マツコ デラックス nhk。 マツコ・デラックスが有権者を侮辱した証拠音声

立花孝志がマツコデラックスを批判する理由

マツコ デラックス nhk

番組内容 マツコ・デラックスと有働由美子の強力タッグと、NHKが独自に開発した人工知能 「AIひろし」がぶつかり合い、日本が直面する課題の解決策を探るシリーズ、「AIに聞いてみた」。 第4回のテーマは「超未婚社会」。 恋も結婚も個人の自由・・・ですが、日本の大きな課題「少子化」に直結する問題でもあります。 いま日本の婚姻率は過去最低を記録。 少子化の原因の9割が婚姻率の低下にあるという研究も発表されています。 しかし、どうしてこれだけ未婚社会になったのかは、実は研究者も全貌がつかめていない大きな謎。 これまでは男性の収入の不安定化や女性の社会進出、保育所問題などが原因とされることが多かったのですが、AIはいままでの常識とは異なる意外な要素を導き出してきました。 それは「健康と結婚の関係」、「家電量販店と交際相手」・・・などなど、一見全く関係のないと思われるものたちの「つながり」。 こうした意外なAIの解析結果をもとに、独身のマツコと有働が結婚について大激論。 専門家たちと平成最大の難問の解決策を探ります。 シリーズ第1回で、マツコ・デラックスによって、「AIひろし」と名付けられました。 10年以上にわたって集められた、65歳以上のべ41万人の生活習慣や行動に関するアンケート。 人類の英知が詰まった約5000万本の学術論文や、四半世紀にわたるニュース原稿約250万本。 国のあらゆる統計データから、研究機関や民間会社が集めた数十万人の個人パネルデータに至るまで、日々、膨大な情報を学習し続けています。 既存のAIでは個別の社会課題に合致したものがないことや、提供を受けたデータの中には機密保持などのため外部企業に渡せないケースがあることなどから、NHKが自ら開発しました。 このAIの開発に使用しているのは単一の技術ではありません。 学習データの量や目的によって、精度を追求した"ディープラーニング"から、読み解きがしやすいSVMや決定木などの"機械学習"まで・・・それらをいくつも組み合わせ、"社会の構造パターン"を見つけ出し、課題を発見しつつ解決の糸口を探ります。 AIは、私たち人間が常識だと思っている既知の事実を速やかに導き出すだけでなく、これまで誰も言及したことのない"意外な関係"を提示してくることもあります。 AIが因果関係を導くことはできません。 そのため、番組ではAIと人間の"協働スタイル"をとっています。 AIが導き出した手がかりに耳を傾け、実際に現場を取材し、専門家の解釈を聞き、議論しながら社会課題解決の道を探っていきます。 提言は、そのすべてを勘案して番組が提示したものです。 結婚・出会いネットワーク 結婚や恋愛は、個人が心の奥に秘める感情だけでなく、その人を取り巻く社会や生活環境とも深く関係すると考えられ、研究者にとっても謎だらけです。 しかし、それだけ複雑なテーマであるからこそ、身近な行動にも意外なヒントが隠されているのではないか。 そう考えた私たちは、日本人・約20万人の消費生活や行動を4000以上の質問によって聞いた膨大な調査データを用意。 データのクレンジングなどの前処理を行った後、クラスタリングによって要素を絞り込み、ランダムフォレストなど複数の機械学習の手法を使って探索しました。 結婚ネットワークは、調査時点で交際相手がいる人を対象とし、重要な関係がある項目同士を線で結んで構築したものです。 赤は調査の1年後に結婚した人が多い項目、青は破局した人が多い項目、白はどちらでもない項目を表します。 出会いネットワークは、交際相手がいない人を対象に同様の解析をしたものです。 ピンクは交際相手ができた人が多い項目、水色は交際相手ができなかった人が多い項目を表します。 ネットワーク図は、複雑なつながりの一端を視聴者の方にわかりやすく伝えるよう可視化しています。 なお探索的手法であるため、因果の方向などを証明するものではありません。 婚活支援パート 交際が成立する人と不成立する人の違いは何なのか。 約200問に回答した4万人のお見合いデータを学習。 データのクレンジングなどの前処理を行った後、クラスタリングによって要素を絞り込み、エラスティックネットや勾配ブースティングなど複数の機械学習を組み合わせて、各要素と交際成功への影響度を導き出しています。 今回AIが新たに学習したデータ 「三菱総合研究所 生活者市場予測システム」 「愛媛県 婚活支援に係るビッグデータ」.

次の

マツコ、“NHKから国民を守る党”にコメント「この目的のためだけに税金払われたら、受信料もそうだけどそっちのほうが迷惑」

マツコ デラックス nhk

人気タレントのマツコ・デラックスさん(本名=松井貴博 46歳)が7月29日放送の情報ワイドショー番組『5時に夢中!』(TOKYO MX 平日17時)で、『NHKから国民を守る党』(略称:N国党)を痛烈批判したことで立花孝志代表(たちばな・たかし 51歳)がブチギレ激怒しており、12日には立花代表が直接対決するためにテレビ局へ乗り込むなど、大きな騒動に発展しています。 7月の参議院議員選挙で『NHKから国民を守る党』の立花孝志代表は比例区で初当選を果たし、同時に同党が政党要件を満たす票数も獲得したことで大きな注目を集めたのですが、マツコ・デラックスさんは選挙後に放送された『5時に夢中!』で、『NHKから国民を守る党』の印象を聞かれると、 「この人たちが本当にこれだけの目的のために国政に出られたら、これで税金払われたら、受信料もそうだけど、そっちのほうが迷惑だし、一体これから何をしてくれるか判断しないと、今のままじゃね、ただ気持ち悪い人たちだから。 」とコメントしました。 また、『NHKから国民を守る党』が合計98万7885票を獲得した要因については、 「さあ…なんだろう。 冷やかしじゃない?もちろん受信料払うことに対して疑問を持っている、真剣にそう思ってる人もいるだろうけど、ふざけて入れている人も相当数いるんだろうなと。 」と憶測していました。 さらに、 「逆に言うと、(政見放送で)真面目にNHKの受信料問題について語ったとして、そしたらここまで話題になったかとなると難しいから。 あの気持ち悪い政見放送で効果が出たという意味もある。 ちょっと宗教的な感じもあると思うんだよね。 NHKぶっ壊す票みたいな。 (立花代表のモノマネをしながら)ちょっと気持ち悪い。 この人も気持ち悪いんだけど、女性がやる、何人かすごい人もいた。 結局こうやって、楽しんで見ちゃってる側面もある。 騒いじゃってる時点で彼らの思うつぼなのでは。 」などと持論を展開していました。 これらの発言に対して立花孝志代表は、自身のYouTubeチャンネルなどで怒りをあらわにした動画を複数投稿し、マツコ・デラックスさんについては 「テレビ局の犬、ワンワン鳴いてみろ」などと痛烈批判し、『NHKから国民を守る党』に投票した有権者たちを侮辱したことはどうにも許し難いとして、直接対談を呼びかけるなどしていました。 そして、12日にマツコ・デラックスさんが月曜コメンテーターを務める『5時に夢中!』に生出演するため、TOKYO MXに突撃し生中継することを予告しており、実際に局へと向かったのですが直接対決は実現しませんでした。 僕が反論したら、何一つ反論できない」などと訴え、『5時に夢中!』の終了後には内部の確かな筋から入った情報として、 「(マツコ・デラックスさんは)パニックになっているらしいです。 番組を降りるそうです。 降りるということは、間違いを認めたということでしょ」などと報告しました。 その上で、もしこのまま番組を降板せず番組出演を継続するならば、 「とことん、やりましょう。 本人パニックのようなので、僕は弱っている人をイジるのは嫌なので。 もうマツコさんがパニックで番組辞めたいと言っているので、帰ろうと思っている」とし、その場を後にしました。 このバトルに対してネット上では、• 本当にマツコがヒヨったんだとしたら、今後人を批判するのは辞めた方がいいね• マツコは逃げちゃいけないと思う。 影響力のあるタレントが1人の議員に向かい、一度「気持ち悪い」と発信したのだから、そのカタはつけなければ。 マツコも相手を批判した以上は自分も批判される事は覚悟しなければ。 どちらが良いも悪いも関係無く、立花さんが、一方的な発言に苛立つ気持ちは分かる。 立花さんのやり方の是非はともかくこの行動力は純粋に凄みを感じる。 こうなるとマツコみたいなタイプは弱いのかな。 今まで好感度もあって聖域化されたから、何言っても批判に晒されることはなかった。 まあ、馴れてないことやられるとパニックになるけど、これからはコメントの切れ味も鈍るだろうね。 立花個人を批判するならば、そこまでマツコも批判されなかっただろうけど、マツコが言ったのは票を入れた人達を「気持ち悪い」って言っちゃったのはマズいよな。 人それぞれ思想あるから、批判することもいいけど、公共の電波を使って「気持ち悪い」はマツコも言葉選び失敗したね• パニックが治ったらちゃんと立花さんと話した方がいい。 できないなら今後一切テレビ出ない方がいい。 コメンテーターってそういう覚悟がなきゃダメだと思う。 今回それがハッキリ出た。 マツコは今後増えていくであろう他のコメンテーターへの見せしめだったんじゃないかな。 立花氏も批判全てに反論出来るほど余裕も無いだろうから戦略的には効果的だと思う。 ただしやり過ぎて目的遂行の前に失脚しないよう気をつけて欲しい。 などのコメントが寄せられています。 12日放送の『5時に夢中!』に生出演したマツコ・デラックスさんはいつもと変わらない様子だったので、果たして本当にパニック状態になっていたのか、番組降板を申し出たのか否かは定かではありませんが、立花孝志代表はマツコさんと徹底的に闘う姿勢を見せているので、まさかここまでの反応があるとは思わず、困惑しているのは事実かもしれませんね。 元NHK職員の立花孝志代表は「NHKをぶっ壊す!」をスローガンに、NHKのスクランブル化(受信料を支払っている契約者以外は視聴不可とする限定受信)の実現だけを目標として政治家に転身し、相当な覚悟を持ってNHKなどと戦い続けており、こうした活動を支持する方が今回の参院選で約98万人いることが明らかになりました。 しかし、マツコ・デラックスさんは『NHKから国民を守る党』の立花孝志代表らについて「気持ち悪い人たち」「ちょっと宗教的な感じ」などと切り捨て、冷やかし半分でふざけて投票した人も相当数いるのではないかという発言もしていたので、立花孝志代表が怒りをあらわにするのも理解できますし、テレビで発言しトラブルになったからには、何かしらのアクションを起こすべきかと思います。 その一方で立花孝志代表の発言にも危うさを感じ、YouTubeへ投稿した動画などで暴言を連発していることから、ネット上ではどっちもどっちという声なども上がっており、今後さらに大きな騒動に発展した場合に、立花代表をはじめ党のイメージが悪化する恐れもあることから、立花代表には冷静な対応を見せてほしいとも思いますね。

次の

NHKを国民から守るとうの立花がマツコ・デラックスのテレビでの発言...

マツコ デラックス nhk

より 参議院議員の立花孝志氏が代表を務める「NHKから国民を守る党」(以下、N国党)の話題が尽きない。 タレントのマツコ・デラックスが発したコメントに立花代表が激怒しており、新たな火種となっているのだ。 事の発端となったのは、7月29日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)。 ちょっと気持ち悪いし、この人(立花氏)も気持ち悪い」と切り捨てた。 マツコの発言を受け、立花氏は東京スポーツの取材に応じて、怒りをあらわにした。 「立花やウチの党をバカにするのはいいけど、党に投票してくれた有権者をバカにしないでもらいたい」と不快感を示した。 また8月5日には自身のYouTube公式チャンネルに投稿した動画で、「スタジオに(自分を)呼んだら? こんな一方的に悪口言うんだったら。 マツコと立花代表のバトル勃発に、ネット上では「国民から選ばれた人を気持ち悪い呼ばわりするのは言いすぎ」「NHKに物申せる人が現れたのだから、N国党の動向をしっかり見るのが先決」といった声があがった。 また立花氏に対しても、「場外乱闘している時間があるなら、具体的に政策案を進めてほしい」「立花代表はエネルギーを注ぐ方向が間違っている」との批判が相次いだ。 N国党について発言している有識者は、マツコに限ったことではない。 1日放送の『AbemaPrime』(AbemaTV)に立花氏が出演した際、共演者で「2ちゃんねる」創始者の西村博之氏が立花氏の政見放送を批判した。 西村氏は「政見放送って子どもが見ていいものだし、見るべき」とした上で、NHKアナウンサーの不倫スキャンダルの話題を持ち出した立花氏について「根元の『モラルがヤベぇんじゃないの』って話をちゃんとしたほうがいい」と苦言を呈した。 また同日放送の『NewsBAR橋下』(AbemaTV)でも、橋下徹・元大阪市長とゲストの東国原英夫・元衆議院議員が言及。 東国原氏が「地方自治体をなめている」「政治哲学として僕は受けつけない」と批判する一方で、橋下氏は「今までの自民党もNHKに文句は言うけど、本気の改革ってやってないんですよ」「改革をやってくれたら僕は大賛成」とN国党に理解を示した。 (文=編集部).

次の