浜寺 公園 プール。 【浜寺公園 駐車場】1日とめても安い!予約ができてオススメ

浜寺公園プール期間と営業時間、割引料金やアクセス駐車場の詳細

浜寺 公園 プール

Contents• 浜寺公園プールの期間と営業時間 浜寺公園プール、まずは基本情報から。 行ってきました体験レポートはこちら>> 浜寺公園プールは、大阪府堺市にある大阪府営プールで、浜寺公園内にあります。 いわゆる市民プール、府民プール的な位置づけです。 住所;堺市西区浜寺公園町4丁 府営プールだけあって、屋内の温水プールではありません。 屋外プールなので営業期間も夏のみです。 いつからいつまでかは例年だいたい同じ頃の設定(7月の土日と夏休み期間の毎日)ですが、微妙に違うので注意してください。 平成29年(2017年)の営業開始と終了、営業時間 平成30年・2018年の夏季営業期間はまだ発表されていません。 分かり次第アップしますね! 参考までに、去年は下記の通りだったので、だいたい7月に入った土日がプレオープン、夏休み少し前から8月末まで毎日オープンというのが通例のようです。 浜寺公園プールのプールの広さや幼児用プールの有無 浜寺公園プールにあるのは ・ 変形大プール 浜寺公園プールのメインプールと言える、噴水がある広々としたプールです。 ここの一角にジャイアントスライダーがあります。 幼稚園くらいの子はこっちの方が、親も安心して楽しめますね。 ・ 25mプール 3面 学校にあるような、25メートルの長方形プールがあります。 しっかり水泳したい場合はこちらのプールもいいですね。 ・ 50mプール 1面 50メートルプールが利用できるのは期間限定です。 平成29年(2017年)7月21日(金)から8月22日(火)の平日(お盆期間8月13日から8月16日を除く)は、浜寺水練学校の占有利用(貸切)とのこと。 でも、ここ以外のプールで十分遊べるので、特に子連れの場合は50メートルプールが使えなくても不便では無いと思います。 大人1人で3歳以下の子供を3人以上連れてはいけないということ。 ) 実は、同じ府営プールでも場所に寄って値段が違います。 例えば服部緑地は中学生の料金設定がなく4歳~中学生まで一律510円なので、子供が小さいほどお得感がありますね。 でも、久宝寺緑地プール、住之江公園プールと比較してみるとちょっと高いです。 浜寺公園プールにあるジャイアントスライダー 浜寺公園プールの大きいスライダーは有料(入場料とは別料金)で1回100円。 500円で6回分の回数券が買えます。 これは買いですね。 ジャイアントスライダー詳細や混雑状況、売店などについてはこちら>> 浜寺公園プール割引回数券と節電無料券 なんと府営プールには節電無料券とセットになったお得な回数券があって、5回分の入場料金で6回分の回数券+節電無料券1枚、つまり5回分の料金で7回入場、2回分無料のおまけ付となります。 これ、子供が多いとかなりの節約になりますね。 割引回数券の販売期間 浜寺公園プールの割引回数券の販売期間は、2017年(平成29年)6月15日(木)~7月22日(土)まで。 プール営業期間はプールの発券所でお尋ねください。 それ以前は公園管理事務所で販売されています。 割引回数券の値段 ・大人 4,650円 ・中学生 2,550円 ・小人(4歳~小学生)1,550円 いずれも6回券+節電無料券1枚、計7回分のセット料金です。 利用期限は今年の営業終了(8月31日)まで。 つまり翌年以降は使えません。 浜寺公園プールの団体割引 30名様以上の場合は団体割引が適用されます。 団体料金は大人650円、中学生360円、小人220円と、3割ほど安くなります。 さすがに親戚や友達集めても30人はなかなか難しいですが、子供会などで行く場合はかなりお得ですね。 団体割引は当日、入場券の販売窓口で申し出ることができます。 浜寺公園プール最寄りの駐車場と料金 第1駐車場~第5駐車場まであって、第1は臨時駐車場となっていますがプール期間は営業しています。 プールに一番近いのは第1駐車場(浜寺大橋東詰交差点付近)または第2駐車場(阪堺電車浜寺駅前駅の道路を挟んだ公園側)です。 最初の1時間は420円、以降1時間ごとに520円、620円、、、と100円ずつ増えて、4時間を超えると830円、5時間を超えると930円、6時間以降24時間は1,030円となります。 自動二輪車(バイク)の駐車スペースもあって、こちらは無料です。 浜寺公園プール電車でのアクセス 電車で行ってもアクセス良いです。 最寄り駅は 南海本線浜寺公園駅 徒歩10分 阪堺電車上町線 浜寺駅前駅 徒歩8分 どちらの駅からも歩いてすぐに公園が見える(阪堺線浜寺駅前駅に至っては、駅の目の前!)ので、公園に入ったら「プール」の標識通りに右ななめ前の方向に進めばすぐに分かります。 南海本線の浜寺公園駅は大阪難波から一本で便利ですが、「普通」と「準急」しか止まりません。 「区急」「空港急行」「急行」「特急」で【堺駅】で降りて普通に乗り換えると少し早くなることがありますが、いずれも南海なんば駅から20分~30分ほどです。 そして、阪堺電車は「天王寺駅前」または「恵美須町」が始点で「浜寺駅前」が最終地点。 昔ながらの路面電車ですが、天王寺前から浜寺駅前まで約50分掛かります。 実際に行ってきた体験レポートはこちら>> 浜寺公園プール期間と営業時間、割引料金やアクセス駐車場 まとめ 大阪にはスパワールドやひらパー、大阪城ウォーターパークなど、魅力的な大型プールがありますが、ちょっと豪華すぎるんですよね。 値段もそこそこ高いですし、子供だけでなく大人もデートなんかで来るので。 でも、浜寺公園プールのような府営プールは、ほのぼのしていて私は好きです。 お財布にも優しいですしね。

次の

浜寺ジャンボプール 閉鎖

浜寺 公園 プール

公園の松の木が見えるほど隣接しているのでかなり人気です。 2019年5月に行ったら 料金が大幅に値下げされていました。 曲がって すぐ左手に「浜寺公園前駐車場」右手に「三井のリパーク」、一番公園に近い「浜寺公園前第4駐車場」が左手にあります。 浜寺公園前第4駐車場は南児童遊技場に一番近いので人気の駐車場です。 ボディーマッサージの『BodyCareゆうらり』さんが目印です。 NEW! ベイサイドパーク迎賓館の道を挟んだ斜めあたりにあります。 台数も39台で広々して停めやすそうでした。 こちらも2019年5月に大幅に値下げされていました。 平日も、土日祝も共に最大料金500円です。 「全日!?」と思わず何度も見直してしまいました。 駐車台数は8台なので早い者勝ち。 平日の朝でも満車のことが多いです。 場所はチンチン電車の線路沿いで、浜寺公園正面入口より少し北よりにあるので 難波方面からでないと入れません。 駐車場直前の左折の道を入って直ぐ右折なので、うっかり通り過ぎてしまわないよう注意してくださいね。 お目当ての遊び場を前もって確認し、一番近い場所に車を停めると楽ですよ! 2017年に書いた時から駐車料金が大幅に変わっているものがあります。 料金の変動や、駐車場の増減が時々あるようなので必ず事前にチェックしてくださいね。 この記事が浜寺公園へ遊びに車で来るときの参考になれば嬉しいです。 ゆうゆうでした。

次の

浜寺公園プールは持ち込み禁止?更衣室やスライダー身長制限は?

浜寺 公園 プール

Contents• 浜寺公園プール持ち込み可能? 浜寺公園プール基本情報はこちら>> 浜寺公園のプールは府営プールということもあって、飲食物の持ち込みは特に禁止されていません。 夏のピクニックといった雰囲気で、お弁当やお菓子持ち込みも可能ですし、テントを持ち込んでいる家族も本当に多かったです。 私たちはテントは持ってなかったので、屋根の下のベンチ付近にレジャーシートを敷いてご飯を食べました。 敷地の隅の木陰になっているところや屋根付きのベンチは早い者勝ちなので、小さい子や赤ちゃんがいる場合はテント持参するのがいいですね。 浜寺公園プール内の売店について お昼ご飯や軽食は、そこそこ良心的な値段(高くもなく安くもなく、といった感じです。 )で売店で買うことができます。 フランクフルトやフライドポテトなどプール定番の軽食っぽいものから唐揚げや焼きそば、おにぎり、カレーなどご飯系もありました。 飲み物の自動販売機も充実していました。 あと、帰りに外に出たら、ゲートの前でかき氷屋さんがありました。 アイスクリームもありました。 帰る前に食べて帰るのもいいですね。 浮き輪やビーチボール、水中メガネなどは更衣室前付近で販売されていました。 こちらもそこまで高い設定ではなかったので、すっかり忘れてたならここで買ってもいいかな、と思いました。 空気入れは売ってたかな?無料でどこかに設置しているのかな?その辺の確認はしていませんが見当たらなかったかなぁ、、、 浜寺公園プールの更衣室とロッカー事情 浜寺公園プールの更衣室は男女に完全に分かれていて(当たり前ですね。 )、更衣室の中にはコインロッカーとシャワーがあります。 ロッカーは1つ1回100円ですが、この100円は返却されます。 スポーツジムやスーパー銭湯ではありませんし値段も値段なので、中の設備や待遇にそこまで期待できませんんが、特に問題なく着替えることができました。 男女の更衣室は入口から別なので、お父さんとお母さん、子供たちとそれぞれ分かれる場合は荷物など前もって分けておくとスムーズに着替えられますよ。 入ってから「あ!パパの水着がこっちだ」とか「お金全部ママが持ってる」とか、ありがちですよね。 (笑) 浜寺公園プールのスライダー身長制限 浜寺公園の目玉と言えばジャイアントスライダー。 大型滑り台ですね。 身長制限や年齢制限は特に無いようで、怖い物知らずの小学3年生の子供は1人で滑っていました。 3歳の下の子は親同伴で滑ることができました。 身長制限や年齢制限が無いとはいえ、着地点のプールは大人の腰くらいの水位はあるので3歳児1人では危険です。 それに、あまりに小さい赤ちゃん(1歳半くらいまで=私見です)は親が抱っこしても無理だと思います。 まぁ、乳児をわざわざ乗せようとは思わないでしょうけど(笑) うちの子でも3歳とはいえ抱っこの手が離れたらどうしようとドキドキしましたし、最後にドボンとプールに落ちるとき、確実に子供も水に沈むんです。 なので、ドボンと落ちる瞬間に子供を高く抱っこして、なるべく水に沈まないようにしました。 (子供本人はどちらにせよめっちゃ楽しそうでしたけどね。 ) 不安な場合は、まずは降りてきたところの深さや、他の子たちが滑ってくるのを見て確認してからの方がいいでしょう。 アームリング(腕の浮き輪)やライフジャケット型の胴衣など着けておくと安心です。 浜寺公園プールのスライダーの料金と混雑状況 プール内のジャイアントスライダーは別料金なんですが、1回100円と良心的。 しかも、500円で6回分の回数券が買えます。 回数券は誰が使ってもいいので、家族や兄弟で使うなら回数券の方が断然お得ですね。 メインのプールの人はこれくらいまばら。 混雑してるとは言えませんね。 夏休みの平日だったからか、ほとんど並ぶことなく(最大で5分くらい待ったくらい)滑ることができました。 うちは3歳の子の分も1回分払っていたのですが、今思えば幼児など小さい子は無料だったのかも知れません。 どなたか行かれた方は確認してみてください。 浜寺公園プールのルールと必需品 浜寺公園プールは1時間に1回ラジオ体操の時間があって、強制的に全員プールから出ないといけないんです。 これは良いな、と思いました。 子供って親が言っても休憩したがらないですし、ついつい時間を忘れて遊び過ぎてしまいます。 ラジオ体操は強制ではありませんが、水から上がって休憩したり水分補給する良い機会となります。 水遊びは、身体が疲れてくると思わぬ事故を引き起こしかねません。 それに、屋外の炎天下なので熱中症にも気を付けなければなりません。 体が水に入っていても注意が必要ですよ。 晴れの日は必ず、曇りでもできるだけ帽子を被っておくことをおススメします。 >> 浜寺公園プールは持ち込み、更衣室やスライダー身長制限 まとめ 中に入って思ったのは、「あー、、、子供の頃に来た懐かしい感じ」でした。 私たち、電車で1時間掛けて行ったのですが、そこまでして来る感じの娯楽施設では無いな、と一瞬思いました。 やはり、最近は大型アミューズメント施設が多いですからね。 でも、子供たちはお構いなしで楽しめました。 なんといっても夏休みなのに(平日でしたが)そんなに混雑してなかったこと。 やはり子連れはこういう場所の方が気が楽ですね。

次の