徳井 障害。 チュートリアル徳井はADHD?症状・特徴が一致しているとの声も。(注意欠陥多動性障害)

徳井さんの発達障害(ADHD)説どう思いますか?こういう人は、...

徳井 障害

チュートリアル徳井義実・だらしない性格なだけでなくADHD? 徳井さんは、記者会見で申告漏れや所得隠しということになってしまったのかという質問をされて「どうしようもなくルーズだった」などと説明していました。 実際のところはどうなのでしょうか? 「 しっかりしている」とか「 ちゃんとしているのか?」と聞かれたら、 「 ルーズ」「 だらしない」と、今回の事を見る限りは言わざるを得ないですよね。 今回の徳井さんの印象を語られると、「脱税をしよう」「悪さをして儲けよう」という気持ちは一切感じられないという意見も多いのです。 それを受けて考えると、徳井さんが「ADHD」ではないのか?という声もあるのです。 徳井さんがADHDだからではないかというネットの声 チュートリアルの徳井、過去のTweetを見てみるとガチでADHDなのでは?と思えてくる。 — 梅ちゃん先生 meumeumeume14 未払いでガスや水道が止まった過去が掘り起こされ、徳井さんの脱税はADHDだからガチ面倒で先延ばししてただけ説が浮上。 彼の過失は変わらないけど、これは個人や中小経営者のリソースを食い潰す税制の問題でもあると思う。 確定申告の煩雑さがどれだけ国民の時間を奪ってるか振り返って欲しい。 — どーも僕です。 (どもぼく) domoboku 私も最初は本当にADHDなの、、?ってなったけど、Twitter見たらADHDの日常すぎて笑っちゃった。 かなり前の投稿からそういった兆候が見られていると言っている人もいます。 ただ、気が散りやすくて物事に集中できなかったり、忘れ物の頻度が高かったりなど原因のわからない悩みを抱えて生活や仕事に支障が出ている場合、もしかするとADHDの症状である可能性もあります。 ただ実際に、徳井さんがそういう診断を受けたという事実があるわけではありません。 近年Twitterでやたらと目にするADHDのセルフチェックリストを見てみたんだけど、こんな程度のことまで含まれるとしたら日本国民の大半はADHDなのでは。 — まことぴ makotopic チュートリアルの徳井さんが ADHDではないかと トレンドになってますね。 正直言うと、誰にでもADHDの 傾向はあります。 ADHDの要素は誰にでもあるんです ADHDは、 運動、メタ認知、栄養を意識すると良いかもしれませんね。 — 元プロボクサー ケトジェニックダイエット専門家 吉田元気 bestKenkootaku そしてADHDのチェックリストの内容が、一般的に誰でも起こりそうなことが多く、少しだらしないという人なら誰でも該当するかもしれないという事が書かれているなんて意見もあります。 ADHDだってうつだって泥棒しちゃいけないだろ。 そんな中で、ADHDなのか否か、ADHDに対してのコメントなども多く、かなり話題が飛躍して一人踊りしてしまっている人も多くいます。 徳井さんが起こしてしまったことは事実なので、叩かれてしまうのはこのご時世では仕方がない部分もあります。 しかし、ADHDの人などが傷つくようなことにならないようにだけはしてほしいなと個人的には思いました。 もし徳井さんが復帰する際は、税制面の体制を完璧にしてから復帰してもらえたら良いですよね! 今回の内容からすると、徳井さんがだらしない性格なのかというと、だらしないという部分が今まで出てきていなかったということは、徳井さんの性格が全てにおいてだらしなかったのではなく、税金などのある一部分に対しての管理が欠落していたということなのかもしれません。

次の

徳井義実がADHDと噂に!発達障害の大人の男性の特徴をリサーチ!

徳井 障害

徳井義実がADHDと噂に? 2019年10月26日(土)吉本興業からチュートリアル・徳井義実さん(44)が当面、芸能活動自粛ということが発表されました。 今回の申告漏れや所得隠しについて、ネット上ではADHD(発達障害)ではとかなりの話題になっています。 html? ADHDはお医者さんしか診断できないので深堀り致しません。 ただ、 公共料金を払わないで 水道・ガス・電気が止められたこと、 ポストの郵便物を取らないでパンパンになること、 DVDを期限内に返却しないで高額の延滞金を支払うなどは ふつうではなく、おかしい点だなっと思いました。 徳井義実が辞めるに対して、 「それは違う」「お前みたいなルックスの人間。 ちゃんと番組を仕切って、空気よく相手に振って、いろんな面白いことを言うて。 そんなことを求めてる人はメチャクチャおるから。 絶対にその言葉を言うな」 「今後は絶対それを言うたらアカン。 何があっても、いつかこれが冷めた後に爆笑とってお返しするってことを思ってないとアカン」 と繰り返し伝えたと明かした。 税申告してないから、住民税はもちろん、社会保険料も雇用保険料も何もかも払ってないってこと。 だって、無申告だから、課税されてない。 公務員の友人の話では、こういう輩は、極めて悪質です許せないと。 — 社会に一言 proposaltosoc 私個人は徳井さんの件はADHDかどうかは問題にしておらず、謝罪時に「自分はこんな奴なんだからしょうがないだろ」と開きなおって感じがどうしても許せない。 なので、しっかり反省ができるようになるまで自粛を続けるべきだと考える。 なお、いつまで経っても変わらないようなら引退してほしい。 医師の診断なんて関係なく、一般人が一部の特性だけを見て無責任に発達障害だと決めつけようとする。 さすがに会ったことさえない人を発達だと素人診断するのはありえん。 こんなことさえ許されるのか…— すぎ sar5070 『擁護派』のネット上での意見 徳井、勝手にADHDにされて勝手に「ADHDを言い訳にするな」って言われてて可哀想。 — IKAOちゃん. ADHDには3つのタイプがあるようです。 不注意優勢型(不注意が目立つ)• 多動・衝動性優勢型(落ち着きのなさが目立つ)• そして、その理由は主に2つ• 不注意優勢型は子どもの頃は問題視されにくく、大人になって受診する• 大人になると多動の症状が減る だそうです。 また、大人のADHDの症状により起こる行動や状態を次のように記述されていました。 正直、専門のお医者さんでないとADHDと診断できないので 素人の私たちが勝手にADHDじゃないと発言するのはタブーだなって思いました。 スポンサーリンク 徳井義実の税務申告漏れの詳細経緯について 吉本興業のホームページにはチュートリアル・徳井義実さんの個人会社『チューリップ』の税務申告漏れの経緯について、以下のように記載されていました。 「弊社所属タレント『チュートリアル徳井義実』の税務申告漏れの詳細経緯について、以下のとおり報告いたします。 なお、徳井本人は過去の税務申告状況を正確に記憶しておりませんでしたので、その後確定申告資料及び税理士からの説明等を整理し新たに判明した事実につきましても追加して報告させていただきます」とした。 その上で「徳井は個人会社として株式会社チューリップ(以下「チューリップ社」)を2009年に設立しました。 役員は徳井一人だけであり、タレント活動に基づく収入はすべてこのチューリップ社に入れ、徳井はチューリップ社から役員報酬を受領しております。 チューリップ社及び徳井個人の申告状況について、徳井が委任していた税理士から確認した内容は以下のとおりです」とつづった上で以下のように報告した。 「 1.チューリップ社の法人税申告状況について」 チューリップ社は2009年に設立されました。 決算期は3月です。 まず、2010年3月期乃至2012年3月期分についてですが、各年の申告期限内に申告をしておらず、税務署からの指摘を受け、3年分を併せて2012年6月25日に申告しておりました。 また、2013年3月期乃至2015年3月期分についても、各年の申告期限内に申告をしておらず、同様に税務署からの指摘を受け、3年分を併せて2015年7月23日に申告しておりました。 以上のうち2013年3月期乃至2015年3月期分の3年分については上記のとおり申告自体は時期を後れてでも完了させましたが、その納付については、再三にわたる税務署からの督促にもかかわらず、手続き怠慢により納付をしておらず、その結果2016年5月ころ銀行預金を差し押さえられるに至りました。 以上の経緯については会見では触れられておりませんでした。 このような度重なる申告漏れ及び未納があったこともあり、チューリップ社は2018年9月頃に国税局の税務調査を受け、2016年3月期乃至2018年3月期の3年分については無申告であるため申告するように指摘を受けました。 また同時に、2012年3月期乃至2015年3月期の税務申告において経費として計上していた旅費、衣服代等の一部が否認されるに至りました。 なお、否認された経費の具体的な内容についてですが、チューリップ社としては税務調査に至った非を認め、修正申告の内容は国税局の指導に全面的に従ったものであったため、その否認された経費詳細については把握していないと税理士から伺っております。 チューリップ社は、以上の申告漏れ及び否認を受け、2018年11月から12月にかけて税務署からの指導に従い、2016年3月期乃至2018年3月期の3年分については確定申告書の提出を行い、2012年3月期乃至2015年3月期の4年分については修正申告書の提出を行い、法人税の追徴課税として約3700万円を納付いたしました。 この金額には、否認された経費約2000万円に対する重加算税が約180万円、申告漏れ金額約1億1800万円に対する無申告加算税約510万円が含まれております。 なお、2019年3月期については期間内に申告を完了しております。 以上がチューリップ社の申告状況です」と記した。 続いて「 2.徳井個人の所得税申告状況について」とし「続いて徳井本人の個人事業主としての所得税申告状況については以下のとおりです。 まず、2012年乃至2014年の3年分について無申告であるため申告するように指摘され、2015年7月23日に3年分の申告をいたしました。 また、2015年乃至2017年の3年分についても同様に無申告であるため申告するように指摘を受け、税務署の指導に従い2018年11月頃に申告告いたしました。 2018年分については期限内に申告を済ましております」と報告した。 続けて「 3.その他」とし「チューリップ社及び徳井個人の社会保険料の納付状況ですが、2009年の法人設立時に社会保険の加入手続きをしていない状況が続いておりました。 速やかに加入手続きをいたします」と報告した。 こうしたことから「 当社としては、徳井が速やかに保険の手続きを実施し、社会的責任を果たすまで必要な手続きをフォローしてまいります。 また当社はこれまでコンプライアンス研修を実施してまいりましたが、今後は税務に関する正しい知識・情報についても研修内容とした上で、徳井のみならず所属タレント全員に対する納税意識の啓蒙を続け、また各種手続きについてもサポートをしてまいる所存です」 スポンサーリンク 会見での回答が嘘だった? 徳井義実 徳井義実さんは10月23日深夜に会見を行いました。 「想像を絶するだらしなさ」と自ら反省をしているという内容を口にされたのですが、 会見で 回答したことが嘘だったということが判明しました。 吉本によると、会社設立の2009年から毎年、法人税を期限内に申告しておらず、12年、15年にそれぞれ3年分をまとめて申告。 15年までの3年分は申告をしたものの納付せず、再三の税務署からの督促を受け16年5月に銀行預金を差し押さえられていたことが判明した。 また社会保険にも加入しておらず、徳井個人の所得税の申告についても、法人税と同様、無申告を繰り返し、指摘を受けて15年、18年にそれぞれ3年分を申告していたことが分かった。 スポンサーリンク 今後のテレビ番組などの対応は?(10月27日午前現在) 出演見合わせ• 『ダブルベッド』TBS• 『人生最高レストラン』TBS• 『前略、大徳さん』中京 出演場面編集• 『テラスハウス』フジ• 『乃木坂46のザ・ドリームバイト』フジ 検討中• 『いだてん』NHK• 『人生が変わる1分間の深イイ話』日テレ• 『しゃべくり007』日テレ• 『衝撃のアノ人に会ってみた!』日テレ• 『今夜くらべてみました』日テレ• 『DTテレビ』Abema 予定通り放送・変更なし• 『シブヤノオト』NHK• 『ビーバップ!ハイヒール』ABC• 『キョートリアル!コンニチ的チュートリアル』KBS京都(ラジオ).

次の

チュートリアル徳井義実はadhdかも?先延ばしエピソードがやばい

徳井 障害

お笑いコンビ・のが、自身の所有する個人事務所「チューリップ」に対し、東京国税局から7年間で合計約1億2000万円の申告漏れを指摘された件で、世間に物議を醸している。 徳井がADHDを疑われる理由には、いくつかの原因がある。 まず、23日の会見で本人によって語られた「想像を絶するルーズさが原因」という言葉に始まり、過去にはそれを裏付けるようなエピソードがあった。 2009年の12月からスタートした徳井のTwitterを遡ると、年に何度も公共料金の未払いで供給停止された記録があることを確認できる。 もちろん金銭的に困窮して支払えない訳ではない。 その言い訳はどれも「忘れていた」「支払うのが面倒くさい」といったものである。 また、郵便物の整理・処分が苦手で、自宅のポストがパンパンになるまで放置するといったエピソードや、借りたDVDを期限内に返却せず、何度も高額な延滞料金を支払ったといったエピソードも。 その他、相方の福田充徳に「コンビになろう」と持ちかけられた時も、「答えを出すのが億劫だった」という理由で3年間放置したといった逸話もある。 例えば、診断の国際基準であるDSM 米国精神医学会による「精神疾患の診断・統計マニュアル」 に基づくADHDのチェック項目の中には、「しばしば指示に従えず、学業・用事・または職場での義務をやり遂げることができない 反抗的な行動または指示を理解できないためではなく 」、「課題や活動を順序立てて行うことが難しい」、「精神的な努力を続けなければならない課題を避ける」といった項目がある。 こうした、医学的に発表されている診断基準のチェック項目の一部が、上記で挙げた徳井の発言やエピソードの特徴と一致しているように見えることから、徳井がADHDを疑われる原因になったのだろう。 しかし、これらはあくまでもADHDの特徴の一部にあてはまるというだけであって、たったこれだけの内容では必ずしも徳井がADHDであるとは言い切れない。 ADHDの診断項目は全部で22項目あり、幼少期の様子を踏まえた見解が必要となる。 また、診断によって不注意優勢型・多動優勢型・混合型に細分化することが可能だ。 ADHDの診断項目は、上記に挙げた項目の他、不注意性では「話しかけられた時に聞いていないように見えることがある」「課題や活動に必要なものをよくなくしてしまう」「外からの刺激によってすぐ気が散ってしまう」といった項目や、多動性では「手足をそわそわと動かし、またはイスの上でもじもじする」「じっとしていない、またはエンジンで動かされたように行動する」「しばしばしゃべりすぎる」、衝動性では「質問が終わる前に出し抜けに答え始めてしまう」「順番を待つことが困難である」「他人の会話やゲームなどを妨害し、邪魔することがある」といったものがある。 また、これらに加え、その様子が見られた期間や程度など、幼少期の様子も踏まえた聞き取りが必要となる。 これらの診断をより正確に行うためには、心療内科や精神科といった、専門の医療機関にかかり、実際にADHDの疑いのある本人を検査・診察しければならない。 発達障害によって生き辛さを感じている人への理解が高まりつつある一方で、偏見の材料にされていたり、極めて勝手な発達障害認定がなされる場面を多く見かけるようになった点は、残念な事実でもある。 ncnp. pdf 本文:心理カウンセラー 吉田明日香 外部サイト.

次の