データから予想してみたぞよ。 1951年から2018年までの過去68年間のデータで 最も早い梅雨入りは1963年の5月4日頃で、 最も遅い梅雨入りは、1951年の6月28日頃だったんじゃ。 梅雨入りのタイミングに一ヶ月半以上の開きがあるが 1963年の5月4日は、群を抜いて早いのがわかるな。 笑 またグラフを見るとわかる通り 東海地方の梅雨入りの時期は年々早まっている傾向が確認できるんじゃ。 1951年から2018年の68年間の梅雨入りの平年時期は6月8日頃。 また、昨年 2018年 の梅雨入りは6月5日頃 一昨年 2017年 の梅雨入りは6月21日頃だった。 これらのデータから予想すると 2019年の東海地方の梅雨入り時期は 6月1日頃から6月15日頃の間くらいになりそうじゃな。 2019年 東海地方の梅雨明け時期を予想! 一方、東海地方の梅雨明けの時期じゃが、 梅雨入りと同様に気象庁のデータを参考に考えてみると、 最も早い梅雨明けは1963年の6月22日頃で、 最も遅い梅雨明けは2009年の8月3日頃だったんじゃ。 また平均値を表す黒線が右上がりになっていることから 東海地方の梅雨明けの時期は年々遅くなっているいる傾向じゃ。 梅雨入りの時期が早まり 梅雨明けの時期が遅くなっていることから 東海地方の梅雨は年々長期化しているようじゃな。 また、68年間の東海地方の梅雨明けの平年時期は7月21日頃。 昨年 2018年 の梅雨明けは7月9日頃 一昨年 2017年 の梅雨入りは7月15日頃だったんじゃ。 以上のデータを元にして予想してみると 2019年の東海地方の梅雨明け時期は 7月13日頃から7月28日頃の間くらいになりそうじゃよ。 東海の梅雨の特徴は? 東海の梅雨は、 1961年と1974年に記録的な大雨となり被害をもたらしたようじゃよ。 もともと、東海地方は台風の通過場所となることも多く、 山岳地帯では冬になると豪雪になることからも 気候の変動は激しいようじゃ。 ここ3年間の梅雨時期は、 平年並みか少し少ないくらいの雨量ですが、 多い時は、全国平均の1. 5倍以上雨が降りますので注意が必要じゃな。 また季節に関する最新情報もわしがみんなにお伝えするぞよ! ではまた。

次の