山崎 賢人 劇場。 山崎賢人×松岡茉優映画『劇場』あらすじとキャスト。又吉直樹原作を行定勲監督が映像化し2020年公開!

『劇場』の山崎賢人と行定勲監督を直撃「嫉妬心は誰にでもあるもの」(MOVIE WALKER PRESS)

山崎 賢人 劇場

演劇の世界で夢を追う主人公と、彼に恋をして必死に支えようとする沙希との恋を描いた又吉直樹の恋愛小説の映画化。 この度、主演の山崎賢人演じる永田と松岡茉優演じるヒロイン・沙希を写し出す本ポスタービジュアルが到着。 追加キャストも発表された。 本ポスタービジュアルは、演劇に身も心も捧げながら、実生活では社会や周囲の人々とうまく協調できない不器用な青年・永田と、葛藤や迷いを抱えながらも、純粋に彼を愛そうとする健気な沙希の切ない表情を切り取り、一方で仲睦まじい2人の様子も写し出す。 「生涯忘れることができない恋」というコピーや、タイトルロゴの後ろでクロスする赤と青のライン…想いあいながらもすれ違ってしまう2人の未来を暗示しているかのようなビジュアルとなっている。 そして今回2人のほかに出演者が発表された。 永田と中学時代からの友人で、共に劇団「おろか」を立ち上げる野原役には、『一度も撃ってません』での親子共演が期待される 寛 一 郎。 劇団「おろか」の元団員で、永田と仲違いするものの友人として彼を心配し続ける青山役を、「獣になれない私たち」『生理ちゃん』などに出演する 伊藤沙莉。 また、「あなたの番です」の刑事役が記憶に新しい 浅香航大が、劇団「まだ死んでないよ」の団員で、沙希のバイト先の居酒屋の仲間・田所役。 そして、昨年は紅白出場も果たした 「King Gnu」のボーカル・井口理が、注目の劇団「まだ死んでないよ」を主宰する小峰を演じる。 そのほか、 上川周作、大友律、三浦誠己など多才な顔ぶれが集結した。 『劇場』は4月17日(金)より全国にて公開。 《cinemacafe. net》.

次の

山崎賢人主演「劇場」無料公開がアマゾンプライムビデオ限定で日本初!|アスパラダイス

山崎 賢人 劇場

ページ内目次• 映画『劇場』ロケ地・撮影場所 山崎賢人さん主演映画『劇場』のロケ地は東京都世田谷区下北沢を中心に渋谷区、新宿区、埼玉県(所沢)などで行われました。 撮影期間は、2019年6月中旬から2019年7月16日までになります。 も行われました。 長髪で髭面の山崎賢人さんの目撃もありました。 そんな映画『劇場』のロケ地を、ファンからの目撃情報やエキストラ募集要項をもとにまとめましたので、参考にしていただければと思います。 マルシェ下北沢前 夜道を歩いていると、ふと行定勲監督が山崎賢人主演の映画を撮影していたりするのが下北沢のいいところ。 下北沢ザ・スズナリ スズナリで行定勲監督が撮影をしていた。 何やら松岡茉優ちゃんの家という設定らしい。 今分かっているのはこれだけ。 目撃情報によると羽根木公園近くのマンションでも撮影が行われたとのことです。 下北沢駅前 え、これ山﨑さんなの?全然みえないんだけど!!てか時代劇するのかな。 下駄はいてるじゃん。 長髪、下駄(雪駄?)の山崎賢人さんが見て取れます。 まとめ 映画『劇場』は、芥川賞作家の又吉直樹さんの小説が原作で売れない劇作家である主人公・永田(演:山崎賢人さん)と彼を支える恋人・沙希(演:松岡茉優さん)の7年間を描いた恋愛小説になります。 目撃情報でもあるように今までの爽やかな山崎賢人さんが見られそうですね。 また、監督には『ナタラージュ』や『世界の中心で愛を叫ぶ』などを手掛けた行定勲さんということで、かなりの期待感です。 映画『劇場』は、2020年劇場公開です。

次の

『劇場』の山崎賢人と行定勲監督を直撃「嫉妬心は誰にでもあるもの」(MOVIE WALKER PRESS)

山崎 賢人 劇場

4月17日公開の山崎賢人主演映画『劇場』より、新場面写真が公開された。 本作は、お笑い芸人で芥川賞作家の又吉直樹の同名小説を、『世界の中心で、愛をさけぶ』『ナラタージュ』の行定勲監督によって実写映画化する恋愛映画。 劇作家を目指す主人公・永田と、彼を必死に支えようとする沙希の恋を描く。 主演を務める山崎は、劇団「おろか」を立ち上げ、演劇の世界で成功を信じ演出と脚本を担うも、実生活では社会や周囲の人々とうまく協調できない不器用な青年・永田役に、人生初のひげを生やして挑んだ。 ヒロイン役を務めるのは、『万引き家族』の松岡茉優。 女優になる夢を抱き上京し、服飾の学校に通っている学生で、公私ともに永田を支えていく沙希を演じる。 そのほか、寛一郎、伊藤沙莉、浅香航大、King Gnuのボーカル井口理、上川周作、大友律、三浦誠己らが出演する。 その言葉通り、劇中では恋をして幸せそうな二人の姿と、その一方で夢を追う中ですれ違っていくやりきれなさが容赦なく描かれており、今回公開された場面写真でも、永田と沙希のそうした2つの側面を垣間見ることができる。 また、場面写真には永田が沙希の前で安心しきった笑顔や純粋無垢な瞳を見せる様子や、可愛らしい笑顔と生気がない目で近寄り難い空気を発する時のギャップを披露。 沙希も永田の全てを受け入れるような慈愛に満ちたほほ笑みを見せる一方で、寂しい表情を見せている。

次の