冷凍 ズワイガニ の 食べ 方。 冷凍ボイルズワイガニの簡単でおすすめな食べ方と解凍方法。鍋以外の簡単レシピも。

「ズワイガニ」のおいしい食べ方を研究してみた 殻むきの図解と本能に訴えかけてくるカニレシピ10通り

冷凍 ズワイガニ の 食べ 方

この記事の目次• 冷凍のカニを美味しく食べるための解凍方法 冷凍カニは、解凍が上手にできるかで、美味しさが決まります。 ここで失敗してしまうと、パサパサで旨みのないカニになってしまい、どう調理しても美味しくありません。 茹でたカニを冷凍したか、生のカニを冷凍したかで解凍方法も違ってきます。 美味しさをしっかり残したまま解凍するコツは「ゆっくり解凍する」ことです。 冷蔵庫で約1日かけて、次のように、ゆっくり解凍します。 冷凍ボイルカニの解凍方法 生冷凍ガニの美味しい食べ方 カニを美味しく食べるためには、生冷凍ガニ、茹で冷凍ガニ、それぞれの特徴を生かした調理がポイントです。 おすすめは、• お刺身• 焼きガニ• カニしゃぶ、カニ鍋 です。 ただし、 解凍が少し難しく、 色が変わりやすいというデメリットもあります。 色が黒くなっても食べられないわけではないのですが、できるだけ、食べる直前に解凍するのがコツです。 焼きカニは、家庭用のコンロのグリルやホットプレートで簡単にできます。 ホットプレートなら、3〜4分、水を少し入れ、蓋をして蒸し焼きします。 グリルなら、5〜10分焼くと、焼きガニの出来上がりです。 少し難度が高いですが、 大きな鍋があれば、家でボイルカニを作ることができますよ。 プロが茹で上げ、瞬間に冷凍しているので、 鮮度とうまみがしっかり封じ込められています。 塩味が付いているので、何もつけずにそのまま食べてもいいですし、好みでポン酢やカニ酢を受けて食べるのもいいですね。 その時は、 サッと熱を入れて、加熱しすぎないのがポイントです。 加熱しすぎると、身がボソボソ、パサパサして美味しくありません。 カニ鍋にするときには、最後のひと煮立ちの時に入れます。 焼きカニには、軽く温める程度に火を入れます。 ほぐした身を入れた卵焼き、茶わん蒸し• チャーハン、ピラフ、炊き込みご飯• グラタン、ドリア• カニクリームコロッケ• サラダに入れる• パスタ• カニ雑炊• カニのバター焼き などです。 カニの甲羅からも出汁が出るので、料理に上手に使ってくださいね。 おすすめのカニ通販サイト 最近はカニを通販で購入することが当たり前になってきました。 少し前だと、通販はイマイチ信用できない、という声も聞かれましたが、洋服、サプリ、健康器具、おせちなども通販サイトの利用がどんどん増えてます。 カニの場合は、中間マージンをカットしているので値段が安い上に、産地直送など販売者との距離が近いので新鮮ですから、一度利用した方は毎回リピートしたくなるのも分かります。 それに、ギフトでも安心して送ることができますしね。 そこで人気のカニ通販サイトを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 ただ、毛ガニは殻をむくのが面倒・・・というのも事実です。 しかし、このお店では殻を全てむいた状態で、あとは「食べるだけ」の状態で届くので自宅用としてもギフト用としても人気なんです。 お歳暮やお正月の準備にもとても便利ですね。 2つ以上買うと送料も無料になります。 このサイトで最も人気なのは「生冷凍ズワイガニ脚のむき身」です。 やっぱり美味しいカニを手間を書けずに食べられるのがうれしいですよね。 カニだけでなく、北海道産のいくら、鮭、うになどの海の幸も選べます。 詳しくは下記の画像をクリックして、新鮮なカニの写真や、プリプリのいくらを確認してくださいね。 まとめ せっかく、手に入れたカニも、冷凍や調理法を間違ってしまうと、十分に美味しく味わうことができません。 まずは、解凍方法をしっかり覚えて、美味しさが逃げないように解凍してくださいね。 カニを使った料理のバリエーションは豊富です。 そのままシンプルに味わった後は、 卵焼きにしたり、チャーハンにしたり、洋風のグラタンなども美味しいです。 色んな方法で、カニを楽しんでくださいね。

次の

冷凍ボイルガニの温め方と美味しく食べるコツって何?

冷凍 ズワイガニ の 食べ 方

このページの目次 CLOSE• 冷凍ボイルズワイガニに適したおすすめの料理とは? おすすめの料理を紹介するにあたり、基礎知識として、一度ボイルされた冷凍の蟹とボイルされてない生冷凍の蟹の違いを把握する必要があります。 どうゆう蟹を購入し、おいしく食べるにはどうしたららいいのかお悩みの方へ ボイル or 生か、それが問題だ! 美味しく食べるコツのポイントはまずこれから購入する蟹が ボイルか生かをまず選ぶです。 カニ通販で、蟹を購入するとき、生きた動きのある蟹を購入する場足以外は、 ほとんど冷凍した蟹が宅急便などで送られてきます。 でも、業者さんが冷凍する前に 生のまま冷凍された( 冷凍生ズワイガニ)か 一度ボイル(ゆでる)したうえで冷凍( 冷凍ボイルズワイガニ)されたかで、 それぞれ適した料理法をえらばないと せっかくのズワイガニをおいしいく食べ方ることができません。 たとえば、 カニ鍋や かにしゃぶにする場合、ふつうは 冷凍生ズワイガニを選びます。 なぜなら、 ボイル冷凍ズワイガニだと、 すでにゆでてあるので、 ゆで過ぎてしまい、ドリップが出て身が固くなり、 せっかくのおいしいカニが台無しになってしまうからです。 冷凍ボイルズワイガニのおすすめの食べ方は 解凍直後、 殻をそのままむいいて食べるのが美味しい食べ方です。 むき身 カニ脚 カニ姿 などを 解凍後そのまま殻を剥いで食べるのです。 特に 丸ごと姿のズワイガニを取り寄せるときは、ボイル冷凍タイプがいいでしょう。 ボイル姿などはそのまま、プロがゆでたあとなのでほとんど、失敗はありません。 なぜならは「活カニ」や冷凍生姿を取り寄せて茹でるときに、塩加減と茹で時間が素人では、うまくいかない場合があるからです。 塩加減・茹で加減によってカニの味が変わるので、やはり経験がひつようです。 カニは茹でるのがむずかしいが、「さばく」のはそれほど難しくありません。 カニの脚の関節のところをキッチンばさみで切り離すのはたやすい です。 ボイルガニは、あとの調理が必要ないのでそのまま食べられます 解凍したのち 甲羅と足をばらばらにし、カニ脚、むき身、カニみそとそれぞれ おいしくいただけるのでおすすめです。 もし、冷凍ボイルズワイガニをすでに購入したあと、 カニ鍋などをする 場合は、他の具材が煮えたあと 軽くゆでる感じで、ゆですぎにはぐれぐれも気を付けてくださいね。 参考に以下に冷凍ボイルズワイガニと冷凍生ズワイガニのそれぞれに適した料理をまとめました。 冷凍生ズワイガニ 冷凍ボイルズワイガニ かに鍋(むき身カット、殻つき生ずわい)、 かにしゃぶ(脚肉むき身)、 焼きガニ(殻つき)、 刺身(刺身用本ずわい) ボイル 姿とカニみそ、 カニ脚(ボイル本ずわい肩脚)、 半むき身(ボイ本ずわい半むき身) 冷凍ボイルズワイガニを選ぶメリットとは? 冷凍ボイルガニは水揚げ後、すぐに船上で茹でた、 「船凍品」という急速凍結したカニと 「浜茹で」と言われる、港で水揚げ後、港近くの工場で茹でることで急速冷凍したカニがあります。 どちらも、 プロが「極上の茹であがり」というなのとうり 、 鮮度のいいカニの風味と旨味を冷凍で閉じ込めています。 ですから、 解凍の方法は重要です。 うまく解凍すれば「茹でたて」の味が再現できますよ。 「ボイル冷凍カニ」を使ったカニ料理は、すでにゆでたあとなので、 調理の時間が短くなります。 ズワイガニボイル冷凍なら、カニ脚のみならず姿ガニも楽しめます。 「ボイル冷凍カニ」を使った「かに鍋」「焼きガニ」は、加熱しすぎに注意しましょう。 鍋に入れる場合はさいごににひと煮立ちするころに カニを入れる程度がちょうどいいです。 焼きガニにの場合は軽く温める程度で十分です。 どちらも加熱しすぎると、身がボソボソになって旨味がなくなりますので注意しましょう。 ボイル冷凍カニ おすすめの食べ方はそのまま殻を剥いて食べるです 解凍後、そのまま殻を剥いて食べるのが一番美味しい食べ方やはり1番のおすすめです! ボイル冷凍カニを使ったカニ料理は、調理の時間が短縮できるというメリットもあります なんどもいいますが、 「ボイル冷凍カニ」を使った「かに鍋」「焼きガニ」は、加熱しすぎに注意してくださいね。 鍋に入れる場合・・・最後にひと煮立ちするころに入れる程度で十分。 焼きガニにする場合・・・軽く温める程度がおすすめです。 いずれも加熱しすぎると、身がボソボソになって美味しくありません。 ボイルして茹でてあるカニが冷凍されている理由とは? カニ鍋やカニしゃぶ意外であれば、 ボイルしたカニか冷凍されたカニを使うのが良いでしょう。 ボイルした茹でカニはプロが茹で上げたということです。 茹で上げた瞬間に冷凍する理由は 鮮度とうまみを保持し封じ込めることができる。 そのため解凍後も 美味しく味わって食べられるという のがあります。 生きた状態のカニを自宅で茹で上げるのは、誰でもできますが、 美味しく茹で上げるのは難易度は高いです。 ボイルしたカニなら現地で茹で上げたカニを求める方がいいでしょう。 生きていないカニを茹で上げるよりはるかに美味しく食べられます。 ボイルガニと生冷凍の蟹の違いは? 同じ冷凍ガニと言っても、 ボイルがにと生冷凍ガニの違いを押さえた上で解凍や料理をするのが大切です。 まずそれぞれの違いについてですが、その名の通り、「 ボイルがに」は一度ボイルされたもので 、 「生冷凍ガニ」は生をそのまま冷凍したものとなります。 さらに特徴をおおざっぱにまとめると ・ ボイル蟹は調理済みなのでそのまま食べる事が出来る ・ ボイル蟹は塩味がついている ・ 生冷凍は蟹の甘みが分かりやすい ・ 生冷凍は解凍後、黒く変色しやすい あなたは、ボイル派?生冷凍派? 「ボイルガニ」「生冷凍ガニ」 、どっちが良いということはなく、それぞれメリット、ディメリットがあります。 生冷凍のガニは新鮮さはありますし、カニの甘みがすばらしいですが、解凍するのが少し難しく 、解凍時間を早くし過ぎると黒くなってしまいますし、味も落ちやすいのです。 その点 「ボイルガニ」は少し早めに解凍してもあまり味が落ちない。 最初から塩味がついているので、そのまま食べてもしっかりとした味があじわえます。 ただ、カニの風味としては、「生冷凍ガニ」の方が強い感じです。 「ボイルガニ」の、味が「生冷凍ガニ」にくらべ劣っているわけではありません。 どちらかというと「生冷凍のガニ」の方が繊細なので扱いにくいかもしれません。 細かいあじにこだわる人以外は やはり「ボイルガニ」がおすすめです。 以上が 生冷凍の蟹とボイル蟹を比べてみた違いでした。 しかし気軽に考えて適当にやってしまうと味もかなり落ちてしまうので、しっかりと注意して解凍するようにしてください。 ゆでてあるカニですが、 鮮度のいいうちに茹であげて即急速冷凍されてます。 冷蔵庫内でゆっくり解凍すると、茹であげに近い美味しさに戻ります。 ですから、決して、ゆでる、蒸す、高出力電子レンジで加熱しないで下さい。 1.ズワイガニの表面に薄氷がついている時は、水道流水で手早く薄氷を取ります。 水分をキッチンペーパーなどで拭き取る。 深めの器、ボウルに並べて上からラップをかけて冷蔵庫内で自然解凍を始める。 1日程度で器に「解凍された水分がたまる」ので、冷蔵庫から適時出して水分を捨てる。 カニ身の「乾燥防止」のためにキッチンペーパーを塩水(3%程度)で湿らせて、カニの上からラップするとよい。 2.自然解凍の時間の目安は、分量・大きさにもよるが、カニ肩脚などは冷蔵庫内で一日半ほどです。 ズワイガニ[姿]は冷蔵庫内で1. 5から2日ほどです。 とくにズワイガニ[姿]時間をかけた方が「かにみそ」の味が落ち着いておいしいです。 3.肩脚・姿ともに『冷蔵庫で自然解凍』がおいしく食べるのがポイントです。 ただし、ズワイガニ姿を二日間冷蔵庫で自然解凍すれば、完全解凍にはなるが、 カニ身自体を乾燥させなければ、おいしさには問題はありません。 姿カニの場合はカニみそが流れでるのを防ぐために、「甲羅を下」にしてめ解凍する ボイルガニはは解凍しすぎて、かに身を乾燥させない事と 、急いで解凍すると、 水分が多く出て、旨みも一緒に出やすいので注意することがポイントです。 急いで解凍したい人のための解凍方法とは? どうしても自然解凍する時間がないなど「今すぐ」という方のためにおすすめなのが ビニール袋などにいれて、ボウルに水をはって、水をかけるいわゆる「流水解凍」です。 水をかけながら約20〜30分ほどで、中側が半解凍の状態まで解凍できるので、食卓に並べてるうちに、ちょうどいい感じで解凍されます。 凍ったまま足をもぎ取り、足だけちょっとゆるむ程度に電子レンジで加熱し(20秒ほど 、殻をむいてお皿などに載せて冷蔵庫に入れて置かれると、足は1時間ほどで解凍することができます。 足をとった後の甲羅も、30秒ほど電子レンジで加熱し、甲羅を取り、身や味噌のあるほうをお皿に載せて、もう30秒ほど加熱してから、冷蔵庫に1〜2時間置くと、ほどよく召し上がれます。 抱き身などかたまり部分には、ちょっとシャリッとした感じが残りますが、殻をむいて召し上がっているうちに溶けてしまいます。 解凍の際の注意点 解凍の際は、、ゆでる、蒸すや高出力電子レンジで加熱しないことです。 自然解凍をこころがけてください。 一番の旨み ドリップ が流れ出してしまい、身はゴムのように堅くパサついてしまいます。 できるだけ、完全に解凍なさってから頂くようにするのがおいしい調理の仕方です。 「冷凍ものは美味しくない」といういう方は、解凍の際にドリップが流れてしまっている場合が多いようですから注意しましょう。 ボイル冷凍カニ おすすめのカニ通販.

次の

生ズワイガニの冷凍の食べ方おすすめは?ズワイガニの旬の時期はいつ?

冷凍 ズワイガニ の 食べ 方

冷凍のボイルガニというと、 船や港で絶妙な温度と時間で茹でてくれたカニを意味します。 そんなボイル冷凍のカニの場合には どんな食べ方が一番最適なのでしょうか。 やはり一番おすすめなのはせっかくプロが最適な茹で方を してくれたカニだからこそ、解凍をしてそのまま食べるのが人気です。 一般的に冷たい状態のカニの方が旨味を強く感じることが できて美味しいと言われていますので解凍後すぐに鮮度が落ちないように 食べるのが美味しく食べる方法のひとつです。 その一方で、カニは食べ過ぎることで 身体の体温を下げる食べ物と言われているため、 温かい状態で食べたいという人もいます。 ボイルのカニはすでにプロの手によって絶妙なボイルがされています。 このカニを再度茹でてしまうと、カニの旨味などが飛んでいきます。 どうしても茹でたいという場合には、塩分濃度を3~5パーセント程度の 塩水で茹でることである程度旨味を逃がさずに茹でることができます。 次にレンジを使って温めるという方法もダメです。 レンジには解凍するモードがあったりするレンジも存在します。 そういったモードであってもカニの旨味を逃がさずに 身の食感をまもって温めることはできません。 急いでいてもレンジはやめておきましょう。 また、冷凍ボイルガニの場合は、すでに1度ボイルをしているので、 カニ鍋やかにしゃぶを行う場合でも、加熱はやりすぎてしまうと 身が固くなってパサパサになってしまいます。 美味しく食べるなら、沸騰している鍋に カニを軽くつけて温めるぐらいで大丈夫です。 冷凍ボイルガニを温めて食べたいと思った時の温め方は? 温めて食べる時には蒸して食べるという方法があります。 蒸して食べることでボイルされたての時の美味しさを味わうこともできますよ。 冷凍ボイルガニを蒸す時には、まずはジップロックなどの チャック付きの袋にカニの脚などを入れて流水解凍を行います。 15分程度ボウルの氷水につけながら、 上からも水をかけていけばある程度解凍できてきます。 その後、蒸し器に入れて約10分~15分蒸すのがおすすめです。 お椀にも水をはってそのお椀の上にお皿を置きます。 お皿の上にカニを置いて鍋のふたをして簡易蒸し器の完成です。 冷凍ボイルガニであれば、おすすめは焼きガニ! 焼きガニは半分は殻を残しておいて網焼きなどで 殻がしたになるようにして焼くのがおすすめです。 七輪や魚焼きのグリルでも問題はありません。 グリルを使う時にはカニを焼き始める前に 先に3分ほどグリルの中を温めておきましょう。 その方がカニにしっかりと熱がとおります。 トースターでアルミホイルを敷いてその上にカニを おいて焼きガニに調理する事もできますが美味しいです。 焼きガニはカニの旨味も焼いているときに殻のところで残るので、 加熱しすぎないのであればあまり旨味は落とさずにカニ本来の味を楽しんで食べることができます。 あくまで加熱をしすぎてしまうとボイルをすでににしているカニは焼きガニでも 旨味が逃げていったり、身も固くなってくるので注意しましょう。 まとめ: 冷凍ボイルガニは解凍してからそのまま食べるのがおすすめですが、 温めたい人にはかに鍋や焼きガニ、蒸して食べるのが人気です。

次の