山本 浩二。 山本浩二氏、がん告白…壮絶1年間で7度手術 闘病乗り越え現場復帰 (1/3ページ)

山本浩二の「家族」の噂検証

山本 浩二

山本氏(右)は約1年ぶりに現場復帰。 原監督と笑顔で抱擁を交わした 「ミスター赤ヘル」こと元広島監督の山本浩二氏(73)が7日、宮崎市で行われている巨人の春季キャンプを訪問した。 昨年にぼうこうがんと肺がんで、4度の手術を受けていたことを告白。 胆石除去や気管支系を含め計7度の手術を受け、入退院を繰り返す壮絶な闘病生活を送っていたことを明かした。 通算2339安打、536本塁打を放った大打者にとっては約1年ぶりの現場復帰。 今後は野球解説者として活動を再開する。 少しほっそりとしているが、笑顔も野太い声もそのままだった。 山本氏は巨人のキャンプ地、宮崎県総合運動公園内の屋内施設「木の花ドーム」で原監督と再会すると、熱い抱擁を交わした。 約2時間の視察後に語ったのは、ぼうこうがんと肺がんによる壮絶な闘病生活だった。 「去年は自分では信じられないくらいの一年間でした。 2つのがんにかかりまして、4回手術をした。 おかげさんでこうして元気で、あとはリハビリぐらい。 キャンプに来ることができたのは、活力になるんかな」 テレビ解説で球場を訪れた昨年4月16日の巨人-広島(鹿児島)以来となる公の場。 公私で仲のよい原監督と練習を見ながら談笑した。 首脳陣や選手に大歓迎を受けた「ミスター赤ヘル」は、空白期間を説明した。 1969-86年の現役時代は広島の4番として、通算2339安打(歴代14位)、536本塁打(同4位)の大打者が、相次ぐ病魔に襲われていた。

次の

山本浩二|堀 治喜の楼人日記|note

山本 浩二

240 120 404 366 37 88 20 1 12 40 9 8 1 23 6 74. 295. 399 1970 24 広島 4. 243 128 514 461 67 112 8 4 22 56 21 4 0 41 8 77. 316. 421 1971 25 広島 4. 251 123 484 431 42 108 19 0 10 52 25 4 4 39 6 56. 319. 364 1972 26 広島 6. 258 130 557 485 73 125 27 0 25 66 18 10 5 52 5 55. 333. 468 1973 27 広島 6. 269 126 526 449 68 121 24 1 19 46 10 12 3 59 3 75. 356. 454 1974 28 広島 6. 275 127 529 476 74 131 23 2 28 74 18 6 2 41 4 72. 337. 508 1975 29 広島 1. 319 130 526 451 86 144 21 0 30 84 24 1 5 67 2 39. 406. 565 1976 30 広島 3. 293 129 535 464 79 136 26 3 23 62 14 3 2 62 4 57. 380. 511 1977 31 広島 5. 308 130 552 448 102 138 24 4 44 113 22 0 6 94 4 64. 428. 674 1978 32 広島 3. 323 130 563 473 114 153 28 0 44 112 12 0 4 84 2 74. 425. 662 1979 33 広島 1. 293 130 556 467 90 137 20 0 42 113 15 0 6 81 2 71. 396. 606 1980 34 広島 1. 336 130 539 440 91 148 28 3 44 112 14 0 7 87 5 52. 445. 714 1981 35 広島 2. 330 130 553 473 102 156 21 0 43 103 5 0 4 73 3 56. 420. 647 1982 36 広島 4. 306 130 544 448 84 137 21 0 30 90 8 0 7 87 2 56. 415. 554 1983 37 広島 2. 316 129 558 462 86 146 19 2 36 101 5 0 8 85 3 62. 419. 600 1984 38 広島 1. 293 123 508 437 64 128 15 0 33 94 5 0 5 64 2 59. 382. 554 1985 39 広島 2. 288 113 460 382 57 110 15 1 24 79 2 0 6 71 1 55. 396. 521 1986 40 広島 1. 276 126 501 439 48 121 13 0 27 78 4 0 4 58 0 69. 357. 490 通算成績. 290 2284 9409 8052 1364 2339 372 21 536 1475 231 48 79 1168 62 1123. 381. 542.

次の

“ミスター赤ヘル”山本浩二氏の気になる病状… 4月に解説以降3カ月姿見せず

山本 浩二

田淵氏の法大時代の同期で「三羽ガラス」として活躍し、北京五輪でともに星野監督をサポートした山本浩二氏(73)も、殿堂入りを喜んだ。 山本氏が田淵氏と出会ったのは1964年、東京五輪が終わった直後の12月、兵庫県洲本市で行われた法大のセレクションだった。 そこからチームメートとなって56年。 東京五輪イヤーに田淵氏は殿堂入り。 「ブチ、野球殿堂入りおめでとう。 もっと早く入っても良かったと率直に思う。 間違いなく天国の仙(星野仙一氏)も喜んでいるだろう。 長い付き合いになった」と自分のことのように喜び、祝福した。 法大で富田勝氏とともに「法大三羽ガラス」として、しのぎを削ったが、入学当初は違った。 「春のリーグ戦が始まると神宮球場で切符切りしていた私たちを尻目にブチは1年春からベンチ入り。 そんな姿はうらやましかったし、ブチへのライバル心は私の支えになった」と振り返る。 投手として、65年6月4日に行われた新人戦の慶大戦(東大球場)で投手を務めた山本氏は人生で1試合だけ、田淵氏とバッテリーを組んだ。 「なぜか真っすぐしか要求してこない。 打たれて投手を諦めさせたかったらしい」。 2年から山本氏は野手に転向。 プロでは「ミスター赤ヘル」として通算536本塁打を放った。 「2008年の北京五輪で星野仙一監督の下、ブチと私でコーチを務めたことは一生の宝物」と話す。 悲願の金メダルには届かず4位に終わったが、東京六大学時代からの盟友と同じユニホームで日の丸をつけた戦いの記憶は鮮明に残る。 「昨年、私が体調不良の間も気に掛けて何度も電話をしてくれた。 ブチの姿を見ながら、野球界に少しでも恩返しできればと思っている」 2人の絆は昭和、平成、そして令和の時代に入っても色あせることはない。 MVPを2度、本塁打王を4度獲得するなど、強打の外野手として活躍。 通算536本塁打は歴代4位。 広島の監督を計10年務め、91年にリーグ優勝。 08年北京五輪で日本代表守備走塁コーチを務め、同年、野球殿堂入り。 13年の第3回WBCでは侍ジャパンの監督を務めた。 現日本プロ野球名球会理事長。

次の