レンブラント 自画像。 レンブラント 有名な作品・代表作の解説

レンブラント・ファン・レインの「自画像」

レンブラント 自画像

本作はの代表的な肖像画作品と、が初期に手がけた肖像画の傑作を着想源として制作されており、17世紀の芸術理論の主流であった古典(ルネサンス)芸術の研究や挑戦を示している。 レンブラントは裕福な商人アルフォンソ・ロペスが当時所有していたとを同氏がおこなった競売の際に目撃しており、その時にの模写をおこない、本作で自身の肖像として理想的な再構築を示しているほか、レンブラントはの力強い造形と姿勢を拝借し、上流社会に認められ当時画家として最も成功していた自身を表現している。 また当時の衣装ではなく、ルネサンス時代の古典的な衣装を身に纏う姿で自画像を描いていることも特筆に値する。 なお本作は本来長方形の画面であったが、完成後、どこかの時代で上部を円形に切り取られたと推測されている。 関連: 関連: 【深い精神性を携えた画家の眼差し】 深い精神性を携えた画家の眼差し。 本作はの代表的な肖像画作品と、が初期に手がけた肖像画の傑作を着想源として制作されており、17世紀の芸術理論の主流であった古典(ルネサンス)芸術の研究や挑戦を示している。 【力強い造形と姿勢】 ルネサンス時代の古典的な衣装を身に纏った、力強い造形と姿勢。 本作でレンブラントは自身の肖像として人物の理想的な再構築を示しているほか、の力強い造形と姿勢を拝借し、上流社会に認められ当時画家として最も成功していた自身を表現している。 【レンブラントの署名と制作年号】 レンブラントの署名と制作年号。。 レンブラントは裕福な商人アルフォンソ・ロペスが当時所有していたとを同氏がおこなった競売の際に目撃しており、その時にの模写をおこなっている。 Copyright C Salvastyle.

次の

自分の才能を信じる強い気持ちが溢れる「34歳の自画像」レンブラント

レンブラント 自画像

本作はの代表的な肖像画作品と、が初期に手がけた肖像画の傑作を着想源として制作されており、17世紀の芸術理論の主流であった古典(ルネサンス)芸術の研究や挑戦を示している。 レンブラントは裕福な商人アルフォンソ・ロペスが当時所有していたとを同氏がおこなった競売の際に目撃しており、その時にの模写をおこない、本作で自身の肖像として理想的な再構築を示しているほか、レンブラントはの力強い造形と姿勢を拝借し、上流社会に認められ当時画家として最も成功していた自身を表現している。 また当時の衣装ではなく、ルネサンス時代の古典的な衣装を身に纏う姿で自画像を描いていることも特筆に値する。 なお本作は本来長方形の画面であったが、完成後、どこかの時代で上部を円形に切り取られたと推測されている。 関連: 関連: 【深い精神性を携えた画家の眼差し】 深い精神性を携えた画家の眼差し。 本作はの代表的な肖像画作品と、が初期に手がけた肖像画の傑作を着想源として制作されており、17世紀の芸術理論の主流であった古典(ルネサンス)芸術の研究や挑戦を示している。 【力強い造形と姿勢】 ルネサンス時代の古典的な衣装を身に纏った、力強い造形と姿勢。 本作でレンブラントは自身の肖像として人物の理想的な再構築を示しているほか、の力強い造形と姿勢を拝借し、上流社会に認められ当時画家として最も成功していた自身を表現している。 【レンブラントの署名と制作年号】 レンブラントの署名と制作年号。。 レンブラントは裕福な商人アルフォンソ・ロペスが当時所有していたとを同氏がおこなった競売の際に目撃しており、その時にの模写をおこなっている。 Copyright C Salvastyle.

次の

深い闇をのぞいた男。光の魔術師「レンブラント」

レンブラント 自画像

「34歳の自画像」 レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン 1640年 ナショナル・ギャラリー(ロンドン)所蔵 今現在、ナショナルギャラリー展で日本に来日しているこちらのレンブラントの自画像。 34歳の姿ですが、ずいぶんと大人びて落ち着いて見える自画像ですよね。 いつも思うのですが、昔の人の方が大人になるのが早い。 仕事についたり、結婚するのも早いから、若くして独立していることや、今よりもいろんな意味での自由はなかったはずだから生活とか仕事とかにシビアだったということもあるかもしれない。 レンブラントは自画像を多く残している画家です。 その時代の彼の姿をよく表現していて、彼の年表と照らし合わせながら並べて見てみると気づくことも多くとても興味深いです。 この34歳の自画像は、画家としても成功しノリに乗っている時のものです。 どうだ!という自信に満ち溢れているのが感じられるのです。 レンブラントは1606年7月15日にオランダのライデンに、製粉業に携わる父親とパン屋の娘であった母親との間に生まれました。 当時の中流階級の8番目の子供として成長し、7歳の時にはラテン語学校に入学したということですから、家は比較的裕福で両親も良い教育を受けさせたいという想いが強かったことがわかります。 しかしレンブラントは大学に入学するものの、途中で画家になることに転向します。 歴史画家である有名な画家に弟子入りし、その師匠から大きな影響を受けて、画家として大きく成功したいと野心を持って行動していきます。 その1つが自分をどうアピールしていくかというもの。 セルフプロデュース力です。 西洋美術の歴史上、ファーストネームのみで広く知られている美術家は、数えるほどしかいない。 そこに名を連ねるのはラファエロ(・サンツィオ)、ミケランジェロ(・ブオナローティ)、ティツィアーノ(・ヴェチェッリオ)などの、選び抜かれた者たちだけである。 どこのラファエロがあの名高き画家で、どこのミケランジェロがあの名高い彫刻家なのかを特定する名字なしでも、その名声が広まっていったことは、歴史が証明するところである。 レンブラントは画業の早い段階で、自分もまたファーストネームだけで知られる画家だと心に決め、作品には単に「レンブラント」と署名した。 その選択は、自分の能力に対する溢れんばかりの自信を示している (ロンドン・ナショナル・ギャラリー展図録より) この文章を読んだ時、ちょっと鳥肌がたちました。 確かにファーストネームだけで知られるアーティストは少ない。 たいがいはラストネーム(名字)の方で呼ばれるからですね。 レンブラントはその戦略に成功したんですよね。 しかも相当の自信がなければそんな選択はできなかったのだとも思います。 そしてサインだけでなく、ちゃんと自画像にもその名高い巨匠の作品からの影響を残しています。 「ジェローラモ(?)・バルバリゴの肖像」 ティツィアーノ・ヴェチェッリオ 1510年ごろ ナショナル・ギャラリー(ロンドン)所蔵 レンブラントの自画像より約130年くらい前の、ヴェネツィアで活躍したティツィアーノの作品。 ひと目でアイデアを得ているなーってわかりますよね。 こちらも自信たっぷり堂々とした姿。 こちらをみる目線にも力を感じます。 1631年にはライデンを出てアムステルダムに移っていたレンブラント。 アムステルダムのアート収集家がこの作品のオリジナルか模写を所有していたそうなので、レンブラントも見たであろうと言われています。 そんな声を聞くことがあります 西洋美術は聖書や神話のストーリー、歴史など知らなければ 何が描かれているのかわからないからです。 キリスト教の美術だと、 誰が描かれているのか? どんな物語のシーンが描かれているのか? 歴史画であれば、 どの時代の出来事か? 何が起こっているのか? 彫刻や建築物でも同じです。 それぞれに意味があり、 そして古代から脈々と続く 歴史の延長線上にできているのです。 私が美術史を勉強することになった きっかけはイタリア旅行でした。 美術史については初心者だった私。 でもガイドさんの解説を聴きながら 見て行くととても楽しい! ということに気づかされたのです。 その経験から、 芸術はなんとなく感覚で見るというものではなく、 込められたメッセージや 歴史的背景を知って 初めて理解したことになると思っています。 とは言ったものの、約2500年にも渡る西洋美術の歴史、 聖書や神話のストーリーや登場人物などを 全て理解する必要はありません。 まず大まかに流れをつかむと、 あなたが今まで見てきた美術品や、 どこかで聞いたストーリーと つながってくることがあると思います。 そして興味ができてきたところから 少しづつ知識を積み重ねるのがオススメです。

次の