退職 届 書き方 手書き。 退職届の手書きの書き方は縦書き、横書きどっち!?テンプレ有り。折り方や封筒を閉じるのときのマナー知ってる?|kirrinのネタ帳

退職願・退職届の書き方、渡し方、封筒への入れ方(すぐ使えるダウンロードテンプレート)|マイナビ転職

退職 届 書き方 手書き

求められるケースも会社によって異なることがあります。 法的には、表題や形式ではなく、実質的な意味合いが重視されます。 労働契約の合意解約を申し入れる書面か、一方的に退職を通告する書面かの違いが重要です。 この2つの性格で退職願と退職届を区別します。 退職届とは 退職願は、一般的に労働契約の解除について会社側の合意を求めるための書類です。 退職願とは、退職(労働契約の解除)を会社に願い出るための書類と考えればよいでしょう。 退職届とは 退職届は退職を届け出る書類です。 退職願と違い、退職届には退職日を明記します。 そのため、受理されたあとは撤回することはできません。 受領後は退職の申し入れから一定の日数を経過することで退職できます。 民法627条では、年棒制などの例を除き、期間の定めのない労働契約について、退職の申し入れから2週間を経過すれば退職できると規定されています。 つまり、一般的な正社員であれば、会社側の反応にかかわらず一部例外を除き2週間後の退職が可能ということになります。 また一方的な申し入れであっても、会社側との合意で撤回もできますが、どちらの書類であっても一度出してしまうと退職の意思ありと見なされるので注意しましょう。 退職願、退職届を出す前にやるべきこと 退職願であれ退職届であれ、所属する会社を辞める意思を伝達する書類であることに変わりありません。 人生において重大な手続きといえます。 したがって、提出前には確認すべきこと、やるべきことがあります。 就業規則を確認する 常時10人以上の従業員を雇用する会社には、労働基準法の規定による就業規則があり、。 退職に関する事項もあります。 企業の多くは、就業規則で2週間前よりも早い段階での提出を必要としています。 理由としては、会社が担当業務の後任者を探したり、引継ぎを完了したりしなければならないためです。 円満退職するために期日が設定されているのです。 万全に退社したい場合は、事前に就業規則を確認して、規定どおり1ヶ月前に提出するようにしましょう。 上司に相談する 一般的に、退職の意向は書面を提出する前に上司に相談して伝えるのがスマートといわれています。 いきなり書面を渡された上司からすれば困惑してしまいますし、引き継ぎや後任を考える時間も必要だからです。 相談する時期としては、繁忙期や上司が仕事で多忙なときは避けるべきです。 時間に余裕があるときを見計らって切り出しましょう。 辞めたい理由は個人的な都合とします。 転職先などの詳細は伏せておくのが無難です。 また、上司に相談することで慰留されたり、就業条件の交渉をもちかけたりする場合もあります。 絶対に辞めるという強い意志がある場合はお世話になった感謝の気持ちを忘れずに退職日の相談を進めましょう。 退職願のテンプレートと書き方 退職願のテンプレート 退職願の書き方 会社によっては、退職の申し入れに関する書類を統一書式として準備していることもあります。 その場合は、項目名などが印刷された専用の用紙に必要事項を記入するだけです。 指定された書式がない場合における退職願は、以下の点に注意して作成します。 ・労働契約の合意解約を願い出る書面であることを明確にする文言を使用する。 ・希望する退職日と退職願の提出日を明記する。 ・名宛人を明記する。 通常は代表取締役(社長)です。 商号も役職名も正式なものを記載します。 氏名につける敬称は殿です。 退職届のテンプレートと書き方 退職届のテンプレート 退職届の書き方 退職届も流れは退職願と同様ですが、雇用側へ退職日を届け出る文言を使用する点で異なります。 表題は退職届であり、「私事」などは不要です。 退職理由の書き方は? 一般的に、退職願や退職届に記載する退職理由は一身上の都合とすることが多いです。 その理由は、他社への転職や社内の人間関係が原因など、自己都合による退職が多いためです。 つまり、一身上の都合イコール「自己都合」との解釈が一般的です。 提出方法 封筒の種類 退職願や退職届を封入する封筒は、通常の事務で使用する茶封筒ではなく、白無地の封筒が適していると考えられています。 一般的な事務手続きよりも重要な事柄であるため、ワンランク上の上質な封筒が望ましいとされているからです。 封筒の大きさにも注意します。 一般的な書類サイズであるA4版の退職願・退職届を入れる場合は、三つ折で封入するため長形3号の封筒を使います。 B5サイズの用紙なら、長形4号です。 封筒への書き方 封筒の表面には、中央にハッキリと「退職願」または「退職届」と記載します。 裏面の左側、やや下の部分には、所属部署を右に、氏名を左やや下に書くのが一般的です。 使用する筆記用具のインクの色は黒で、あまり細いペン先でなければボールペンが無難です。 注意すべきは、封入する書類が仮に横書きであったとしても、封筒は縦書きにする点です。 封筒への入れ方 退職願・退職届は用紙を三つ折にしますが、三つ折と封入の手順は以下のとおりです。 これで三つ折の完成です。 ・封筒を裏返します。 ・三つ折にした用紙の右側を上にして封筒に入れます。 ・必ずしも封をする必要はありません。 ・封をした場合は、封入口の中央に〆の印を書くとよいです。 封筒に入れる際には、取り出した退職願や退職届がシワにならないように注意しましょう。 そのためには、三つ折にするときにずれないことが重要です。 直接渡すタイミング 上司に相談するときのタイミングと同様に、多忙なときに渡すのは控えましょう。 退職という重要な事柄については、落ち着いて確認できる余裕のあるときが望ましいです。 手渡しのタイミングに注意を払うのは、それまでお世話になった会社や上司に対する礼儀であり、円満に退職するためのマナーともいえます。 郵送する方法 退職願や退職届は手渡しが基本です。 いきなり郵送するのはマナー違反であり、会社や上司の気分を害し、円満に退職できなくなる可能性があります。 郵送がマナー違反にならないのは、以下の場合です。 ・病気などで持参することが無理な場合。 この場合は、会社側に事情を伝え了承後に送ります。 ・会社から郵送の指示があった場合。 重要書類の郵送であることから、できれば書留が望ましいです。 なお、郵送の場合は、退職届とともに添え状も送るようにしましょう。 添え状も三つ折が基本です。 まとめ 退職願と退職届は、退職についての合意を求めるものと、退職日を届け出るものという違いがあります。 そのため、書き方が重要です。 ただし、円満退職を目指し、書式などを含め、会社のルールに従って作成・提出しましょう。 仕事を円満に退職し、「これから転職活動を始める」方は、ぜひマンパワーグループの正社員の転職サイトCAREECREや派遣の求人サイトJOBNETをご活用ください。 多くの案件の中からあなたにぴったりの仕事を探せるでしょう。 正社員•

次の

転職する為に必要な退職届の書き方とマナーとは?具体的な見本も紹介

退職 届 書き方 手書き

退職願と退職届はどう違うのか 退職願と退職届の違い、また辞表との違いについてご説明します。 退職願 雇用契約の解消を願い出る「退職願」は、提出しただけでは退職の確定とはなりません。 ただし、会社が承諾しなくても、提出後 2週間が経過した時点で承諾したとみなされ、会社を辞めることができます。 退職願は会社が承諾するまで 取り下げることが可能です。 退職届 雇用契約の解約を告知する「 退職届」は、提出することで退職が確実に決定します。 法律では最低 2週間以上前に退職届を提出すれば、有効と認められます。 退職届は契約の打ち切りとなるので、会社が了承しなくても、退職が決定します。 一度提出すると特別な事情か、または会社側が撤回を認めない限り、取り下げることはできません。 「 退職願」と「 退職届」は、 提出した後に撤回できるかどうかで大きく違います。 辞表とはどう違うのか 辞表は経営に関わる役員や、会社と雇用関係にない社長や取締役などが辞意を示すときに提出するものです。 役職を辞めた後に社員として勤務する場合もあるので、会社を去るとは限りません。 また、公務員が辞職するときも辞表を提出しますが、民間の会社員の退職の際は必要ありません。 退職願・退職届を出すタイミング 退職願・退職届を提出するタイミングについてご説明します。 退職の意志表明に書類は不要 退職の意志表示は直属の上司に伝えます。 口頭で意志表示できるので、 退職願や 退職届を出す必要はありません。 退職願は撤回できるから提出しても良いのではと思われるかもしれませんが、そもそも撤回する可能性があるなら会社に書類を残さない方が良いでしょう。 また、退職することを会社側と合意する前に退職願や退職届を提出するのは、好ましくないと思われる場合があります。 退職が了承された後に提出 会社が了承し、退職に合意すれば、退職届か退職願を提出します。 就業規則や会社からの指示に従って、どちらかを提出してください。 一般的には退職願を出すことが多いです。 退職届を出すことで退職の意志が固いことを示す場合もあります。 一度やってみたかったなぁ。 退職願・退職届の作成で必要なもの 退職届や退職願の作成の際に必要なものをご説明します。 用紙 用紙サイズの指定がない場合は B5、または A4サイズにしてください。 一般的にはB5サイズが使用されます。 折りたためるコンパクトな大きさで、受け取る側はポケットに入れて持ち運べるので便利です。 用紙はコピー紙か無地の白い便せんにしてください。 便せんは罫線入りでも罫線無しでも構いませんが、シンプルな ビジネスタイプを選びましょう。 封筒 用紙サイズに合わせた封筒にします。 B5サイズの用紙には 長形4号、A4サイズの用紙には 長形3号を選んでください。 封筒も郵便番号などがついていない、 無地の白い封筒にしましょう。 茶封筒は領収書などの事務的な書類を入れるときに使用するものですから、こういった場合は使用しません。 筆記具 筆記具は青ではなく黒のボールペンか万年筆を使用します。 油性でも水性でも良いですが、消えるタイプのボールペンは後から修正される恐れがあるので使用しないでください。 退職願・退職届の作成マニュアル 退職願・退職届の書き方や注意点についてご説明します。 手書きで縦書きが好印象 退職願や退職届はパソコンを使用して作成してもマナー違反ではありませんが、 手書きが基本です。 作成に手間はかかりますが一般的に手書きと考えられており、丁寧さが伝わり誠意を示すことができます。 横書きより縦書きの方が畏まった印象を与えられるので、 縦書きで作成されることが多いです。 ネットで検索すれば、見本のテンプレートがたくさんあるので参考にしてください。 封筒の書き方 表面中央に「退職願」または「退職届」と記し、裏面に所属部署名、氏名を記します。 書き方で注意するポイント• 冒頭の「退職願」「退職届」は、縦書きの場合は便せんの中央よりやや上にします。 横書きの場合は中央で良いです。 縦書きの場合は二行目の「私事」(「私儀」とも書く)を便せんの下に書き、改行します。 横書きの場合は右端になります。 退職願は退職希望日を記し、退職届は上司と相談して決定した日付を記します。 届出日はどちらも提出する日付にします。 日付は和暦でも西暦でも良いですが、縦書きの場合は漢数字を使用します。 所属部署のみで役職名は記載しません。 氏名は所属部署の次行の下に、横書きの場合は右に記載します。 氏名の後に捺印するスペースを空けておきます。 宛先は代表者の役職・氏名にし、一般的には代表取締役で、敬称は殿を使用します。 自分の氏名よりも上に位置するように記載します。

次の

退職願・退職届の正しい書き方~退職スケジュールを把握して円満退職~| type転職エージェント

退職 届 書き方 手書き

退職届を書く前に確認! 退職の意思を固め「さぁ退職届を書くぞ!」と思っているかもしれませんが、ちょっと待ってください。 退職届を書く前に確認しておくことがあります。 それは「 会社の就業規則」です。 就業規則には退職に関する項目があり、それに従わなければなりません。 例えば就業規則では「 自己都合の退職は希望日の2ヶ月前までに申し出ること」となっていたとします。 あなたが退職したい日の1ヶ月前に申し出たとしても、受理されないこともあります。 そうすると退職交渉が難しくなりますので、会社や上司に退 職を申し出る前に 「会社の就業規則」を確認しておく必要があります。 退職届と退職願いのどちらを書けばいいの? そもそも 退職届と退職願の違いは何なのでしょう? その違いを知ると、自分はどちらを書いて提出すればいいのか理解できるでしょう。 退職届と退職願の違いを知って、 正しい方を会社や上司に提出しましょうね。 退職願とは 退職願は「 退職を会社に願い出る」ための書類です。 と願い出る書類です。 「願い出る」ので提出した後に撤回できます。 退職を願い出る際に、必ずしも退職願を提出しなければいけないわけではなく、 口頭で伝えても構いません。 退職願は、退職の意思が固いということを表すことになりますし、会社に 退職の申し入れをした根拠や証拠にもなります。 退職届とは 退職届は、 退職することが決まった後に会社に提出する書類です。 口頭で上司や会社に退職の意思を伝えたら「 退職を宣言する」書類です。 会社によっては、会社規定の退職届があったり最終的に人事部に出すために書いてほしいと言われることもあるようです。 退職願・退職届を提出するタイミング 上記で紹介したように、退職願と退職届では意味合いが違いましたよね。 それならば、それぞれを出すタイミングも異なってくるはずです。 <退職願・退職届を提出するタイミング>• 退職する意思を固める• 退職願に退職希望日を記載して作成する• 退職が認められたら正式な退職日を決める• 会社の就業規則に沿って退職届を提出• 退職 退職願や退職届の提出は、 会社の就業規則に沿って提出する方が良いです。 特に規則や規定が無いようなら、他の社員の目につかない場所で上司に渡して退職の意思を伝えるのが社会人のマナーです。 退職願・退職届の書き方 会社の就業規則・規定はチェックしましたか? 退職願と退職届の違いは分かりましたか? そして、一番大事なのが「 退職する意思」は固まったでしょうか? この3点が確認できたら、退職願・退職届を書きましょう。 準備するもの いざ 退職願・退職届を書くとなったら準備するものがありますのでご紹介します。 準備をちゃんとしておけば、スムーズに書くことができるので、チェックしながら準備をしてみてくださいね。 書き出し:「私儀 わたくしぎ 」と書く。 「私のことで御座いますが」という意味があります。 退職理由:自己都合で退職する場合「一身上の都合」と書く。 退職日:退職願には「退職希望日」を書きます。 年の表記は西暦でも元号でもどちらでも構いません。 文末:退職願は「お願い申し上げます」と願い出る文章で書く。 届出年月日:実際に退職願を提出する日を書く。 所属・氏名:正式な所属部署名とフルネームで指名を書く。 書く位置は、宛名よりも下方に書き押印する。 宛名:最高執行責任者の役職と氏名を書く。 敬称は殿か様で書く。 自分の名前よりも上方に書く。 退職届の見本 次は、退職が決まってから書く 「退職届」の見本です。 書き出し:「私儀 わたくしぎ 」と書く。 「私のことで御座いますが」という意味があります。 退職理由:自己都合で退職する場合「一身上の都合」と書く。 退職日:退職届には上司と話した後、合意した退職日を書く。 年の表記は西暦でも元号でもどちらでも構いません。 文末:退職が承諾されてから書くので「退職いたします」と宣言するように書く。 届出年月日:実際に退職願を提出する日を書く。 所属・氏名:正式な所属部署名とフルネームで指名を書く。 書く位置は、宛名よりも下方に書き押印する。 宛名:最高執行責任者の役職と氏名を書く。 敬称は殿か様で書く。 自分の名前よりも上方に書く。 退職願・退職届についての注意点 退職願や退職届に関する注意点を、よくある疑問から紹介していきます。 書き方や封入の仕方以外にも注意すべき点があるはずですので、チェックしていきましょう。 手書きで縦書きじゃないとダメ?パソコンでもOK? 退職願や退職届は 手書きで作成することが多いという現状があります。 パソコンで作成するのもダメではありませんが、 手書きの方が誠意が伝わりやすいという考え方が多いです。 文章の向きは横書きよりも、 縦書きの方が丁寧な印象を与えます。 退職を申し出る上司や会社のトップは、現代の考え方とはまた違う考えを持っている人が多いため、 昔からの慣習を重んじそれに従うような形の方が問題になりにくいと考えるべきでしょう。 上司が退職願・退職届を受け取ってくれない 直属の上司が退職の申し出を認めてくれない場合、退職願や退職届を受け取ってくれないケースがあります。 そんな時にはどのようにすればよいのでしょうか? 直属の上司のさらに上の上司に相談するようにしましょう。 「直属の上司に退職の申し出をしたけど認めてもらえない」というように相談をしましょう。 それでも退職交渉が難航するようなら、 更に上の上司や人事部に相談してみましょう。 退職交渉が上手く進まないからといって、 感情的にならず冷静に話をすることがポイントです。 さいごに 今回は退職届や退職願の書き方を見本でご紹介しましたが、いかがでしたか? 自己都合で退職する時は、なかなかスムーズに話が進まなかったり周りの目が気になってしまったりとあります。 しかし、退職する時こそしっかりと準備をしてマナーから外れることの無いようにしておきたいですね。 退職届や退職願は、退職できるか否かを左右する大切な書類でもあります。 最後までしっかりと注意しておくことが大切ですよ。 今回ご紹介した退職届の書き方以外にも、 円満に退職するために必要なことは他にもあります。 退職理由によっては円満に会社を辞めることが出来ない場合もあります。 もし、 円満に退職する理由をどうやって会社に伝えればいいか分からないという方はこちらも参考にしてみてくださいね。

次の